• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 大阪
  • 梅花女子大学
  • 偏差値

梅花女子大学の偏差値・入試難易度

現在表示している入試難易度は、2020年10月現在、2021年度入試を予想したものです。

梅花女子大学の偏差値は、 40.0~45.0

センター得点率は、 51%~67% となっています。

偏差値・合格難易度情報: 河合塾提供

梅花女子大学の学部別偏差値一覧

  • BF
  • 30
  • 40
  • 50
  • 60
  • 70〜
40.0~42.5
42.5~45.0

梅花女子大学の学部・学科ごとの偏差値

梅花女子大学トップへ

梅花女子大学の学部別センター得点率一覧

  • 30
  • 40
  • 50
  • 60
  • 70
  • 80
  • 90〜
53%~59%
61%~67%
51%~60%

梅花女子大学の学部・学科ごとのセンター得点率

  • 心理こども学部
    梅花女子大学 心理こども学部のセンター得点率は、 60%~63% です。
    こども教育学科
    梅花女子大学 心理こども学部 こども教育学科のセンター得点率は、 60% です。
    学部 学科 日程 センター得点率
    心理こども こども教育 - 60%(120/200)
    こども教育学科の詳細を見る
    心理学科
    梅花女子大学 心理こども学部 心理学科のセンター得点率は、 63% です。
    学部 学科 日程 センター得点率
    心理こども 心理 - 63%(126/200)
    心理学科の詳細を見る
  • 文化表現学部
    梅花女子大学 文化表現学部のセンター得点率は、 53%~59% です。
    国際英語学科
    梅花女子大学 文化表現学部 国際英語学科のセンター得点率は、 57% です。
    学部 学科 日程 センター得点率
    文化表現 国際英語 - 57%(171/300)
    国際英語学科の詳細を見る
    日本文化学科
    梅花女子大学 文化表現学部 日本文化学科のセンター得点率は、 53% です。
    学部 学科 日程 センター得点率
    文化表現 日本文化 - 53%(159/300)
    日本文化学科の詳細を見る
    情報メディア学科
    梅花女子大学 文化表現学部 情報メディア学科のセンター得点率は、 59% です。
    学部 学科 日程 センター得点率
    文化表現 情報メディア - 59%(118/200)
    情報メディア学科の詳細を見る
  • 看護保健学部
    梅花女子大学 看護保健学部のセンター得点率は、 61%~67% です。
    看護学科
    梅花女子大学 看護保健学部 看護学科のセンター得点率は、 61% です。
    学部 学科 日程 センター得点率
    看護保健 看護 - 61%(183/300)
    看護学科の詳細を見る
    口腔保健学科
    梅花女子大学 看護保健学部 口腔保健学科のセンター得点率は、 67% です。
    学部 学科 日程 センター得点率
    看護保健 口腔保健 - 67%(134/200)
    口腔保健学科の詳細を見る
  • 食文化学部
    梅花女子大学 食文化学部のセンター得点率は、 51%~60% です。
    食文化学科
    梅花女子大学 食文化学部 食文化学科のセンター得点率は、 60% です。
    学部 学科 日程 センター得点率
    食文化 食文化 - 60%(120/200)
    食文化学科の詳細を見る
    管理栄養学科
    梅花女子大学 食文化学部 管理栄養学科のセンター得点率は、 51% です。
    学部 学科 日程 センター得点率
    食文化 管理栄養 - 51%(153/300)
    管理栄養学科の詳細を見る
梅花女子大学トップへ
学部・学科・コースを詳しく見る

河合塾のボーダーライン(ボーダー偏差値・ボーダー得点率)について

入試難易度(ボーダー偏差値・ボーダー得点率)データは、河合塾が提供しています。( 河合塾kei-Net )

入試難易度について
入試難易度は、河合塾が予想する合格可能性50%のラインを示したものです。
前年度入試の結果と今年度の模試の志望動向等を参考にして設定しています。
入試難易度は、大学入学共通テストで必要な難易度を示すボーダー得点(率)と、国公立大の個別学力検査(2次試験)や私立大の
一般方式の難易度を示すボーダー偏差値があります。
ボーダー得点(率)
大学入学共通テストを利用する方式に設定しています。大学入学共通テストの難易度を各大学の大学入学共通テストの科目・配点に
沿って得点(率)で算出しています。
大学入学共通テストの試行調査問題が、受験者の平均得点率50%となることを想定して作問されたことを受け、2020 年度に
行われる大学入学共通テストも同様の問題難易度で実施されると想定して難易度を設定しています。
ボーダー偏差値
各大学が個別に実施する試験(国公立大の2次試験、私立大の一般方式など)の難易度を、河合塾が実施する全統模試の偏差値帯で
設定しています。偏差値帯は、「37.5 未満」、「37.5~39.9」、「40.0~42.4」、以降2.5 ピッチで設定して、最も高い偏差値帯は
「72.5 以上」としています。本サイトでは、各偏差値帯の下限値を表示しています(37.5 未満の偏差値帯は便宜上35.0 で表示)。
偏差値の算出は各大学の入試科目・配点に沿って行っています。教科試験以外(実技や書類審査等)については考慮していません。
なお、入試難易度の設定基礎となる前年度入試結果調査データにおいて、不合格者数が少ないため合格率50%となる偏差値帯が存在し
なかったものについては、BF(ボーダー・フリー)としています。
補足
入試難易度は 2020年10月時点のものです。今後の模試の動向等により変更する可能性があります。また、大学の募集区分
の変更の可能性があります(次年度の詳細が未判明の場合、前年度の募集区分で設定しています)。
入試難易度は一般選抜を対象として設定しています。ただし、選考が教科試験以外(実技や書類審査等)で行われる大学や、
私立大学の2期・後期入試に該当するものは設定していません。
科目数や配点は各大学により異なりますので、単純に大学間の入試難易度を比較できない場合があります。
入試難易度はあくまでも入試の難易を表したものであり、各大学の教育内容や社会的位置づけを示したものではありません。
梅花女子大学の偏差値・入試難易度

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の偏差値を見る