• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 東京
  • 法政大学
  • 奨学金

私立大学/東京

ホウセイダイガク

法政大学の奨学金

【給付型】L・Uキャリア・アップ奨励金(全学部共通)

対象
在学中に下記の難関試験に合格した学部生。申請は合格した年度に限る。
気象予報士試験、行政書士試験、 高度情報処理技術者試験( プロジェクトマネージャ試験、 システムアーキテクト試験、 ITストラテジスト試験、ITサービスマネージャ試験、 エンベデッドシステムスペシャリスト試験、 データベーススペシャリスト試験、 ネットワークスペシャリスト試験、 システム監査技術者試験)、 情報処理安全確保支援士試験、社会保険労務士試験, 税理士試験(複数科目合格者に在学中1回のみ給付)、中小企業診断士試験、 通訳案内士試験、 不動産鑑定士試験。
給付額
50,000円
備考
同年度に税理士試験(全科目)に合格し、「開かれた法政21」指定試験合格者奨励金を受給する方は、L・Uキャリア・アップ奨励金を受給することはできません。「高度情報処理技術者試験」内で複数の試験に合格した場合でも給付は在学中1回のみです。また、「高度情報処理技術者試験」と「情報処理安全確保支援士試験」の両方に合格した場合でも在学中1回のみの給付とします。

【給付型】スポーツ奨励金(全学部共通)

対象
原則として体育会に所属し、当該年度に次の(1)~(3)の実績を残したものとする。
(1)オリンピック競技大会、パラリンピック競技大会、アジア競技大会、ユニバーシアード競技大会及び各競技の世界選手権大会のいずれかに日本代表として選出された者。
(2)全日本選手権大会又は全日本学生(大学)選手権大会で優勝した者。
(3)年齢別世界選手権大会に日本代表として選出され試合に出場した者。
※体育会に所属していない者は、オリンピック競技大会及びパラリンピック競技大会にて実施される競技種目において、前の(1)~(3)のいずれかに該当する者とする。
給付額
200,000円または400,000円
採用期間は1年間
備考
以前に申請したことがあっても採用・不採用を問わず毎年申請できる。

【給付型】チャレンジ法政奨学金(入試出願前予約採用型給付奨学金)(全学部共通)

対象
東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県以外の国内高等学校出身者で、各申請資格を満たす者。入試出願前に採用が決定する。合格し、入学した人
給付額
文系:入学時年額380,000円(2年次以降は年額200,000円)
理工系:入学時年額430,000円(2年次以降は年額250,000円)
給付期間:入学後1年間
人数
200名
備考
2年生以上は継続審査あり。

【給付型】一般社団法人法政大学校友会奨学金(全学部共通)

対象
学業成績が極めて優れ、強い修学意思があり、経済的援助を必要とする学部生
対象学年は2~4年生
給付額
年額
文系学部:250,000円を上限とする
理工系学部:300,000円を上限とする
採用期間は1年間
備考
以前に申請したことがあっても採用・不採用を問わず毎年申請できる。

【給付型】学術・文化奨励金(全学部共通)

対象
学術・研究・ボランティア活動・文化・芸術・芸能等の分野で秀でた業績をあげた者または団体
給付額
300,000円を上限
採用期間は1年間
備考
以前に申請したことがあっても採用・不採用を問わず毎年申請できる。

【給付型】株式会社エイチ・ユー奨学金(全学部共通)

対象
学業成績が極めて優れ、強い修学意思があり、経済的援助を必要とする学部生
対象学年は2~4年生
給付額
年額
文系学部:200,000円を上限とする
理工系学部:250,000円を上限とする
採用期間は1年間
備考
過去に申請したことがあっても、採用・不採用を問わず毎年申請できる。

【給付型】株式会社橙青奨学金(全学部共通)

対象
学業成績が極めて優れ、強い修学意思があり、経済的援助を必要とする学部生
対象学年は2~4年生
給付額
年額
文系学部:200,000円を上限とする
理工系学部:250,000円を上限とする
採用期間は1年間
備考
過去に申請したことがあっても、採用・不採用を問わず毎年申請できる。

【給付型】教育訓練給付制度(一般教育訓練給付)(全学部共通)

対象
雇用保険の被保険者期間(3年以上)
学種
大学院
給付額
教育訓練経費(入学金と初年度授業料)の20%(上限額100,000円)
募集時期
修了日の翌日から起算して1ヶ月以内

【給付型】教育訓練給付制度(専門実践教育訓練給付)(全学部共通)

対象
政策創造研究科のみ
雇用保険の被保険者期間(3年以上、ただし初めて支給を受けようとする方については、当分の間、2年以上)
学種
大学院
給付額
2年間で最大1,120,000円
募集時期
受講開始日(4月1日)の1ヶ月前まで

【給付型】経営学教育・研究振興基金成績優秀者奨励金(全学部共通)

【給付型】公益財団法人 神林留学生奨学会私費外国人留学生奨学生(全学部共通)

対象
アジア諸国及び地域の出身者であって、本会が指定する大学院設置大学の大学院に2024年4月1日現在1年以上在学する私費外国人留学生(研究生及び前年度研究生を除く)で、留学生活上経済的援助を必要とすると認められ、学業成績が優秀な者とする。また交流活動に積極的に参加できる者を求める。
(注1)「私費外国人留学生」とは、日本の大学院において教育を受ける目的をもって入国し、大学院に入学した外国人留学生(出入国管理及び難民認定法別表第1「留学」の在留資格を有するもの)で、日本政府から奨学金を受けていない者である。
(注2)同一大学において、学部から大学院修士課程もしくは大学院修士課程から博士課程に進学した場合は、1年次であっても1年以上在学しているものとみなす。
(注3)各課程において、期限を超えて学位を取得できない学生は対象外とする。
学種
大学院
給付額
月額140,000円
支給期間は2024年4月から2025年3月までとし、正規の進級、進学の場合は毎年の審査によりさらに1年間延長することがある
人数
1名
募集時期
2024/2/22(木)

【給付型】公益財団法人SGH財団 私費外国人留学生奨学生(全学部共通)

対象
奨学生に応募できる者は、東南アジア諸国(注:1)の国籍を有する私費外国人留学生(注:2)で、2024年4月1日現在において、(注:3)下記の要件をそなえる者とする。
(1)大学院生は、修士課程(博士前期課程)の1年次又は一貫制博士課程の1年次に入学する35歳未満の者
(2)学業・人物ともに優秀でかつ健康であり、経済的援助を必要とする者。
(3)他の奨学金を受給していない者。
(4)奨学金の給付期間中において、当財団が主催する交流会・採用証書授与式に出席できる者。
交流会:2024年10月19日(土)~20日(日)開催予定
採用証書授与式:2024年10月21日(月)開催予定
(5)奨学生終了後も同窓生として交流活動に積極的に協力できる者
注1:東南アジア諸国とは、東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国をいう。
フィリピン・インドネシア・シンガポール・マレーシア・タイ・ブルネイ
ベトナム・ミャンマー・ラオス・カンボジア
注2:「私費外国人留学生」とは、出入国管理及び難民認定法別表第1に定める「留学」という在留資格により、日本の大学、大学院において教育を受ける外国人学生で、日本政府から奨学金を受給していない者をいう。
注3:春期入学のみ対象・秋期入学は対象外
学種
大学院
給付額
月額 120,000円
給付期間は2年間(2024年4月から2026年3月まで)
人数
1名
募集時期
2024/3/21(木)

【給付型】公益財団法人SGH財団 私費外国人留学生特定奨学生(全学部共通)

対象
特定奨学生に応募できる者は、東南アジア諸国(注:1)の国籍を有する私費外国人留学生(注:2)で、2024年4月1日現在において、(注:3)下記の要件をそなえる者とする。
(1)博士後期課程2年次、4年制博士課程(医・歯・獣医・薬学部)3年次又は一貫制博士課程4年次に進学する35歳未満の者。
(2)学業・人物ともに優秀でかつ健康であり、経済的援助を必要とする者。
(3)他の奨学金を受給していない者。
(4)奨学金の給付期間中において、当財団が主催する交流会・採用証書授与式に出席できる者。
交流会:2024年10月19日(土)~20日(日)開催予定
採用証書授与式:2024年10月21日(月)開催予定
(5)特定奨学生終了後も同窓生として交流活動に積極的に協力できる者注1:東南アジア諸国とは、東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国をいう。
フィリピン・インドネシア・シンガポール・マレーシア・タイ・ブルネイ
ベトナム・ミャンマー・ラオス・カンボジア
注2::「私費外国人留学生」とは、出入国管理及び難民認定法別表第1に定める「留学」という在留資格により、日本の大学、大学院において教育を受ける外国人学生で、日本政府から奨学金を受給していない者をいう。
注3:春季入学のみ対象・秋期入学は対象外
学種
大学院
給付額
月額 180,000円
給付期間は2年間(2024年4月から2026年3月まで)
人数
2名
募集時期
2024/3/21(木)

【給付型】公益財団法人 ひとのわ協会(全学部共通)

対象
下記の条件にすべて該当すること
・2024年4月の時点で大学3年次の学生
・日本国籍を有し、日本国内に居住していること
・募集年度4月1日時点で年齢25歳以下であること
・経済的な理由により学費の支弁が困難であること
・就学状況及び生活状況について適時報告できること
給付額
40,000円/月
(2024年4月~2026年3月の2年間)
募集時期
2024年2月1日~2024年3月15日

【給付型】公益財団法人 キーエンス財団 (新1年生対象)(全学部共通)

対象
いずれも該当する者
2024年4月入学の新1年生で、2024年4月1日現在、20歳以下であること
経済的な支援を必要とする者
給付額
10万円/月
募集時期
4月5日

【給付型】公益財団法人 キーエンス財団 (新2・3・4年生対象)(全学部共通)

対象
いずれも該当する者
2024年4月1日現在、学部2・3・4年生で、23歳以下であること
最短修業年限にて卒業の見込みがある者
昨年までの「がんばれ!日本の大学生」応援給付金を受給していない者
当財団の奨学生ではない者
勉学に励み、目標をもって頑張っている大学生であること
給付額
一時金30万円
募集時期
4月17日

【給付型】公益財団法人 フジシール財団(全学部共通)

対象
・2024年4月1日において、学部3先生
・向上心に富み、学業優秀であり、かつ品行方正である者
・パッケージに興味・関心があり、関連する分野を専攻する学生
(化学、機械、電気電子、パッケージデザイン、リベラルアーツ、マーケティングなど)
・チャレンジ精神が旺盛で国際感覚をもつ者
・他の奨学金との併用について
貸与型:可、給付型:不可、授業料減免:可
学種
大学
給付額
50,000円/月
募集時期
4月3日

【給付型】公益財団法人アドヴァン山形育英会(全学部共通)

対象
(1)東京都内の大学、大学院、専門学校等に通う学生であること
(2)学業優秀、品行方正、心身共に健康である方で、自らの夢や目標に向けて学ぶ意欲がありながらも経済的支援を必要とする方
(3)全学年を対象とする
(4)年齢は2024年4月1日現在で29歳以下とする
(5)所得制限なし
(6)他の奨学金との併用
①貸与型奨学金との併用は可
②民間の給付型奨学金との併用は不可(国、地方自治体、日本学生支援機構の給付型奨学金および大学独自の給付型奨学金との併用は可)
給付額
月額 60,000円
給付期間:2024年4月~2025年3月
人数
16名程度
募集時期
2024/3/12(火)

【給付型】公益財団法人フジシール財団(全学部共通)

対象
(1)向学心に富み、学業優秀であり、かつ、品行方正であるもの。
(2)チャレンジ精神が旺盛で国際感覚をもつもの。
(3)パッケージに関連のある分野を専攻する学生
※化学、機械、電気電子、パッケージデザイン、リベラルアーツ、マーケティングなど。
学種
大学院
給付額
月額 60,000円
給与期間:正規の最短修業年限の終期まで
人数
1名
募集時期
2024/4/8(月)

【給付型】公益財団法人旭硝子財団 外国人留学生奨学生(全学部共通)

対象
(1)タイ王国、インドネシア共和国、中華人民共和国、大韓民国、ベトナム社会主義共和国(対象国)の国籍を有する者
(2)研究のために来日し、2024年4月現在、修士(博士前期)課程第1学年あるいは博士(博士後期)課程第1学年に在籍する私費留学生(専門職学位、医学、歯学、獣医学、6年制薬学系の専攻を除く)
(3)品行方正、学術に優れ、健康であり、学資の支援が必要と認められる者
(4)独自の発想に基づき、社会に有用で波及効果も高い研究テーマに意欲的に取り組む者
(5)持続可能な社会の実現に向けて取り組む意欲が高い者
(6)日本語による意思伝達が可能である者
(7)2024年4月以降、当財団の奨学金支給期間中は、他機関より月額12万円を超える給付型奨学金等を受けていない者
(8)2024年6月中旬~下旬に実施予定の面接、及び2024年7月19日(金)の奨学金授与式(兼制度説明会)に参加できる者(都内で開催の場合は、旅費は当財団規程により支給します)
学種
大学院
給付額
月額150,000円
海外研究活動支援奨学金 上限20万円 (1回/年、奨学金支給期間内のみ)
支給期間 2024年4月以降、在籍する大学院の正規の修学期間
ただし、修士課程は2年間、博士課程は3年間を限度
人数
対象国の国籍を有する大学院生:各1名以内
募集時期
2024/4/8(月)

【給付型】公益財団法人安達峰一郎記念財団 安達峰一郎記念国際法奨学生(全学部共通)

対象
国際法を専攻する大学院生(法科大学院生及び公共政策大学院生を含む)またはこれに準ずる者。
研究テーマは狭義の国際公法に限定されず国際経済法・国際取引法等に関する主題も対象とする。但し専ら外国法比較法に関する主題は対象外。
学種
大学院
給付額
月額 60,000円
支給期間:令和6年4月から7年3月までの1年間
人数
国際法を勉学する大学院・法科大学院・公共政策大学院(既受給者を除く)合わせて5名程度(うち各1名ずつ推薦)
募集時期
2024/3/12(火)

【給付型】公益財団法人浦上奨学会(全学部共通)

対象
以下の各項目にいずれも該当する人
① 広島県出身者で 2024 年 4 月に指定大学院の次の課程に入学する人
・修士課程
・博士課程(前期)または(後期)
② 経済的支援を必要とする人
(日本学生支援機構が実施する第一種奨学金(大学生、在学採用)の家計基準を適用)
(給与所得者は所得証明書の収入金額(控除前)、給与所得者以外は所得証明書の所得金額)
③ 学業、人物とも優秀で心身ともに健康である人
④ 当会の各種奨学生に採用された実績のない人
学種
大学院
給付額
月額:4万円(年額 48万円)
給付期間:最短修業年限
人数
1名
募集時期
2024/4/8(月)

【給付型】公益財団法人吉田育英会 大学院生給付奨学金(ドクター21)奨学生(全学部共通)

学種
大学院
募集時期
2024/4/10(水)

【給付型】公益財団法人大林財団 海外留学奨学生(全学部共通)

対象
次の要件をすべて満たす者
(1)大学生または大学院生である者
(2)就業経験のない者(アルバイト除く)
(3)概ね6ケ月以上2年以内の留学をする者(語学留学を除く)
(4)5月末までに留学先が確定できる者
(5)都市に関連ある分野の実業、実務又は学術研究に将来従事しようとする者(学部・専攻は問いません)
(6)前向きに海外留学に取り組む意志があること
(7)異文化・多様性の理解を積極的に行い、将来国内外で広く活躍する意志があること
(8)人物、学業、健康ともに優れている者
(9)奨学生採択決定通知書授与式および奨学生交流会等、当財団の行事に出席できる者
給付額
6ケ月以上の留学には120万円
7ケ月以上の留学には一か月当たり20万円(但し上限は480万円)
給付期間:留学期間(但し最長24ヶ月間)
人数
2名程度
募集時期
2024/4/3(火)

【給付型】公益財団法人北野生涯教育振興会 ライフシフト奨学金(全学部共通)

対象
次に掲げる要件をすべて満たす方とします。
・日本国籍を有している
・当財団が指定する大学(除く6年生学部)・大学院(専門職大学院)の学生であること
・在学する学校長、学長、研究科長、専攻長または指導教官等の推薦する方
・心身ともに優れている方
・社会人として就労経験が3年以上(通算)あること
・指定大学2年次在学、当該年度編入・学士入学として3年次に在学、または指定大学院修士課程1年次に在学し、いずれも原則として2024年4月1日において45歳以下の方
・収入要件:給与収入世帯の場合:世帯合計収入1000万円未満※
給与収入以外の世帯:自営業などその他収入500万円未満
※就学のため休職または退職し収入が減少する見込みも可(要エビデンス)
・年1回の奨学生交流会への出席
学種
大学院
給付額
月額 60,000円
期間:2年間
人数
(学内選考)1名
募集時期
2024/4/25(木)

【給付型】公益信託池田育英会トラスト奨学生(全学部共通)

対象
・愛媛県内の高等学校を卒業している方、または保護者が愛媛県内に居住している方
・学部2年生以上、大学院に在学する方
・学業・人物ともに優秀で経済的支援の必要な方
給付額
17,000円/月
募集時期
2024年3月18日(月)~5月10日(金)

【給付型】指定試験合格者奨励金(全学部共通)

対象
在学中に司法試験予備試験、公認会計士試験、国家公務員採用総合職試験、 税理士試験(全科目合格)、 弁理士試験、 司法書士試験に合格した人
申請は合格した年度に限る。
給付額
400,000円

【給付型】新・法政大学100周年記念奨学金(全学部共通)

対象
学業成績が優れていて、修学の強い意思があるにもかかわらず、経済的援助が必要な学生
対象学年は1~4年生
給付額
文系学部:年額200,000円
理工系学部:年額250,000円
採用期間は1年間
備考
以前に申請したことがあっても採用・不採用を問わず毎年申請できる。

【給付型】成績最優秀者奨学金(全学部共通)

対象
各学部2~4年生の前年度成績上位者(指名制)
給付額
300,000円
採用期間は1年間。

【給付型】大成建設株式会社奨学金(全学部共通)

対象
学業成績が極めて優れ、強い修学意思があり、経済的援助を必要とする学部生
対象学年は2~4年生
給付額
年額
文系学部:250,000円を上限とする
理工系学部:300,000円を上限とする
採用期間は1年間
備考
以前に申請したことがあっても採用・不採用を問わず毎年申請できる。

【給付型】団体スポーツ奨励金(全学部共通)

対象
【体育会対象】
団体スポーツにおいて優れた成績を収めた団体
※団体競技の場合:全日本学生(大学)選手権レベル以上の大会で優勝または準優勝またはベスト4の成績をおさめたチーム
※個人競技における団体戦及び団体戦で種目別の場合:全日本学生(大学)選手権レベル以上の大会で優勝したチーム
給付額
1.団体競技の場合
優勝:1,000,000円
準優勝:500,000円
ベスト4:250,000円
2.個人競技における団体種目の場合:優勝500,000円
3.個人競技における団体戦で種目別の場合:優勝200,000円
備考
※ただし、3種目以上の優勝の場合でも上限は1部につき500,000円とする。また、総合優勝の場合は500,000円とする。

【給付型】朝日奨学会(全学部共通)

対象
ASAで朝刊・夕刊の配達などの仕事をしながら大学に通学
給付額
Aコース(朝夕刊の配達、集金)520万円/4年間
Bコース(朝夕刊の配達)440万円/4年間
Cコース(朝刊の配達、集金)360万円/4年間

【給付型】東京都福祉保健財団 【高齢分野】介護職員奨学金返済・育成支援事業(全学部共通)

対象
都内の介護事業所等に介護職員として就職した場合に、奨学金の返済(返還)が支援される制度です。
(対象となる奨学金)
日本学生支援機構、地方公共団体、学校等
(対象者)
・就職以前に介護職員として通算6ケ月以上の勤務経験がない方(学生時代のアルバイト等の経験を除く)
・介護福祉士のとなる資格を有しておらず、奨学金を返済する方。
給付額
奨学金返還相当額の支援

【給付型】東京都福祉保健財団 【障がい分野】障害福祉サービス事業所職員奨学金返済・育成支援事業(全学部共通)

対象
都内の障がい福祉サービス等事業所に、常勤福祉・介護職員として就職した場合に、奨学金の返済(返還)が支援される制度です。就職して介護職系・相談職系の資格取得を目指しながら、奨学金返済相当額が、勤務する障がい福祉サービス等事業所から支給されます。
(対象となる奨学金)
日本学生支援機構、地方公共団体、学校等
(対象者)
・就職する以前に、障がい及び高齢分野において、福祉・介護職員として、通算6ケ月以上の勤務経験がないこと(学生時代のアルバイト等の経験を除く)
・社会福祉士、介護福祉士、精神保健福祉士および公認心理師資格をいずれも有しておらず、奨学金を返済する方。
給付額
奨学金返還相当額の支援

【給付型】認定海外留学奨学金(全学部共通)

対象
単位認定が受けられる本学の認定海外留学生採用者
給付額
300,000円
採用者には、別途、「後援会認定海外留学奨学金」100,000円が支給されます(半期留学は半額)。

【給付型】派遣留学奨学金(全学部共通)

【給付型】福田明安奨学金(全学部共通)

対象
学業成績が極めて優れ、強い修学意思があり、経済的援助を必要とする学部生
対象学年は2~4年生
給付額
年額300,000円
採用期間は1年間
備考
以前に申請したことがあっても採用・不採用を問わず毎年申請できる。

【給付型】法政大学100周年記念大学院修士課程奨学金(全学部共通)

対象
【専門職大学院を除く大学院修士課程対象】
修士課程に在籍する大学院生
学業成績・人物ともに優れている者のうちから修学上経済的援助が必要と認められる者
学種
大学院
給付額
年額200,000円
(ただし外国人留学生授業料減免対象者、長期履修制度適用者は減額)

【給付型】法政大学100周年記念大学院専門職学位課程奨学金(全学部共通)

対象
【法務研究科、イノベーション・マネジメント研究科対象】
学業成績・人物ともに極めて優れている者のうちから修学上経済的援助が必要と認められる者
学種
大学院
給付額
年額300,000円

【給付型】法政大学グローバルキャリア支援基金による海外留学支援奨励金(全学部共通)

【給付型】法政大学サポーターズ奨学金(全学部共通)

対象
学業成績が優れ、強い修学意思があり、経済的援助を必要とする学部生
対象学年は2~4年生
給付額
年額:200,000円を上限とする
採用期間は1年間
備考
以前に申請したことがあっても採用・不採用を問わず毎年申請できる。

【給付型】法政大学家計急変学生支援奨学金:家計急変(全学部共通)

対象
1.学部生(休学・留級者、通信教育部生、科目等履修生は除く)であり、家計急変(事由発生から1年以内)のため当該期の学費の支払が困難な人(納入済の人は対象とはなりません)
2.過去に本奨学金の給付を受けたことのない人
3.教育上、経済的援助が必要と認められること
4.学業成績が優れていること
給付額
年額:250,000円を上限

【給付型】法政大学学友会奨学金(全学部共通)

対象
学業成績が極めて優れ、強い修学意思があり、経済的援助を必要とする学部生
対象学年は2~4年生
給付額
年額
文系学部:250,000円を上限とする
理工系学部:300,000円を上限とする
採用期間は1年間
備考
以前に申請したことがあっても採用・不採用を問わず毎年申請できる。

【給付型】法政大学吉田育英会奨学金(全学部共通)

対象
1.本学の「帰国生のための入学試験」により本学に入学した学部生
2.学業成績が優秀で、経済的援助が必要と認められる人
給付額
年額
文系学部:200,000円
理工系学部:250,000円
採用期間は1年間
備考
以前に申請したことがあっても採用・不採用を問わず毎年申請できる。

【給付型】法政大学後援会クラブ奨学金(全学部共通)

対象
学業成績が極めて優れ、強い修学意思があり、経済的援助を必要とする学部生
対象学年は2~4年生
給付額
年額:250,000円を上限とする
採用期間は1年間
備考
以前に申請したことがあっても採用・不採用を問わず毎年申請できる。

【給付型】法政大学後援会奨学金:家計急変(全学部共通)

対象
1.学部生(休学・留級者、通信教育部生、科目等履修生は除く)であり、家計急変(事由発生から1年以内)のため当該期の学費の支払が困難な人(納入済の人は対象とはなりません)
2.過去に本奨学金の給付を受けたことのない人
3.教育上、経済的援助が必要と認められること
4.学業成績が優れていること
給付額
当該期の大学納付金相当額(春学期または秋学期の授業料、実験実習料、教育充実費)を上限とする

【給付型】法政大学国際交流基金(HIF)外国人学部留学生奨学金(全学部共通)

【給付型】法政大学生活協同組合奨学金:家計急変(全学部共通)

対象
1.学部生(休学・留級者、通信教育部生、科目等履修生は除く)であり、家計急変(事由発生から1年以内)のため当該期の学費の支払が困難な人(納入済の人は対象とはなりません)
2.過去に本奨学金の給付を受けたことのない人
3.教育上、経済的援助が必要と認められること
4.学業成績が優れていること
給付額
年額:200,000円を上限

【給付型】法政大学大学院海外留学補助金(全学部共通)

対象
本大学院の修士課程又は博士後期課程に在籍する学生で指導教員の推薦を受けた者。
ただし、以下に該当する者を除く。
(a)休学中の者 (b)国費外国人留学生 (c)派遣海外留学・認定海外留学に関する規定による奨学金の受給者
*申請時および留学期間中、本大学院に在籍していること
学種
大学院
給付額
留学期間に応じて
1年間(上限2,000,000円)
6ヶ月(上限1,000,000円)
募集時期
2024年4月15日(月)~2024年4月25日(木)

【給付型】法政大学大学院学会等発表補助金(全学部共通)

対象
学会において研究発表、報告等を行う修士課程または博士後期課程の大学院生
学種
大学院
給付額
国内の学会:30,000円を上限に実費支給
国外の学会:100,000円を上限に実費支給
申請回数:1人1回/年度(国内・国外どちらか)
※理工学研究科は1人2回/年度
人数
市ケ谷文系院:国内40名程度、国外14名程度
人間社会研究科:10名程度
スポーツ健康学研究科:国内、国外いずれも若干名
デザイン工学研究科:国内24名程度、国外6名程度
備考
※【募集時期】
市ケ谷キャンパス・人間社会研究科:春学期2023年4月1日(土)~2023年9月8日(金)(9月修了者は2023年8月21日(月)を申請期限) 、秋学期2023年9月15日(金)~2024年2月19日(月)
デザイン工学研究科:2024年1月15日(月)~2024年1月26日(金)(9月修了者は事前相談のうえで2023年8月21日(月)を申請期限)
スポーツ健康学研究科:2023年4月1日(土)~2023年8月10日(木)
小金井キャンパス:2023年5月8日(月)~2024年2月2日(金)(9月修了者は2023年8月18日(金)を申請期限)
※情報科学研究科の学生で、申請額が学会等発表補助金の補助上限を超える場合、以下の通り追加補助が可能です。
・学会等発表補助金を超過する交通費、宿泊費及び登録費について、日本の機関が開催する学会の場合は4万円、日本以外の機関が学会を主催する場合は10万円を上限に追加補助をする。
・上記について、日本の機関が主催する国際学会に参加する場合、あるいは日本の機関が主催する海外開催学科に参加する場合は、17万円を上限に追加補助する。
・首都圏(東京、神奈川、千葉県、埼玉県)開催・またはオンライン開催の場合は、追加補助についても参加費のみを支給対象とする。

【給付型】法政大学大学院学生論文掲載料補助(全学部共通)

対象
本大学院の修士課程、又は博士後期課程に在籍する学生を対象とします(研修生、研究生等を除く)
学種
大学院
給付額
国内誌・国外誌:200,000円を上限に実費支給
申請回数:1人1回/年度(国内・国外合わせて)

【給付型】法政大学大学院現地調査実施費用補助(全学部共通)

対象
本大学院の博士後期課程に在籍する学生を対象とします(研修生、研究生等を除く)。
学種
大学院
給付額
国内調査:30,000円を上限に実費支給
国外調査:70,000円を上限に実費支給
申請回数:1人1回/年度(国内・国外どちらか)
人数
デザイン工学研究科:国内3名程度、国外1名程度
募集時期
市ケ谷文系院:2024年2月19日(月)
人間社会研究科:2024年2月19日(月)
スポーツ健康学研究科:2024年2月19日(月)
デザイン工学研究科:2024年1月26日(月)
9月終了者は2023年8月21日(月)

【給付型】法政大学大学院諸外国語による論文等校閲補助(全学部共通)

対象
本大学院の修士課程、又は博士後期課程に在籍する学生を対象とします(研修生や研究生等は除く)。
学種
大学院
給付額
100,000円を上限に実費支給
申請回数:1人1回/年度
人数
市ヶ谷・多摩キャンパス:15件程度
小金井キャンパス:15件程度
募集時期
市ヶ谷・多摩キャンパス:2024年2月8日(木)~2月22日(木)
小金井キャンパス:2024年1月15 日(月)~2月22日(木)

【給付型】法政大学大学院専門職学位課程奨学金(全学部共通)

対象
【法務研究科、イノベーション・マネジメント研究科対象】
学業成績・人物ともに優れている者のうちから修学上経済的援助が必要と認められる者
学種
大学院
給付額
年額200,000円

【給付型】法政大学大学院博士後期課程研究助成金(全学部共通)

対象
2023年4月1日現在、本学大学院博士後期課程に在籍する標準修業年限内(3年以内)の者とします。
※長期履修制度の適用を受ける者は、長期履修期間内の者とします。
※早期修了者も対象となります。
以下に該当する者を除きます。
(1)標準修業年限を超えて在籍している者
(長期履修制度の適用を受ける者は、入学時に認められた長期履修期間を超えている者)
※在籍4年目以降の方でも、過年度に休学したため今年度学費の減免措置を受けることができない方は、本制度の応募資格があります。
(2)今年度休学者(年間、春学期、秋学期とも)
(3)今年度本学給付の奨学金等により海外留学をする者、又は留学中の者
(4)学費を自己支弁していない者(学費が支給される日本政府および外国政府国費留学生等)
※私費外国人留学生で「外国人留学生のための授業料減免制度」の適用を受けた方でも、応募できます。
(5)学校法人法政大学に雇用されている専任教員、専任教諭、および専任職員(2023年度採用予定の者も含む)
学種
大学院
給付額
(文系研究科)年額320,000円
(理系研究科)年額480,000円
人数
有資格者全員
備考
※長期履修制度の適用を受ける者の給付額は、長期履修期間に応じて定められた当該年度の年間授業料と通常授業料の比率により減額します。(下記のとおり)
(文系研究科)給付額/年
長期履修4年:240,000円
長期履修5年:192,000円
長期履修6年:160,000円

【給付型】法政大学大学院優秀博士論文出版助成金(全学部共通)

対象
本学大学院博士後期課程を修了し博士学位を取得した方、又は本学大学院博士後期課程を単位取得満期退学後に本大学院に論文を提出し博士学位を取得した方とし、出版助成を行う年度の4月1日より遡って5年以内(2019年4月1日以降)に博士学位を取得した方を対象とします。
学種
大学院
給付額
1人につき100万円を上限として実費支給
人数
全研究科を通じ、年間6名程度
募集時期
2024年2月26日(月)~3月7日(木)

【給付型】法政大学評議員・監事奨学金(全学部共通)

対象
1年次新入生で関東1都6県以外出身の経済的援助が必要な自宅外通学者
給付額
年額 250,000円を上限
採用期間は1年間
自宅・自宅外の別
自宅外

【給付型】林忠昭奨学金:家計急変(全学部共通)

対象
1.学部生(休学・留級者、通信教育部生、科目等履修生は除く)であり、家計急変(事由発生から1年以内)のため当該期の学費の支払が困難な人(納入済の人は対象とはなりません)
2.過去に本奨学金の給付を受けたことのない人
3.教育上、経済的援助が必要と認められること
4.学業成績が優れていること
給付額
年額
文系学部:300,000円を上限
理工系学部:350,000円を上限

【給付型】鈴木勝喜奨学金(全学部共通)

対象
学業成績が極めて優れ、強い修学意思があり、経済的援助を必要とする学部生
対象学年は2~4年生
給付額
年額500,000円
採用期間は1年間
備考
以前に申請したことがあっても採用・不採用を問わず毎年申請できる。

【給付型】キャリアデザイン学部SA奨学金(キャリアデザイン学部)

【給付型】キャリアデザイン学部「海外キャリア体験学習」実習費補助金(キャリアデザイン学部)

【給付型】キャリアデザイン学部キャリアアップ奨励金(キャリアデザイン学部)

【給付型】キャリアデザイン学部体験型実習科目に係る実習費補助金(キャリアデザイン学部)

【給付型】経営学部SA奨学金(経営学部)

【給付型】法政大学経営学部赤坂優奨学金:冠奨学金(経営学部)

対象
経営学部2年次~4年次に在籍し、起業に強い関心を有する学業成績が優秀な者
給付額
年額:250,000円

【給付型】経済学部SA奨学金(経済学部)

【給付型】現代福祉学部海外研修奨励金(現代福祉学部)

【給付型】現代福祉学部国内研修奨励金(現代福祉学部)

【給付型】和ちゃん奨学金:冠奨学金(現代福祉学部)

対象
現代福祉学部2年次~3年次に在籍する学業成績が優秀で、とりわけ障がい者福祉に強い関心を有する学部生
給付額
年額:150,000円

【給付型】国際文化学部SA奨学金(国際文化学部)

【給付型】国際文化学部SJ奨学金(国際文化学部)

【給付型】社会学部SA奨学金(社会学部)

【給付型】人間環境学部SA奨学金(人間環境学部)

【給付型】人間環境学部海外フィールドスタディ奨励金(人間環境学部)

【給付型】人間環境学部社会人奨学金(人間環境学部)

【給付型】牧野奨学金:冠奨学金(文学部)

対象
文学部2~4年生(当該年度編入学生、通信教育部生、科目等履修生、留級者、外国人留学生は除く)
給付額
年額:250,000円

【給付型】文学部英文学科SA奨学金(文学部/英文学科)

【給付型】文学部哲学科「国際哲学特講」履修に伴う海外体験学習実習費補助金(文学部/哲学科)

【給付型】法学部HOP奨学金(法学部)

【給付型】野島秀太奨学金(デザイン工学部/都市環境デザイン工学科)

対象
デザイン工学部都市環境デザイン工学科3年生で、法政大学デザイン工学研究科都市環境デザイン工学専攻への進学を強く希望しており学業成績が優秀な者。
給付額
500,000円を2年間支給。1,000,000円を上限とする。

【給付型】理工学部SA奨学金(理工学部)

【給付型】理工系学部教育・研究振興基金奨励金(理工学部)

【給付型】生命科学部SA奨学金(生命科学部)

【給付型】GIS(グローバル教養学部)OAS奨学金(GIS(グローバル教養学部))

【給付型】スポーツ健康学部海外課外研修奨励金(スポーツ健康学部)

【減免型】高等教育の修学支援新制度(全学部共通)

対象
学部1~4年生(成績による留級者および過去に成績により留級になった方を除く)
※休学中・留学中の方も申請対象です。
※大学院生は対象ではありません。
第Ⅰ区分:住民税非課税世帯
第Ⅱ区分:住民税非課税世帯に準ずる世帯
第Ⅲ区分:住民税非課税世帯に準ずる世帯
学業基準
【新入生等の本学入学後1年を経過していない方(編入学者を除く)】
次の(1)~(3)のいずれかに該当すること
(1)高校等の評定平均値が3.5以上であること、または、入学試験の成績が入学者の上位2分の1の範囲に属すること
(2)高校卒業程度認定試験の合格者であること
(3)将来、社会で自立し、活躍する目標を持って学修する意欲を有していることが、学修計画書等により確認できること
【上記以外の本学在学生】
大学での学業成績が次のいずれかに該当すること。ただし、「廃止」の基準に該当しないこと。
(1)GPA(平均成績)等が在学する学部等における上位1/2の範囲に属すること
(2)修得した単位数が標準単位数以上であり、かつ、将来、社会で自立し、活躍する目標を持って学修する意欲を有していることが、学修計画書により確認できること
家計基準
収入および資産の基準を満たすこと
(1)収入基準
住民税非課税世帯およびそれに準ずる世帯。
(2)資産基準
学生と生計維持者(原則父母)の保有する資産の合計額が、以下の基準額に該当すること。
生計維持者が2人の場合:2,000万円未満
生計維持者が1人の場合:1,250万円未満
国籍・在留資格の基準
日本国籍の方。または、日本国籍でない場合は、次の(1)~(3)のいずれかに該当する在留資格の方。
(1)法定特別永住者
(2)在留資格が、「永住者」、「日本人の配偶者等」又は「永住者の配偶者等」である方
(3)在留資格が「定住者」であって、日本に永住する意思がある方
減免額
第Ⅰ区分:
給付奨学金:38,300円(月額)
授業料減免:最大70万円(年額)
入学金減免:24万円(新入生のみ)
第Ⅱ区分:第Ⅰ区分の3分の2の額
第Ⅲ区分:第Ⅰ区分の3分の1の額
自宅・自宅外の別
自宅

【減免型】高等教育の修学支援新制度(全学部共通)

対象
学部1~4年生(成績による留級者および過去に成績により留級になった方を除く)
※休学中・留学中の方も申請対象です。
※大学院生は対象ではありません。
第Ⅰ区分:住民税非課税世帯
第Ⅱ区分:住民税非課税世帯に準ずる世帯
第Ⅲ区分:住民税非課税世帯に準ずる世帯
学業基準
【新入生等の本学入学後1年を経過していない方(編入学者を除く)】
次の(1)~(3)のいずれかに該当すること
(1)高校等の評定平均値が3.5以上であること、または、入学試験の成績が入学者の上位2分の1の範囲に属すること
(2)高校卒業程度認定試験の合格者であること
(3)将来、社会で自立し、活躍する目標を持って学修する意欲を有していることが、学修計画書等により確認できること
【上記以外の本学在学生】
大学での学業成績が次のいずれかに該当すること。ただし、「廃止」の基準に該当しないこと。
(1)GPA(平均成績)等が在学する学部等における上位1/2の範囲に属すること
(2)修得した単位数が標準単位数以上であり、かつ、将来、社会で自立し、活躍する目標を持って学修する意欲を有していることが、学修計画書により確認できること
家計基準
収入および資産の基準を満たすこと
(1)収入基準
住民税非課税世帯およびそれに準ずる世帯。
(2)資産基準
学生と生計維持者(原則父母)の保有する資産の合計額が、以下の基準額に該当すること。
生計維持者が2人の場合:2,000万円未満
生計維持者が1人の場合:1,250万円未満
国籍・在留資格の基準
日本国籍の方。または、日本国籍でない場合は、次の(1)~(3)のいずれかに該当する在留資格の方。
(1)法定特別永住者
(2)在留資格が、「永住者」、「日本人の配偶者等」又は「永住者の配偶者等」である方
(3)在留資格が「定住者」であって、日本に永住する意思がある方
減免額
第Ⅰ区分:
給付奨学金:75,800円(月額)
授業料減免:最大70万円(年額)
入学金減免:24万円(新入生のみ)
第Ⅱ区分:第Ⅰ区分の3分の2の額
第Ⅲ区分:第Ⅰ区分の3分の1の額
自宅・自宅外の別
自宅外

【減免型】高等教育の修学支援新制度(家計急変採用)(全学部共通)

対象
予期できない事由により家計が急変し、急変後の収入状況が住民税情報に反映される前に緊急に支援の必要がある場合
家計急変の事由とは、生計維持者について、死亡、事故または病気による半年以上の就労の困難、非自発的失職(定年退職等を除く)、または被災により生じたこれらの事由
募集時期
急変事由発生日から3ヵ月以内において随時

【減免型】災害による被災学生への学費の減免措置(全学部共通)

対象
災害により家計支持者が被災され、今後の学修継続に支障をきたしている在学生
減免額
学費(年額)の全額免除または半額免除。(新入生に限り全額免除・半額免除には入学金を含む)

【貸与型】【緊急採用】石川県育英資金(全学部共通)

対象
学部生
保護者が石川県内に現に引き続き3年以上居住していること
家計急変(主たる家計支持者の失業・病気・事故・会社倒産・死別または離婚・災害等)により緊急に奨学金が必要となった者
貸与(月額)
44,000円
返還詳細
返還月賦額:市ケ谷キャンパス・人間社会研究科:春学期2023年4月1日(土)~ 2023年9月8日(金)、秋学期2023年9月15日(金)~ 2024年2月19日(月)
募集時期
随時

【貸与型】公益財団法人 沖縄県国際交流・人材育成財団(全学部共通)

対象
学部生・大学院生
沖縄県内に住所を有する者の子弟
学業、人物ともに優秀でかつ経済的理由により学資の支弁が困難と認められる者
※成績・家計基準あり
学種
大学院
貸与(月額)
70,000円
募集時期
5月7日

【貸与型】公益財団法人 沖縄県国際交流・人材育成財団(全学部共通)

対象
学部生・大学院生
沖縄県内に住所を有する者の子弟
学業、人物ともに優秀でかつ経済的理由により学資の支弁が困難と認められる者
※成績・家計基準あり
学種
大学
貸与(月額)
60,000円
募集時期
5月7日

【貸与型】公益財団法人 日本通運育英会(全学部共通)

対象
・保護者等が交通事故で死亡した家庭の学生
・保護者等が、交通事故が原因で重度の後遺障害が残り、就労不能となった家庭の学生
・学生本人が交通事故により障害もしくは傷病を負った方
・2024年4月1日現在21歳以下であり、成績が一定水準以上であること
※家計基準あり
貸与(月額)
30,000円
募集時期
2024年4月1日~5月15日

【貸与型】公益財団法人沖縄県国際交流・人材育成財団 大学院貸与奨学生(全学部共通)

学種
大学院
募集時期
2024/05/07(火)

【貸与型】短期貸費金制度(全学部共通)

対象
財布を落とすなど、緊急の事態が起きたとき
学部生(通信教育部生を除く)
貸与(総額)
10,000円以下の必要金額
貸与期間
1カ月以内

【貸与型】読売育英奨学会(全学部共通)

対象
読売新聞の朝・夕刊配達、集金、チラシの折り込みなどの業務に就きながら、主に首都圏の大学に通学
貸与(総額)
Aコース130万円/年

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 応急採用奨学金(全学部共通)

奨学金の種類
第二種
利子
利子

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 緊急採用奨学金(全学部共通)

奨学金の種類
第一種
利子
無利子

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第一種(無利子貸与)(全学部共通)

対象
学部生
奨学金の種類
第一種
学種
大学
貸与(月額)
20,000円、30,000円、40,000円、50,000円、64,000円
利子
無利子
自宅・自宅外の別
自宅外

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第一種(無利子貸与)(全学部共通)

対象
学部生
奨学金の種類
第一種
学種
大学
貸与(月額)
20,000円、30,000円、40,000円、54,000円
利子
無利子
自宅・自宅外の別
自宅

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第一種(無利子貸与)(全学部共通)

対象
修士課程および専門職課程
博士後期課程
奨学金の種類
第一種
学種
大学院
貸与(月額)
修士課程および専門職課程:50,000円、88,000円の中から選択
博士後期課程:80,000円、122,000円の中から選択
利子
無利子
備考
2023年度中に貸与が終了する学生のうち、奨学金貸与期間中に特に優れた業績をあげた者として日本学生支援機構が認定した場合には、奨学金の全額または半額の返還が免除される制度があります。

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第二種(有利子貸与)(全学部共通)

対象
修士課程および専門職課程
博士後期課程
奨学金の種類
第二種
学種
大学院
貸与(月額)
法務研究科:50,000円・80,000円・100,000円・130,000円・150,000円・190,000円・220,000円の中から選択
法務研究科以外:50,000円・80,000円・100,000円・130,000円・150,000円の中から選択
利子
利子

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第二種(有利子貸与)(全学部共通)

対象
学部生
奨学金の種類
第二種
学種
大学
貸与(月額)
20,000円、30,000円、40,000円、50,000円、60,000円、70,000円、80,000円、90,000円、100,000円、110,000円、120,000円
利子
利子

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 入学時特別増額貸与奨学金(全学部共通)

対象
新入生のみ
貸与(総額)
100,000円・200,000円・300,000円・400,000円・500,000円の中から選択
利子
利子

【貸与型】毎日育英会(全学部共通)

対象
毎日新聞の販売所で新聞配達など働きながら大学に通学
貸与(総額)
Aコース(朝刊・夕刊・集金業務)130万円/年
Bコース(朝刊・夕刊)110万円/年
Cコース(朝刊・集金業務)110万円/年
朝刊コース60万円/年

アジア太平洋フォーラム・淡路会議 第23回「アジア太平洋研究賞」

一般社団法人日本経営管理協会「経営管理黒澤賞」

公益財団法人 交通遺児育英会

公益財団法人公正取引協会 MMS奨学金

公益財団法人日本法制学会 財政・金融・金融法制研究基金研究助成金

公益財団法人北野生涯教育振興会 科目等履修生奨学金

公益社団法人著作権情報センター 著作権・著作隣接権論文

学費(初年度納入金)
法政大学/奨学金
RECRUIT