• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 北里大学
  • 奨学金

私立大学/神奈川・青森・東京

キタサトダイガク

【給付型】北里大学PPA給付奨学金制度(全学部共通)

対象
対象:2年次生以上
出願資格:
1.主たる家計支持者の失職、死亡、災害等による家計状況の急変、またはその他経済的理由により学費支弁等に支障を生じた者
2.強い勉学意欲をもち、人物優秀で成業の見込みのある者
3.原則として学業成績が各学科及び各専攻単位の上位3分の1以内の者
4.原則として日本学生支援機構奨学金の貸与を受けている者
5.当該年度の北里大学の他の給付奨学生(北里大学学生表彰規程に定めるものを除く)、学費全額免除の特別待遇奨学生(特待生)は出願不可
給付額
原則学費年額の1/2相当額※ただし、医学部生は原則として一人当たり年額学費1/3相当額
人数
年間6名程度
募集時期
原則として年1回(4月)

【給付型】北里大学学生表彰による奨学金(北島賞)(全学部共通)

対象
前年度の学業成績並びに人物が優秀な者
給付額
奨学金10万円を給付
人数
原則として各学年、各学科2名程度

【給付型】北里大学給付奨学生(全学部共通)

対象
2年次生以上 対象:学部生・大学院生・併設校在籍者
1.主たる家計支持者の失職、死亡、災害等による家計状況の急変、またはその他経済的理由により学費支弁等に支障を生じた者
2.強い勉学意欲をもち、人物優秀で成業の見込みのある者
3.原則として学業成績が各学科及び各専攻単位の上位3分の1以内の者、かつ、平成27年度以降の学部入学生においては、原則としてGPA2.0以上の条件を加える。
4.原則として日本学生支援機構奨学金の貸与を受けている者
給付額
原則学費年額1/2相当額※ただし、医学部生は原則として一人当たり年額学費1/3相当額
人数
25名程度
募集時期
原則として年1回(4月)

【給付型】北里大学医療衛生学部こまくさ給付奨学金(医療衛生学部)

対象
医療衛生学部3年次生、4年次生
家計状況の急変または経済的理由などにより学費の支弁が困難と認められ、勉学に強い意欲を持ち、人物が優秀で将来成業の見込みのある、医療衛生学部第3学年、または第4学年に在籍する者
給付額
年額60万円 採用決定の翌月に一括振込
募集時期
年1回(7月)

【減免型】特別待遇奨学生制度(特待生制度)(医学部)

対象
在学時の第1学年から第5学年における成績上位者
奨学金の種類
医学部特待生 在学時特待生
減免額
翌年度の授業料のうち2,000,000円の納入を免除
人数
在学時の第1学年から第5学年における成績上位者各10名程度

【減免型】特別待遇奨学生制度(特待生制度)(医学部)

対象
一般入学試験合格者の中から特待生を選考
奨学金の種類
医学部特待生 入学時特待生 第1種
減免額
入学金、授業料、施設設備費及び教育充実費の納入免除学費全額(38,900,000円)
人数
若干名

【減免型】特別待遇奨学生制度(特待生制度)(医学部)

対象
一般入学試験合格者の中から特待生を選考
奨学金の種類
医学部特待生 入学時特待生 第2種
減免額
入学金及び授業料の一部の納入免除6年間で19,450,000円
人数
若干名

【減免型】特別待遇奨学生制度(特待生制度)(薬学部/生命創薬科学科)

対象
センター利用入学試験合格者の中から成績上位者
奨学金の種類
薬学部特待生
減免額
学費の全額または半額を免除全額免除|4年間で7,080,000円半額免除|4年間で3,540,000円
人数
全額免除1名半額免除2名

【減免型】特別待遇奨学生制度(特待生制度)(薬学部/生命創薬科学科)

対象
一般入学試験合格者の中から成績上位者
奨学金の種類
薬学部特待生
減免額
学費の全額または半額を免除全額免除|4年間で7,080,000円半額免除|4年間で3,540,000円
人数
全額免除1名半額免除3名

【減免型】特別待遇奨学生制度(特待生制度)(薬学部/薬学科)

対象
センター利用入学試験合格者の中から成績上位者
奨学金の種類
薬学部特待生
減免額
学費の全額または半額を免除全額免除|6年間で12,600,000円半額免除|6年間で6,300,000円
人数
全額免除3名半額免除6名

【減免型】特別待遇奨学生制度(特待生制度)(薬学部/薬学科)

対象
一般入学試験合格者の中から成績上位者
奨学金の種類
薬学部特待生
減免額
学費の全額または半額を免除全額免除|6年間で12,600,000円半額免除|6年間で6,300,000円
人数
全額免除4名半額免除8名

【減免型】特別待遇奨学生制度(特待生制度)(理学部)

対象
一般入学試験合格者の中から成績上位者
奨学金の種類
理学部特待生
減免額
学費の全額
人数
物理学科1名化学科2名生物科学科2名

【貸与型】日本学生支援機構 第一種(無利子貸与)(全学部共通)

対象
学業・人物ともに優秀で、かつ経済的理由で修学困難な学生
奨学金の種類
第一種
貸与(月額)
64,000円もしくは30,000円より選択
利子
無利子
自宅・自宅外の別
自宅外
貸与期間
卒業予定年月まで
募集時期
原則として年1回(4月) *その他突発の事由により年度途中で貸与が必要となった場合

【貸与型】日本学生支援機構 第一種(無利子貸与)(全学部共通)

対象
学業・人物ともに優秀で、かつ経済的理由で修学困難な学生
奨学金の種類
第一種
貸与(月額)
54,000円もしくは30,000円より選択
利子
無利子
自宅・自宅外の別
自宅
貸与期間
卒業予定年月まで
募集時期
原則として年1回(4月) *その他突発の事由により年度途中で貸与が必要となった場合

【貸与型】日本学生支援機構 第二種(有利子貸与)(全学部共通)

対象
学業・人物ともに優秀で、かつ経済的理由で修学困難な学生
奨学金の種類
第二種
貸与(月額)
30,000円、50,000円、80,000円、100,000円、120,000円より選択
*増額貸与については、12万円の貸与月額を選択した場合のみ、希望により薬学部生・獣医学科生は2万円、医学部生は4万円の増額が受けられます。
利子
利子
貸与期間
卒業予定年月まで
募集時期
原則として年1回(4月) *その他突発の事由により年度途中で貸与が必要となった場合

【貸与型】北里大学PPA貸与奨学金制度(全学部共通)

対象
1.学費の支弁が困難と認められる者
2.勉学の意欲を持ち、人物が優秀で将来成業の見込みのある者
3.原則として北里大学奨学金との重複貸与不可
4.家計の収入が、日本学生支援機構が実施する第二種奨学金の対象となる家計基準(※)を超えないこと
※目安は、4人世帯の場合、年収1,214万円程度(給与所得)もしくは782万円程度(給与所得以外)とする
【「日本学生支援機構」平成28年度家計基準(第二種・私立大・自宅外)による】
学年は問わない
貸与(総額)
年額60万円
利子
無利子
人数
年間8名以内
貸与期間
出願年度の1ヵ年以内
募集時期
原則として年2回(4月・9月)

【貸与型】北里大学貸与奨学金制度(全学部共通)

対象
1.主たる家計支持者の失職、死亡または災害による家計急変その他経済的理由により学費の支弁等に支障を生じた者
2.家計の収入が、日本学生支援機構が実施する第二種奨学金の対象となる家計基準(※)を超えないこと。
※目安は、4人世帯の場合、年収1,214万円程度(給与所得)もしくは782万円程度(給与所得以外)とする。
【「日本学生支援機構」平成28年度家計基準(第二種・私立大・自宅外)による】
3.当該年度の北里大学の学費全額免除の特別待遇奨学生(特待生)は出願不可
学年を問わない
奨学金の種類
第一種
貸与(月額)
月額5万円、年額60万円以内
利子
無利子
人数
年間10名程度
貸与期間
採用年度1ヵ年以内
募集時期
原則として年2回(4月・9月)

【貸与型】北里大学貸与奨学金制度(全学部共通)

対象
対象:2年次生以上
出願資格:
1.主たる家計支持者の失職、死亡または災害による家計急変その他経済的理由により学費の支弁等に支障を生じた者
2.計の収入が、日本学生支援機構が実施する第二種奨学金の対象となる家計基準(※)を超えないこと。
※目安は、4人世帯の場合、年収1,214万円程度(給与所得)もしくは782万円程度(給与所得以外)とする。
【「日本学生支援機構」平成28年度家計基準(第二種・私立大・自宅外)による】
3.当該年度の北里大学の学費全額免除の特別待遇奨学生(特待生)は出願不可
奨学金の種類
第二種
貸与(総額)
学費1/2相当額
利子
無利子
人数
年間20名程度
貸与期間
採用年度1ヵ年以内
募集時期
原則として年2回(4月・9月)

【貸与型】北里大学貸与奨学金制度(全学部共通)

対象
対象:
4年制学科:3,4年次
6年制学科:5,6年次
出願資格:
1.主たる家計支持者の失職、死亡または災害による家計急変その他経済的理由により学費の支弁等に支障を生じた者
2.家計の収入が、日本学生支援機構が実施する第二種奨学金の対象となる家計基準(※)を超えないこと。
※目安は、4人世帯の場合、年収1,214万円程度(給与所得)もしくは782万円程度(給与所得以外)とする。
【「日本学生支援機構」平成28年度家計基準(第二種・私立大・自宅外)による】
3.当該年度の北里大学の学費全額免除の特別待遇奨学生(特待生)は出願不可
奨学金の種類
第三種
貸与(総額)
学費相当額
利子
無利子
人数
年間若干名
貸与期間
採用年度1ヵ年以内
募集時期
原則として年2回(4月・9月)

【貸与型】茨城県地域医療医師修学資金貸与制度(医学部)

対象
医学部1年次生(一般入試受験者)*出願時に選択
出願資格次のいずれかに該当する者
1. 茨城県内の高等学校等を卒業した者
2. 茨城県内に居住する者の子(1年以上居住している者とする。基準日は一般入試の出願受付期間の最終日とする。)
貸与(月額)
月額25万円
人数
2名
貸与期間
6年(留年、休学及び停学となった場合は貸与停止、退学した場合は貸与額全額を返還)
手続き
本学出願受付開始前に茨城県に出願書類を提出し、修学資金制度の適用を受けるための面接を受けてください。
その後、本学一般入試の出願時「茨城県地域枠」を選択してください。
募集時期
茨城県への応募期間:10月~11月中旬頃
備考
返還免除要件
大学卒業後、1年6ヶ月以内に医師免許を取得した後、直ちに茨城県知事の指定する医療機関で9年間(臨床研修期間を含む)を医師として業務に従事したとき

【貸与型】山梨県医師修学資金制度(医学部)

対象
医学部1年次生(一般入試受験者)*出願時に選択
医学部を卒業後、山梨県の地域医療に従事する明確な意思を持った者
貸与(月額)
月額13万円
人数
2名
貸与期間
6年(留年した場合は貸与休止、退学した場合は貸与額全額を返還)
手続き
一般入試の出願時「山梨県地域枠」を選択してください。
募集時期
一般入試の出願時「山梨県地域枠」を選択してください。
備考
返還免除要件
医師免許取得後、15年間の間に9年間山梨県内の公立病院等に勤務すること

【貸与型】神奈川県地域医療医師修学資金制度(医学部)

対象
医学部1年次生
医学部を卒業後、神奈川県の地域医療に従事する明確な意思を持った者
貸与(月額)
月額10万円
人数
5名
貸与期間
6年
募集時期
入学後に募集
備考
返還免除要件
大学を卒業後直ちに臨床研修を受け、特定期間(臨床研修を除く9年間)以上、指定医療機関(県内の病院または診療所のうち県が指定する医療機関)の指定診療科(大学5年終了時に県が指定する診療科) の業務に継続して従事すること。

【貸与型】相模原市地域医療医師修学資金貸付制度(医学部)

対象
医学部1年次生(一般入試受験者)*出願時に選択
在学期間中、貸付制度を継続して活用し、将来、相模原市の総合診療医として医師の業務に従事しようとする意思があり、また同種修学資金や奨学金等の貸付を受けていない者
貸与(総額)
入学金、授業料、施設設備費、教育充実費(1年次~6年次の合計:3,890万円)
人数
2名
貸与期間
6年(留年・休学した場合は貸与休止、退学した場合には貸与額全額に利息を付けて返還)
手続き
一般入試の出願時「相模原市修学資金枠」を選択してください(別途、相模原市への出願書類の提出が必要)。
募集時期
相模原市への応募期間:平成29年12月15日~ 平成30年1月22日
備考
返還免除要件
次の条件を全て満たせば、返還が免除されます
・大学卒業年度に実施される医師国家試験に合格すること(不合格の場合は大学卒業後2年以内に医師国家試験に合格すること)
・医師国家試験合格後、直ちに相模原市長が指定する医療機関にて臨床研修を開始すること
・臨床研修終了後、引き続き、相模原市長が指定する医療機関にて、総合診療医として7年間(臨床研修の2年間を合わせ計9年間)従事すること
選考方法
医学部一般入試の相模原市修学資金枠に合格すること

【貸与型】北里大学地域医療医師養成修学資金(医学部)

対象
対象:医学部5年次生、6年次生
出願資格:
医学部を卒業後、神奈川県、埼玉県及び東京都(都心部を除く)の医師不足診療科に従事しようとする者で、次の2つに該当する者
1.医学部5年次生及び6年次生で学業成績に問題がなく、人物が優れている者
2.北里大学病院または北里大学メディカルセンターにおける卒後臨床研修を受ける意思を有する者
貸与(月額)
月額10万円(事情により、月額30万円まで増額可能)
貸与期間
1年または2年(正規の修業期間に限る)
備考
次の条件をすべて満たせば返還が免除されます。
1.北里大学病院・東病院または北里大学メディカルセンターの卒後臨床研修(初期研修)に参加したとき
2.初期研修(2年間)後、北里大学病院における本学が指定する診療科の後期研修を行い修了したとき
3.後期研修期間中、北里大学メディカルセンターまたは、一定の臨床力を習得した上で指導医のいる神奈川県内、埼玉県内及び東京都(都心部を除く)内の地域医療病院に原則3年間出向したとき

【貸与型】神奈川県看護師等修学資金制度(看護学部)

対象
看護学部を卒業後、神奈川県内の医療施設に看護職員として従事しようとする者
貸与(月額)
月額20,000円
人数
2017年度採用者数9名 (新入生8名)
備考
奨学金の返済債務免除
卒業後、神奈川県内の医療施設等に必要な期間(5年間もしくは3年間)、継続して看護職員として従事したとき。

【貸与型】相模原市看護師等修学資金制度(看護学部)

対象
看護学部を卒業後、相模原市内の医療施設等に引き続き3年以上、看護職員として従事しようとする者
貸与(月額)
月額20,000円
人数
2017年度採用者数 17名 (新入生14名)
備考
奨学金の返済債務免除
卒業後、相模原市内の医療施設等に引き続き3年間看護職員として従事したとき。

【貸与型】獣医師職員養成修学資金制度(獣医学部/獣医学科)

対象
獣医学部獣医学科1年次生(地域枠特別選抜入学試験合格者)
貸与(月額)
獣医学生時:月額 10~12万円(大学1~6学年の6年間)
貸与(総額)
高等学校3年次:131万5千円(大学の入学手続時に納入する前期分の費用)
人数
各県1名
貸与期間
6年間
手続き
本学出願受付前に、各県での選考があります。詳細については、各県のホームページをご参照ください。
備考
返還免除要件
各県の返還免除要件をご参照ください。
※詳細は各県にお問い合わせください。
学費(初年度納入金)
北里大学/奨学金