• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 神奈川
  • 北里大学
  • 奨学金

北里大学の奨学金

【給付型】官民協働海外留学支援制度~トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム~(全学部共通)

対象
正規課程に在籍する学部生・大学院生で、日本から海外へ留学する人
実践活動(インターンシップ、フィールドワーク、PBLなど「実社会と接点」を持つ活動)が含まれている計画

【給付型】日本学生支援機構奨学金 学習奨励費(全学部共通)

対象
正規生(学部学生・大学院生)および研究生
学業成績や人物に優れ、留学生活を続ける上で、経済的援助を必要とする者
給付額
月額48,000円
支給期間:1年
募集時期
毎年4月頃

【給付型】北里大学PPA給付奨学金制度(全学部共通)

対象
学部生:2年次生以上
1.北里大学の2年次以上に在籍する学部生
※科目等履修生、研究生、外国人留学生は、出願資格なし。
※他の奨学金制度の奨学生であっても出願することはできるが、当該年度の北里大学の他の給付奨学生(北里大学学生表彰規程に定めるものを除く)、学費全額免除の特別待遇奨学生(特待生)は、出願することができない。
2.主たる生計支持者の失職、死亡、災害等による家計状況の急変、またはその他経済的理由により学費支弁等に支障を生じた者
3.勉学に強い意欲を持ち、人物優秀で成業の見込みのある者
4.原則として学業成績が各学科及び各専攻単位の上位3分の1以内である者(ただし家計急変者は成績上位4分の3以内)
5.日本学生支援機構奨学金又は他の貸与奨学金を受けている者(ただし家計急変者は申請中でも可)
給付額
原則学費年額の1/2相当額
給付期間:原則として採用年度1ヵ年以内
人数
6名程度
募集時期
原則として年1回(4月)

【給付型】北里大学学生表彰による奨学金(北島賞)(全学部共通)

対象
前年度の学業成績並びに人物が優秀な者
給付額
10万円
人数
原則として各学年、各学科2名程度

【給付型】北里大学給付奨学金(全学部共通)

対象
学部生・大学院生・併設校在籍者
2年次生以上
1.北里大学、北里大学保健衛生専門学院、北里大学看護専門学校の2年次以上に在籍する学生(ただし、1年制の専攻科においては当該1年次生)
※科目等履修生、研究生、外国人留学生は、出願資格なし。
※他の奨学金制度の奨学生であっても出願することはできるが、当該年度の北里大学及び併設校の他の給付奨学生(北里大学学生表彰規程に定めるものを除く)、学費全額免除の特別待遇奨学生(特待生)は、出願することができない。
2.主たる生計維持者の失職、死亡若しくは災害による家計急変又はその他経済的理由により、学費の支弁等に支障を生じた者
3.勉学に強い意欲を持ち、人物が優秀で成業の見込みがある者
4.学部及び併設校の学生にあっては、原則として学業成績が各学科及び各専攻単位の上位3分の1以内である者(ただし家計急変者は成績上位4分の3以内)
5.大学院生にあっては、当該研究科が出願の必要性を認めた者
6.日本学生支援機構奨学金他の貸与奨学金を受けている者(ただし家計急変者は申請中でも可)
給付額
原則学費年額の1/2相当額
給付期間:原則として採用年度1か年以内
人数
25名程度
募集時期
原則として年1回

【給付型】北里大学医療衛生学部こまくさ給付奨学金(医療衛生学部)

対象
医療衛生学部3年次生、4年次生
家計状況の急変または経済的理由などにより学費の支弁が困難と認められ、勉学に強い意欲を持ち、人物が優秀で将来成業の見込みのある者
給付額
年額60万円以内
給付期間:採用年度1ヵ年以内
人数
原則として年間4名以内
募集時期
年1回(7月)

【給付型】北里大学薬友会給付奨学金(薬学部)

対象
薬学部2年次生以上
原則として、1~4のすべてを満たす学生
1.家計急変又は経済的理由等により学費の支弁が困難と認められる者
2.勉学に強い意志を持ち、人物が優秀で成業の見込みのある者
3.学業成績が各学科の上位4分の3以内の者
4.日本学生支援機構奨学金又は他機関奨学金の貸与を受けている者
給付額
年額10万円
給付期間:原則として出願年度1ヵ年以内 ※次年度以降も申請可
人数
原則10名以内
募集時期
原則として年1回

【減免型】高等教育段階の修学支援新制度(全学部共通)

備考
授業料の減免や、給付型奨学金の支給支援が行われます。

【減免型】国費外国人・外国政府派遣留学生特別待遇奨学生(全学部共通)

対象
以下に該当する外国人留学生のみ申請可能
1.外国政府派遣留学生として北里大学に派遣され、外国人留学生として北里大学大学院に入学を許可された者
2.国費外国人留学生として奨学金を受け、原則として外国人留学生として北里大学大学院に入学を許可された者
3.外国人留学生として北里大学大学院に入学を許可され、北里大学より国費外国人留学生として推薦して採用された者
4.国費外国人留学生として奨学金を受け、非正規生として北里大学に在籍する者
学種
大学院
減免額
学費の免除又は一部免除

【減免型】特別待遇奨学生制度(特待生制度) 医学部特待生 入学時特待生(医学部)

対象
一般選抜試験合格者
減免額
第1種:
入学金、授業料、施設設備費及び教育充実費の納入免除
学費全額(38,900,000円)
第2種:
入学金及び授業料の一部の納入免除
6年間で19,450,000円
人数
若干名

【減免型】特別待遇奨学生制度(特待生制度) 薬学部特待生(薬学部)

対象
一般選抜試験合格者の中から成績上位者
減免額
学費の全額または半額
人数
全額免除
薬学科:1位~4位
生命創薬科学科:1位
半額免除
薬学科:5位~12位
生命創薬科学科:2位~4位

【減免型】特別待遇奨学生制度(特待生制度) 理学部特待生(理学部)

対象
一般選抜試験合格者の中から成績上位者
減免額
学費の全額
人数
物理学科1名、 化学科2名、生物科学科2名

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第一種(無利子貸与)(全学部共通)

対象
学業・人物ともに優秀で、かつ経済的理由で修学困難な学生
奨学金の種類
第一種
貸与(月額)
20,000円、30,000円、40,000円もしくは50,000円、64,000円(*)より選択
*申込時における家計支持者の年収が一定額以上の者は各区分の最高月額以外の月額から選択
利子
無利子
自宅・自宅外の別
自宅外
貸与期間
卒業予定年月まで
募集時期
原則として年1回(4月) *その他突発の事由により年度途中で貸与が必要となった場合

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第一種(無利子貸与)(全学部共通)

対象
学業・人物ともに優秀で、かつ経済的理由で修学困難な学生
奨学金の種類
第一種
貸与(月額)
20,000円、30,000円、40,000円もしくは54,000円(*)
*申込時における家計支持者の年収が一定額以上の者は各区分の最高月額以外の月額から選択
利子
無利子
自宅・自宅外の別
自宅
貸与期間
卒業予定年月まで
募集時期
原則として年1回(4月) *その他突発の事由により年度途中で貸与が必要となった場合

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第二種(有利子貸与)(全学部共通)

対象
学業・人物ともに優秀で、かつ経済的理由で修学困難な学生
奨学金の種類
第二種
貸与(月額)
20,000円、30,000円、40,000円、50,000円、60,000円、70,000円、80,000円、90,000円、100,000円、110,000円、120,000円より選択
利子
利子
貸与期間
卒業予定年月まで
募集時期
原則として年1回(4月) *その他突発の事由により年度途中で貸与が必要となった場合
備考
*増額貸与については、12万円の貸与月額を選択した場合のみ、希望により薬学部生・獣医学科生は2万円、医学部生は4万円の増額が受けられます。

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第二種奨学金(短期留学)(全学部共通)

対象
国内の大学等在学中に、外国の短期大学・大学・大学院に短期留学をするために奨学金を希望する人
利子
利子

【貸与型】北里大学PPA貸与奨学金制度(全学部共通)

対象
学部生
1.北里大学PPA正会員の学生
2.北里大学に在籍する学部学生
3.学費の支弁が困難と認められる者
4.勉学の意欲を持ち、人物が優秀で将来成業の見込みのある者
※他の奨学金制度の奨学生であっても出願することはできるが、原則として北里大学奨学金との重複貸与はできない。
※留年生、卒業延期者、休学中の学生は出願することができない。ただし1回目の留年に限り出願できるものとする。
5.家計の収入が、日本学生支援機構が実施する第二種奨学金の対象となる家計基準を超えないこと
貸与(総額)
年額600,000円
返還詳細
返還期間:卒業半年後から年賦により最長10年以内
利子
無利子
人数
年間若干名
貸与期間
採用年度1ヵ年以内
募集時期
原則として年2回(4月・9月)

【貸与型】北里大学貸与奨学金 A種(全学部共通)

対象
学部生・併設校生:原則2年次生以上とする。2回目募集及び臨時募集のみ1年次生も対象とする。
大学院生:学年不問
1.北里大学、北里大学保健衛生専門学院、北里大学看護専門学校に在籍する学生
※科目等履修生、研究生、外国人留学生は、出願資格なし。
※他の奨学金制度の奨学生であっても出願することはできるが、当該年度の北里大学及び併設校の学費全額免除の特別待遇奨学生(特待生)は、出願することができない。
※留年生、卒業延期者、休学中の学生は出願することができない。ただし1回目の留年に限り出願できるものとする。
2.主たる生計維持者の失職、死亡若しくは災害による家計急変又はその他経済的理由により、学費の支弁等に支障を生じた者
3.家計の収入が、日本学生支援機構が実施する第二種奨学金の対象となる家計基準を超えないこと。
貸与(総額)
学費の1/2相当額
返還詳細
返還期間:卒業半年後から月賦または年賦により貸与総額に応じて最長15年以内
利子
無利子
人数
35名程度
貸与期間
採用年度1か年以内
募集時期
原則として年2回

【貸与型】北里大学貸与奨学金 B種(全学部共通)

対象
最高学年生※1年制の専攻科は対象外
1.北里大学、北里大学保健衛生専門学院、北里大学看護専門学校に在籍する学生
※科目等履修生、研究生、外国人留学生は、出願資格なし。
※他の奨学金制度の奨学生であっても出願することはできるが、当該年度の北里大学及び併設校の学費全額免除の特別待遇奨学生(特待生)は、出願することができない。
※留年生、卒業延期者、休学中の学生は出願することができない。ただし1回目の留年に限り出願できるものとする。
2.主たる生計維持者の失職、死亡若しくは災害による家計急変又はその他経済的理由により、学費の支弁等に支障を生じた者
3.家計の収入が、日本学生支援機構が実施する第二種奨学金の対象となる家計基準を超えないこと。
貸与(総額)
学費相当額
返還詳細
返還期間:卒業半年後から月賦または年賦により貸与総額に応じて最長15年以内
利子
無利子
人数
若干名
貸与期間
採用年度1か年以内
募集時期
原則として年2回

【貸与型】茨城県地域医療医師修学資金貸与制度(医学部)

対象
医学部1年次生(学校推薦型選抜試験(地域枠指定校)入学者、地域枠一般選抜試験入学者)
地域枠一般選抜試験の場合は、次のいずれかに該当する者
1.茨城県内の高等学校等を卒業あるいは卒業見込みの者
2.茨城県内に居住する者の子(1年以上居住している者とする。基準日は茨城県地域枠選抜試験の出願受付期間の最終日とする。)
学校推薦型選抜試験(地域枠指定校)の場合は、対象校にお知らせします。
選考方法:茨城県地域枠選抜試験に合格すること
貸与(月額)
250,000円
人数
4名
貸与期間
6年(休学及び停学となった場合は貸与停止、退学した場合は貸与額全額を返還)
備考
※返還免除要件:大学卒業後、1年6ヶ月以内に医師免許を取得した後、直ちに茨城県知事の指定する医療機関で9年間(臨床研修期間を含む)を医師として業務に従事したとき
※本学に出願する前に、茨城県に修学資金貸与制度の出願書類を提出し、茨城県が行う面接を受けること。
※茨城県が作成したキャリア形成プログラムに基づき診療に従事する意思を有する者のうちから選抜する。

【貸与型】山梨県医師修学資金制度(医学部)

対象
医学部1年次生(学校推薦型選抜試験(地域枠指定校)入学者、地域枠一般選抜試験入学者)
地域枠一般選抜試験の場合は、次のいずれかに該当する者
1.山梨県内の高等学校(中等教育学校、特別支援学校の後期課程を含む。)を卒業、あるいは卒業見込みの者
2.保護者が山梨県内に居住している者で、山梨県外の高等学校(中等教育学校、特別支援学校の後期課程を含む。)を卒業、あるいは卒業見込みの者(該当者は住民票の提出が必要)
学校推薦型選抜試験(地域枠指定校)の場合は、対象校にお知らせします。
選考方法:山梨県地域枠選抜試験に合格すること
貸与(月額)
130,000円
人数
2名
貸与期間
6年(留年した場合は貸与休止、退学した場合は貸与額全額を返還)
備考
※返還免除要件:医師免許取得後、15年間の間に9年間知事が指定する山梨県内の特定公立病院等に勤務すること
※山梨県が作成したキャリア形成プログラムに基づき診療に従事する意思を有する者のうちから選抜する。

【貸与型】神奈川県地域医療医師修学資金制度(医学部)

対象
医学部1年次生(学校推薦型選抜試験(地域枠指定校)入学者、地域枠一般選抜試験入学者)
地域枠一般選抜試験の場合は、次のいずれかに該当する者
1.大学に入学する時点において、神奈川県内に1年以上居住したことのある者
2.神奈川県内の高等学校又は中等教育学校を卒業あるいは卒業見込みの者
学校推薦型選抜試験(地域枠指定校)の場合は、対象校にお知らせします。
選考方法:神奈川県地域枠選抜試験に合格すること
貸与(月額)
100,000円
人数
5名
貸与期間
6年
備考
※返還免除要件:大学卒業後、神奈川県内の臨床研修病院で初期臨床研修を受け、特定期間(初期臨床研修を含む9年間)以上、指定医療機関(県内の医療機関のうち、神奈川県知事が指定する病院又は診療所)の指定診療科(地域医療関連診療科のうち、初期臨床研修修了までに神奈川県知事が指定する診療科)の業務に継続して従事すること。
*返還免除に該当しなくなった場合は、原則1か月以内に貸付けを受けた修学資金に利息(年10%)を付した額を返還すること。
※神奈川県地域医療医師修学資金貸付条例に基づき地域医療に従事する明確な意思を持った者を選抜する。
この制度により入学する場合、自身が選択する「キャリア形成プログラム」に従って、初期臨床研修を含む神奈川県内での9年間の従事義務があります。

【貸与型】相模原市地域医療医師修学資金貸付制度(医学部)

対象
医学部1年次生(一般選抜試験受験者)*出願時に選択
在学期間中、貸付制度を継続して活用し、将来、相模原市の総合診療医または総合内科医として医師の業務に従事しようとする意思があり、また同種修学資金や奨学金等の貸付を受けていない者
選考方法:医学部一般選抜試験の相模原市修学資金枠に合格すること
貸与(総額)
入学金、授業料、施設設備費、教育充実費(1年次~6年次の合計:3,890万円)
人数
2名
貸与期間
6年(留年・休学した場合は貸与休止、退学した場合には貸与額全額に利息を付けて返還)
備考
次の条件を全て満たせば、返還が免除されます
1.大学卒業年度に実施される医師国家試験に合格すること(不合格の場合は大学卒業後2年以内に医師国家試験に合格すること)
2.医師国家試験合格後、直ちに相模原市長が指定する医療機関にて臨床研修を開始すること
3.臨床研修終了後、引き続き、相模原市長が指定する医療機関にて、総合診療医又は総合内科医として7年間(臨床研修の2年間を合わせ計9年間)従事すること

【貸与型】神奈川県看護師等修学資金制度(看護学部)

対象
看護学部を卒業後、神奈川県内の医療施設に看護職員として従事しようとする者
貸与(月額)
20,000円
備考
奨学金の返済債務免除:卒業後、神奈川県内の医療施設等に必要な期間(5年間もしくは3年間)、継続して看護職員として従事したとき。

【貸与型】相模原市看護師等修学資金制度(看護学部)

対象
看護学部を卒業後、相模原市内の医療施設等に引き続き3年以上、看護職員として従事しようとする者
貸与(月額)
20,000円
備考
奨学金の返済債務免除:卒業後、相模原市内の医療施設等に引き続き3年間看護職員として従事したとき。

【貸与型】獣医師職員養成修学資金制度(獣医学部/獣医学科)

対象
獣医学部獣医学科1年次生(地域枠特別選抜試験合格者)
選考方法:各県の課す選考試験に合格し、獣医学部地域枠特別選抜試験(書類審査及び面接)に合格すること。
貸与(総額)
(1)高等学校3年次:1,315,000円(大学の入学手続時に納入する前期分の費用)
(2)獣医学生時:県により異なる
人数
各県1名
貸与期間
6年間

河内奨学会

吉田育英会

佐藤奨学会

中村積善会

日本学生支援機構奨学金 海外留学支援制度(大学院学位取得型)

日本学生支援機構奨学金 第二種奨学金(海外)

学費(初年度納入金)
北里大学/奨学金
RECRUIT