• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 愛知
  • 名古屋学院大学
  • 奨学金

【給付型】社会人学生奨学金(全学部共通)

対象
本学の入学試験要項に定める社会人出願資格に該当する社会人
給付額
各学期授業料の50%
再度の手続きにより、学修状況を勘案したうえで最短修業年限(4年)まで継続

【給付型】入学生緊急奨学金(全学部共通)

対象
主に家計を支えている人物が失職または破産のために家計が急変した本学入学者
給付額
入学初年度の当該年度当該学部学科の学費(入学金を除く)の半額
1年間
手続き
入学手続きの入学手続金納付日(一括手続き締切日または第1次手続き締切日)までに学生サポートセンターへお問い合わせください。

【給付型】名古屋学院大学緊急援助奨学金(全学部共通)

対象
家計急変により修学困難となった学部学生
給付額
学期学費の半額
当該年度限り
手続き
学生サポートセンター・瀬戸キャンパス総合事務部へお問い合わせください。

【給付型】名古屋学院大学災害時緊急奨学金(全学部共通)

対象
災害救助法適用の災害により家計が急変し、経済的に修学困難となった在学生、本学入学者
給付額
当該年度当該学部学科の授業料の半額。
ただし、経済的に極めて修学困難と認められるときは当該年度授業料相当額。
1年間
手続き
学生サポートセンター・瀬戸キャンパス総合事務部・大学院事務室にお問い合わせください。

【給付型】名古屋学院大学大学院奨学金(全学部共通)

対象
大学院の該当者(留学生不可)
経済的理由により修学困難で、学業良好な大学院生
(諸条件および審査がありますのでご注意ください)
学種
大学院
給付額
年額24万円を給付(秋学期学費から減免)
※通信制大学院生は年額10万円給付(秋学期学費から減免)
人数
10名~15名
手続き
定められた期間内に大学院事務室へ申込み
募集時期
申込時期 6月

【減免型】国の修学支援制度(高等教育の無償化)(全学部共通)

対象
住民税非課税世帯およびそれに準ずる世帯
学業成績
1年生
【以下のいずれかに該当すること】
①高等教育等における評価平均値が3.5以上であること、または、入学選抜試験の成績が入学者の上位1/2の範囲に属すること
②高等教育卒業程度認定試験の合格者であること(諸条件あり)
③将来、社会で自立し、活躍する目標を持って学修する意欲を有していることが学修計画書により確認できること
2~4年生
【以下のいずれかに該当すること】
①年度末の累積GPAが所属学科・学年の上位1/2以上であること
②年度末までの修得単位数が標準単位数以上であり、かつ、将来、社会で自立し、活躍する目標を持って学修する意欲を有していることが学修計画書により確認できること
減免額
授業料等減免および給付型奨学金
手続き
4月、9月初めに開催する説明会に出席し、申込書類を受け取る必要があります。
募集時期
原則4月、9月

【減免型】私費外国人留学生授業料減免制度(全学部共通)

対象
経済的理由により就学困難な私費外国人留学生
減免額
年間の授業料を50%減免
備考
※学業成績および経済状況等を勘案

【減免型】名古屋学院大学奨学金(全学部共通)

対象
大学の該当者(留学生不可)
経済的理由により修学困難で、学業良好な学生を対象
(諸条件および審査がありますのでご注意ください)
減免額
当該年度の授業料を除く学費の半額
人数
70名程度
手続き
定められた期間内に学生サポートセンター・瀬戸キャンパス総合事務部へ申込み
募集時期
申込時期 8月(願書配布7月)

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第一種(無利子貸与)(全学部共通)

対象
経済的に修学に困難がある人物・学業ともに優れた学生
[成績基準]
1年生|高校の評定平均値が3.5以上
2~4年生|卒業要件単位を4年で割り、在学年数倍した単位数以上を修得していること
(例)卒業要件単位124単位の場合
2年生:31単位以上
3年生:62単位以上
4年生:93単位以上
奨学金の種類
第一種
学種
大学
貸与(月額)
20,000円、30,000円、40,000円、50,000円、64,000円から選択
利子
無利子
自宅・自宅外の別
自宅外
貸与期間
貸与始期|4月
貸与終期|最短修業年限(4年間)での卒業予定年月日
手続き
在学生は3月末、新入生は4月初めに開催する奨学金説明会に出席し、申込書類を受取る必要があります。
募集時期
原則4月
備考
※年に一回、成績確認を行います。その際、学業成績が不振な方の奨学金は取り消される場合があります。
申込をするのには成績基準・家計基準を満たしている必要があります。

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第一種(無利子貸与)(全学部共通)

対象
経済的に修学に困難がある人物・学業ともに優れた学生
[成績基準]
1年生|高校の評定平均値が3.5以上
2~4年生|卒業要件単位を4年で割り、在学年数倍した単位数以上を修得していること
(例)卒業要件単位124単位の場合
2年生:31単位以上
3年生:62単位以上
4年生:93単位以上
奨学金の種類
第一種
学種
大学
貸与(月額)
20,000円、30,000円、40,000円、54,000円から選択
利子
無利子
自宅・自宅外の別
自宅
貸与期間
貸与始期|4月
貸与終期|最短修業年限(4年間)での卒業予定年月日
手続き
在学生は3月末、新入生は4月初めに開催する奨学金説明会に出席し、申込書類を受取る必要があります。
募集時期
原則4月
備考
※年に一回、成績確認を行います。その際、学業成績が不振な方の奨学金は取り消される場合があります。
申込をするのには成績基準・家計基準を満たしている必要があります。

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第一種(無利子貸与)(全学部共通)

対象
経済的に修学に困難がある人物・学業ともに優れた学生
[成績基準]
1年生|高校の評定平均値が3.5以上
2~4年生|卒業要件単位を4年で割り、在学年数倍した単位数以上を修得していること
(例)卒業要件単位124単位の場合
2年生:31単位以上
3年生:62単位以上
4年生:93単位以上
奨学金の種類
第一種
学種
大学院
貸与(月額)
修士・博士前期|50,000円、88,000円から選択
博士後期|80,000円、122,000円から選択
利子
無利子
貸与期間
修士・博士前期 |4月、最長2年
博士後期|4月、最長3年
手続き
在学生は3月末、新入生は4月初めに開催する奨学金説明会に出席し、申込書類を受取る必要があります。
募集時期
原則4月
備考
※年に一回、成績確認を行います。その際、学業成績が不振な方の奨学金は取り消される場合があります。
申込をするのには成績基準・家計基準を満たしている必要があります。

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第二種(有利子貸与)(全学部共通)

対象
経済的に修学に困難がある人物・学業ともに優れた学生
[成績基準]
1年生|高校の評定平均値が3.5以上
2~4年生|卒業要件単位を4年で割り、在学年数倍した単位数以上を修得していること
(例)卒業要件単位124単位の場合
2年生:31単位以上
3年生:62単位以上
4年生:93単位以上
奨学金の種類
第二種
学種
大学
貸与(月額)
20,000円~120,000円から10,000円刻みで選択
利子
利子
貸与期間
貸与始期|4月
貸与終期|最短修業年限(4年間)での卒業予定年月日
手続き
在学生は3月末、新入生は4月初めに開催する奨学金説明会に出席し、申込書類を受取る必要があります。
募集時期
原則4月
備考
※年に一回、成績確認を行います。その際、学業成績が不振な方の奨学金は取り消される場合があります。
申込をするのには成績基準・家計基準を満たしている必要があります。

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第二種(有利子貸与)(全学部共通)

対象
経済的に修学に困難がある人物・学業ともに優れた学生
[成績基準]
1年生|高校の評定平均値が3.5以上
2~4年生|卒業要件単位を4年で割り、在学年数倍した単位数以上を修得していること
(例)卒業要件単位124単位の場合
2年生:31単位以上
3年生:62単位以上
4年生:93単位以上
奨学金の種類
第二種
学種
大学院
貸与(月額)
50,000・80,000・100,000・130,000・150,000円から選択
利子
利子
貸与期間
修士・博士前期 |4月、最長2年
博士後期|4月、最長3年
手続き
在学生は3月末、新入生は4月初めに開催する奨学金説明会に出席し、申込書類を受取る必要があります。
募集時期
原則4月
備考
※年に一回、成績確認を行います。その際、学業成績が不振な方の奨学金は取り消される場合があります。
申込をするのには成績基準・家計基準を満たしている必要があります。
学費(初年度納入金)
名古屋学院大学/奨学金