• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 國學院大學
  • 奨学金

私立大学/東京・神奈川

コクガクインダイガク

【給付型】稲荷奨学金(全学部共通)

対象
神道文化学科、専攻科、別科に在学し、卒業後神職又は神社神道並びに稲荷信仰の普及に関する業務に従事する者
給付額
給費額 120,000円

【給付型】教員採用候補者試験支援奨学金制度(給費) ※平成27年度より施行(全学部共通)

対象
教職課程履修者の3年生・4年生 ※その他要件あり
奨学金の種類
進路支援制度
給付額
本学指定の講座等の受講料及び教材費相当額

【給付型】弘田ふるさと奨学金制度(給費) ※平成28年度新設(全学部共通)

対象
(1)家計を支持する保証人が、1都3県(東京都・埼玉県・神奈川県・千葉県)を除く地域に居住している者
(2)自宅外通学者である者
(3)経済的に著しく困窮している者
(4)向学心と修学意欲があり、学業成績が良好な者
(5)國學院大學修学支援奨学金制度(後期採用)採用予定者(1年次のみ)
(6)出願資格は学部1年次のみとする
奨学金の種類
特定寄付奨学金制度
給付額
年額70万円 ※原則4年間給費(継続審査あり)
備考
希望者は、國學院大學修学支援奨学金制度(後期採用)に出願してください。
原則4年間給費(継続審査あり)

【給付型】神社本庁育英奨学金(全学部共通)

対象
学部2年生以上、または神道学専攻科在学生、卒業後神社本庁包括下の神社で神職を志す者、又は神道に関する研究に従事しようとする者。
奨学金の種類
第1給費生 別科生対象(神職養成機関普通課程) 
給付額
給費額 年額 25,000円

【給付型】全国敬神婦人連合会育英奨学金(全学部共通)

対象
神職の子女、若しくは「全国敬神婦人連合会」の会員の子女で、卒業後神職となり、または神道に関する研究に従事しようとする者。
給付額
給費額 150,000円

【給付型】國學院大學セカンドキャリア奨学金制度(給費) ※平成26年度新設(全学部共通)

対象
セカンドキャリア特別選考入学試験で人間開発学部健康体育学科に入学した者のうち、本制度の選考規程に該当する者
奨学金の種類
修学経済支援制度
給付額
新入生の入学金及び当該年度授業料相当額(原則4年間給費)
人数
若干名
備考
原則4年間給費

【給付型】國學院大學神道文化学部神職子女奨学金制度(給費) ※平成26年度新設(全学部共通)

対象
学部学生1~4年生
奨学金の種類
修学経済支援制度
給付額
年額20万円(新入生自宅通学)
年額40万円(新入生自宅外通学)
2年次以上GPA2.0以上 20名上限 年額10万円
人数
49名(平成26年度実績)

【給付型】神社本庁育英奨学金(神道文化学部)

対象
学部2年生以上、または神道学専攻科在学生、卒業後神社本庁包括下の神社で神職を志す者、又は神道に関する研究に従事しようとする者。
奨学金の種類
第2給費生 神道文化学部2年生以上・神道学専攻科生対象
給付額
給費額 年額 300,000円

【減免型】大規模災害学費減免制度 ※平成28年度新設(全学部共通)

対象
本学学生(学部・大学院・専門職大学院・専攻科・別科)のうち、災害対策基本法第1条第1項に定めた災害(以下「大規模災害」という。)により被災し次の号に定めるすべての要件を満たす者とする。                                      
[1]主たる家計支持者が災害救助法適用地域に居住しているもの
[2]主たる家計支持者の家計が大規模災害により急変し、学費の支弁が困難と認められるもの                                                       
[3]修学に対する意欲と学業継続の意思があり、成業の見込みがあるもの                            
[4]原則として、日本学生支援奨学金等の貸与奨学金を受けている者、若しくは貸与予定者であること                                                             
2、本制度の対象者は、前項各号に定める要件のほか、大規模災害に起因した次の号のいずれかに該当するものとする。                                  
[1]家計支持者が死亡又はこれに準ずる高度障害を受けた場合                                   
[2]家計支持者が居住する家屋が、全焼、前流失、大規模災害、半壊及び一部損壊等の被災を受けた場合(一部損壊の対象は当該年度限り)                           
[3]家計支持者の収入又は所得が激減し、学費の支弁が著しく困難となった場合      
[4]家計支持者の居住地が避難地域等に指定され、避難を継続している。
減免額
本制度の減免額は、当該年度の授業料、施設設備費及び維持運営費の全額、7割、半額、3割及び1割とする。

【貸与型】日本学生支援機構奨学金(全学部共通)

対象
優秀な学生で 経済的理由のため修学困難な学生
日本学生支援機構の推薦基準に基づき本学において選考・推薦し、採否の決定は機構が行います。
奨学金の種類
第1種奨学金
貸与(月額)
自宅外通学:30,000円・54, 000円64,000円から選択
返還詳細
返還期間:貸与終了後所定の期間内
利子
無利子
自宅・自宅外の別
自宅外
貸与期間
〈貸与始期〉募集時期・奨学金の種類・学年・学生の希望により異なります。〈貸与終期〉卒業するまでの標準修業年度、ただし継続に必要な手続きを怠った場合や、学業成績が不振な場合は、奨学金が廃止になります。なお第1種緊急採用は、当該年度限りです。次年度以降も奨学金受給を希望する場合は毎年継続願の提出が必要です。
手続き
本学では毎年4月に説明会を実施しています。その際願書も配布しますので、希望者は必ず出席してください。
募集時期
定期採用:4月初旬

【貸与型】日本学生支援機構奨学金(全学部共通)

対象
優秀な学生で 経済的理由のため修学困難な学生
日本学生支援機構の推薦基準に基づき本学において選考・推薦し、採否の決定は機構が行います。
奨学金の種類
第2種奨学金
貸与(月額)
3・5・8・10・12万円から選択
返還詳細
返還期間:貸与終了後所定の期間内
利子
利子
貸与期間
〈貸与始期〉募集時期・奨学金の種類・学年・学生の希望により異なります。〈貸与終期〉卒業するまでの標準修業年度、ただし継続に必要な手続きを怠った場合や、学業成績が不振な場合は、奨学金が廃止になります。なお第1種緊急採用は、当該年度限りです。次年度以降も奨学金受給を希望する場合は毎年継続願の提出が必要です。
手続き
本学では毎年4月に説明会を実施しています。その際願書も配布しますので、希望者は必ず出席してください。
募集時期
定期採用:4月初旬

【貸与型】日本学生支援機構奨学金(全学部共通)

対象
第1学年入学者(編入学者の入学年次を含む)で条件を満たす者
奨学金の種類
入学時特別増額貸与奨学金
貸与(月額)
10・20・30・40・50万円から選択
返還詳細
返還期間:貸与終了後所定の期間内
利子
利子
貸与期間
〈貸与始期〉募集時期・奨学金の種類・学年・学生の希望により異なります。〈貸与終期〉卒業するまでの標準修業年度、ただし継続に必要な手続きを怠った場合や、学業成績が不振な場合は、奨学金が廃止になります。なお第1種緊急採用は、当該年度限りです。次年度以降も奨学金受給を希望する場合は毎年継続願の提出が必要です。
手続き
本学では毎年4月に説明会を実施しています。その際願書も配布しますので、希望者は必ず出席してください。
募集時期
定期採用:4月初旬

【貸与型】日本学生支援機構奨学金(全学部共通)

対象
家計支持者が失職・破産・病気・死亡または火災・風水害等により家計急変が生じ緊急に奨学金が必要になった場合
奨学金の種類
第1種緊急採用
返還詳細
返還期間:貸与終了後所定の期間内
利子
無利子
貸与期間
〈貸与始期〉募集時期・奨学金の種類・学年・学生の希望により異なります。〈貸与終期〉卒業するまでの標準修業年度、ただし継続に必要な手続きを怠った場合や、学業成績が不振な場合は、奨学金が廃止になります。なお第1種緊急採用は、当該年度限りです。次年度以降も奨学金受給を希望する場合は毎年継続願の提出が必要です。
手続き
本学では毎年4月に説明会を実施しています。その際願書も配布しますので、希望者は必ず出席してください。
募集時期
随時

【貸与型】日本学生支援機構奨学金(全学部共通)

対象
家計支持者が失職・破産・病気・死亡または火災・風水害等により家計急変が生じ緊急に奨学金が必要になった場合
奨学金の種類
第2種応急採用
返還詳細
返還期間:貸与終了後所定の期間内
利子
利子
貸与期間
〈貸与始期〉募集時期・奨学金の種類・学年・学生の希望により異なります。〈貸与終期〉卒業するまでの標準修業年度、ただし継続に必要な手続きを怠った場合や、学業成績が不振な場合は、奨学金が廃止になります。なお第1種緊急採用は、当該年度限りです。次年度以降も奨学金受給を希望する場合は毎年継続願の提出が必要です。
手続き
本学では毎年4月に説明会を実施しています。その際願書も配布しますので、希望者は必ず出席してください。
募集時期
随時

【貸与型】日本学生支援機構奨学金(全学部共通)

対象
優秀な学生で 経済的理由のため修学困難な学生
日本学生支援機構の推薦基準に基づき本学において選考・推薦し、採否の決定は機構が行います。
奨学金の種類
第1種奨学金
貸与(月額)
自宅通学:30,000円・54,000円から選択
返還詳細
返還期間:貸与終了後所定の期間内
利子
無利子
自宅・自宅外の別
自宅
貸与期間
〈貸与始期〉募集時期・奨学金の種類・学年・学生の希望により異なります。〈貸与終期〉卒業するまでの標準修業年度、ただし継続に必要な手続きを怠った場合や、学業成績が不振な場合は、奨学金が廃止になります。なお第1種緊急採用は、当該年度限りです。次年度以降も奨学金受給を希望する場合は毎年継続願の提出が必要です。
手続き
本学では毎年4月に説明会を実施しています。その際願書も配布しますので、希望者は必ず出席してください。
募集時期
定期採用:4月初旬
学費(初年度納入金)
國學院大學/奨学金