• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 東京
  • 國學院大學
  • 奨学金

國學院大學の奨学金

【給付型】あすなろ奨学生(全学部共通)

対象
勉学意欲があり、経済的理由により修学困難な者
学部学生2~4年生
給付額
年額30万円

【給付型】ふるさと奨学金(全学部共通)

対象
次の各号に該当する者とする。
(1) 家計を支持する保証人が、1都3県(東京都・埼玉県・神奈川県・千葉県)を除く地域に居住している者
(2) 自宅外通学者である者
(3) 経済的に著しく困窮している者
(4) 向学心と修学意欲があり、学業成績が良好な者
給付額
年額20万円
人数
各学年5名、計20名

【給付型】カピー奨学生(全学部共通)

対象
向上心があり、経済的事由により著しく修学が困難となった学生
学部学生1~4年生
給付額
年額30万円

【給付型】教育ローン利子補給制度(全学部共通)

対象
本学入学の際および在学中に、家計支持者または本人が金融機関から教育ローンを受けた学部学生
学部学生1~4年生併願可
給付額
上限5万円
人数
若干名

【給付型】教員採用候補者選考試験支援奨学金制度(全学部共通)

対象
教職課程履修者の3年生・4年生※その他要件あり
給付額
本学指定の講座等の受講料及び教材費相当額

【給付型】公認会計士試験支援奨学金制度(全学部共通)

対象
日商簿記検定2級に合格した者、又は日商簿記検定2級相当の実力があると認められた者、かつ、本学指定の外部セミナー等を指定した期間を通して受講できる者
給付額
本学指定の外部セミナー等の受講料

【給付型】国家公務員採用総合職試験支援奨学金制度(全学部共通)

対象
本制度における選考試験を受験し、本学指定の外部セミナー等を指定した期間を通して受講できる者(3年生以上)
給付額
本学指定の外部セミナー等の受講料及びセミナー教材費
備考
2年次後期選考試験あり

【給付型】全国敬神婦人連合会育英奨学金(全学部共通)

対象
【受給資格】神職の子女、若しくは「全国敬神婦人連合会」の会員の子女で、卒業後神職となり、または神道に関する研究に従事しようとする者。
給付額
150,000円

【給付型】滝川市地方創生支援奨学金制度(全学部共通)

対象
本制度の対象者は、次の各号に定めるすべての要件を満たす者とする。
(1)國學院大學北海道短期大学部在学中に、「國學院大學北海道短期大学部豊かな地域創生人材養成奨学金」を受給した者
(2)卒業後、滝川市の公共団体と地元産業界、職業団体等に就職を希望し、地域貢献に寄与する者
(3)向学心があり、修学意欲が認められる者
(4)経済的な支援を要する家計状況である者
給付額
当該年度授業料の半額

【給付型】特例給費奨学金制度(全学部共通)

対象
家計支持者の失職・破産・病気・死亡または風水害等により家計急変が生じ、修学が困難になった学生
学部学生1~4年生
給付額
年額上限50万円
手続き
事由発生より、6ヶ月以内に所定の願書に記入のうえ、必要証明書を添えて提出する。
募集時期
随時受付

【給付型】日本学生支援機構奨学金 給付奨学金(全学部共通)

対象
優秀な学生で 経済的理由のため修学困難な学生
給付額
4万円
自宅・自宅外の別
自宅外
募集時期
予約採用制
(高校在学中に申込)

【給付型】日本学生支援機構奨学金 給付奨学金(全学部共通)

対象
優秀な学生で 経済的理由のため修学困難な学生
給付額
3万円
自宅・自宅外の別
自宅
募集時期
予約採用制
(高校在学中に申込)

【給付型】國學院大學セメスター留学学習奨励金制度(全学部共通)

対象
セメスター留学により顕著な学修成果をあげた者
給付額
10万円
人数
若干名

【給付型】國學院大學セメスター留学助成金制度(全学部共通)

対象
セメスター留学に参加する者
給付額
35万円(年間授業料の半額相当額)

【給付型】國學院大學協定留学「標」奨学金制度(全学部共通)

対象
2学期間の協定留学を國學院大學より許可され、留学先大学への留学手続きを完了した学部学生のうち、特に優秀と認められた者
選考方法・基準:学業成績、外国語検定試験のスコア、協定留学選考試験の成績等
給付額
2学期間の留学中、月額6~8万円
人数
若干名

【給付型】國學院大學協定留学及び認定留学奨学金(全学部共通)

対象
協定留学又は認定留学により留学する者
給付額
1学期間15万円 2学期間30万円
人数
若干名

【給付型】國學院大學神道文化学部神職子女奨学金制度(全学部共通)

対象
経済的に困窮している神職子女
新入生自宅外通学
選考方法・基準:神道・宗教特別選考入学試験で入学した全学生のうち、本制度の選考規程に該当する者。
給付額
年額40万円
自宅・自宅外の別
自宅外
人数
該当者全員

【給付型】國學院大學神道文化学部神職子女奨学金制度(全学部共通)

対象
経済的に困窮している神職子女
2年次以上GPA2.0以上
選考方法・基準:神道・宗教特別選考入学試験で入学した全学生のうち、本制度の選考規程に該当する者。
給付額
年額10万円
人数
20名上限

【給付型】國學院大學神道文化学部神職子女奨学金制度(全学部共通)

対象
経済的に困窮している神職子女
新入生自宅通学
選考方法・基準:神道・宗教特別選考入学試験で入学した全学生のうち、本制度の選考規程に該当する者。
給付額
年額20万円
自宅・自宅外の別
自宅
人数
該当者全員

【給付型】國學院大學成績優秀者奨学制度(全学部共通)

対象
2年次以上
選考基準:前年度の学業成績に基づく
給付額
成績最優秀者:実質授業料相当額、成績優秀者:30万円ないし15万円
人数
各学科若干名
備考
本奨学金制度は応募制ではありません

【給付型】國學院大學大学院奨学金〈経済支援型〉(全学部共通)

対象
◯修業年限以内の正規生(「在学生枠」と「新入生(予約制)枠」あり)。
◯外国人留学生のうち、留学生授業料減免制度対象者は対象外とする。
支給額:経済困窮度により、3ランクに区分
学種
大学院
給付額
Aランク:授業料相当額の80%(約40万円)
Bランク:授業料相当額の50%(約25万円)
Cランク:授業料相当額の30%(約15万円)

【給付型】國學院大學短期留学グローバル・チャレンジ奨学金制度(全学部共通)

対象
本学が実施する短期留学プログラムに初めて参加する学部学生のうち、優れた学修成果を収めた者
給付額
10万円
人数
年間最大25名

【給付型】國學院大學留学生奨学金制度(全学部共通)

対象
学部留学生1~4年生。ただし、他の奨学生(年額15万円以上の給付)に採用されている学生は除く
日本国の「留学」ビザを取得している学生で、勉学意欲があり、経済的理由で修学困難な留学生
給付額
年額20万円限度

【給付型】神社本庁育英奨学金(神道文化学部)

対象
【受給資格】学部2年生以上、または神道学専攻科在学生、卒業後神社本庁包括下の神社で神職を志す者、又は神道に関する研究に従事しようとする者。
第1給費生 別科生対象(神職養成機関普通課程) 
第2給費生 神道文化学部2年生以上・神道学専攻科生対象
給付額
第1給費:年額25,000円
第2給費:年額300,000円

【給付型】稲荷奨学金(神道文化学部/神道文化学科)

対象
【受給資格】神道文化学科、専攻科、別科に在学し、卒業後神職又は神社神道並びに稲荷信仰の普及に関する業務に従事する者
給付額
240,000円

【給付型】國學院大學フレックス特別給付奨学金(神道文化学部/神道文化学科)

対象
学部1~4年生で夜間授業時間帯の科目のみを履修し、文学部(史学科4年生)、神道文化学部のフレックスAコース(フレックス渋谷、夜間主)の学生
給付額
年額40万円
人数
本奨学金の資格を有する希望者
備考
①本奨学生の採用効力は当該年度限り。希望者は毎年度の出願が必要。
②令和3年度募集より、「高等教育の修学支援新制度」採用者は併給不可。

【給付型】國學院大學フレックス特別給付奨学金(文学部/史学科)

対象
学部1~4年生で夜間授業時間帯の科目のみを履修し、文学部(史学科4年生)、神道文化学部のフレックスAコース(フレックス渋谷、夜間主)の学生
給付額
年額40万円
人数
本奨学金の資格を有する希望者
備考
①本奨学生の採用効力は当該年度限り。希望者は毎年度の出願が必要。
②令和3年度募集より、「高等教育の修学支援新制度」採用者は併給不可。

【給付型】國學院大學セカンドキャリア奨学金制度(人間開発学部/健康体育学科)

対象
セカンドキャリア特別選考入学試験で人間開発学部健康体育学科に入学した者のうち、本制度の選考規程に該当する者。
給付額
新入生の入学金及び当該年度授業料相当額(原則4年間給費)
人数
若干名

【減免型】高等教育の修学支援新制度(全学部共通)

対象
住民税非課税世帯、およびそれに準ずる世帯の学生
【申込要件<入学時期>】
高等学校等を初めて卒業した日の属する年度の翌年度の末日から大学等へ入学した日までの期間が2年を経過していない人
【申込要件<在留資格>】
外国籍の人は、以下の①②のいずれかに該当する方
①在留資格が「永住者」、「日本人の配偶者」又は「永住者の配偶者等」である人
②在留資格が「定住者」であって、日本に永住する意思がある人
【申込要件<家計基準> 】
収入基準と資産基準の両方を満たす必要があります.
①収入基準:日本学生支援機構HPの進学資金シミュレーターにて生計維持者と確認をしてください。
②資産基準:あなたと生計維持者(2人)の資産額の合計が2,000万円未満であること(生計維持者が1人の場合は1,250万円未満)。
【申込要件<学力基準>】
[1年生]次のいずれかに該当すること
①高校の評定平均値が3.5以上であること
②入学試験の成績が入学者の上位1/2以上であること
③高卒認定試験の合格者であること
④学修計画書の提出を求め、学修の意欲や目的、将来の人生設計等が確認できること
[2~4年生]次のいずれかに該当すること
①GPA(平均成績)等が所属学科における上位1/2位以内であること
②修得した単位数が標準取得単位数以上であり、かつ、将来、社会で自立し、活躍する目標を持って学習する意欲を有していることが、学修計画書により確認できること
※その他、修業年限内で卒業不可の者、修得した単位数の合計が標準取得単位数の5割以下である者は採用となりません
減免額
入学金
区分Ⅰ:260,000円
区分Ⅱ:173,400円
区分Ⅲ:86,700円
授業料(年間)
区分Ⅰ:700,000円
区分Ⅱ:466,700円
区分Ⅲ:233,400円
給付型奨学金(月額)
区分Ⅰ:75,800円
区分Ⅱ:50,600円
区分Ⅲ:25,300円
自宅・自宅外の別
自宅外

【減免型】高等教育の修学支援新制度(全学部共通)

対象
住民税非課税世帯、およびそれに準ずる世帯の学生
【申込要件<入学時期>】
高等学校等を初めて卒業した日の属する年度の翌年度の末日から大学等へ入学した日までの期間が2年を経過していない人
【申込要件<在留資格>】
外国籍の人は、以下の①②のいずれかに該当する方
①在留資格が「永住者」、「日本人の配偶者」又は「永住者の配偶者等」である人
②在留資格が「定住者」であって、日本に永住する意思がある人
【申込要件<家計基準> 】
収入基準と資産基準の両方を満たす必要があります.
①収入基準:日本学生支援機構HPの進学資金シミュレーターにて生計維持者と確認をしてください。
②資産基準:あなたと生計維持者(2人)の資産額の合計が2,000万円未満であること(生計維持者が1人の場合は1,250万円未満)。
【申込要件<学力基準>】
[1年生]次のいずれかに該当すること
①高校の評定平均値が3.5以上であること
②入学試験の成績が入学者の上位1/2以上であること
③高卒認定試験の合格者であること
④学修計画書の提出を求め、学修の意欲や目的、将来の人生設計等が確認できること
[2~4年生]次のいずれかに該当すること
①GPA(平均成績)等が所属学科における上位1/2位以内であること
②修得した単位数が標準取得単位数以上であり、かつ、将来、社会で自立し、活躍する目標を持って学習する意欲を有していることが、学修計画書により確認できること
※その他、修業年限内で卒業不可の者、修得した単位数の合計が標準取得単位数の5割以下である者は採用となりません
減免額
入学金
区分Ⅰ:260,000円
区分Ⅱ:173,400円
区分Ⅲ:86,700円
授業料(年間)
区分Ⅰ:700,000円
区分Ⅱ:466,700円
区分Ⅲ:233,400円
給付型奨学金(月額)
区分Ⅰ:38,300円(42,500円)
区分Ⅱ:25,600円(28,400円)
区分Ⅲ:12,800円(14,200円)
自宅・自宅外の別
自宅
備考
※()表記は、生活保護を受けている生計維持者と同居している人及び児童擁護施設等から通学する人の金額です。

【減免型】大規模災害学費減免制度(全学部共通)

対象
本学学生(学部・大学院・専門職大学院・専攻科・別科)のうち、災害対策基本法第1条第1項に定めた災害(以下「大規模災害」という。)により被災し次の号に定めるすべての要件を満たす者とする。
[1]主たる家計支持者が災害救助法適用地域に居住しているもの
[2]主たる家計支持者の家計が大規模災害により急変し、学費の支弁が困難と認められるもの
[3]修学に対する意欲と学業継続の意思があり、成業の見込みがあるもの
[4]原則として、日本学生支援奨学金等の貸与奨学金を受けている者、若しくは貸与予定者であること
2、本制度の対象者は、前項各号に定める要件のほか、大規模災害に起因した次の号のいずれかに該当するものとする。
[1]家計支持者が死亡又はこれに準ずる高度障害を受けた場合
[2]家計支持者が居住する家屋が、全焼、前流失、大規模災害、半壊及び一部損壊等の被災を受けた場合(一部損壊の対象は当該年度限り)
減免額
本制度の減免額は、当該年度の授業料、施設設備費及び維持運営費の全額、7割、半額、3割及び1割とする。

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 応急採用(有利子貸与)(全学部共通)

対象
家計支持者が失職・破産・病気・死亡または火災・風水害等により家計急変が生じ緊急に奨学金が必要になった場合
奨学金の種類
第二種
利子
利子
募集時期
随時(事由発生後概ね1年以内)

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 緊急採用(無利子貸与)(全学部共通)

対象
家計支持者が失職・破産・病気・死亡または火災・風水害等により家計急変が生じ緊急に奨学金が必要になった場合
奨学金の種類
第一種
利子
無利子
募集時期
随時(事由発生後概ね1年以内)

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第一種(無利子貸与)(全学部共通)

対象
優秀な学生で 経済的理由のため修学困難な学生
奨学金の種類
第一種
貸与(月額)
2万円・3万円・4万円・5万4千円から選択
※家計支持者の年収金額により、貸与可能月額が異なります。
利子
無利子
自宅・自宅外の別
自宅
貸与期間
〈貸与始期〉募集時期・奨学金の種類・学年・学生の希望により異なります。〈貸与終期〉卒業するまでの標準修業年度、ただし継続に必要な手続きを怠った場合や、学業成績が不振な場合は、奨学金が廃止になります。なお第1種緊急採用は、当該年度限りです。次年度以降も奨学金受給を希望する場合は毎年継続願の提出が必要です。
募集時期
4月

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第一種(無利子貸与)(全学部共通)

対象
優秀な学生で 経済的理由のため修学困難な学生
奨学金の種類
第一種
貸与(月額)
2万円・3万円・4万円・5万円・6万4千円から選択
※家計支持者の年収金額により、貸与可能月額が異なります。
利子
無利子
自宅・自宅外の別
自宅外
貸与期間
〈貸与始期〉募集時期・奨学金の種類・学年・学生の希望により異なります。〈貸与終期〉卒業するまでの標準修業年度、ただし継続に必要な手続きを怠った場合や、学業成績が不振な場合は、奨学金が廃止になります。なお第1種緊急採用は、当該年度限りです。次年度以降も奨学金受給を希望する場合は毎年継続願の提出が必要です。
募集時期
4月

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第二種(有利子貸与)(全学部共通)

対象
優秀な学生で 経済的理由のため修学困難な学生
奨学金の種類
第二種
貸与(月額)
2・3・4・5・6・7・8・9・10・11・12万円から選択
利子
利子
貸与期間
〈貸与始期〉募集時期・奨学金の種類・学年・学生の希望により異なります。〈貸与終期〉卒業するまでの標準修業年度、ただし継続に必要な手続きを怠った場合や、学業成績が不振な場合は、奨学金が廃止になります。なお第1種緊急採用は、当該年度限りです。次年度以降も奨学金受給を希望する場合は毎年継続願の提出が必要です。
募集時期
4月

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 入学時特別増額貸与奨学金(有利子貸与)(全学部共通)

対象
第1学年入学者(編入学者の入学年次を含む)で条件を満たす者
貸与(総額)
10・20・30・40・50万円から選択
利子
利子
募集時期
4月初旬

國學院大學大学院奨学金〈学業奨励型(10月募集)〉

学費(初年度納入金)
國學院大學/奨学金