• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 国公立短大
  • 山形
  • 山形県立米沢女子短期大学
  • 奨学金

【給付型】日本学生支援機構奨学金 給付奨学金(全学部共通)

対象
経済的理由で修学が困難な優れた学生
給付額
第Ⅰ区分 29,200円
第Ⅱ区分 19,500円
第Ⅲ区分 9,800円
正規の修業年限(2年間)
自宅・自宅外の別
自宅

【給付型】日本学生支援機構奨学金 給付奨学金(全学部共通)

対象
経済的理由で修学が困難な優れた学生
給付額
第Ⅰ区分 66,700円
第Ⅱ区分 44,500円
第Ⅲ区分 22,300円
正規の修業年限(2年間)
自宅・自宅外の別
自宅外

【減免型】【修学支援新制度】授業料等減免(全学部共通)

対象
1年次(入学後1年を経過していない者)
次の1~3のいずれかに該当すること。
1.高等学校等における評定平均値が3.5以上であること、又は、入学者選抜試験の成績が入学者の上位1/2の範囲に属すること
2.高等学校卒業程度認定試験の合格者であること
3.将来、社会で自立し、活躍する目標を持って学修する意欲を有していることが、学修計画書等により確認できること
2年次(入学後1年以上を経過した者)
次の1,2のいずれかに該当すること。
1.GPA(平均成績)等が在学する学部等における上位1/2の範囲に属すること
2.修得した単位数が標準単位数以上であり、かつ、将来、社会で自立し、活躍する目標を持って学修する意欲を有していることが、学修計画書により確認できること
減免額
支援区分に応じて授業料が減免

【減免型】【本学独自制度】授業料免除(全学部共通)

対象
次の1または2のいずれかに該当する場合
1.原則として、日本学生支援機構等の奨学金を受給している学生又は受給見込みのある学生で、経済的理由によって納付が困難であると認められ、かつ、学業優秀と認められる場合。 (原則的に、生活保護世帯又は市区町村民税非課税世帯の場合は全額免除、その他の場合は半額免除となります。半額免除の場合は別に定める収入基準額により適否を判定します。)
2.授業料の徴収の時期ごとの6月以内(新入生の場合は、入学前1年以内)において、学生の学費を主として負担している者(以下、「学費負担者」)が死亡し、又は学生若しくは学費負担者が甚大な風水害等の災害を受ける等のやむを得ない事情があり、納付が困難であると認められる場合。(原則的に全額免除となります。)
上記1による申請の場合は、学業成績も免除の要件となります。基準は次のとおりです。
1年前期:出身高校の評定平均が4.0以上の者
1年後期・2年前期・2年後期:授業料免除対象の直前期までの卒業要件科目の修得単位数が基準を満たし、かつ、総修得単位数に占める優以上の単位数が3分の2以上の者
減免額
授業料(半期分)の全額または半額免除
修学支援新制度の減免を受けている場合は減免額が調整されます。
備考
※修学支援新制度の対象外である大学院生や外国人留学生も申請可能です。

【減免型】入学料の減免(全学部共通)

対象
日本学生支援機構給付奨学金の支給対象となった方
減免額
入学料及び授業料について減免
備考
給付奨学金の支給対象とならない場合でも、入学前1年以内において、学費負担者の死亡や甚大な風水害等の災害を受ける等のやむを得ない事情があり納付が困難である場合は、入学料が減免される場合があります。

【貸与型】山形県公立大学法人教育振興会奨学金(全学部共通)

対象
米沢栄養大学及び米沢女子短期大学学生の主たる家計支持者の失職、破産、病気、死亡、離別、火災、風水害等により家計が急変し、修学が困難になり、独立行政法人日本学生支援機構の緊急採用及び応急採用の奨学金貸与制度を利用しても不足額が生じる場合
貸与(総額)
1年度につき600,000円以内とし、1,200,000円を限度
返還詳細
返還回数:600,000円以内:60回以内
1,200,000円以内:120回以内/ 返還期間:600,000円以内:5年以内
1,200,000円以内:10年以内
利子
無利子

【貸与型】山形県立米沢女子短期大学三宅記念奨学金(全学部共通)

対象
山形県立米沢女子短期大学に在籍する学生の主たる家計支持者の失職又は死亡、自然災害等のやむを得ない事由により学生の経済状態が悪化した場合に、当該学生に対して貸付けるものとする。ただし、原則として独立行政法人日本学生支援機構の奨学金貸与制度の利用を優先
貸与(総額)
1年度あたり600,000円とする。ただし、本学の在学期間内における貸付限度額は、学生1人につき1,200,000円を上限
返還詳細
返還期間:(1)貸付金額の合計額が600,000円以内の場合5年
(2)貸付金額の合計額が600,000円超の場合10年
利子
無利子

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 応急採用(全学部共通)

対象
家計の急変により緊急に奨学金が必要となった学生
奨学金の種類
第二種
貸与(月額)
20,000円~120,000円(10,000円単位)
利子
利子
募集時期
随時
家計の急変より1年以内が申込期限

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 緊急採用(全学部共通)

対象
家計の急変により緊急に奨学金が必要となった学生
奨学金の種類
第一種
貸与(月額)
45,000円※、30,000円、20,000円
※最高月額を選択できるのは、日本学生支援機構の設定する家計基準を満たす者のみです
利子
無利子
自宅・自宅外の別
自宅
貸与期間
原則1年
募集時期
随時
家計の急変より1年以内が申込期限

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 緊急採用(全学部共通)

対象
家計の急変により緊急に奨学金が必要となった学生
奨学金の種類
第一種
貸与(月額)
51,000円※、40,000円、30,000円、20,000円
※最高月額を選択できるのは、日本学生支援機構の設定する家計基準を満たす者のみです
利子
無利子
自宅・自宅外の別
自宅外
貸与期間
原則1年
募集時期
随時
家計の急変より1年以内が申込期限

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第一種(無利子貸与)(全学部共通)

対象
優れた学生で経済的に修学が困難な人
奨学金の種類
第一種
貸与(月額)
51,000円※、40,000円、30,000円、20,000円
※最高月額を選択できるのは、日本学生支援機構の設定する家計基準を満たす者のみです
利子
無利子
自宅・自宅外の別
自宅外
貸与期間
正規の修業年限(2年間)

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第一種(無利子貸与)(全学部共通)

対象
優れた学生で経済的に修学が困難な人
奨学金の種類
第一種
貸与(月額)
45,000円※、30,000円、20,000円
※最高月額を選択できるのは、日本学生支援機構の設定する家計基準を満たす者のみです
利子
無利子
自宅・自宅外の別
自宅
貸与期間
正規の修業年限(2年間)

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第二種(有利子貸与)(全学部共通)

対象
優れた学生で経済的に修学が困難な人
奨学金の種類
第二種
貸与(月額)
20,000円~120,000円(10,000円単位)
利子
利子
貸与期間
正規の修業年限(2年間)
学費(初年度納入金)
山形県立米沢女子短期大学/奨学金