• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立短大
  • 東京
  • 大妻女子大学短期大学部
  • 奨学金

【給付型】一般財団法人大妻コタカ記念会育英奨学金(全学部共通)

対象
いずれにも該当すること
①学業・人物ともに優れた者
②学費の支弁が困難で勉学意欲の高い者
③外国人留学生を除く
給付額
月額20,000円
採用された年度(12カ月間)
手続き
10人
備考
原則として他の奨学金の給付を受けていない者、高等教育の修学支援新制度との併用不可

【給付型】学校法人大妻学院石間奨学金(全学部共通)

対象
いずれにも該当すること
①学業、人物ともに優れ、経済的に困窮している者
②卒業見込資格を取得した者(最終学年の者)
③標準修業年限を超過していない者
④外国人留学生は除く
給付額
年額 400,000円
手続き
1人
備考
他の奨学金との併用可
ただし、一般財団法人大妻コタカ記念会育英奨学金との併用不可

【給付型】学校法人大妻学院特別育英奨学金(全学部共通)

対象
いずれにも該当すること
①学業・人物ともに優れた者
②学費の支弁が困難で、勉学意欲の高い者
③外国人留学生を除く
給付額
月額20,000円
採用された年度(12カ月間)
手続き
55人
備考
大妻女子大学育英奨学金および一般財団法人大妻コタカ記念会育英奨学金との併用不可

【給付型】私費外国人留学生奨学金(全学部共通)

対象
大学2年生、3年生、4年生および短期大学部2年生
本学に留学生として1年以上在籍し、経済的に困難な事情のある者で、引き続き本学に在籍する留学生
1ランク:GPA 4.00~3.50
2ランク:GPA 3.49~3.00
3ランク:GPA 2.99~2.50
4ランク:GPA 2.49~2.00
給付額
1ランク:年額450,000円
2ランク:年額400,000円
3ランク:年額300,000円
4ランク:年額200,000円
支給期間:1年間
備考
※半年間在籍の場合は、定める給与額の半額とする。
※給与額は前年度の成績により毎年見直しを行い決定する。
※奨学生が、留学期間中に中途退学した場合には、学長は本人に対し既に支給した奨学金の一部又は全部を返還させる。

【給付型】大妻女子大学育英奨学金(全学部共通)

対象
いずれにも該当すること
①学業・人物ともに優れた者
②本学入学後に家計支持者が死亡もしくは長期療養により学費の支弁が困難になった者
③外国人留学生を除く
給付額
月額20,000円
採用された年度(12カ月間)
手続き
33人
備考
学校法人大妻学院特別育英奨学金および一般財団法人大妻コタカ記念会育英奨学金との併用不可
状況により二次募集あり

【給付型】日本学生支援機構奨学金 給付型奨学金(全学部共通)

対象
・家計
<収入基準>
住民税非課税世帯およびそれに準ずる世帯であること
<資産基準>
学生本人と生計維持者(原則父母)の資産額の合計が以下の金額未満であること
生計維持者2人の場合:2,000万円
生計維持者1人の場合:1,250万円
・学力
<1年生>
次のいずれかに該当する者
・調査書の成績の平均が3.5以上であること
・高等学校卒業程度認定試験合格者
・学修計画書により学修意欲が確認できること
<2年生以上>
次のいずれかに該当する者
・本学の成績が本人の所属する学部(科)の上位1/ 2以内であること
・標準単位数以上単位を修得し、かつ学修計画書により学修意欲が確認できること
上記の他、適格認定における「廃止」に該当しないこと
※災害、傷病その他のやむを得ない事由がある場合は、上記によらない
給付額
第Ⅰ区分:38,300円(42,500円)
第Ⅱ区分:25,600円(28,400円)
第Ⅲ区分:12,800円(14,200円)
給付期間:日本学生支援機構が定めた月~卒業予定期まで
自宅・自宅外の別
自宅
募集時期
4月頃および9月頃
備考
( )内は生活保護受給世帯、社会的養護を必要とする人の金額

【給付型】日本学生支援機構奨学金 給付型奨学金(全学部共通)

対象
・家計
<収入基準>
住民税非課税世帯およびそれに準ずる世帯であること
<資産基準>
学生本人と生計維持者(原則父母)の資産額の合計が以下の金額未満であること
生計維持者2人の場合:2,000万円
生計維持者1人の場合:1,250万円
・学力
<1年生>
次のいずれかに該当する者
・調査書の成績の平均が3.5以上であること
・高等学校卒業程度認定試験合格者
・学修計画書により学修意欲が確認できること
<2年生以上>
次のいずれかに該当する者
・本学の成績が本人の所属する学部(科)の上位1/ 2以内であること
・標準単位数以上単位を修得し、かつ学修計画書により学修意欲が確認できること
上記の他、適格認定における「廃止」に該当しないこと
※災害、傷病その他のやむを得ない事由がある場合は、上記によらない
給付額
第Ⅰ区分:75,800円
第Ⅱ区分:50,600円
第Ⅲ区分:25,300円
給付期間:日本学生支援機構が定めた月~卒業予定期まで
自宅・自宅外の別
自宅外
募集時期
4月頃および9月頃

【給付型】日本学生支援機構奨学金 給付型奨学金(家計急変採用)(全学部共通)

対象
基準は在学採用に同じだが、家計急変後の世帯の所得金額の見込みに基づき判定される。
給付額
第Ⅰ区分:38,300円(42,500円)
第Ⅱ区分:25,600円(28,400円)
第Ⅲ区分:12,800円(14,200円)
給付期間:日本学生支援機構が定めた月~卒業予定期まで
自宅・自宅外の別
自宅
募集時期
原則として家計が急変してから、3ケ月以内(新入生のうち、入学前に家計が急変している場合は入学後3ヶ月以内)
備考
( )内は生活保護受給世帯、社会的養護を必要とする人の金額

【給付型】日本学生支援機構奨学金 給付型奨学金(家計急変採用)(全学部共通)

対象
基準は在学採用に同じだが、家計急変後の世帯の所得金額の見込みに基づき判定される。
給付額
第Ⅰ区分:75,800円
第Ⅱ区分:50,600円
第Ⅲ区分:25,300円
給付期間:日本学生支援機構が定めた月~卒業予定期まで
自宅・自宅外の別
自宅外
募集時期
原則として家計が急変してから、3ケ月以内(新入生のうち、入学前に家計が急変している場合は入学後3ヶ月以内)

【減免型】外国人留学生 学費減免(全学部共通)

対象
大学および短期大学部1年生
以下のいずれにも該当する者を対象とする。
1.大妻女子大学及び大妻女子大学短期大学部に入学を許可された私費外国人留学生で「留学」の在留資格を有する者又は有する予定の者。
2.経済的に困難な事情のある者。
減免額
入学金の50%
授業料の50%(入学年度の前期・後期分のみ)
教育充実費の50%(入学年度の前期・後期分のみ)
減免期間:1年間

【減免型】高等教育の修学支援新制度(全学部共通)

減免額
入学金減免額:最大約250,000円程度(入学後3カ月以内に申請した方のみ対象)
授業料減免額:年間最大約700,000円程度
給付型奨学金:月額12,800円~75,800円
募集時期
予約採用:在学中の高等学校等で申し込んでください。
在学採用:4月頃および9月頃

【減免型】災害罹災等による授業料等の減免(全学部共通)

対象
本学全学生
1.天災その他の災害で経済上就学が著しく困難になった者
2.天災その他の災害により家計支持者(学費負担者)が死亡した者
3.その他前各号に準ずる事情が生じた者
※原則として日本学生支援機構の奨学金を申請している者が対象です。
※最短修業年限内に在籍する者が対象です。
※他の授業料減免または給付制の奨学金を受けている者は除きます。
※罹災時期によっては、卒業学年は対象外となる場合があります。
減免額
年間授業料の30%を限度
減免期間:採用された当該年度

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 応急採用(全学部共通)

対象
12ヶ月以内に家計が急変(生計維持者が失業、破産、事故、病気もしくは死亡等、または災害等)し、奨学金を緊急に必要とすること
奨学金の種類
第二種
貸与(月額)
在学採用(第二種)に同じ
利子
利子
貸与期間
家計急変の事由が発生した月以降で希望する月~卒業予定期まで
※家計急変の事由が発生した月が採用年度だった場合、採用年度の4月まで貸与始期をさかのぼることが可能

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 海外(全学部共通)

対象
海外の大学等へ進学を希望する人
奨学金の種類
第二種
貸与(月額)
20,000円~120,000円から選択
利子
利子
貸与期間
学位取得のための入学年月から在籍学校の標準修業年限の終期まで
備考
※留学時のみ特別増額貸与奨学金として 100,000 円~ 500,000 円の貸与を受けられる制度もあります。

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 緊急採用(全学部共通)

対象
12ヶ月以内に家計が急変(生計維持者が失業、破産、事故、病気もしくは死亡等、または災害等)し、奨学金を緊急に必要とすること
奨学金の種類
第一種
貸与(月額)
在学採用(第一種)に同じ
利子
無利子
貸与期間
家計急変の事由が発生した月以降で希望する月~採用年度の3月まで
※毎年申請することで原則、卒業予定期まで継続可能

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第一種(無利子貸与)(全学部共通)

対象
・家計
申込時の生計維持者(原則父母)の年収・所得金額等から控除額を差し引いた金額が日本学生支援機構の定める収入基準額以下であること等
・学力
<大・短1年生>
次のいずれかに該当する者
・調査書の成績の平均が3.5以上であること
・高等学校卒業程度認定試験合格者
<大・短2年生以上>
GPAが本人の所属する学部等の上位1/3以内であること
※平成29年度以降入学者は、上記を満たさない場合でも住民税非課税や生活保護受給世帯または社会的養護を必要とする者であれば申込可
奨学金の種類
第一種
貸与(月額)
20,000円~53,000円
利子
無利子
自宅・自宅外の別
自宅
貸与期間
日本学生支援機構が定めた月~卒業予定期まで
募集時期
4月頃

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第一種(無利子貸与)(全学部共通)

対象
・家計
申込時の生計維持者(原則父母)の年収・所得金額等から控除額を差し引いた金額が日本学生支援機構の定める収入基準額以下であること等
・学力
<大・短1年生>
次のいずれかに該当する者
・調査書の成績の平均が3.5以上であること
・高等学校卒業程度認定試験合格者
<大・短2年生以上>
GPAが本人の所属する学部等の上位1/3以内であること
※平成29年度以降入学者は、上記を満たさない場合でも住民税非課税や生活保護受給世帯または社会的養護を必要とする者であれば申込可
奨学金の種類
第一種
貸与(月額)
20,000円~60,000円
利子
無利子
自宅・自宅外の別
自宅外
貸与期間
日本学生支援機構が定めた月~卒業予定期まで
募集時期
4月頃

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第二種(有利子貸与)(全学部共通)

対象
・家計
申込時の生計維持者(原則父母)の年収・所得金額等から控除額を差し引いた金額が日本学生支援機構の定める収入基準額以下であること等
・学力
学修に意欲があり学業を確実に修了できる見込みがあると認められること
奨学金の種類
第二種
貸与(月額)
20,000円~120,000円
利子
利子
貸与期間
希望する月~卒業予定期まで
募集時期
4月頃

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 短期留学(全学部共通)

対象
3ヶ月以上の短期留学をする人
奨学金の種類
第二種
貸与(月額)
20,000円~120,000円から選択
利子
利子
貸与期間
日本学生支援機構で認められた留学期間
備考
※留学時のみ特別増額貸与奨学金として 100,000 円~ 500,000 円の貸与を受けられる制度もあります。

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 特別増額貸与奨学金(全学部共通)

対象
新入生や編入学生
貸与(総額)
100,000円~500,000円
貸与期間
入学時(編入学時)のみ
学費(初年度納入金)
大妻女子大学短期大学部/奨学金
RECRUIT