• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • YMCA健康福祉専門学校

神奈川県認可/専修学校/神奈川

ワイエムシーエーケンコウフクシセンモンガッコウ

保育・介護・福祉・スポーツ分野のプロとして、誰かの役にたつ私になる

学校にはスポーツクラブや保育園、学童保育そして児童発達支援事業も併設。そのほか地域の障がい者・児の余暇活動の支援や、水泳、体操のプログラムを授業の一環として行っています。

YMCA健康福祉専門学校の特長

学校の特長1

現場のことは現場から学ぶ!充実した実習環境が学校の中にあります。

実習・演習に重点を置いたカリキュラムが特色。「人とのふれあい」が専門職としての成長へつながります。介護福祉科では、「介護福祉士<国>」をめざし、国家資格に必要な時間数を上回る演習・実技科目を履修。こども総合科人間福祉コースでは、グループ演習からカウンセリングの技術を習得し、福祉分野のカウンセラーとして相談・援助などを行う「社会福祉士<国>」や子育て支援のできる「保育士<国>」「幼稚園教諭<国>」をめざします。こども総合科福祉スポーツコースでは、子ども、高齢者、障がい者への運動指導ができる「健康運動実践指導者」をめざし、実際の指導を授業の中で行い指導方法や対象者理解を体験的に学びます。

学校の特長2

高い就職率が自慢!福祉に関する幅広い分野が活躍のステージです。

福祉・スポーツ・保育分野では、対象者へ必要とされるサービスを提供できる人材が求められています。本校では「社会に通用する行動様式」を身につける「サービス演習」や読む力書く力を養う「基礎ゼミナール」「ゼミナール」をカリキュラムに配置。最終学年では就職活動に必要な情報収集をOB会の協力を得て行う就職ガイダンスを実施することで、毎年、高い就職率を維持しています。また、本校で取得できる多くの資格を生かし幅広い分野で活躍できることも大きな特長です。老人介護福祉施設、介護老人保健施設、病院、知的障がい者施設、有料老人ホーム、保育園、幼稚園、児童養護施設、スポーツクラブなどで、たくさんの卒業生が活躍しています。

学校の特長3

充実の学校行事!行事だって学びの一環。行事が自分を成長させます

横浜YMCAカレッジグループ全校で一緒にスポーツを楽しむ「スポーツデイ」、協働することの大切さや自然の中で生かされている自分自身を発見する機会にもなる「野外キャンプ実習」(キャンプインストラクター養成課程にもなっています)、学校のある本厚木から江ノ島をめざして、グループの仲間と支えあいながら歩く「30kmチャリティー・ウォーキング」、そして「YMCA祭」「音楽祭」など、年間を通して学校行事が目白押し。これらはすべて、学生実行委員により管理・運営されています。YMCAの学校行事が多いのは、そこから「人とのかかわり」について感じ、考え、実践してほしいから。学校行事は自分自身の成長のチャンスです。

右へ
左へ
学校の特長1

現場のことは現場から学ぶ!充実した実習環境が学校の中にあります。

実習・演習に重点を置いたカリキュラムが特色。「人とのふれあい」が専門職としての成長へつながります。介護福祉科では、「介護福祉士<国>」をめざし、国家資格に必要な時間数を上回る演習・実技科目を履修。こども総合科人間福祉コースでは、グループ演習からカウンセリングの技術を習得し、福祉分野のカウンセラーとして相談・援助などを行う「社会福祉士<国>」や子育て支援のできる「保育士<国>」「幼稚園教諭<国>」をめざします。こども総合科福祉スポーツコースでは、子ども、高齢者、障がい者への運動指導ができる「健康運動実践指導者」をめざし、実際の指導を授業の中で行い指導方法や対象者理解を体験的に学びます。

学校の特長2

高い就職率が自慢!福祉に関する幅広い分野が活躍のステージです。

福祉・スポーツ・保育分野では、対象者へ必要とされるサービスを提供できる人材が求められています。本校では「社会に通用する行動様式」を身につける「サービス演習」や読む力書く力を養う「基礎ゼミナール」「ゼミナール」をカリキュラムに配置。最終学年では就職活動に必要な情報収集をOB会の協力を得て行う就職ガイダンスを実施することで、毎年、高い就職率を維持しています。また、本校で取得できる多くの資格を生かし幅広い分野で活躍できることも大きな特長です。老人介護福祉施設、介護老人保健施設、病院、知的障がい者施設、有料老人ホーム、保育園、幼稚園、児童養護施設、スポーツクラブなどで、たくさんの卒業生が活躍しています。

学校の特長3

充実の学校行事!行事だって学びの一環。行事が自分を成長させます

横浜YMCAカレッジグループ全校で一緒にスポーツを楽しむ「スポーツデイ」、協働することの大切さや自然の中で生かされている自分自身を発見する機会にもなる「野外キャンプ実習」(キャンプインストラクター養成課程にもなっています)、学校のある本厚木から江ノ島をめざして、グループの仲間と支えあいながら歩く「30kmチャリティー・ウォーキング」、そして「YMCA祭」「音楽祭」など、年間を通して学校行事が目白押し。これらはすべて、学生実行委員により管理・運営されています。YMCAの学校行事が多いのは、そこから「人とのかかわり」について感じ、考え、実践してほしいから。学校行事は自分自身の成長のチャンスです。

右へ
左へ
学校の特長1

現場のことは現場から学ぶ!充実した実習環境が学校の中にあります。

実習・演習に重点を置いたカリキュラムが特色。「人とのふれあい」が専門職としての成長へつながります。介護福祉科では、「介護福祉士<国>」をめざし、国家資格に必要な時間数を上回る演習・実技科目を履修。こども総合科人間福祉コースでは、グループ演習からカウンセリングの技術を習得し、福祉分野のカウンセラーとして相談・援助などを行う「社会福祉士<国>」や子育て支援のできる「保育士<国>」「幼稚園教諭<国>」をめざします。こども総合科福祉スポーツコースでは、子ども、高齢者、障がい者への運動指導ができる「健康運動実践指導者」をめざし、実際の指導を授業の中で行い指導方法や対象者理解を体験的に学びます。

学校の特長2

高い就職率が自慢!福祉に関する幅広い分野が活躍のステージです。

福祉・スポーツ・保育分野では、対象者へ必要とされるサービスを提供できる人材が求められています。本校では「社会に通用する行動様式」を身につける「サービス演習」や読む力書く力を養う「基礎ゼミナール」「ゼミナール」をカリキュラムに配置。最終学年では就職活動に必要な情報収集をOB会の協力を得て行う就職ガイダンスを実施することで、毎年、高い就職率を維持しています。また、本校で取得できる多くの資格を生かし幅広い分野で活躍できることも大きな特長です。老人介護福祉施設、介護老人保健施設、病院、知的障がい者施設、有料老人ホーム、保育園、幼稚園、児童養護施設、スポーツクラブなどで、たくさんの卒業生が活躍しています。

学校の特長3

充実の学校行事!行事だって学びの一環。行事が自分を成長させます

横浜YMCAカレッジグループ全校で一緒にスポーツを楽しむ「スポーツデイ」、協働することの大切さや自然の中で生かされている自分自身を発見する機会にもなる「野外キャンプ実習」(キャンプインストラクター養成課程にもなっています)、学校のある本厚木から江ノ島をめざして、グループの仲間と支えあいながら歩く「30kmチャリティー・ウォーキング」、そして「YMCA祭」「音楽祭」など、年間を通して学校行事が目白押し。これらはすべて、学生実行委員により管理・運営されています。YMCAの学校行事が多いのは、そこから「人とのかかわり」について感じ、考え、実践してほしいから。学校行事は自分自身の成長のチャンスです。

右へ
左へ

オープンキャンパスに行ってみよう!

詳細を見る

《介護》ディサービスの仕事を体験しよう!

介護福祉科

【イベント概要】 ディサービスで介護福祉士の仕事を体験!! 体験後は授業内容や資格、入試など学校説明…

続きを見る

YMCA健康福祉専門学校からのメッセージ

YMCA健康福祉専門学校では
オープンキャンパスだけではなく個別相談会も開催しています。
授業についていけるかな、進学したいけど学費が心配、など
みんなの前では聞きにくい質問に個別にお答えします!

もちろん土曜日の説明会以外にも、平日の学校見学や個別相談も可能です
お電話やメールでお問い合わせください!

(4/19更新)

YMCA健康福祉専門学校の学部・学科・コース

学費(初年度納入金)

【2018年度納入金】こども総合科※ 107万円/介護福祉科 117万円
(※近畿大学九州短期大学通信教育部学務提携費用は別途(年間24万円<参考>))

就職・資格

就職支援

資格だけではない人間性を育てることができる学校。だから就職に強い

就職するために必要なものは何でしょう?資格はもちろん重要ですが、それ以上に求められるのは、「この人と一緒に働きたい!」と思わせる人間性です。YMCAならではのコミュニケーション力やリーダーシップを高めるために考えられたカリキュラム。そのひとつが多くの学校行事です。野外キャンプや音楽祭、スポーツ大会といった学校行事を学生を中心に企画、運営していきます。さまざまな体験や、多くの人たちとのかかわりが自分を成長させるキッカケとなります。また、ボランティア活動も積極的に行い、教室での学びだけでは得られない多くの体験を通じて、あなたの人間性や魅力を高めることができます。

問い合わせ先・所在地・アクセス

YMCA健康福祉専門学校

〒243-0018 神奈川県厚木市中町4-16-19
TEL:046-223-1441 (代表)

所在地 アクセス 地図・路線案内
神奈川県厚木市中町4-16-19 小田急線「本厚木」駅から徒歩 4分

地図

 

路線案内

ブログ・インフォ

  • 2015年07月06日 16:02 facebook

    4月25日に起きたネパールの地震。 YMCA健康福祉専門学校では、 4月に行った30kmチャリティーウォーキングで集められた募金をすべてその支援として送りました。 そして6月、今度は学生募金委員のみんなが企画し、 「校内募金」を行いました。 6月18日から26日まで 各クラスの募金委員が、お昼休みの時間を使って教室を回り、 ネパールの現状を説明しながら募金のお願いをしました。 この期間に約25,000円がクラスから集められました。 さらに6月24日には 合同ホームルームの時間を利用して 学生募金委員から 募金活動への感謝と再度のお願いをすることができました。 日本語学科のネパールからの留学生たちは 「地震で親を亡くした子どもたちの支援が 今はとても必要です」と話し、 ネパールの国歌(お祈りの歌でもあるそうです)を 歌ってくれました。 この国家は、困難な状況にあっても、 みんなで前を向いて歩んでいく、という意味の歌だそうです。 時が過ぎても、まだ多くの困難の中にいる 仲間のことを忘れずに、自分たちにできることを探して行こうと思います。 募金委員のみなさん、お疲れ様でした! YMCA健康福祉専門学校 http://www.yokohamaymca.ac.jp/health/

    https://www.facebook.com/465130643558981/posts/896313400440701

  • 2015年07月06日 16:02 facebook

    「保育士になりたい」その夢をかなえるための奨学金制度 「神遊協・神福協奨学金」ができました。 横浜YMCAでは、外国につながる若者が自身の背景や経験を活かし、保育士として地域社会で活躍することをめざし、神奈川福祉事業協会の助成を受け、公益財団法人かながわ国際交流財団と協働で「神遊協・神福協奨学金」を設立いたしました。 毎年3名の奨学生を選抜し、月額5万円(年額60万円)の返還義務のない奨学金を卒業までの3年間支給します(学費より60万円が減免されます)。 =2016年度スケジュール= 2015年5月 募集要項の配布 2015年6-8月 説明会実施(横浜地区、厚木地区を中心に開催) 2015年7-8月 横浜YMCA保育園での職場体験 2015年10月 出願の開始(奨学金申請受付開始) 2015年10月下旬 選考・奨学生決定 2016年4月 入学 (お問い合わせ) YMCA健康福祉専門学校(担当:石川) 〒243-0018 神奈川県厚木市中町4-16-19 TEL 046-223-1441 FAX 046-223-2101 Mail ymkenko@yokohamaymca.org ★HPでは募集要項をダウンロードできます http://www.yokohamaymca.ac.jp/top/foreign_scholarship/

    https://www.facebook.com/465130643558981/posts/871790139559694

  • 2015年05月13日 12:03 facebook

    「保育士になりたい」その夢をかなえるための奨学金制度 「神遊協・神福協奨学金」ができました。 横浜YMCAでは、外国につながる若者が自身の背景や経験を活かし、保育士として地域社会で活躍することをめざし、神奈川福祉事業協会の助成を受け、公益財団法人かながわ国際交流財団と協働で「神遊協・神福協奨学金」を設立いたしました。 毎年3名の奨学生を選抜し、月額5万円(年額60万円)の返還義務のない奨学金を卒業までの3年間支給します(学費より60万円が減免されます)。 =2016年度スケジュール= 2015年5月 募集要項の配布 2015年6-8月 説明会実施(横浜地区、厚木地区を中心に開催) 2015年7-8月 横浜YMCA保育園での職場体験 2015年10月 出願の開始(奨学金申請受付開始) 2015年10月下旬 選考・奨学生決定 2016年4月 入学 (お問い合わせ) YMCA健康福祉専門学校(担当:石川) 〒243-0018 神奈川県厚木市中町4-16-19 TEL 046-223-1441 FAX 046-223-2101 Mail ymkenko@yokohamaymca.org ★HPでは募集要項をダウンロードできます http://www.yokohamaymca.ac.jp/top/foreign_scholarship/ 外国につながる学生のための奨学金制度「神遊協・神福協奨学金」 | 横浜YMCAカレッジグループ www.yokohamaymca.ac.jp 横浜YMCAカレッジグループは、リハビリテーション、介護、福祉、保育、健康、スポーツなどの専門分野の職能人を育てる、専門学校の総合グループです。

    http://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=871790139559694&id=465130643558981

  • 2015年05月13日 12:03 facebook

    「東北応援ビレッジ2015」での学生のボランティアには ゆるキャラアクターがありました。 写真掲載の許可を頂きましたので 登場!「ガンバーレふかひれちゃん」です! こども総合科の女の子を中心にアクターとして がんばりました(^^)/ 保育士になるための勉強にもなったかな?? YMCA健康福祉専門学校 http://www.yokohamaymca.ac.jp/health/ ガンバーレWebページ http://www.ganbaare.jp/

    http://www.facebook.com/465130643558981/photos/a.612760762129301.1073741828.465130643558981/871788242893217/?type=1

  • 2015年05月12日 10:02 facebook

    5月9日(土)、10日(日)に行われた「東北応援ビレッジ2015」に YMCA健康福祉専門学校から、総勢20名の学生がボランティアとして参加しました。 役割は販売補佐と宣伝(ビラ配り等)、ゆるキャラアクターと その補助でした。 それぞれボランティアとして配置され、 出店者や現地のボランティアの方々と 震災時の様子やその後の生活についてや、 出品した品々を作っている方々の思いや様子を聞き 支援がまだまだ必要であることを実感させららました。 また、「被災地のものだから」と言って 売り上げを期待するのではなく 東北の様々な資源を用いた 本当に良いものを作っていこうという気持ちや、 復興支援の様々な活動をしている人たちが 実家の漁業や農家を継いでいくかどうかと、悩んでいる姿など 学生たちにとって様々なことに思いをはせる体験になりました。 10日の大学生有志によるアカペラワークショップは圧巻でした。 ハーモニーを創ることで気持ちを理解しようというメッセージと NHKの復興応援ソング「花は咲く」の歌詞が、 これからを生きる者の視点で 「わたしは何を残すだろう」に 変わったとの紹介がなされました。 過去を振り返るだけでなく 未来に向けて、 これから私たちがどう活動し、 何を残していくのかが問われている時期であることを 改めて考えさせられる機会でした。 私たちにできることはまだまだたくさんあります。 そして学生の皆さん、お疲れさまでした。 http://www.yokohamaymca.ac.jp/health/

    http://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=871261872945854&id=465130643558981

請求できるパンフはこちら

無料
こども総合科 入学案内一式
無料
介護福祉科 入学案内一式
YMCA健康福祉専門学校(専修学校/神奈川)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

次へ

この学校に興味を持ちましたか?
らくらく資料請求で学校を詳しく知ろう!

閉じる