• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 御茶の水美術専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 猪股 知明さん(デザイン・アート科/デザイン全般)

東京都認可/専修学校/東京

オチャノミズビジュツセンモンガッコウ

デザインの仕事につながる学び

右へ
左へ

小さな箱ひとつでも、デザインによって印象も使用感も異なるものになる

卒業後は、紙製のパッケージや飛び出す絵本などのデザインを行う設計会社での仕事を経て、5年目にデザイン事務所を立ちあげた猪股知明さん。ご自身の成長と仕事のやりがいをお聞きしました。

デザイン全般
デザイン・アート科
(2013年卒業)
猪股 知明さん
  • デザイン業界/株式会社siwaza 代表
  • 埼玉県 越谷東高校 卒
世の中のあらゆるもののベースに、「デザイン」があります

授業を通じて、手を動かしてモノづくりをする楽しさを実感

高校時代は絵を描くことが好きで、ポスターのデザインをやりたいと思っていたんです。専門学校で学ぶようになってからは、デザインといってもさまざまな仕事があることを知り、なかでも自ら手を動かして作り上げていく、パッケージなどのデザインに興味を持つようになりました。学生時代はチームで行う作業や作品づくりが多く、この経験で互いの個性を尊重しながら、協力してものを作り上げていくことの大切さを学びました。

デッサンなども、基礎からしっかり学ぶことができました

右へ
左へ

カタチに残るモノづくりを通してプロの仕事の厳しさを学びました

手がけた図書館のロゴなどは、今も使用されています

在学中から貴重な経験を積むことができました

2年次には千代田区と連携した「千代田学」に参加。6名ほどの有志と、約4カ月かけて千代田区四番町図書館の改装に伴う、ロゴデザインや、トイレの表記を担当しました。何度も企画を練り直してプレゼンしたり、ミリ単位で色やカタチをつくりあげていくことで、世に出ているものは、すべてこうした細かい段階を経て形づくられていることを痛感。改めてプロの世界の厳しさを知ると同時に、大きな達成感も得ることができました。

海外に向けても自社の作品をどんどん発信していきたい

パッケージなど、工業デザインの魅力は、実際に使う人の反応が見えること。自分の作品を手に取ってもらえたり、「これカッコいいよね」などと言っていただけると、本当に嬉しくなります。起業後は、店舗の内装やロゴを含めたトータルデザイン、個人顧客向けのアート作品づくりなど、デザインという枠を超えてさまざまな仕事をしています。今後は自分たちのモノづくりを世界中の人たちにも見てもらいたい。それが今の目標ですね。

起業は学生時代からの目標でした

葛飾区に店舗を構える洋菓子店のトータルデザインを手掛けました

複数の案件を同時に動かしているので、作業に没頭することも

右へ
左へ

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

御茶の水美術専門学校(専修学校/東京)