• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 日本児童教育専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 鳥巣 悠司さん(保育福祉科 昼間コース/保育士)

絵本の読み聞かせも、工夫一つで反応が変わってきます

先輩の仕事紹介

子どもたちの自主性を引き出し、自己肯定感を育むことができる保育士でいたいです

保育士
保育福祉科 昼間コース卒/2019年卒
鳥巣 悠司さん

この仕事の魅力・やりがい

自分のやったことに子どもたちが興味を持ってくれて、反応として返ってくるのが本当に嬉しいですね。ギターを弾いて歌っていたら、絵本を抱えて弾き真似を始めたりして。ピアノだけじゃなくてギターを使ってみたり、手遊びでもスピードやバリエーションを工夫してみたりすると子どもたちはより楽しんでくれて、経験の幅も広がっていきます。そうして面白がっているうちに、子どもたちが自分から新しい発想の遊びをしていくことも。良い保育士というのは子どもたちの主体性を引き出せる保育士だと思うので、こうしようね、と教えるだけじゃなくて、どうしようね、って主体性を導いていきたい。その中で、自己肯定感も育まれていくと思うんです。

この分野・仕事を選んだきっかけ

大学を卒業して大手コンビニチェーンに就職し、9年間働きました。転職を決めたのは子どもが生まれたころ。それまで小さな子どもと接する機会がなかったのですが、いざ向き合ってみるととても楽しいし、笑わせたり楽しませたりすることも得意なのかもしれないと思ったんです。ちょうど自分にもっと合っている仕事がほかにあるんじゃないか、と考えていた時で、楽器や工作も昔から好きだったから、保育士を目指してみようと。妻は反対するどころかとても協力的で、この学校を見つけてきてくれたのも彼女でした。学校に相談に来てみたらとても感じがよく、キャリアアップのアドバイスなどもいただけて、いい学校だなと思って入学を決めたんです。

子どもたちとふれあうのはとにかく楽しい!

学校で学んだこと・学生時代

印象に残っているのは、何度か実習を重ねたうえで行う「責任実習」。何時間か、長ければ丸一日、実習生が一人だけで子どもたちを見るんです。その時はすでに保育補助のアルバイトとして保育園で働いていたのですが、自分が「先生」になるとまったく違って、とても視野が広がりました。たとえば、子どもの活動のスピードはそれぞれ違うので、同じことをしていると早く終わった子は暇になりますよね。そういう場合に自分がどうするべきか、全体を見て動くことを意識できるようになって。今でも実習や日ごろの授業内容をふり返って役に立つことがたくさんありますし、今の勤務先と出会ったのも学校の就職フェアだったので、本当に感謝しています。

学生時代お世話になった先生と

鳥巣 悠司さん

KBCほいくえん(株式会社東急キッズベースキャンプ)勤務/保育福祉科 昼間コース卒/2019年卒/山口大学教育学部で中学・高校の教員免許を取得し、卒業後は大手コンビニチェーンに就職。9年間の勤務の後、本学科に入学し、保育補助のアルバイトをしつつ学んだ。在学中には保育士のほかキッズコーチ2級を取得、「コーチング」の考え方と技術を身につける。現在は子どもたちの自主性を重んじ、コーチングを保育に取り入れたKBCほいくえんで働いている。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

日本児童教育専門学校(専修学校/東京)