• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校 柳川リハビリテーション学院

福岡県認可/専修学校/福岡

センモンガッコウ ヤナガワリハビリテーションガクイン

リハビリ専門病院を併設。1990年開校の伝統と実績ある教育現場で医療専門職を目指す!

1990年に開校したリハビリテーション職養成校です。隣接の柳川リハビリテーション病院をはじめ、グループ内の各福祉施設が近隣にあり、医療・福祉の現場と連携した教育を行っています。

専門学校 柳川リハビリテーション学院の特長

学校の特長1

リハビリテーション職養成校として開校し、歴史を刻んできた27年の歩み

水郷とお堀の柳が象徴的な柳川市は、観光地として全国的にも有名。当学院は、その柳川市に福岡県初の私立のリハビリテーション職養成校として1990年に開校以来、27年の伝統を誇ります。開校当初より、教育・医療・福祉が一体となった、先駆的な学校運営に、全国から注目が集まりました。その期待に呼応するように、当学院からは西日本のリハビリテーションを支える人材が多数輩出されています。このように当学院は、ノウハウと実績を大事にしながら、常に先進的な医療を見据えて教育に取り組んでいます。

学校の特長2

教育・医療・福祉の3つの施設が融合。柳川リハビリテーション病院併設

医療職の養成には、教育・医療・福祉の3つの施設が一体となった教育環境が理想的と当学院では考えます。これは充実した臨床教育が、医療従事者の育成には必要不可欠だという考えに基づいているからです。併設の柳川リハビリテーション病院、隣接の介護老人保健施設水郷苑、有明総合ケアセンター、らいふサポートセンター柳川など、グループ内の病院、福祉施設が数多くあり、1年次より見学や演習を行うことができます。早期から医療福祉の現場を体験することで目標が更に明確になり、地域の医療を支える優秀な人材がここから生まれています。

学校の特長3

卒業生の活躍が多数の求人に繋がり、就職率は開校以来100%を誇ります!

近隣にある同グループの高木病院(大川市)をはじめ多数の実習施設が充実している本校は、全国に37施設・約9500人の職員が所属する国際医療福祉大学・高邦会グループの一員です。3000名を超える卒業生の活躍により、毎年求人を得ています。また、経験豊富で業界の事情に詳しい専任教員が定期的に面接を行うなど、入学後からきめ細かな進路ガイダンスを開始し、実習などを通じて、本人の第一志望への就職を実現する、実践的で質の高い就職指導を行っています。

右へ
左へ
学校の特長1

リハビリテーション職養成校として開校し、歴史を刻んできた27年の歩み

水郷とお堀の柳が象徴的な柳川市は、観光地として全国的にも有名。当学院は、その柳川市に福岡県初の私立のリハビリテーション職養成校として1990年に開校以来、27年の伝統を誇ります。開校当初より、教育・医療・福祉が一体となった、先駆的な学校運営に、全国から注目が集まりました。その期待に呼応するように、当学院からは西日本のリハビリテーションを支える人材が多数輩出されています。このように当学院は、ノウハウと実績を大事にしながら、常に先進的な医療を見据えて教育に取り組んでいます。

学校の特長2

教育・医療・福祉の3つの施設が融合。柳川リハビリテーション病院併設

医療職の養成には、教育・医療・福祉の3つの施設が一体となった教育環境が理想的と当学院では考えます。これは充実した臨床教育が、医療従事者の育成には必要不可欠だという考えに基づいているからです。併設の柳川リハビリテーション病院、隣接の介護老人保健施設水郷苑、有明総合ケアセンター、らいふサポートセンター柳川など、グループ内の病院、福祉施設が数多くあり、1年次より見学や演習を行うことができます。早期から医療福祉の現場を体験することで目標が更に明確になり、地域の医療を支える優秀な人材がここから生まれています。

学校の特長3

卒業生の活躍が多数の求人に繋がり、就職率は開校以来100%を誇ります!

近隣にある同グループの高木病院(大川市)をはじめ多数の実習施設が充実している本校は、全国に37施設・約9500人の職員が所属する国際医療福祉大学・高邦会グループの一員です。3000名を超える卒業生の活躍により、毎年求人を得ています。また、経験豊富で業界の事情に詳しい専任教員が定期的に面接を行うなど、入学後からきめ細かな進路ガイダンスを開始し、実習などを通じて、本人の第一志望への就職を実現する、実践的で質の高い就職指導を行っています。

右へ
左へ
学校の特長1

リハビリテーション職養成校として開校し、歴史を刻んできた27年の歩み

水郷とお堀の柳が象徴的な柳川市は、観光地として全国的にも有名。当学院は、その柳川市に福岡県初の私立のリハビリテーション職養成校として1990年に開校以来、27年の伝統を誇ります。開校当初より、教育・医療・福祉が一体となった、先駆的な学校運営に、全国から注目が集まりました。その期待に呼応するように、当学院からは西日本のリハビリテーションを支える人材が多数輩出されています。このように当学院は、ノウハウと実績を大事にしながら、常に先進的な医療を見据えて教育に取り組んでいます。

学校の特長2

教育・医療・福祉の3つの施設が融合。柳川リハビリテーション病院併設

医療職の養成には、教育・医療・福祉の3つの施設が一体となった教育環境が理想的と当学院では考えます。これは充実した臨床教育が、医療従事者の育成には必要不可欠だという考えに基づいているからです。併設の柳川リハビリテーション病院、隣接の介護老人保健施設水郷苑、有明総合ケアセンター、らいふサポートセンター柳川など、グループ内の病院、福祉施設が数多くあり、1年次より見学や演習を行うことができます。早期から医療福祉の現場を体験することで目標が更に明確になり、地域の医療を支える優秀な人材がここから生まれています。

学校の特長3

卒業生の活躍が多数の求人に繋がり、就職率は開校以来100%を誇ります!

近隣にある同グループの高木病院(大川市)をはじめ多数の実習施設が充実している本校は、全国に37施設・約9500人の職員が所属する国際医療福祉大学・高邦会グループの一員です。3000名を超える卒業生の活躍により、毎年求人を得ています。また、経験豊富で業界の事情に詳しい専任教員が定期的に面接を行うなど、入学後からきめ細かな進路ガイダンスを開始し、実習などを通じて、本人の第一志望への就職を実現する、実践的で質の高い就職指導を行っています。

右へ
左へ

オープンキャンパスに行ってみよう!

詳細を見る

2017年オープンキャンパス!!

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士を目指す夢の第一歩!! オープンキャンパスでは、職業についてより分…

続きを見る

専門学校 柳川リハビリテーション学院からのメッセージ

7月16日(日)に第3回のオープンキャンパスを実施します!!

今回のオープンキャンパスの特別企画は在校生3学科合同による『学生発表』を行います!!
在校生の学生生活や学院の雰囲気を学生の視点からご紹介します。

また学院、学科説明や交流会、個別相談ブースもあります。
オープンキャンパスを通して本学院の学習環境の良さを体感して下さい!

(7/13更新)

専門学校 柳川リハビリテーション学院の学部・学科・コース

学費(初年度納入金)

2017年度納入金 ●作業療法学科・言語聴覚学科/130万円(入学金25万円、授業料75万円、施設整備費30万円) ●理学療法学科/145万円(入学金40万円、授業料75万円、施設整備費30万円)※その他教材費等が必要

就職・資格

就職支援

学生一人ひとりへのきめ細かなサポートで開校以来就職率100%!

毎年、多くの病院や施設の方にお越しいただき、施設の概要や仕事の内容等についてお話しいただく就職説明会を開催。外部から講師をお招きし、身だしなみや自己PR、面接について学ぶ就職活動セミナーも行っています。また、福岡県内でも最も歴史のある私立のリハビリテーション学校として卒業生も多数、そのネットワークが後輩の就職につながっています。教員は学生一人ひとりと進路について話し合い、書類の書き方や面接の練習を行うなど、学生全員が自信を持って就職試験に臨めるよう丁寧に指導。このようなきめ細かなサポートがあり、開校以来就職率100%(2016年3月卒業生就職希望者数75名)を維持しています。

問い合わせ先・所在地・アクセス

専門学校 柳川リハビリテーション学院

〒832-0058 福岡県柳川市上宮永町116-1
TEL:0944-72-1001

所在地 アクセス 地図・路線案内
福岡県柳川市上宮永町116-1 「西鉄柳川」駅から保養センター行堀川バスで 7分 柳川リハ学院前バス停下車 徒歩 約3分

地図

 

路線案内

ブログ・インフォ

  • 2017年07月13日 10:33 facebook

    2017.6.28-30 WCPT-AWP&PTAT in Bangkok,Thailand タイのバンコクで開催された理学療法士の世界大会に 理学療法学科の本多教員と吉塚教員が参加しました。 プレゼンテーションでは、タイ、台湾、インドネシアなど 各国の参加者と質疑応答を行いました。 海外の学会参加は、日本の理学療法士が海外で活動できる数少ない機会であり、毎回、とても大きな経験値となっています。 どの参加者も英語力が高く、その重要性があらためて痛感されました。

    https://www.facebook.com/1515535585422194/posts/1696935503948867

  • 2017年07月13日 10:33 facebook

    2017年6月22、29日 理学療法学科2年「スポーツ傷害学」 6月22、29日で行われたスポーツ傷害学において、 卒業生でもある長岡健太さんに講義をしていただきました。 特に足のケガに対する理学療法について、多くの画像や動画を見せていただきました。 長岡さんの観察力や分析力に、学生の中からは、「すごい…」との声が上がっていました。 長岡さんは「株式会社Físico de Fuebol」を立ち上げ、スポーツ現場において活動をされています。 サッカーやバスケットボールを中心に様々なスポーツ傷害に関わらており、大変お忙しい中での貴重な時間でした。 学生の中には、自分自身がケガをして理学療法を受けたことがきっかけで、理学療法士を目指したという方が多くいます。 今回の経験を生かして、今後も目標に向かって頑張ってほしいと思います。 今後も、野球の分野で活躍されている久保田正一さんや足(特にインソール)の分野で活躍されている大堀洋平さんより講義をしていただく予定です。 長岡さんの活動に興味のある方は、ぜひ「Físico de Blog」を検索してみてください。

    https://www.facebook.com/1515535585422194/posts/1696943740614710

  • 2017年07月13日 10:33 facebook

    夏のオープンキャンパスは特典が満載!! 『ヤナリハ』の雰囲気を感じてください!!

    https://www.facebook.com/1515535585422194/posts/1700454120263672

  • 2017年07月13日 10:33 facebook

    柳川リハビリテーション学院  作業療法(OT)学科2年 太陽の家研修 6/23~6/24にかけて,別府市の「太陽の家」へ研修に行ってきました.「太陽の家」とは,障がい者の仕事や生活をサポートする施設です. OTの治療は,心身機能から,仕事や趣味活動などの生活行為まで幅広く対応するため,貴重な研修となりました.また,研修の最後には障がいの有無は関係なくできるスポーツ「卓球バレー」を経験してきました. 2年生はこの研修に向けて,「太陽の家」「パラリンピック」「障がい者雇用の現状」などについて6つのグループに分かれ事前学習をしてきました. 2日目は事前学習した内容に,実際に研修に参加して学習できた内容を加えて発表しました. 発表後は,湯布院で昼食等の自由時間を楽しんで無事に帰ってきました. 学院の詳細やオープンキャンパスについては ⇓ http://yanagawa.takagigakuen.ac.jp/ 福岡県初の私立のリハビリテーション養成校  専門学校柳川リハビリテーション学院

    https://www.facebook.com/1515535585422194/posts/1694053544237063

  • 2017年07月13日 10:33 facebook

    言語聴覚学科3年生の自習風景(検査練習とICT国家試験勉強) 本学院言語聴覚学科の3年生は、病院での臨床実習に行きますが、実習の間の期間は、学生同士で検査練習をしたり、国試対策の勉強を行います。 今年から、情報機器(パソコン、スマートフォン等)を利用したICT教育を行っており、国家試験対策も、学習管理システム「Mobile LMS」を利用して問題配信をしています。 学生は、通学途中や検査練習の合間にスマートフォンを使って国家試験対策を行います。実施したかどうかや正答率は教員が見ることが出来ますので、学生は必死に取り組んでいます。 福岡県初の私立のリハビリテーション養成校 専門学校柳川リハビリテーション学院 (作業療法士・理学療法士・言語聴覚士 養成校)

    https://www.facebook.com/1515535585422194/posts/1694594687516282

請求できるパンフはこちら

無料
学校案内・募集要項(入学願書付)
専門学校 柳川リハビリテーション学院(専修学校/福岡)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

次へ

この学校に興味を持ちましたか?
らくらく資料請求で学校を詳しく知ろう!

閉じる