• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 弘前医療福祉大学短期大学部

私立短期大学/青森

ヒロサキイリョウフクシダイガクタンキダイガクブ

救急救命士、介護福祉士、調理師の担い手として、地域密着型のプロをめざす!

21世紀の福祉に重要な介護と食育と住民の生命を守る救急救命士。50年の間、地域福祉の専門家を多数輩出してきた実績を活かし、地域に必要とされる人材を育成します。

弘前医療福祉大学短期大学部の特長

学校の特長1

重要性を増す救命、介護、和・洋・中・製菓をトータル的に学ぶ調理のプロを育成

救急救命学科は、救急医学全般の知識と救急技術を習得し、即戦力となる救急救命士を育てます。また、救急救命士養成校では珍しい「都市型災害捜索救助技術」も学べます。「介護福祉専攻」では介護に関する専門的な知識と技術を学び、高齢者や障がい者のQOL(生活の質、人生の質)を尊重した支援が行えるプロを育てます。「食育福祉専攻」は、社会的なニーズが高まっている食育の知識を、福祉との関わりを通して習得していきます。和・洋・中・製菓の調理実習、栄養学や地域福祉論、介護実習など、専門知識と技術を学び、食と福祉の両面から人々の健康を支える実践力を養います。

学校の特長2

救急は全国初の短大、調理師免許は東北・北海道の短期大学で唯一、資格取得が可能

救急救命学科は、短期大学として全国初の救急救命士養成校です。救急救命士の資格取得はもちろんのこと、救急現場で必要な資格(AHA-BLSヘルスケアプロバイダー)も在学中に取得できます。「介護福祉専攻」では、国家資格の介護福祉士、社会福祉主事任用資格、レクリエーション・インストラクターなどの資格を目指せます。「食育福祉専攻」は、子どもたちの食をめぐる問題に端を発した食育のほか、高齢者や介護を要する方に対する食の必要性を重視しており、食育と福祉の関わりを、正しい食材の知識や適切な食生活指導を通して学んでいきます。北海道・東北の短期大学の中で、調理師免許が取得可能なのは本学のみです。

学校の特長3

都市型災害捜索救助(USAR)訓練施設を学内に設置。サークル活動も盛んです

救急救命学科は、災害時における瓦礫の下からの救助(CSR)と瓦礫の下の医療(CSM)が学べる、都市型災害捜索救助(USAR)訓練施設を有しており、現役の消防士、救急救命士、災害派遣医療チーム(DMAT)等による本格的な訓練を見る機会もあります。学校生活ではサークル活動が盛んで、自らサークルの立ち上げはもちろん、学科の枠を超え、大学を含めた全学園の体育大会や学園祭などの行事も学生が自らの手で企画、実施しています。

右へ
左へ
学校の特長1

重要性を増す救命、介護、和・洋・中・製菓をトータル的に学ぶ調理のプロを育成

救急救命学科は、救急医学全般の知識と救急技術を習得し、即戦力となる救急救命士を育てます。また、救急救命士養成校では珍しい「都市型災害捜索救助技術」も学べます。「介護福祉専攻」では介護に関する専門的な知識と技術を学び、高齢者や障がい者のQOL(生活の質、人生の質)を尊重した支援が行えるプロを育てます。「食育福祉専攻」は、社会的なニーズが高まっている食育の知識を、福祉との関わりを通して習得していきます。和・洋・中・製菓の調理実習、栄養学や地域福祉論、介護実習など、専門知識と技術を学び、食と福祉の両面から人々の健康を支える実践力を養います。

学校の特長2

救急は全国初の短大、調理師免許は東北・北海道の短期大学で唯一、資格取得が可能

救急救命学科は、短期大学として全国初の救急救命士養成校です。救急救命士の資格取得はもちろんのこと、救急現場で必要な資格(AHA-BLSヘルスケアプロバイダー)も在学中に取得できます。「介護福祉専攻」では、国家資格の介護福祉士、社会福祉主事任用資格、レクリエーション・インストラクターなどの資格を目指せます。「食育福祉専攻」は、子どもたちの食をめぐる問題に端を発した食育のほか、高齢者や介護を要する方に対する食の必要性を重視しており、食育と福祉の関わりを、正しい食材の知識や適切な食生活指導を通して学んでいきます。北海道・東北の短期大学の中で、調理師免許が取得可能なのは本学のみです。

学校の特長3

都市型災害捜索救助(USAR)訓練施設を学内に設置。サークル活動も盛んです

救急救命学科は、災害時における瓦礫の下からの救助(CSR)と瓦礫の下の医療(CSM)が学べる、都市型災害捜索救助(USAR)訓練施設を有しており、現役の消防士、救急救命士、災害派遣医療チーム(DMAT)等による本格的な訓練を見る機会もあります。学校生活ではサークル活動が盛んで、自らサークルの立ち上げはもちろん、学科の枠を超え、大学を含めた全学園の体育大会や学園祭などの行事も学生が自らの手で企画、実施しています。

右へ
左へ
学校の特長1

重要性を増す救命、介護、和・洋・中・製菓をトータル的に学ぶ調理のプロを育成

救急救命学科は、救急医学全般の知識と救急技術を習得し、即戦力となる救急救命士を育てます。また、救急救命士養成校では珍しい「都市型災害捜索救助技術」も学べます。「介護福祉専攻」では介護に関する専門的な知識と技術を学び、高齢者や障がい者のQOL(生活の質、人生の質)を尊重した支援が行えるプロを育てます。「食育福祉専攻」は、社会的なニーズが高まっている食育の知識を、福祉との関わりを通して習得していきます。和・洋・中・製菓の調理実習、栄養学や地域福祉論、介護実習など、専門知識と技術を学び、食と福祉の両面から人々の健康を支える実践力を養います。

学校の特長2

救急は全国初の短大、調理師免許は東北・北海道の短期大学で唯一、資格取得が可能

救急救命学科は、短期大学として全国初の救急救命士養成校です。救急救命士の資格取得はもちろんのこと、救急現場で必要な資格(AHA-BLSヘルスケアプロバイダー)も在学中に取得できます。「介護福祉専攻」では、国家資格の介護福祉士、社会福祉主事任用資格、レクリエーション・インストラクターなどの資格を目指せます。「食育福祉専攻」は、子どもたちの食をめぐる問題に端を発した食育のほか、高齢者や介護を要する方に対する食の必要性を重視しており、食育と福祉の関わりを、正しい食材の知識や適切な食生活指導を通して学んでいきます。北海道・東北の短期大学の中で、調理師免許が取得可能なのは本学のみです。

学校の特長3

都市型災害捜索救助(USAR)訓練施設を学内に設置。サークル活動も盛んです

救急救命学科は、災害時における瓦礫の下からの救助(CSR)と瓦礫の下の医療(CSM)が学べる、都市型災害捜索救助(USAR)訓練施設を有しており、現役の消防士、救急救命士、災害派遣医療チーム(DMAT)等による本格的な訓練を見る機会もあります。学校生活ではサークル活動が盛んで、自らサークルの立ち上げはもちろん、学科の枠を超え、大学を含めた全学園の体育大会や学園祭などの行事も学生が自らの手で企画、実施しています。

右へ
左へ

オープンキャンパスに行ってみよう!

詳細を見る

未来を描ける自分になる 2017 Open Campus

生活福祉学科...

【 全員にオリジナルグッズプレゼント 】 1.入試および奨学金説明 2.学内探検ツアー 3.無料学…

続きを見る

弘前医療福祉大学短期大学部の学部・学科・コース

卒業後のキャリア

詳細を見る

介護福祉士

五十嵐 晴香さん

講義で習ったことを介護の現場で実践しながら成長しています

キャンパスライフレポート

詳細を見る

救急救命学科

秋田谷 勇人さん

地域と地域住民の力になれる救急救命士であり、消防士でありたい

学費(初年度納入金)

●2017年度納入金 【救急救命学科】 144万円 【生活福祉学科 介護福祉専攻】117万5000円 【生活福祉学科 食育福祉専攻】100万円(いずれも、教科書代等は別途)

就職・資格

卒業後の進路データ (2016年3月卒業生実績)

卒業者数55名
就職希望者数49名
就職者数49名
就職率100%(就職者数/就職希望者数)

就職支援

学びの知識、技術を活かす道がある。よりよい選択のサポートを積極的に推進

<就職支援体制>就職に関しては、進路委員会が全面的にサポートし、様々な取り組みをしています。就職ガイダンスも定期的に開催し、1年次からの意識づけも行っています。<就職支援室>就職支援を目的とした就職支援室は、これまでの卒業生が培った地域の多彩な情報を貴重な財産として、また、本学独自の求人をもとに卒業後のキャリア形成も視野に入れ、「後悔しない就活」をサポートしています。そして、学生の就職支援に加え、社会人、職業人としての資質・能力育成を目指しています。

問い合わせ先・所在地・アクセス

弘前医療福祉大学短期大学部 教務部入試係

(入試担当)

〒036-8102 青森県弘前市小比内3-18-1
TEL:0172-27-1001

所在地 アクセス 地図・路線案内
青森県弘前市小比内3-18-1 弘南鉄道「運動公園前(青森県)」駅から徒歩 3分

地図

 

路線案内

ブログ・インフォ

  • 2017年09月01日 11:14 facebook

    民間救急救命士養成校初! 青森県ドクターヘリ並びに消防機関との合同訓練を実施しました。 弘前医療福祉大学短期大学部救急救命学科は本学第一運動場にて8月26日(土)午後、青森県、青森県立中央病院、弘前地区消防事務組合消防本部等にご協力いただき、民間救急救命士養成校としては初となるドクターヘリを用いた合同訓練を実施いたしました。 本訓練の目的は、本学救急救命学科生が、実際のドクターヘリ、医療機関及び消防機関との合同訓練活動を実施・見学することで、 救急医療に関する多職種の協働・連携を理解すること。また、救急救命士になるために必要な知識・技術を実際の訓練を通して習得することです。 併せて、本学の地域貢献活動の一環として地域住民に訓練を公開し、青森県の救急医療体制をアピールすることで、安心安全の街づくりの一助となることを目的としています。 訓練は以下の手順で実施されました(14時~15時)。 1. 救急救命学科2年生による救急活動シミュレーションを実施して、本学所有訓練用救急用自動車に収容 2. 弘前地区消防事務組合消防本部東消防署の安全管理にてドクターヘリを着陸 3. 模擬傷病者をフライトドクター及びフライトナースへ引き継ぎ 4. フライトドクター及びフライトナースより全参加者へドクターヘリの説明 5. 全参加者へドクターヘリの見学会を開催 本学ではこの日、今年度第3回目となるオープンキャンパスが開催されており、合同訓練が始まる14時までに、オープンキャンパスに参加した高校生や保護者の皆さま、救急救命学科学生(全員)、在学生・教職員、地域住民の皆さまを含め約500人が第一運動場に集合しました。 日頃、至近距離でヘリコプターの離着陸を目にすることはないので、上空に小さくヘリコプターが見え、徐々に近づき第一運動場に着陸するまであっという間でしたが、全員固唾を飲んで見守っていました。 ドクターヘリには県立中央病院のフライトドクター、フライトナース、中日本航空の操縦士・整備士の4名が乗っており、訓練終了後には佐藤佑太医師から、見学者の皆さまにドクターヘリの特徴や出動状況について講話をいただきました。 当日は朝から快晴に恵まれ、天候による訓練中止の心配はありませんでしたが、直前まで出動要請による訓練中止も考えられましたので、ドクターヘリの飛行が決定し、無事に訓練が実施され、訓練の目的が達成されたことは、救急救命学科および在学生の大きな財産になりました。 訓練実施にご協力いただいた関係機関の皆さま大変ありがとうございました。 本学は今後も地域貢献活動を積極的に推進します。

    https://www.facebook.com/1385503471662263/posts/1948942808651657

  • 2017年08月28日 10:16 facebook

    8月27日(日)、ゼビオカップ第二戦金木球場で軟式野球の試合が行われました。先発は救急救命学科2年小川選手。サイドスローから繰り出させる鋭いボールで、無失点7回完封、1対0で勝利いたしました。次回、9月10日(日)中里野球場10時20分より第3回戦が行われます。ご声援よろしくお願いいたします。

    https://www.facebook.com/1385503471662263/posts/1947439835468621

  • 2017年08月28日 10:16 facebook

    8月3から6日まで、救急救命学科2年生を対象とした急流救助講習会が本学、及び岩木川で開催されました。座学で急流についての基礎知識を学習、実技では学習した内容を実践してみました。参加した30名無事資格取得することができました。

    https://www.facebook.com/1385503471662263/posts/1947439212135350

  • 2017年08月01日 14:18 facebook

    7月25・26日に1・2年生を引率し、青森県消防学校初任科教育並びに青森県防災教育センターを見学しました。初任科教育では、ポンプ車操法訓練と三連梯子操法訓練が行われていました。初任科生(消防士)の規律厳正な行動を目の当たりにし、学生は緊張した面持ちでした。また、消防学校教官の指導の下、訓練礼式・体力強化訓練を実施しました。空気が一気に引き締まり、学生全員が目を輝かせ闘志を燃やして頑張っていました。さらに本学卒業の初任科生(消防士)が1・2年生達へメッセージを伝えてくれました。  今回、消防学校を見学したことで1・2年生はかなり刺激を受けたようです。消防学校見学後は、今まで以上に授業の取り組み方が向上しました。この見学で得たことを忘れず、公務員試験・救急救命士国家試験を突破して欲しいと思います。

    https://www.facebook.com/1385503471662263/posts/1936931633186108

  • 2017年07月25日 13:15 facebook

    平成29年7月22日(土)、弘前医療福祉大学・短期大学部において、今年度、二回目のオープンキャンパスが開催されました。救急救命学科の説明会では、30名の方に参加していただき、救助の現場で使用する呼吸器(酸素ボンベ)を使った体験授業や、基本的なロープワークを行い救急救命学科の体験授業をしていただきました。次回、第3回オープンキャンパスは8月26日(土)になります。大勢の参加お待ちしております。

    https://www.facebook.com/1385503471662263/posts/1934071776805427

弘前医療福祉大学短期大学部(私立短期大学/青森)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

次へ

この学校に興味を持ちましたか?
らくらく資料請求で学校を詳しく知ろう!

閉じる