• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 弘前医療福祉大学短期大学部

私立短期大学/青森

ヒロサキイリョウフクシダイガクタンキダイガクブ

救急救命士、介護福祉士、調理師の担い手として、地域密着型のプロをめざす!

21世紀の福祉に重要な介護と食育と住民の生命を守る救急救命士。50年の間、地域福祉の専門家を多数輩出してきた実績を活かし、地域に必要とされる人材を育成します。

弘前医療福祉大学短期大学部の特長

学校の特長1

重要性を増す救命、介護、和・洋・中・製菓をトータル的に学ぶ調理のプロを育成

救急救命学科は、救急医学全般の知識と救急技術を習得し、即戦力となる救急救命士を育てます。また、救急救命士養成校では珍しい「都市型災害捜索救助技術」も学べます。「介護福祉専攻」では介護に関する専門的な知識と技術を学び、高齢者や障がい者のQOL(生活の質、人生の質)を尊重した支援が行えるプロを育てます。「食育福祉専攻」は、社会的なニーズが高まっている食育の知識を、福祉との関わりを通して習得していきます。和・洋・中・製菓の調理実習、栄養学や地域福祉論、介護実習など、専門知識と技術を学び、食と福祉の両面から人々の健康を支える実践力を養います。

学校の特長2

救急は全国初の短大、調理師免許は東北・北海道の短期大学で唯一、資格取得が可能

救急救命学科は、短期大学として全国初の救急救命士養成校です。救急救命士の資格取得はもちろんのこと、救急現場で必要な資格(AHA-BLSヘルスケアプロバイダー)も在学中に取得できます。「介護福祉専攻」では、国家資格の介護福祉士、社会福祉主事任用資格、レクリエーション・インストラクターなどの資格を目指せます。「食育福祉専攻」は、子どもたちの食をめぐる問題に端を発した食育のほか、高齢者や介護を要する方に対する食の必要性を重視しており、食育と福祉の関わりを、正しい食材の知識や適切な食生活指導を通して学んでいきます。北海道・東北の短期大学の中で、調理師免許が取得可能なのは本学のみです。

学校の特長3

都市型災害捜索救助(USAR)訓練施設を学内に設置。サークル活動も盛んです

救急救命学科は、災害時における瓦礫の下からの救助(CSR)と瓦礫の下の医療(CSM)が学べる、都市型災害捜索救助(USAR)訓練施設を有しており、現役の消防士、救急救命士、災害派遣医療チーム(DMAT)等による本格的な訓練を見る機会もあります。学校生活ではサークル活動が盛んで、自らサークルの立ち上げはもちろん、学科の枠を超え、大学を含めた全学園の体育大会や学園祭などの行事も学生が自らの手で企画、実施しています。

右へ
左へ
学校の特長1

重要性を増す救命、介護、和・洋・中・製菓をトータル的に学ぶ調理のプロを育成

救急救命学科は、救急医学全般の知識と救急技術を習得し、即戦力となる救急救命士を育てます。また、救急救命士養成校では珍しい「都市型災害捜索救助技術」も学べます。「介護福祉専攻」では介護に関する専門的な知識と技術を学び、高齢者や障がい者のQOL(生活の質、人生の質)を尊重した支援が行えるプロを育てます。「食育福祉専攻」は、社会的なニーズが高まっている食育の知識を、福祉との関わりを通して習得していきます。和・洋・中・製菓の調理実習、栄養学や地域福祉論、介護実習など、専門知識と技術を学び、食と福祉の両面から人々の健康を支える実践力を養います。

学校の特長2

救急は全国初の短大、調理師免許は東北・北海道の短期大学で唯一、資格取得が可能

救急救命学科は、短期大学として全国初の救急救命士養成校です。救急救命士の資格取得はもちろんのこと、救急現場で必要な資格(AHA-BLSヘルスケアプロバイダー)も在学中に取得できます。「介護福祉専攻」では、国家資格の介護福祉士、社会福祉主事任用資格、レクリエーション・インストラクターなどの資格を目指せます。「食育福祉専攻」は、子どもたちの食をめぐる問題に端を発した食育のほか、高齢者や介護を要する方に対する食の必要性を重視しており、食育と福祉の関わりを、正しい食材の知識や適切な食生活指導を通して学んでいきます。北海道・東北の短期大学の中で、調理師免許が取得可能なのは本学のみです。

学校の特長3

都市型災害捜索救助(USAR)訓練施設を学内に設置。サークル活動も盛んです

救急救命学科は、災害時における瓦礫の下からの救助(CSR)と瓦礫の下の医療(CSM)が学べる、都市型災害捜索救助(USAR)訓練施設を有しており、現役の消防士、救急救命士、災害派遣医療チーム(DMAT)等による本格的な訓練を見る機会もあります。学校生活ではサークル活動が盛んで、自らサークルの立ち上げはもちろん、学科の枠を超え、大学を含めた全学園の体育大会や学園祭などの行事も学生が自らの手で企画、実施しています。

右へ
左へ
学校の特長1

重要性を増す救命、介護、和・洋・中・製菓をトータル的に学ぶ調理のプロを育成

救急救命学科は、救急医学全般の知識と救急技術を習得し、即戦力となる救急救命士を育てます。また、救急救命士養成校では珍しい「都市型災害捜索救助技術」も学べます。「介護福祉専攻」では介護に関する専門的な知識と技術を学び、高齢者や障がい者のQOL(生活の質、人生の質)を尊重した支援が行えるプロを育てます。「食育福祉専攻」は、社会的なニーズが高まっている食育の知識を、福祉との関わりを通して習得していきます。和・洋・中・製菓の調理実習、栄養学や地域福祉論、介護実習など、専門知識と技術を学び、食と福祉の両面から人々の健康を支える実践力を養います。

学校の特長2

救急は全国初の短大、調理師免許は東北・北海道の短期大学で唯一、資格取得が可能

救急救命学科は、短期大学として全国初の救急救命士養成校です。救急救命士の資格取得はもちろんのこと、救急現場で必要な資格(AHA-BLSヘルスケアプロバイダー)も在学中に取得できます。「介護福祉専攻」では、国家資格の介護福祉士、社会福祉主事任用資格、レクリエーション・インストラクターなどの資格を目指せます。「食育福祉専攻」は、子どもたちの食をめぐる問題に端を発した食育のほか、高齢者や介護を要する方に対する食の必要性を重視しており、食育と福祉の関わりを、正しい食材の知識や適切な食生活指導を通して学んでいきます。北海道・東北の短期大学の中で、調理師免許が取得可能なのは本学のみです。

学校の特長3

都市型災害捜索救助(USAR)訓練施設を学内に設置。サークル活動も盛んです

救急救命学科は、災害時における瓦礫の下からの救助(CSR)と瓦礫の下の医療(CSM)が学べる、都市型災害捜索救助(USAR)訓練施設を有しており、現役の消防士、救急救命士、災害派遣医療チーム(DMAT)等による本格的な訓練を見る機会もあります。学校生活ではサークル活動が盛んで、自らサークルの立ち上げはもちろん、学科の枠を超え、大学を含めた全学園の体育大会や学園祭などの行事も学生が自らの手で企画、実施しています。

右へ
左へ

オープンキャンパスに行ってみよう!

詳細を見る

未来を描ける自分になる 2017 Open Campus

生活福祉学科...

【 全員にオリジナルグッズプレゼント 】 1.入試および奨学金説明 2.学内探検ツアー 3.無料学…

続きを見る

弘前医療福祉大学短期大学部からのメッセージ

♪ 30年度 入学願書受付中 ♪ ※1月26日(金)必着   
☆一般入学試験(1期日程)    試験日 :2月1日(木)   
☆センター試験利用入学試験(1期)【救急救命学科のみ】 ※個別試験は課しません   
◇必ず、学生募集要項で内容をご確認ください  
♪スタディサプリ進学 「パンフをもらう」へGO!♪

(1/11更新)

弘前医療福祉大学短期大学部の学部・学科・コース

卒業後のキャリア

詳細を見る

介護福祉士

五十嵐 晴香さん

講義で習ったことを介護の現場で実践しながら成長しています

キャンパスライフレポート

詳細を見る

救急救命学科

秋田谷 勇人さん

地域と地域住民の力になれる救急救命士であり、消防士でありたい

学費(初年度納入金)

●2017年度納入金 【救急救命学科】 144万円 【生活福祉学科 介護福祉専攻】117万5000円 【生活福祉学科 食育福祉専攻】100万円(いずれも、教科書代等は別途)

就職・資格

卒業後の進路データ (2016年3月卒業生実績)

卒業者数55名
就職希望者数49名
就職者数49名
就職率100%(就職者数/就職希望者数)

就職支援

学びの知識、技術を活かす道がある。よりよい選択のサポートを積極的に推進

<就職支援体制>就職に関しては、進路委員会が全面的にサポートし、様々な取り組みをしています。就職ガイダンスも定期的に開催し、1年次からの意識づけも行っています。<就職支援室>就職支援を目的とした就職支援室は、これまでの卒業生が培った地域の多彩な情報を貴重な財産として、また、本学独自の求人をもとに卒業後のキャリア形成も視野に入れ、「後悔しない就活」をサポートしています。そして、学生の就職支援に加え、社会人、職業人としての資質・能力育成を目指しています。

問い合わせ先・所在地・アクセス

弘前医療福祉大学短期大学部 教務部入試係

(入試担当)

〒036-8102 青森県弘前市小比内3-18-1
TEL:0172-27-1001

所在地 アクセス 地図・路線案内
青森県弘前市小比内3-18-1 弘南鉄道「運動公園前(青森県)」駅から徒歩 3分

地図

 

路線案内

ブログ・インフォ

  • 2018年01月18日 14:32 facebook

    平成30年1月13日(土)、本学救急救命学科の学生で組織されるサークル団体「救急救命研究会(大学公認課外活動団体)」の学生が中心となって、弘前市近郊の介護福祉分野で勤務する方を対象にした応急手当講習会を企画・開催しました。  開催のきっかけは、介護分野で働く方の意見からでした。勤務中に施設入所者や利用者が心肺停止や呼吸困難に遭遇した経験が多くあるのに、そのための講習を受けたことがない、もしくはその自信がないと思った人が多数いる現状を知ったことです。  学生は、大学コンソーシアム学都ひろさき平成29年度学生地域活動支援事業費補助金を活用して、受講料無料の講習会を自ら開催してこの課題に取り組もうと考えました。  学生達が自ら資料を作成し、担当者の前でプレゼンテーションを行い、開催資金を獲得しました。教員のサポートを受けて、質の維持を図りながらも講習会の物品手配、進行や指導は学生が全て行いました。  当日は、27名の受講者を迎えて、心肺蘇生法から始まり止血法、保温法、搬送法などを行いました。各ブースでは、積極的な質問や意見なども交わされており、受講生アンケートの結果も「学生の機敏な動きに感動した」「親切丁寧に指導してくれた」など、お褒めのお言葉を多数頂けることとなりました。 学生もこの機会を通して、自身が目指す救急救命士像をより確かなものにしたと思います。  地域包括ケアでの救急救命士の利活用が検討されている状況で、いかに救急救命分野と介護福祉分野が協働連携していくべきかを考えるきっかけともなりました。  救急救命士を目指す学生は様々な分野にアンテナを張って、社会が何を求めているのか、どのように救急救命士をして貢献していくのかを常に考えていく必要があります。  今後も本学救急救命学科では、このような教育活動も継続していきたいと考えております。

    https://www.facebook.com/1385503471662263/posts/2004567066422564

  • 2017年12月01日 13:26 facebook

    11月30日(木)、救急救命学科1年生対象に恒例の学科行事である「夜間活動訓練」が行われました。本学保有のUSAR棟の基礎部分を災害現場に見立て、ヘッドライトの灯りだけで暗所の狭隘閉鎖空間の中で捜索・救助訓練を行いました。また、暗所でのロープ結索も実施しました。学生は暗所での活動の難しさを体験したことと思います。救急・救助の知識を更に深めるべく貴重な体験となっています。

    https://www.facebook.com/1385503471662263/posts/1983978111814793

  • 2017年11月24日 08:25 facebook

    第1回北日本学生救急救命技術選手権まであと1日 出場選手からのコメント: 救急救命学科2年鈴木杏さん(上段左)「練習してきたことを最大限に活かせるように頑張ります」。救急救命学科2年畠山由紀乃さん(下段右)「愛護的に頑張ります!」。

    https://www.facebook.com/1385503471662263/posts/1981152885430649

  • 2017年11月23日 08:14 facebook

    第1回北日本学生救急救命技術選手権まであと2日 出場選手からのコメント: 救急救命学科2年柿崎穂花さん(中央)「毎日練習してきたことを出し切り、悔いの内容に頑張ります!」。

    https://www.facebook.com/1385503471662263/posts/1980758815470056

  • 2017年11月22日 08:54 facebook

    第1回北日本学生救急救命技術選手権まであと3日 出場選手からのコメント: 救急救命学科2年小林泰斗さん(中央)「学んだことを全て活かして活動します!」。

    https://www.facebook.com/1385503471662263/posts/1980385562174048

弘前医療福祉大学短期大学部(私立短期大学/青森)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

次へ

この学校に興味を持ちましたか?
らくらく資料請求で学校を詳しく知ろう!

閉じる