• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 埼玉医科大学附属総合医療センター看護専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 看護学科

埼玉県認可/専修学校/埼玉

サイタマイカダイガクフゾクソウゴウイリョウセンターカンゴセンモンガッコウ

看護学科

募集人数:
80人

最新の設備を備えた実習施設で学び、高い倫理観と豊かな感性を持ちあわせた看護実践者を育成します

学べる学問
  • 心理学

    科学的な手法によって、人の心をさぐる

    人の心や集団行動のメカニズム、動物の行動などを調査、統計、実験などの手法を使って解明する学問。意識や行動のメカニズムを探る文学部系とカウンセリングや臨床心理など実践的分野を扱う教育学部系がある。

  • 福祉学

    人が安心して暮らせる社会の仕組みを考える

    講義、実習などを通して、児童、老人、障害者をはじめ、援助を必要としている人が安心して暮らせる社会制度や地域のあり方、援助法を考えていく学問。

  • 健康科学

    人々の健康増進・維持を実現するための理論と技術方を学ぶ

    人々の病気を予防し、健康増進と維持のための理論と方法を研究する。栄養・運動・リラクゼーションなどの分野のほか、福祉や介護関連の科目も学ぶ。

  • 医学

    理論と実践を通して病気の予防・治療法を研究する

    人間の命と健康を守るため、基礎医学、臨床医学、病院実習などを通してその知識と技術を学ぶ。

  • 薬学

    薬の作用について研究し、新治療の実現をめざす

    薬剤の研究や新薬の開発、効果的な使用法など、医薬品から化学物質まで薬全般について研究する。薬の作り方を学ぶ製薬学、病気予防のノウハウを学ぶ衛生薬学、薬の用い方を学ぶ医療薬学がある。

  • 看護学

    患者のケアを通して、よりよい生き方について学ぶ

    医療現場で診療・治療以外の手助けをし、患者の健康維持・回復を促す看護を学ぶ実践的な学問。理論と実習を通して看護技術を習得する。

  • 保健・衛生学

    予防医学の視点から広く社会に貢献する

    実習、研修を積み重ねて、人々の健康保持・増進のためのノウハウを幅広く学ぶ学問。医学・生物学的な研究に、社会学、心理学、福祉学などの視点を加え、体系的に研究する。精神面のケアなど、研究領域は幅広い。

  • 化学

    物質の構造や性質などを実験を通して研究していく

    物質の構造や性質、また、物質間の変化や反応を、実験を多用して追究していく学問。その実験結果を応用して、実用化する分野もある。

  • 生物学

    生き物の行動や生態から、そのメカニズムを探る

    研究の対象は、生きとし生きるもの全て。それらを観察・分析することで一定の法則を見つけ出すだけでなく、DNAや脳のメカニズムなど、ミクロの世界にも迫る学問。

  • バイオ・生命科学

    分子レベルで生命現象を解明する

    生命の誕生、成長、生理現象など生命現象を分子レベルで解明する。生物学、化学、物理学との境界領域の研究や、農学、医学、薬学、獣医・畜産学、林産・水産学などへの応用研究もある。

目指せる仕事
  • 養護教諭

    生徒の心身を支える、身近なカウンセラー的存在

    主として小・中・高校に配属される「保健の先生」。年間の保健計画に沿って、身体検査や保健教育などを行い、学校内の救急処置や生徒の健康管理と保健指導、健康相談、環境衛生、にあたる。保健室は、子供たちの「心の居場所」になっているケースが多く、いじめや学業などに関する心の問題や、ストレスを抱える子どものカウンセラーでもある。

  • 看護師

    患者の心身のケアに、医師の診療・治療介助。医療を最前線でサポート

    病院や診療所で、医師の指示に従って、診察や治療のアシスタントを行い、患者さんの症状を正確に把握し、適切な看護をする。最近では、医療の専門分化に伴い、職務も専門化してきている。看護は技術に加えてメンタルな部分も多く求められている。

  • 保健師

    地域で暮らす人々の保健指導、健康管理

    保健所などで乳児検診などさまざまな健康診断を行ったり、個々の家庭を訪れて、健康上のアドバイスをしたりする。乳児から老人までが対象となるので、社会の中で果たす役割も大きい。最近では在宅ケアをする老人が増加し、それとともに経験豊富な保健師の需要が高まっている。

  • 助産師

    妊産婦と新生児のケアに、分娩介助。母子の生命と健やかな成長を支える

    妊産婦を対象に、保健指導や、育児相談、分娩時の介助を行う。産科のある病院や市町村の母親学級で講師を務めたり、相談窓口を担当することになる。核家族化に伴い、妊婦が妊娠・出産にアドバイスを受ける機会が激減しているため、良きアドバイザーとしての活躍がさらに期待されている。

初年度納入金:2017年度納入金 106万8000円 
年限:3年制

学科の特長

実習

埼玉医科大学関連病院はもちろん、川越市内の専門施設でも実習を実施
総合周産期母子医療センターや高度救命救急センターなど、高度な医療施設を備え、地域の基幹病院としての役割を担う「埼玉医科大学総合医療センター」が主な実習病院。本校から就職した多数の卒業生から親身な指導が受けられます。そのほか、特別養護老人ホームや訪問看護ステーションなど、各専門施設でも実習を行います。

卒業後

母体である埼玉医科大学関連病院・施設への就職をはじめ、保健師・助産師を目指す道もあります
埼玉医科大学関連施設である、埼玉医科大学病院・埼玉医科大学総合医療センター・埼玉医科大学国際医療センター・丸木記念福祉メディカルセンター・カルガモの家など様々な施設で活躍できます。また、保健師・助産師養成機関に進学し、資格取得後、保健・医療・福祉関係機関で、保健師・助産師として勤務することも可能。

施設・設備

最新の教育設備&専門分野を実践的に学べる実習施設が充実
教室はTVモニタやスライドなど、多様なメディア教材に対応。各履修科目をより分かりやすく学べるよう、工夫した授業を展開しています。また、基礎・小児母性・在宅といった看護領域ごとに専用の設備を整えている「実習室」をはじめ、48台のPCを配置する「情報処理室」や「図書館」などの施設も充実しています。

教育目標

学生一人ひとりに対し、しっかり丁寧に指導
看護に必要な知識・技術・態度を習得し、豊かな人間性を養い社会に貢献できる看護者を育成することを目標に、埼玉医科大学の医師・薬剤師・栄養士・心理療法士など、多種多様な講師陣と、実践力を習得するために必要充分な設備・環境を用意しています。専任教員も学生一人ひとりのことを考え、夢の実現をサポートします。

奨学金

毎月3万円を貸与する埼玉医科大学独自の奨学金制度
卒業後、埼玉医科大学関連施設に看護師として3年以上勤務できる学生に、毎月3万円ずつ総額108万円を貸与しており、3年の勤務の後に奨学金の返還が免除されます。そのほか、独立行政法人日本学生支援機構の奨学金制度(申請条件・選考あり)も取り扱っており、あわせて貸与を受けることもできます。

入試

学科試験と面接を行い総括的に判定します
学科試験では高校で学ぶ基礎知識を確認する問題を中心に出題します。面接試験は、複数の面接官による一人7~10分程度の面接を行います。質問事項を適切に理解し、明瞭な回答ができることや、TPOにあった態度がとれることは看護師の資質として強く求められます。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

受験資格が得られる資格

  • 看護師<国>

就職率・卒業後の進路 

就職率/内定率 100 %

( 就職希望者75名、就職者75名 )

主な就職先/内定先

    埼玉医科大学病院 、 埼玉医科大学総合医療センター 、 埼玉医科大学国際医療センター 、 丸木記念福祉メディカルセンター 、 カルガモの家 ほか

※ 2016年3月卒業生実績

この学科の入試情報

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒350-8550 埼玉県川越市鴨田1940番1
入試係 TEL:049-228-3645
kangojim@saitama-med.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
埼玉県川越市鴨田1940番1 JR「上尾」駅から西口を出て東武バス 川越行き 20分 「埼玉医大」下車
「川越」駅から東口を出て7番乗降口 東武バス 上尾西口行き 20分 「埼玉医大」下車

地図

 

路線案内


埼玉医科大学附属総合医療センター看護専門学校(専修学校/埼玉)