• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 東京医療専門学校
  • 他の卒業後のキャリア一覧
  • スペイン留学時のトレーナー経験を活かし、ケガ で挫折するスポーツ選手を減らしたい

スペイン留学時のトレーナー経験を活かし、ケガ で挫折するスポーツ選手を減らしたい

石塚 雅章さん
【この仕事の魅力・やりがい】
千葉県の北小金で柔整・鍼灸の施術院を開業。骨折や脱臼、捻挫(ねんざ)などケガの処置や腰痛や肩こり、頭痛などで悩む方への施術を行うかたわら、週末 はフットサルチームでトレーナー活動をしています。

この仕事の魅力は一人ひとりにしっかり向き合い、自分の手で人助けができること。「ありがとう」と笑 顔で感謝される時には、やりがいを感じると同時に、もっと知識や技術を高めなくてはと気持ちが引き締まります。そのためケガをした選手がより早く復帰で きるようにドクターとの連携を強め、エコーの見方や理学療法も学んでいます。今後は鍼灸師としてもっと内科的疾患に対応できるようになり、東洋医学の良 さを広めていきたいですね。

【この分野・仕事を選んだきっかけ】
小学1年生からサッカーを始め高校まで打ち込みました。中学時代に膝をケガした時お世話になった 鍼灸整骨院の先生に憧れ、サッカーチームのトレーナーになるという目標ができました。高校はサッ カーの強豪校に進学。高3の時ケガで大会に出られず悔しかったことが、ケガで挫折する選手を減ら したいという思いにつながっています。

東京医療専門学校在学中にスペイン留学の道を紹介され、卒 業後に出発。プロのサッカーチームに帯同し、毎日練習前のテーピングやケガの処置を担当。練習後 には鍼灸を使って選手のケアをし、とても喜ばれました。肩を脱臼した選手の処置をしたことも。最終的にはチームトレーナーからすべてを任されるようになりました。
東京医療専門学校(専修学校/東京)