• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 東京山手調理師専門学校
  • 先生・教授一覧
  • 松谷 幸宏先生(調理師)

こんな先生・教授から学べます

身近なのに奥が深い、日本料理の真骨頂を教えてくれる先生

調理師
調理総合本科(2年制) 
松谷 幸宏先生
先生の取組み内容

料理は生き物です。伝統を大切にする日本料理であっても、時代の流れとともに変化しています。しかし、和の様式を採り入れたり、献立で季節を表現するといった特長は今も、また今後も変わらないと考えています。そんな私が調理の指導を行う上で心掛けていることは、和食づくりの基本をしっかりと身につけた上で、新しい日本料理の世界に挑戦させることです。これまでの講師生活を振り返ると、私が料理界に送り出した学生は、少なくとも1,500人を上回ります。第一線で活躍する卒業生から知り得た最新情報を授業に活かせることも、私の強みだと思います。基本を学ぶうちは単調で、面白いとは言い難いもの。調理作業が楽しいと思えるようになるまで、いかにしてモチベーションを高く維持できるかが、指導上のポイントだと考えています。

目の前の学生だけでなく、彼ら、彼女らが料理人となった時のお客様の姿も見据えて指導している

授業・ゼミの雰囲気

調理という未知の世界へ挑む学生を励ましながら技術の向上をサポート

どんな言葉で、どう話せば学生に伝わるのかを日々研究しています。授業を開始したあたりの時期は基礎を教えるのですが、学生にとっては未知への挑戦です。基本を身につけた段階で「まだまだこれから」と教える一方、スキルアップへの喜びを感じられるように指導しています。授業の進め方としては、まず野菜の「切る」「刻む」技術を教え、魚の「下処理」「三枚おろし」、だしの「引き方」「合わせ方」といった順番です。調理としては、まず「だし巻き卵」にチャレンジし、焼く、揚げる、煮る、蒸すといった加熱の技術を磨いていきます。

小さな技術もわかったつもりにさせない。特に刃物を使う場合は、安全意識を徹底的に教え込む

キミへのメッセージ

どんな達人も「食べるのが好き」が出発点! さあ、アナタも!

日本料理には堅苦しい印象もあるようですが、プロの料理人に和食の調理師を目指した理由を聞くと「食べるのが好きだから」といったシンプルな答えが大半です。まずは気軽にオープンキャンパスへご参加ください。

「どんな未来になっても『職人の腕前、ここにあり!』と誇れる技術を身につけよう」と胸を張る松谷先生

松谷 幸宏先生

専門:日本料理
すし屋を営む家庭に育った松谷先生は、高校を卒業後、大阪の料亭に就職。4年後には割烹へ煮方として転職し、数年後には別の日本料理店で料理長に就任。想像以上の速さでステップアップを続けることに満足していたが、38歳の時にYAMANOTEの系列校である大阪調理製菓専門学校から声がかかり、チャレンジ精神から先生をやってみることに。以来、15年間勤務した後、2019年春に東京山手(世田谷)に異動し、現在に至る。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

東京山手調理師専門学校(専修学校/東京)