高校生の今

体育の授業で大活躍!? 今すぐできる! 足が速くなる方法

体育の授業で大活躍!? 今すぐできる! 足が速くなる方法

体育の授業や体育祭の時、もっと速く走れたらいいのに…。多かれ少なかれ、誰もが一度はそう思ったことがあるはず。

 

では、“速く走るコツ”みたいなものってないのかな…?

 

「足の速い・遅いは、元々の身体能力も関係していますが、走るフォームを変えるだけでもスピードは速くなるんですよ。足の遅い人ほど、乱れたフォームで走っているケースが多いですからね」

 

とは、『速く走るコツ大研究』などの著書を持つ、筑波大学附属高校・陸上部監督の征矢範子先生。そこで、速く走るためのテクニックや正しいフォームについて教えてもらうことに!

 
 

■足の回転数を速くするためには、ウデを振る

 

「そもそも速く走るためには、“足の回転数を速くする”ことが大切です。でも、だからといって足だけを速く動かそうとするのはNG。足とウデの動きは連動するものなので、足の回転を速くするためには、ウデも速く振らないといけないんです。そのためには、肘を90度くらいに曲げて、肩を支点に振り子のように前後に振るとよいですね。また、脇をしめたほうがウデを速く振ることができますよ」

 

体育の授業で大活躍!? 今すぐできる! 足が速くなる方法

 
 

■大きな歩幅で走るために、胴体の筋肉を使う!

 

「速く走るためには、“歩幅を大きくする”ことも重要。そのためには、太ももが地面と平行になるようにしっかり上げましょう。そうすることで、お尻やその上の背中の筋肉も使えるようになり、足を大きく動かせるようになるんです。でも、足のことばかりに意識がいくとウデの振りが小さくなってしまうので、ウデも大きく振ることを忘れないようにしてくださいね」

 

なるほど、「走る」というと足のことだけを考えがちだけど、体全体を使うことが大切なんだ!

 

「そうですね。実は、走るためにはふくらはぎだけの筋肉を使ってもダメなんです。むしろ、肩や背中、お尻などの胴体部分の筋肉を使えたほうが、足やウデは大きく速く動かせます。走る時は、つい力んでしまって足の指先にギュっと力を入れたり、こぶしをギュッと握ったりする人も多いのですが、体の末端に力が入ると、大事な胴体部分の筋肉が動きにくくなるんです。走る前に手足をブラブラと振ったりして、手先・足先の力を抜くことも、速く走るためのコツと言えますね」

 

体育の授業で大活躍!? 今すぐできる! 足が速くなる方法

 
 

■カーブを曲がる時は、内側の足に体重をかけながら走る

 

「ちなみに、リレーなどで学校のグラウンドを走る場合、カーブを曲がる時に遠心力がかかってしまい、引かれたラインの外側に膨らんで走ってしまうことがありますよね。それをできるだけ最短距離で走るためには、内側の足に体重をかけて体を内倒(内側に傾ける)させるとよいですね。また、内側のウデは小さめに振って、外側のウデは大きめに振る意識で走ると、カーブを回りやすくなります」

 

征矢先生曰く、これらのことを意識して走るだけでも、タイムは速くなるそう。また、練習をして自然とこの動きができるようになれば、50m走が9秒や10秒台の人が8秒台になることもあるとか!

 

走るコツを身につければ、運動会や体育の授業が楽しくなるかも!?

 

体育の授業で大活躍!? 今すぐできる! 足が速くなる方法

注目キーワード

岡本温子 short cut ライター

岡本温子/short cut

1984年1月生まれ。佐賀県出身。体育系大学卒、保健体育の教員免許アリと経歴は体育会系ですが、見た目は色白もやしっこ(中身は少し体育会系)。ライター事務所・ショートカット所属し、webメディアや雑誌で原稿を執筆しています。

ページのトップへ