1. 大学 大学院トップ
  2. 通信制[教育]一覧
  3. 星槎(せいさ)大学 共生科学部 通信支援・制度

星槎(せいさ)大学共生科学部通信教育課程

検討リストに追加

サポートシステムとしてのスクーリング・メディア授業

3つのスタイルのスクーリングを開講

星槎大学のスクーリングは、科目により、3種類のスタイルを中心に実施。

◆会場スクーリング
◆Webライブスクーリング
◆オンデマンドスクーリング

働きながら学ぶ学生に配慮し、土日祝日を中心に開講。
それぞれの科目で複数回スクーリングを開講しているため、都合に合わせて受講することができるのもメリット。会場から遠方に住んでいる人や忙しい人でも受講しやすいよう、インターネットを使って自宅受講できるスクーリングを多く開講しており、より学びやすい環境を整えている。

一人ひとりの目的に向けた学修をサポート

学生の履修状況を把握し、学生生活をサポートするのが「マンツーマン指導員」。正科生一人ひとりを「担任」として担当し、各科目の教員や事務局とも連携しながら、共に目標の達成を目指す心強い存在だ。
テキストによる学修では、「学修指導書」を用意。科目ごとに作成され、いわばその科目の学修の取扱説明書。安心して学修を進めるための大切なパートナーとなる。
さらに、LMS(Learning Management System)により、教員による効率的できめ細かなサポートを受けながら単位修得を目指すことができる。 ※LMS=学修管理システム

通信での学びの不安を解消できる「共生入門」・「プレゼミ」

「共生入門」では共生をテーマにレポート作成の考え方や方法、スクーリングの事前準備や受講時の注意点、科目修得試験の学修方法などを実践的に学ぶことができる。「プレゼミ」は、よりレポート作成に重点を置き、教員からの詳しい解説とともに実際に作成する科目となっている。これらの科目は教員との距離が近いので、質問がしやすく、学修の不安を解消する場であり、共に学ぶ仲間との出会いの場でもある。

1科目から学べて在籍年限なし&学費は履修科目分だけ

一人ひとりの学ぶペースを大切にしたいとの考えから、在籍年数の設定がないのも特長。また、学費は単位ごとの設定となっており、履修科目数に応じた学費だけを納入すればよい。年間の登録料と、科目数に応じた授業料を支払えば一生涯学び続けることができる。

いつでも、どこでも受験できる「科目修得試験」

単位修得に必要な「科目修得試験」は、指定された条件を満たすことで、自宅等からいつでも、どこでも受験することができる。また、制限時間がないので、自分の力を100%発揮することができる。

スクーリングの会場

全国に広がるスクーリング会場

札幌、横浜、名古屋、大阪、福岡を中心として主要都市に常設の学習センターを設置し、スクーリングを開講。さらに、「連携施設による特設のスクーリング会場」を全国に設置し、双方向TV会議システムを活用することで、利便性の高いスクーリングを実現している。
スポーツ身体表現専攻(保健体育免許状取得) 実技科目は、北海道地区(札幌、北広島、芦別など)、首都圏地区(埼玉、東京、横浜、箱根など)、中京地区(名古屋など)、関西地区(大阪、京都、神戸、滋賀など)、九州地区(福岡、宮崎、大分など)で実施予定。

卒業に必要なスクーリングの単位の有無

卒業に必要な124単位のうち、30単位をスクーリングで修得することが必要。スクーリングは1単位につき原則2日間(0.5単位の場合は1日)の受講が必要となるので、年間のスクーリングスケジュールにそって計画的に学修をすすめることが重要だ。

問合せ先0120-82-2686(横浜事務局)ホームページはこちら