• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 北海道大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 工学部

国立大学/北海道

ホッカイドウダイガク

学校情報は旺文社パスナビの内容に基づいています(2016年8月時点)。最新内容は募集要項でご確認ください

工学部募集人数:670人

工学部

初年度納入金
2016年度納入金(参考) 81万7800円  (文部科学省令で定める2016年度の「標準額」。詳細はお問い合わせください。)

募集学科・コース

応用理工系学科

情報エレクトロニクス学科

機械知能工学科

環境社会工学科

学部の特長

学ぶ内容
工学部
 応用理工系学科は3コース制。
◆応用物理工学コースでは、物理学を基礎とし、ナノサイエンス、超伝導、量子光学、新機能素材など幅広くさまざまな科学・技術分野を学ぶ。これらの先端分野に進む研究者・技術者の養成を目指す。
◆応用化学コースでは、医薬、農業、液晶といった機能性分子・材料の製造など、21世紀を担う化学技術者・研究者を育成する。
◆応用マテリアル工学コースは、化学、物理を基礎学問として、環境、エネルギー、ニューテクノロジーの3領域を研究する。
 情報エレクトロニクス学科は、次の5コースからなる。
◆情報理工学コースでは、数理、ソフトウェア、コンピュータの基礎を学ぶことにより、知識科学や知識発見に関する最新の技術や効率的なアルゴリズムを開発する力を養う。
◆メディアネットワークコースでは、情報から音声、文字、画像などのメディアへの変換法、メディアを伝えるネットワーク技術、関連するコンピュータ技術に関し、基礎から大学院入学レベルまでの教育プログラムを展開。
◆生体情報コースでは、電気・電気工学、および情報工学の基礎を修得後、遺伝子から個体レベルまでの各階層の知識を体系的に学ぶ。我が国の医用・生体工学分野の代表的教育組織として、次世代を担う人材の育成を目的とした教育を行う。
◆電気電子工学コースでは、情報通信技術を支える材料・デバイス・システムなどのハードウェアに関する基礎を身につける。幅広い基礎学力と応用力を養うことによって、次世代を切り開くエレクトロニクスの開発などに従事する人材の養成を目指す。
◆電気制御システムコースでは、電力ネットワーク、次世代モーター、ロボットなどの最先端の電気・機械・制御システムを対象とし、その解析・設計・評価・構築を行う技術を総合的・実践的に修得することを目指す。
 機械知能工学科は2コース制。
◆機械情報コースでは、バイオエンジニアリングやロボット工学などの新領域に取り組むための情報処理や、メカトロニクス教育を充実させている。
◆機械システムコースでは、学科共通の必修科目に加えて熱工学、流体力学や原子物理などを基盤に、環境、エネルギーや宇宙工学に重点を置いている。
 環境社会工学科は5コース制。
◆社会基盤学コースでは、未来社会を支える社会基盤の形成に必要な計画、設計、メンテナンスの技術、環境保全や防災のための技術を学ぶ。国際性豊かな技術者、研究者の育成を目指す。
◆国土政策学コースでは、社会経済活動のための基礎整備に必要な政策、計画立案、事業計画にかかわるデザイン、計画システムの基礎を修得する。
◆建築都市コースは、建築・都市学にかかわる基礎と能力を育成するため、建築都市計画・設計などの基本領域から広範にわたり、時代と地域の特性を踏まえた教育を行う。
◆衛生環境工学コースでは、環境問題の主対象となる水・エネルギー・廃棄物・大気などの領域を、横断的かつ体系的に学ぶ。
◆資源循環システムコースでは、社会の中の資源の流れを多面的に学ぶ。天然資源の開発・利用、汚染環境の修復に至るまで教育・研究の領域は幅広い。

就職率・卒業後の進路 

国土交通省、大成建設、東京都庁など。

問い合わせ先・所在地

〒060-8628  北海道札幌市北区北13条西8丁目 
TEL (011)706-7484 (学務部入試課直通)

所在地 アクセス 地図・路線案内
札幌キャンパス : 北海道札幌市北区北13条西8丁目 JR「札幌」駅下車徒歩 約7分
地下鉄南北線「北12条」駅下車 徒歩約4分

地図

 

路線案内

※学校情報は旺文社パスナビの内容に基づいています(2016年8月時点)。
最新内容は募集要項でご確認ください。


北海道大学(国立大学/北海道)