• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 活水女子大学
  • 学校の特長

私立大学/長崎

カッスイジョシダイガク

学費に特長・奨学金制度あり

返還義務がない給付の奨学金制度や特待生制度もあります

すぐれた才能や素質を経済面から心強くサポートする奨学金制度。本学では、独立行政法人日本学生支援機構、地方自治体、民間育英団体など一般的な奨学金制度に加え、独自の奨学金制度を設けています。新入生特別奨学金(給付)、新入生特別経済援助奨学金(給付)、新入生緊急給付奨学金(給付)、活水女子大学第一種奨学金(給付)・第二種奨学金(貸与)、活水女子大学父母会奨学金(給付)、活水女子大学勤労奨学金(給付)、活水学院学生・生徒奨学金(1/2給付・1/2貸与)など、様々なケースに対処できるようにしています。学校の特長1

歴史や伝統がある

活水の伝統と豊かな心を受け継いだ多くの先輩方が、様々な世界で活躍しています

1879年、宣教師エリザベス・ラッセルが、長崎の地にキリスト教精神に根ざした《活水》の礎を築いて138年。「女性に最高水準の教育を」という理念は、今も《少人数制による徹底教育》《教師と学生との確固たる信頼関係》《学部学科の枠を超えた連携》などに受け継がれています。文学部・音楽学部・健康生活学部・看護学部の各学部の教育内容も社会の多様化にともなって、専門知識と技能の習得や資格取得の徹底などより高度なカタチへと進化し続けています。これからも変わらない《活水》の伝統と価値観を受け継いだ女性たちが、“人としての豊かな心”で地域の発展や国際社会に貢献し続けます。学校の特長2

遊びも通学も便利な都会の学校

長崎の港を一望する丘の上の赤い屋根。ゴシック様式の素敵なキャンパスは憧れの的

オランダ坂を上った丘の上にひときわ大きく目立つ赤い屋根が、本学の東山手キャンパスの目印。地域の人々にもランドマークとして親しまれてきた芝生と緑に囲まれた美しい本館や荘厳なパイプオルガンの調べが響く大チャペル等、趣に満ちた雰囲気は常に“憧れの的”。長崎の中心街から10分も離れていないことを忘れそうな落ち着きのある空間。そして、学外に一歩出れば、観光都市・長崎のメインスポット。外国人居留地の面影を残す洋館群や大浦天主堂、グラバー邸など異国情緒あふれる町並みが広がります。学校の特長3
活水女子大学(私立大学/長崎)