• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 津田塾大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 学芸学部

私立大学/東京

ツダジュクダイガク

学芸学部

英文学科、国際関係学科、数学科、情報科学科の文理両学科を備え、さらに学科の枠を超えた学びも可能

初年度納入金
2017年度納入金(参考) 120万円~131万円  (英文学科・国際関係学科120万円、数学科・情報科学科131万円))

募集学科・コース

英語という言葉と英語圏の文化を探究し、世界と関わり、行動できる人を育てます

2年次より英文学科、国際関係学科から選択できるコース。世界で活躍できる知識と視野を備えた人材育成を目指す

国際社会の課題解決に向けて、考え行動する人を育てます

2年次より英文学科、国際関係学科から選択できるコース。世界で活躍できる知識と視野を備えた人材育成を目指す

自然の摂理が導く理論体系を学び、一人ひとりの数学を追究します

最先端の技術と知識で、情報科学の未来を創る人を育てます

キャンパスライフShot

Photo
高度な知識と豊かな人間性を兼ね備え、社会に貢献する女性を育てたいという建学の理念は、現在も引き継がれています。
Photo
創立時から一貫した、一人ひとりの個性を重んじる少人数教育は、学生の力を引き出す本学の学びの根幹となっています。
Photo
優れた英語教育プログラムには定評があります。1・2年次の英語の授業は到達度別の少人数クラスです。

学部の特長

学ぶ内容
英文学科
英文学の枠を超え、英語や英語圏をとりまく文化、社会、歴史をトータルな視点でとらえ、英語を通して異文化を探究する総合的な学科です。イギリス文化、アメリカ文化、英米文学、英語学、コミュニケーションの5コースからなる広い専門領域を興味に応じて選択し、学びを深めます。より実践的なスキルを養成するため、副専攻として「翻訳コース」「通訳コース」も設置しています。
国際関係学科
世界の政治・経済・社会・文化などについて広く知識を身につけ、そこに起きる様々な国際問題を分析・研究し、解決法を探ります。国際政治・国際法、国際経済、比較社会、比較文化の4コースから選択し、各コースで学ぶ考察・手法を特定の地域の研究と結び付け、立体的に学びを深めていきます。
数学科
高校で学んだ数学を再確認しながら、代数学、幾何学、微分積分学などの基本科目を学習し、1年次からの少人数セミナーによって自ら考えるための基礎学力を高めます。ICT教育も重視。専門科目は古典数学から最先端数学まで多岐にわたり、古代ギリシャの数学書をひも解いたり、コンピュータを駆使したりしながら、それぞれの分野を探究していきます。
情報科学科
情報科学の専門知識と英語コミュニケーション能力で、ICT関連の様々な分野で活躍できる情報科学のプロフェッショナルを育成します。情報科学の考え方、プログラミングの基本、コンピュータやネットワークの原理を基礎からじっくり習得したのち、システム、ネットワーク、メディア、コミュニケーション、数理モデルの5分野の中から専門的な学びを選択します。
多文化・国際協力コース(2年次より英文・国際関係学科から進むことが可能な学科横断型コース)
国際協力・開発援助の現場でおきる諸問題について、現地に出向いて実際に自分の目で確かめながら分析・把握する「フィールドワーク」を学びの軸とするコースです。津田塾大学が伝統的に取り組んできた「多文化・言語教育」「国際協力」「国際ウェルネス」「多文化共生」の4つのユニットがあります。
カリキュラム
確かな英語力を築くとともに、幅広い専門分野の選択が可能な自由度の高いカリキュラム
英語教育においては、全学科とも1,2年次に、到達度別の英語クラス編成を行います。自分にあったレベルの少人数クラスの中で、ビデオ教材を使ってのリスニング力のアップ、ディベートやディスカッションを繰り返しての会話力向上、原書を講読して読みこなすテクニックの習得、フォーマル・レターから研究論文までの幅広い文章表現力を身につけるなど、「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能をバランスよく向上させます。
また第二外国語としてフランス語、ドイツ語、スペイン語、ロシア語、中国語、韓国・朝鮮語のクラスを提供し、4年生のレベルまで学ぶことができます。    
1年次から全ての学科で設けられている必修の少人数セミナーは本学の学びの根幹です。ここで大学の学びの基本となる、資料の調査、レポートやプレゼンテーションなどを実践的に繰り返し、教員からのフィードバックを受けながら、学年が上がるごとにより高いレベルの力を身につけていきます。    
専門分野の学びを深める選択科目は、各学科とも多岐にわたる科目が設置されていますが、さらに所属学科以外の専門科目も履修することが可能になっています。
卒業生
大学全体で一人ひとりの就職活動をサポート
大学で得た知識やスキルを社会で役立てるには、自らのキャリアプランをしっかりと描く必要があります。本学では、進路ガイダンスや各種講座など卒業後の進路を広げる充実した支援体制で、学生一人ひとりの就職活動をしっかりバックアップ。学生生活課のサポートはもちろん、4年生の内定報告会、OGを迎えての企業説明会など在校生、卒業生と教職員が連携して学生の就職活動を支援します。また、教員、公務員のほか地元企業へのUターン就職など、就職先が全国に広がっているのも特徴です。
留学
国際センターが、積極的に留学をサポートします
留学協定校として、アメリカ、カナダ、メキシコ、イギリス、ドイツ、スウェーデン、オーストラリア、フィリピン、台湾、韓国、中国の25大学と協定を結び、学生の派遣と受入れを実施しています。また、あらゆる海外の大学から、目的に合った留学先を選択できる認定留学制度や、夏休みを利用してアメリカ、カナダ、イギリスの大学で行う、本学主催の語学研修プログラムもあります。留学先での取得単位は本学修得単位として認定できます。
海外での学びに関心を持つ学生が多い本学で、これらの留学を積極的に支援しているのが国際センターです。協定校留学のサポートはもちろん、それ以外の海外留学の情報も多数提供し、学生の選択肢を広げており、更に留学アドバイザーによる個別面談では、学生一人ひとりに合わせたアドバイスを行っています。また様々な留学説明会やIELTS・TOEFL(R)テスト対策講座等の留学支援プログラムを開催し、中でも「留学フェア」として秋の一週間に行われる留学経験学生の報告会は、延べ500名以上の学生が参加する人気の催しとなっています。
奨学金
多彩な奨学金制度
成績優秀な学生を顕彰するための奨学金、向学心旺盛な学生、行動力のある学生をサポートする奨学金、経済的事情により修学が困難な学生をサポートする奨学金など、津田塾独自の奨学金制度を多く設けています。
例えば、学業成績優秀者に対する「梅子スカラシップ」、課外活動や自主活動で顕著な実績をあげたサークル・団体活動に対する「課外活動奨励金」、1年間の授業料相当額を貸与する「津田カレッジローン(無利子)」などを用意。

就職率・卒業後の進路 

就職決定率99.0%(就職希望者512名、就職者507名、2016年3月卒業生実績)
2016年3月卒業生の主な就職先/
トヨタ自動車、富士通、日立製作所、日本航空、全日本空輸、伊藤忠商事、丸紅、日本銀行、朝日新聞社、日本放送協会、野村総合研究所 ほか

問い合わせ先・所在地

〒187-8577 東京都小平市津田町2-1-1
TEL042-342-5113 企画広報課

所在地 アクセス 地図・路線案内
小平キャンパス : 東京都小平市津田町2-1-1 「鷹の台」駅から徒歩 8分
「新小平」駅から徒歩 18分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

津田塾大学(私立大学/東京)