• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 東京都市大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • メディア情報学部
  • 社会メディア学科

私立大学/東京・神奈川

トウキョウトシダイガク

社会メディア学科

募集人数:
90人

基礎力=「論理的思考力+コミュニケーション力」を養成し、社会のあらゆる問題に取り組む。

学べる学問
  • 社会学

    あらゆる社会現象を科学的に分析する

    社会と人間をテーマに社会現象を多面的に研究。研究対象は個人から国家レベルまで。扱う領域も、社会階級、環境問題、いじめなど幅広い。

  • 情報学

    情報化が社会に与える影響などを科学的手法で分析する

    社会における情報の仕組みや流れ、ありようなどを、実習、演習、フィールドワークを駆使して明らかにし、人間や社会を探究する学問。情報の作られ方、収穫、伝達、利用法、システム構築など情報に関するすべてを対象に学ぶ。

  • コミュニケーション学

    人と人との関係性を、コミュニケーションという切り口で研究する

    現代社会のコミュニケ―ションをさまざまな角度から考える学問。異文化理解・国際交流・情報発信に欠かせない多用なコミュニケーション様式を研究する。

  • マスコミ学

    マスメディアの歴史やしくみ、影響力などについて研究する

    放送・広告・新聞・雑誌・インターネット・携帯電話など、あらゆるコミュニケーション・メディアを研究対象とし、その特性などを学ぶ。

  • メディア学

    メディアの機能や役割、それらが人や社会に及ぼす影響を研究する

    活字媒体、テレビ、ビデオ、CATV、インターネットなど多様なメディアの特性、機能、役割を理解し、人間社会への影響や、新しいメディアづくりについて研究する。

  • デザイン

    平面、空間に関するさまざまなデザインを学ぶ

    私たちの身の回りに存在するすべての物を対象に、実技や実習、理論研究を通して、デザインし、表現していく。商業デザインと工業デザインに大別される。

目指せる仕事
  • マーケットリサーチャー

    製品開発に欠かせない調査員

    モノ余りの時代には、ヒット商品を生み出すために、どんな人たちがモノを欲しがっているか、商品についての需要予測や消費者の嗜好動向、購入層、過去の販売実績、販売方法など市場の動きを正確に把握する必要がある。マーケットリサーチャーはこれら調査の専門家として社会調査やその結果を集計・分析する。

  • 営業

    商品や企画を売るため、企業の最前線で活躍する

    取引先の開拓と、営業活動を行う。取り扱う商品により営業方法も異なり、店舗営業型、ルート営業型、窓口営業型、新規開拓型営業などさまざま。どちらにしても会社の利益をあげるための重要な仕事。売り上げを伸ばすためには、自分の提案内容や、お客様との人間関係が大きなポイントとなる。

  • 販売・接客・サービス

    お客様が快適なひとときを過ごしたり、買い物を楽しんだりできるようサービスを提供

    ショップやレストラン、ホテルなどでお客さまに応対する仕事。お客さまが快適なひとときを過ごしたり、不便なく買い物を楽しんだりできるよう最適なサービスを提供する。販売では、商品に対する質問に答え、適切な助言を与える。お客さまの買い物アドバイス以外に、販売事務、商品管理、レジスター、苦情処理、顧客情報の収集などの仕事にもあたる。相手が何を望んでいるかをくみ取ってコミュニケーションする力が求められる。また、相手に好印象を与える接遇マナーも必須の仕事だ。

  • 企画・調査

    会社の事業戦略のおおもとになるデータを収集・分析し戦略の方向性を示す

    民間企業などで、事業戦略を定める際、その基礎となるさまざまなデータを収集し戦略の方向性を示す仕事。業績の詳細な分析、市場規模や消費者のニーズの調査、予算シミュレーションなど、緻密な作業と分析力が必要とされる。あらゆる業種の企業にあり。

  • 一般事務

    データ入力や書類作りなどデスクワーク系作業で職場をサポート

    パソコンなどを使ってのデータ入力、資料や書類作り、社内連絡の取次やファイリングなど、周囲の業務を効率的に運ぶためのサポート的な作業を行う。デスクワークが主であり、仕事には正確性や効率性が求められる。

  • 広告会社営業

    企業に広告宣伝を提案し、売り込む

    普段から業界の動向、各企業の経営などを分析し、どこにどのような広告を提案すれば契約してもらえるか戦略を立て、営業する。契約後は制作スタッフとの間で、効果的な広告を作る調整役となる。

  • 広報

    企業の報道担当者

    対象は社内・社外・宣伝広報に分けられるが、基本的には対外的に企業の理解を深めるのが目的の企業の報道担当者。マスコミへの取材協力、PR誌の作成、その他あらゆる企業情報を管理する。企業イメージを管理する大事な仕事で、最近では商品の売れゆきや人材獲得にも大きな影響を与えている。

  • 宣伝

    自社製品の広告制作窓口

    自社製品を広く告知するための広告制作、ポスター・CM制作、カタログ制作、イベント、一般問い合わせ対策などの企画・実施を行う。また、社内報の編集、社史編纂、CI統括、会社案内制作などの仕事をするケースもある。自社製品や業界情報に精通するための勉強は欠かせない。

  • 高校教諭

    自分の専攻の知識を生かしてより専門分野を深く教える

    公立・私立の高等学校で、自分の持っている免許状の担当教科を教え、生徒の部活動や生活・進路指導を行う。また、学校運営の事務も行う。小学校・中学校よりも一般的に授業時間が少ないので、専門分野の勉強に打ち込める時間も取りやすい面もある。

初年度納入金:2017年度納入金 155万円 

学科の特長

学ぶ内容

<コミュニティデザイン分野>新たなメディアやコミュニケーションの場をデザインできる人材に
“情報化” “コミュニティ”を社会や生活者の目で捉え、課題の発見や分析のみならず、問題解決を目指してメディアやシステムの試作・提案を行う「社会情報デザイン」を学ぶ。またポスターや広告、ゲーム、テレビ、ウェブなど身近な情報のデザインを調査し、新しいデザインを行うための情報表現に関する知識と技術を学ぶ。
<人間コミュニケーション分野>社会科学的な視点を持ち、コミュニケーション面から問題を解決
コミュニケーションの側面から社会問題の解決を目指し、現代の多様なコミュニケーションを社会科学的な視点で調査・分析。地域と企業、市民と専門家など様々な領域を仲介し、新たなコミュニケーションの方策を提案できる人材を目指す。多様なメディア・コミュニケーションについて学び、効果的な情報発信の方法を考える。

カリキュラム

基本の力「論理的思考力+コミュニケーション力」を育てる
充実した学生/教員比率により丁寧できめ細かな指導を実現。アカデミックな思考とコミュニケーション能力を育成。教員間や学外の協働プロジェクトに横断的に参加して、創造的な学びに取り組む力を修得。社会の問題の発見や解決に取り組み、新たなメディアやシステムのデザイン、プロトタイプを通じ情報発信能力を修得する。

研究テーマ

人間の活動に基づく情報デザインを研究
生産技術の視点からではなく、ユーザの視点に立って、情報をわかりやすく伝えたり、道具やシステムを使いやすくしたりするために、ジャンルにこだわらずに情報デザインに取り組んでいる。実際に、バス路線図、駐車場のサイン、ロボット、教材、情報機器のインタフェース、広場などのデザインを行っている。

施設・設備

サイバーキャンパスをフルに活用
横浜キャンパスのネットワークシステムは、各校舎間を1Gbpsの高速LANで接続。文部科学省が推奨するサイバーキャンパス整備事業の一環として、2003年から国内の他大学はもちろん中国・オーストラリア・ネパール等の海外の大学および研究機関と連携し、優れた教育コンテンツを世界中に発信している。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 高等学校教諭免許状【情報】<国> (1種) 、
  • 社会調査士

目標とする資格

    • IT パスポート試験<国>

就職率・卒業後の進路 

就職率/内定率 97.9 %

( 就職希望者377名 )

主な就職先/内定先

    NSD 、 DTS 、 イッツ・コミュニケーションズ 、 東京急行電鉄 、 日本通運 、 日本電気(NEC) 、 日立製作所 、 KDDI 、 トヨタ自動車 、 東日本旅客鉄道(JR東日本) ほか

※ 2016年3月卒業生実績

※環境情報学部全体の実績です。※メディア情報学部の実績は2017年3月卒業生から対象となります。

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒158-8557 東京都世田谷区玉堤1-28-1
入試センター TEL 03-5707-0104

所在地 アクセス 地図・路線案内
横浜キャンパス : 神奈川県横浜市都筑区牛久保西3-3-1 「中川(神奈川県)」駅下車徒歩 5分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

東京都市大学(私立大学/東京・神奈川)