• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 湘央生命科学技術専門学校
  • 学校の特長

神奈川県認可/専修学校/神奈川

ショウオウセイメイカガクギジュツセンモンガッコウ

就職に強い

公務員試験対策授業も充実。公務員、企業、大学編入学…最適な進路が見つかります

専任教員により、一人ひとりの個性や希望にあった進路指導を行っています。そのため、1年次より就職ガイダンスを行うほか、カリキュラムには毒物劇物取扱責任者国家試験や危険物取扱者国家試験の対策科目を設定。さらに2年次からは志望、適性に応じた就職・進学が果たせるよう、全教員が一丸となって就職をサポートしています。救急救命学科では、2年次から地方公務員試験対策の授業とeラーニングが始まり、消防官への道を強力にバックアップします。また、大学病院救命救急センターでの臨床実習で実践的な経験を積むことができるのも強みです。応用生物科学科バイオコースは、国公立大学や有名私立大学への編入学実績が豊富です。学校の特長1

資格取得に有利

各種国家試験・認定試験の例年の合格実績が、教育レベルの高さを物語っています

2016年3月の救急救命士国家試験合格率は92.9%(合格者39名)。救急救命学科では多くの時間を国家試験対策に充てていませんが、過去10年間の合格率は常に全国平均合格率を上回っています(2016年3月の全国平均合格率86.1%)。応用生物科学科バイオコースでは全員が取得を目指す中級バイオ技術者(2016年3月卒業生の合格率100%、合格者20名)や国家資格である毒物劇物取扱責任者のほか、関連資格の取得に授業や補講、個別指導などで強力にバックアップします。動物看護コースでも、動物看護職統一試験の合格率92.9%(2016年3月卒業生/合格者13名)と全国平均合格率(77.6%)を超える高い合格率を達成しています。学校の特長2

きめ細かな少人数制

学生と教員の距離が近い、アットホームな雰囲気です

救急救命学科と応用生物科学科は、それぞれ1学年40名という少人数制です。そのため、どちらも学生と教員の距離が近く、アットホームな雰囲気。ふらっと遊びに来る卒業生が多いことがその証です。救急救命学科では、学生一人ひとりがモチベーションを高く維持できるよう、講義や実習(学内実習、救急車同乗実習、救命救急センターでの臨床実習)がバランスよく組まれ、就職や国家試験合格に無理なく進んでいくことができます。応用生物科学科ではコース専門科目により、バイオテクノロジーと動物看護それぞれの知識と技術を講義と実習で深めます。さらに、共通科目により広い視野と知識・技術を習得。卒業後の進路の幅が広がります。学校の特長3
湘央生命科学技術専門学校(専修学校/神奈川)