• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 新潟食料農業大学

私立大学/新潟

ニイガタショクリョウノウギョウダイガク

(仮称)2018年4月新設予定 認可申請中

時代が求める“食”と“農”をビジネス重視で学ぶ新しい大学で、食の可農性を追究

1年次に食と農の全体像を学び、2年次よりアグリ、ビジネス、フードの3コースで専門性を養います。実社会に基づいた実践的なカリキュラムで、食と農の幅広い分野で即戦力として活躍できる人材を育成します。

新潟食料農業大学の特長

学校の特長1

1年次に食と農の全体像を学ぶことで、じっくりと自分の希望や専攻を見つけられます

さまざまな人とつながりを持ちながら社会で活躍するためには、分野ごとのピンポイントの知識・技術ではなく、食や農に関してのトータルでの理解が必要です。本学では1年次に食や農に関する総合的な知識・技術を習得し、じっくりと自身の特性や希望を考えられるようカリキュラムを設定しています。

学校の特長2

社会と直結したビジネス視点重視の学びで、即戦力として活躍が期待されます

革新的な農業や魅力ある食品産業など、新しい時代の食や農に関する産業を創り出す人材を育成するため、ビジネス視点を重視した科目や、学外での実習、さまざまなプロジェクト活動、企業の方をお招きしての講義・演習など、食や農の現場で即戦力となれるよう、社会と直結した学びを多く取り入れます。

学校の特長3

2年次より農業系・ビジネス系・食品系の3つのコースで高度な専門性を養います

2年次より3つのコースに分かれ、食や農の“リアル”を学ぶ実践的なカリキュラムで高度な専門性を養います。【アグリコース】では、育てやすく、おいしくて安全・安心な農作物をつくるために、栽培や品種改良、栄養価に優れた農作物の研究や栽培管理、有機栽培や土壌など“つくる”技術を学びます。【ビジネスコース】では、食や農に関する産業において、より多くの“つくる”と“食べる”をつなぎ、支えるために、その“つながり”(経済や経営)を学びます。【フードコース】では、変化する“食べる”ニーズに応えるため、栄養(機能)、加工、保存、そして安全・安心な食品開発・製造、環境に配慮した廃棄などを学びます。

学校の特長1

1年次に食と農の全体像を学ぶことで、じっくりと自分の希望や専攻を見つけられます

さまざまな人とつながりを持ちながら社会で活躍するためには、分野ごとのピンポイントの知識・技術ではなく、食や農に関してのトータルでの理解が必要です。本学では1年次に食や農に関する総合的な知識・技術を習得し、じっくりと自身の特性や希望を考えられるようカリキュラムを設定しています。

学校の特長2

社会と直結したビジネス視点重視の学びで、即戦力として活躍が期待されます

革新的な農業や魅力ある食品産業など、新しい時代の食や農に関する産業を創り出す人材を育成するため、ビジネス視点を重視した科目や、学外での実習、さまざまなプロジェクト活動、企業の方をお招きしての講義・演習など、食や農の現場で即戦力となれるよう、社会と直結した学びを多く取り入れます。

学校の特長3

2年次より農業系・ビジネス系・食品系の3つのコースで高度な専門性を養います

2年次より3つのコースに分かれ、食や農の“リアル”を学ぶ実践的なカリキュラムで高度な専門性を養います。【アグリコース】では、育てやすく、おいしくて安全・安心な農作物をつくるために、栽培や品種改良、栄養価に優れた農作物の研究や栽培管理、有機栽培や土壌など“つくる”技術を学びます。【ビジネスコース】では、食や農に関する産業において、より多くの“つくる”と“食べる”をつなぎ、支えるために、その“つながり”(経済や経営)を学びます。【フードコース】では、変化する“食べる”ニーズに応えるため、栄養(機能)、加工、保存、そして安全・安心な食品開発・製造、環境に配慮した廃棄などを学びます。

学校の特長1

1年次に食と農の全体像を学ぶことで、じっくりと自分の希望や専攻を見つけられます

さまざまな人とつながりを持ちながら社会で活躍するためには、分野ごとのピンポイントの知識・技術ではなく、食や農に関してのトータルでの理解が必要です。本学では1年次に食や農に関する総合的な知識・技術を習得し、じっくりと自身の特性や希望を考えられるようカリキュラムを設定しています。

学校の特長2

社会と直結したビジネス視点重視の学びで、即戦力として活躍が期待されます

革新的な農業や魅力ある食品産業など、新しい時代の食や農に関する産業を創り出す人材を育成するため、ビジネス視点を重視した科目や、学外での実習、さまざまなプロジェクト活動、企業の方をお招きしての講義・演習など、食や農の現場で即戦力となれるよう、社会と直結した学びを多く取り入れます。

学校の特長3

2年次より農業系・ビジネス系・食品系の3つのコースで高度な専門性を養います

2年次より3つのコースに分かれ、食や農の“リアル”を学ぶ実践的なカリキュラムで高度な専門性を養います。【アグリコース】では、育てやすく、おいしくて安全・安心な農作物をつくるために、栽培や品種改良、栄養価に優れた農作物の研究や栽培管理、有機栽培や土壌など“つくる”技術を学びます。【ビジネスコース】では、食や農に関する産業において、より多くの“つくる”と“食べる”をつなぎ、支えるために、その“つながり”(経済や経営)を学びます。【フードコース】では、変化する“食べる”ニーズに応えるため、栄養(機能)、加工、保存、そして安全・安心な食品開発・製造、環境に配慮した廃棄などを学びます。

オープンキャンパスに行ってみよう!

詳細を見る

大学説明会2017August

【食の可農性に出会う夏!新潟食料農業大学説明会2017】 8月19日(土)・20日(日) 2日間開…

続きを見る

詳細を見る

出張個別相談会

皆さんの高校で個別相談会を開催します! ご希望の日時に、本学のスタッフが皆さんの高校へ伺い 個別で説…

続きを見る

オープンキャンパス一覧を見る

新潟食料農業大学からのメッセージ

【申込受付中!】

8月19日(土)・20日(日)は大学説明会!
AO入試の基礎学力試験対策講座や、体験型の模擬講義、
有名食品メーカーの講師による、商品開発の舞台裏についての講義など
8月の説明会でしか聞けない内容が盛りだくさん!

皆様のご参加、お待ちしております!

(8/7更新)

新潟食料農業大学の学部・学科・コース

食料産業学科 (募集人数:180人)
2018年4月設置予定(認可申請中)
  • アグリコース 募集人数:未定
    2018年4月設置予定(認可申請中)

  • ビジネスコース 募集人数:未定
    2018年4月設置予定(認可申請中)

  • フードコース 募集人数:未定
    2018年4月設置予定(認可申請中)

学費(初年度納入金)

●2018年度納入金(予定)/150万円(入学金25万円、施設設備費25万円、実習実験費10万円を含む)※設置認可申請中のため変更になる場合がございます。

就職・資格

就職支援

実社会と関わる場面を多く設定し、早期からキャリア支援を行います

主体性や課題発見力、創造力といった社会人基礎力を身につけ、社会生活へ明確で具体的なビジョンを描けるよう、「大社連携」サポート体制で、低学年よりキャリア支援を行います。「キャリアデザイン」「インターンシップ」といった、就職と実社会と密接に連携したカリキュラムから、学外プログラムなどによる地域や産業と一体になったプロジェクトなど、早期から社会と関わりを持つ場面を多く設定します。また、面接指導、ビジネスマナー講座など就職活動での実践的な指導や、起業を目指す学生に向けては起業支援プログラムを実施します。

問い合わせ先・所在地・アクセス

新潟食料農業大学 設置準備室

〒950-0932 新潟市中央区長潟1-17-8
TEL:025-257-1855

所在地 アクセス 地図・路線案内
新潟キャンパス : 新潟県新潟市北区島見町字上割地 JR「豊栄」駅より無料スクールバス 約20分

地図

 

路線案内

胎内キャンパス : 新潟県胎内市平根台2416番地 JR「中条」駅より無料スクールバス 約15分

地図

 

路線案内

請求できるパンフはこちら

無料
学校案内パンフレット(認可申請中。平成29年9月募集開始予定)
新潟食料農業大学(私立大学/新潟)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

  • 「薬剤師」「理科教育」「食品・バイオ・環境分野の専門人材」を育成する総合大学

  • 農業・フラワー・造園・バイオ・酒造の仕事を目指す。食・農・緑が豊かな新潟で学ぶ

  • フレキシブルな学びで「深い専門性」や「複数分野の広い知識」を持つ技術者になる!

  • 『長岡大学米百俵奨学金制度(給付型)』で、大幅に学費を減免!!

  • 北海道が、君を変える。「農・食・環境・生命」を学び、『生き抜く力』をつける。

  • 就職に強い!!栄養・福祉のプロフェッショナルとして社会に貢献しよう

  • 私たちの生活に関わる「経済」を学び、社会で通用する力を身につけよう!

  • 動物飼育・動物看護・ペット美容・しつけ・アクアリウム・海洋生物のプロになれる!

  • リベラルアーツ教育により、変化する社会に対応できる人材を育成。

次へ

この学校に興味を持ちましたか?
らくらく資料請求で学校を詳しく知ろう!

閉じる