• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 国公立大学
  • 福井
  • 福井大学
  • 関連ニュース一覧
  • 福井大学、米国ラトガース大学と学部間学術交流協定を締結

国立大学/福井

フクイダイガク

[学校トップ][学部・学科コース]は旺文社「大学受験パスナビ」の内容に基づいています(2019年8月時点)

新型コロナウイルス感染拡大の影響による、イベント・入試情報・資料請求に関する注意点について

福井大学の関連ニュース

福井大学、米国ラトガース大学と学部間学術交流協定を締結
2019/2/20
福井大学医学部と米国ラトガース大学ロバート・ウッド・ジョンソン・メディカルスクール(RWJMS)は部局間学術交流協定を結ぶこととなり、2019年2月4日(月)、眞弓光文学長と内木宏延医学部長が文京キャンパスで協定書に署名(サイン)した。
 
ラトガース大学は米国で8番目に創設された屈指の名門大学で、1981年に初めて海外の大学と結んだ協定先だ。さらに、国際地域学部の開設を機に改めて2017年に基本協定を更新、2018年には学生交流のための協定を締結した。今回、これらの協定を発展させ、医学部との間で具体的に2019年度から研究者交流、学生・研修医相互派遣、共同研究などの交流活動を実施することとなった。
 
眞弓光文学長の挨拶後、内木医学部長が協定締結に至った経緯などについて説明。「本学部の特徴である救急部と総合診療部の医師が一体となった救急体制や高浜町をフィールドとした地域医療・家庭医療学の学びが、米国公衆衛生学分野におけるCBPR(Community-Based Participatory Research:地域参加型研究)手法と合致し、共感が得られた」と話した。
 
続いて、本協定の福井大学側コーディネーターを務める安倍 博副医学部長(教育担当)が、4月1日から26日に医学科生2名(現在5年次生)をRWJMSに派遣し参加する臨床実習の概要や意義などについて紹介した。
 
最後に、国際地域科学部の細谷龍平特任教授が「全学部の学生交流に加え、今後は教員や研究者の交流でより一層の交流促進を図りたい」と述べた。また、細谷特任教授は公益財団法人の日下部・グリフィス学術・文化交流基金の理事長も務めており、ウイリアム・グリフィスの来日150周年となる2020年に向け、ラトガース大学と連携した活動計画についても紹介した。
 
■詳細リンク先(https://www.u-fukui.ac.jp/news/44640/)
 
福井大学(国立大学/福井)