• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 国公立大学
  • 沖縄
  • 琉球大学
  • 奨学金

琉球大学の奨学金

【給付型】JEES冠奨学金三菱商事留学生奨学金(全学部共通)

対象
・次年度4月時点で学部(3年次以上)、大学院の正規課程に在籍する者
学種
大学
給付額
月額 120,000円
支給期間:標準修業年限
募集時期
前年度12月

【給付型】JEES冠奨学金三菱商事留学生奨学金(全学部共通)

対象
・次年度4月時点で学部(3年次以上)、大学院の正規課程に在籍する者
学種
大学院
給付額
月額 150,000円
支給期間:標準修業年限
募集時期
前年度12月

【給付型】JEES奨学金日本語教育普及奨学金(日能)(全学部共通)

対象
・前年度の日本語能力試験N1で170点以上の者
・日本語、日本文化等の分野を専攻する学部生、大学院生
給付額
月額 50,000円
支給期間:最長2年間
募集時期
前年度3月

【給付型】QUEST基金私費外国人留学生奨学金(全学部共通)

対象
・学部生、修士、博士
・応募時の前年度のGPAが学部学生は3.0以上、大学院生は3.8以上
学種
大学
給付額
月額 50,000円
支給期間:1年間
募集時期
4月

【給付型】QUEST基金私費外国人留学生奨学金(全学部共通)

対象
・学部生、修士、博士
・応募時の前年度のGPAが学部学生は3.0以上、大学院生は3.8以上
学種
大学院
給付額
月額 80,000円
支給期間:1年間
募集時期
4月

【給付型】QUEST基金奨学金 国際交流支援事業 協定派遣(全学部共通)

対象
全ての短期交換留学生
給付額
月額6万円-8万円
受給月数:最長11ヶ月
留学準備金:16万円※家計基準あり

【給付型】SGH財団 奨学金(全学部共通)

対象
・学部(3年次), 修士(1年次), 博士(2年次)
・国籍:インドネシア、 カンボジア、 シンガポール、タイ、フィリピン、ブルネイ、ベトナム、マレーシア、ミャンマー、ラオス
給付額
月額 120,000円
支給期間:2年間
募集時期
前年度2月

【給付型】(一社)CWAJ奨学金【海外留学大学院女子奨学金】(全学部共通)

給付額
300万円
募集時期
2022.10.17~24

【給付型】(一社)CWAJ奨学金【外国人留学生大学院女子奨学金】(全学部共通)

給付額
200万円
募集時期
2022.10.03~10

【給付型】(一社)CWAJ奨学金【視覚障害学生海外留学奨学金】(全学部共通)

給付額
300万円
募集時期
2022.10.31~11.10

【給付型】(一社)CWAJ奨学金【視覚障害学生奨学金】(全学部共通)

給付額
150万円
募集時期
2022.10.31~11.10

【給付型】(公財)沖縄県交通遺児育成会(全学部共通)

対象
以下の要件を全て満たすもの
・沖縄県内の学校に通う大学生
・交通事故で父か母、それに代わる保護者が亡くなられた、または後遺障害を負い身体障害者手帳1級から4級と診断されたご家族
※交通事故における加害者側、被害者側は問いません。
・保護者の年間所得が400万円未満であること
・保護者が再婚されていないこと
・生活保護の教育扶助等を受けていないこと
・留年や休学をしていないこと
給付額
年額24万円
募集時期
2022.8.17

【給付型】ロータリー米山記念奨学会(全学部共通)

対象
・学部3年次以上、修士1年次以上、博士課程2年次以上の者
学種
大学
給付額
月額 100,000円
支給期間:最長2年間
募集時期
前年度8月~9月

【給付型】ロータリー米山記念奨学会(全学部共通)

対象
・学部3年次以上、修士1年次以上、博士課程2年次以上の者
学種
大学院
給付額
月額 140,000円
支給期間:最長2年間
募集時期
前年度8月~9月

【給付型】一般社団法人大学女性協会 安井医学奨学生(全学部共通)

対象
以下の要件すべてを満たす者
・本学医学研究科に在籍1年以上の女子学生で、学業人物ともに優れた者
・過去に本奨学金を授与された者は、再応募不可。
・在籍年数に休学期間は含まず、2023年2月末日に、在籍であること。
・秋入学の場合は2022年10月末日時点で在籍1年以上であること。
・博士課程後期1年、6年制博士課程1年在籍者は博士課程前期(修士)修了と同じ扱いとし、資格要件を満たすものとする。
・経済的理由は、一切問わない。
学種
大学院
給付額
30万円

【給付型】一般社団法人大学女性協会 一般奨学生(全学部共通)

対象
以下の要件すべてを満たす者
・本学大学院に在籍1年以上の女子学生で、学業人物ともに優れた者
・過去に本奨学金を授与された者は、再応募不可。
・在籍年数に休学期間は含まず、2023年2月末日に、在籍であること。
・秋入学の場合は2022年10月末日時点で在籍1年以上であること。
・博士課程後期1年、6年制博士課程1年在籍者は博士課程前期(修士)修了と同じ扱いとし、資格要件を満たすものとする。
・経済的理由は、一切問わない。
学種
大学院
給付額
20万円

【給付型】一般社団法人大学女性協会 社会福祉奨学生(全学部共通)

対象
以下の要件すべてを満たす者
・本学大学院に在籍1年以上の女子学生で、学業人物ともに優れた者
・過去に本奨学金を授与された者は、再応募不可。
・在籍年数に休学期間は含まず、2023年2月末日に、在籍であること。
・秋入学の場合は2022年10月末日時点で在籍1年以上であること。
・博士課程後期1年、6年制博士課程1年在籍者は博士課程前期(修士)修了と同じ扱いとし、資格要件を満たすものとする。
・経済的理由は、一切問わない。
・身体障害者手帳の交付を受けていること。
学種
大学院
給付額
20万円

【給付型】一般社団法人大学女性協会 社会福祉奨学生(全学部共通)

対象
以下の要件すべてを満たす者
・本学大学院に在籍1年以上の女子学生で、学業人物ともに優れた者
・過去に本奨学金を授与された者は、再応募不可。
・在籍年数に休学期間は含まず、2023年2月末日に、在籍であること。
・秋入学の場合は2022年10月末日時点で在籍1年以上であること。
・博士課程後期1年、6年制博士課程1年在籍者は博士課程前期(修士)修了と同じ扱いとし、資格要件を満たすものとする。
・経済的理由は、一切問わない。
・身体障害者手帳の交付を受けていること。
学種
大学
給付額
10万円

【給付型】華仁会 奨学金(全学部共通)

対象
・台湾人学生
・在沖縄の大学の学部、大学院の正規課程在籍者
給付額
月額 30,000円
支給期間:1年間
募集時期
前年度2月~3月

【給付型】岸本基金寄附金奨学金 人材育成支援事業 協定派遣(全学部共通)

対象
欧米諸国への短期交換留学生
給付額
月額12万円
受給月数:最長12ヶ月
留学準備金:24万円

【給付型】共立国際交流奨学財団(全学部共通)

対象
・支給開始後在籍残期間が2年以上の者
・アジア諸国からの留学生
大韓民国、中華人民共和国、台湾、香港、マカオ、モンゴル、ベトナム、ラオス、カンボジア、タイ、ミャンマー、マレーシア、シンガポール、インドネシア、フィリピン、インド、スリランカ、パキスタン、バングラデシュ、ネパール、ブータン、東ティモール、ブルネイ、モルディブ
学種
大学
給付額
月額 100,000円、60,000円
支給期間:最長2年間
募集時期
前年度11月

【給付型】共立国際交流奨学財団(全学部共通)

対象
・支給開始後在籍残期間が2年以上の者
・アジア諸国からの留学生
大韓民国、中華人民共和国、台湾、香港、マカオ、モンゴル、ベトナム、ラオス、カンボジア、タイ、ミャンマー、マレーシア、シンガポール、インドネシア、フィリピン、インド、スリランカ、パキスタン、バングラデシュ、ネパール、ブータン、東ティモール、ブルネイ、モルディブ
学種
大学院
給付額
月額 100,000円
支給期間:最長2年間
募集時期
前年度11月

【給付型】公益財団法人伊藤国際教育交流財団外国人奨学金(全学部共通)

対象
・修士課程に入学する、または前年の秋学期に入学した者
学種
大学院
給付額
月額 18万円
支給期間:最長2年間
募集時期
前年度10月

【給付型】公益財団法人東華教育文化交流財団私費中国人留学生奨学金(全学部共通)

対象
・中国(台湾、香港、マカオ含む)出身の留学生
・学部3年次以上または大学院生
給付額
月額 10万円
支給期間:最長2年間
募集時期
前年度10月

【給付型】公益財団法人本庄国際奨学財団外国人留学生奨学金(全学部共通)

対象
・支給開始後在籍残期間が2年以上の大学院生
・(修士)30歳までに入学した/入学予定の者
・(博士)35歳までに入学した/入学予定の者
学種
大学院
給付額
月額 15~20万円
支給期間:1年間~5年間
募集時期
前年度9月~10月

【給付型】佐藤陽国際奨学財団(全学部共通)

対象
・(春募集)正規課程に入学又は編入学する者
・(秋募集)正規課程に在籍する者
・アジア諸国からの留学生
バングラデシュ、ブータン、ブルネイ、カンボジア、インド、インドネシア、ラオス、マレーシア、モルディブ、ミャンマー、ネパール、パキスタン、フィリピン、シンガポール、スリランカ、タイ、東ティモール、ベトナム
学種
大学
給付額
月額 150,000円
支給期間:2年間
募集時期
(春募集)前年度11月
(秋募集)7月

【給付型】佐藤陽国際奨学財団(全学部共通)

対象
・(春募集)正規課程に入学又は編入学する者
・(秋募集)正規課程に在籍する者
・アジア諸国からの留学生
バングラデシュ、ブータン、ブルネイ、カンボジア、インド、インドネシア、ラオス、マレーシア、モルディブ、ミャンマー、ネパール、パキスタン、フィリピン、シンガポール、スリランカ、タイ、東ティモール、ベトナム
学種
大学院
給付額
月額 180,000円
支給期間:2年間
募集時期
(春募集)前年度11月
(秋募集)7月

【給付型】笹川科学研究助成(全学部共通)

対象
・人文、社会科学および自然科学(医学除く)関連の研究に従事する35歳以下の者
給付額
1件あたり100万円以内
支給期間:1年間
募集時期
前年度9月~10月

【給付型】朝鮮奨学会(全学部共通)

対象
・韓国、朝鮮人学生
・正規課程に在籍する学部生、または大学院生
学種
大学院
給付額
修士:月額 40,000円(支給期間:1年間)
博士:月額 70,000円(支給期間:最長2年間)
募集時期
前年度2月

【給付型】朝鮮奨学会(全学部共通)

対象
・韓国、朝鮮人学生
・正規課程に在籍する学部生、または大学院生
学種
大学
給付額
月額 25,000円
支給期間:1年間
募集時期
前年度2月

【給付型】日揮・実吉奨学会第二種奨学金(全学部共通)

対象
・理、工、農学部または研究科に在籍する学部生、大学院生、研究生
給付額
年額 250,000円
一括支給
募集時期
4月

【給付型】日本学生支援機構奨学金 給付奨学金(全学部共通)

対象
意欲と能力があるにも関わらず、経済的理由により修学が極めて困難な学生等
選考基準
大学への入学時期
・高校を初めて卒業した日の年度の翌年度から2年以内
・高等学校卒業程度認定試験の受験資格を取得した年度から試験に合格した年度が5年以内(5年経過しているが毎年度認定試験を受験していた者は含む)かつ、試験合格した日の年度の翌年度から2年以内
※この他、外国の学校教育課程を修了した者の基準あり。
学力基準
1年次:下記のいずれかに該当
・高校における評定平均値が3.5以上
・入学者選抜試験の結果が上位1/2の範囲内
・高等学校卒業程度認定試験合格者
・将来、社会で自立し活躍する目標を持って学修する意欲を有していることが「学修計画書」により確認できる
2年次以上:下記のいずれかに該当
・GPAが在籍する学部の上位1/2の範囲内
・前年度(前年次末)までの修得単位数が標準修得単位数以上、かつ、将来、社会で自立し活躍する目標を持って学修する意欲を有していることが「学修計画書」により確認できる
※この他、医学科生の基準、編入学者基準及び特例基準あり
家計基準
収入基準:学生とその生計維持者の住民税情報をマイナンバーより機構が審査
・第Ⅰ区分市町村民税所得割が非課税
・第Ⅱ区分支給額算定基準額が100円~25,600円未満
・第Ⅲ区分支給額算定基準額が25,600円~51,300円未満
資産基準:学生とその生計維持者の資産合計が基準額未満
・生計維持者1人の場合1,250万円
・生計維持者2人の場合2,000万円
※資産は不動産を除く現金、預貯金、有価証券、解約保険等。
給付額
月額
第Ⅰ区分:66,700 円
第Ⅱ区分:44,500 円
第Ⅲ区分:22,300 円
自宅・自宅外の別
自宅外

【給付型】日本学生支援機構奨学金 給付奨学金(全学部共通)

対象
意欲と能力があるにも関わらず、経済的理由により修学が極めて困難な学生等
選考基準
大学への入学時期
・高校を初めて卒業した日の年度の翌年度から2年以内
・高等学校卒業程度認定試験の受験資格を取得した年度から試験に合格した年度が5年以内(5年経過しているが毎年度認定試験を受験していた者は含む)かつ、試験合格した日の年度の翌年度から2年以内
※この他、外国の学校教育課程を修了した者の基準あり。
学力基準
1年次:下記のいずれかに該当
・高校における評定平均値が3.5以上
・入学者選抜試験の結果が上位1/2の範囲内
・高等学校卒業程度認定試験合格者
・将来、社会で自立し活躍する目標を持って学修する意欲を有していることが「学修計画書」により確認できる
2年次以上:下記のいずれかに該当
・GPAが在籍する学部の上位1/2の範囲内
・前年度(前年次末)までの修得単位数が標準修得単位数以上、かつ、将来、社会で自立し活躍する目標を持って学修する意欲を有していることが「学修計画書」により確認できる
※この他、医学科生の基準、編入学者基準及び特例基準あり
家計基準
収入基準:学生とその生計維持者の住民税情報をマイナンバーより機構が審査
・第Ⅰ区分市町村民税所得割が非課税
・第Ⅱ区分支給額算定基準額が100円~25,600円未満
・第Ⅲ区分支給額算定基準額が25,600円~51,300円未満
資産基準:学生とその生計維持者の資産合計が基準額未満
・生計維持者1人の場合1,250万円
・生計維持者2人の場合2,000万円
※資産は不動産を除く現金、預貯金、有価証券、解約保険等。
給付額
月額
第Ⅰ区分:29,200円(33,300円)
第Ⅱ区分:19,500円(22,200円)
第Ⅲ区分:9,800円(11,100円)
自宅・自宅外の別
自宅
備考
※生活保護を受ける生計維持者と同居及び社会的養護を必要とする者で、児童養護施設等から通学する場合は括弧内の金額。

【給付型】日本学生支援機構奨学金 給付奨学金(家計急変採用)(全学部共通)

対象
(1) 生計維持者(一方又は両方)の死亡
(2) 生計維持者(一方又は両方)が事故・病気により半年以上就労困難
(3) 生計維持者(一方又は両方)が失職
(4) 生計維持者が被災(震災、火災、風水害等)した場合で下記に該当
①上記(1)~(3)に該当
②生死不明、行方不明、就労困難等により世帯収入が減少
(5) 新型コロナウイルス感染症の影響((4)に類するものとして取り扱い)
募集時期
随時(事由発生後、3ヶ月以内)

【給付型】日本台湾交流協会奨学金(全学部共通)

対象
・台湾からの外国人留学生
・次年度4月時点で、大学院の正規課程在籍者である者
学種
大学院
給付額
修士:月額 144,000円
博士:月額 145,000円
支給期間:標準修業年限
募集時期
前年度8月~10月

【給付型】文部科学省外国人留学生学習奨励費(全学部共通)

対象
・学部生、修士、博士、研究生
・年度の成績評価係数 2.30以上
給付額
月額 48,000円
支給期間:1年間
募集時期
4月

【給付型】平和中島財団(全学部共通)

対象
・学部生、修士、博士、研究生
給付額
月額 100,000円
支給期間:1年間
募集時期
8月~9月

【給付型】琉球大学後援財団 留学生派遣奨励金(全学部共通)

対象
全ての短期交換留学生
給付額
月額6万円
受給月数:最長10ヶ月

【給付型】琉球大学修学支援基金(寄附金)による「学資金支援事業」(全学部共通)

対象
経済的理由により修学に困難がある学生

【給付型】琉球大学同窓会奨学金(全学部共通)

対象
以下の要件すべてを満たす者
・本学に在籍する学部学生(外国人留学生は除く)
・家計困窮、かつ、成績優秀である者(学修意欲のある者)
・他団体の給付型奨学金を受けていない者(日本学生支援機構の給付奨学金は除く)
給付額
60万円/年
30万円/年
(同窓会において決定)

【減免型】経過措置制度による授業料免除(全学部共通)

対象
令和元年(2019年)以前入学の下記学部学生
・修学支援新制度に申込みした学生
・修学支援新制度の大学入学までの期間に関する基準又は収入基準を満たさない学生
減免額
従来制度の授業料免除と同基準の判定を行い、修学支援制度よりも判定結果が良かった場合、その支援額まで補填して免除

【減免型】修学支援制度(免除・奨学金)(全学部共通)

対象
経済的な理由等により入学料や授業料の納付が困難な学生
減免額
入学料減免額
第1区分:282,000円(昼間主)、141,000円(夜間主)
第2区分:188,000円(昼間主)、94,000円(夜間主)
第3区分:94,000円(昼間主)、47,000円(夜間主)
授業料減免額
第1区分:267,900円(昼間主)、133,950円(夜間主)
第2区分:178,600円(昼間主)、89,300円(夜間主)
第3区分:89,300円(昼間主)、44,650円(夜間主)
給付奨学金額(6ヵ月)
第1区分:400,200円
第2区分:267,000円
第3区分:133,800円
自宅・自宅外の別
自宅外

【減免型】修学支援制度(免除・奨学金)(全学部共通)

対象
経済的な理由等により入学料や授業料の納付が困難な学生
減免額
入学料減免額
第1区分:282,000円(昼間主)、141,000円(夜間主)
第2区分:188,000円(昼間主)、94,000円(夜間主)
第3区分:94,000円(昼間主)、47,000円(夜間主)
授業料減免額
第1区分:267,900円(昼間主)、133,950円(夜間主)
第2区分:178,600円(昼間主)、89,300円(夜間主)
第3区分:89,300円(昼間主)、44,650円(夜間主)
給付奨学金額(6ヵ月)
第1区分:175,200円
第2区分:117,000円
第3区分:58,800円
自宅・自宅外の別
自宅

【減免型】従来制度による授業料免除(全学部共通)

対象
修学支援新制度の対象とならない、留学生及び大学院生

【減免型】従来制度による入学料免除(全学部共通)

対象
修学支援制度の対象とならない、留学生及び大学院生、 学部日本人学生

【減免型】独自制度による授業料免除(全学部共通)

対象
・令和2年(2020年)以降入学の学部学生(留学生を除く)で、修学支援新制度の大学入学までの期間に関する基準又は収入基準を満たさない者
・令和元年(2019年)以前入学の学生で修業年限超過により修学支援新制度に申し込みできない学部学生

【貸与型】(公財)交通遺児育英会(全学部共通)

対象
以下の要件を全て満たすもの
・保護者等が自動車やバイクの事故等、道路における交通事故で死亡したり、またはそれが原因で著しい後遺障害の為働けなくなった家庭の子
・申請時に26歳以上は対象外
学種
大学
貸与(月額)
40,000~60,000円
※内20,000円は給付
貸与(総額)
《入学一時金》
400,000~800,000円
※学部生1年次のみ可
利子
無利子
募集時期
2022.10.31

【貸与型】(公財)交通遺児育英会(全学部共通)

対象
以下の要件を全て満たすもの
・保護者等が自動車やバイクの事故等、道路における交通事故で死亡したり、またはそれが原因で著しい後遺障害の為働けなくなった家庭の子
・申請時に26歳以上は対象外
学種
大学院
貸与(月額)
50,000~100,000円
※内20,000円は給付
利子
無利子
募集時期
2022.10.31

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 応急採用(全学部共通)

対象
生計維持者の失業、破産、事故、病気、死亡、被災(震災、火災、風水害等)
又は新型コロナウイルス感染症の影響により家計が急変
利子
利子
募集時期
随時(事由発生後、1年以内)

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 緊急採用(全学部共通)

対象
生計維持者の失業、破産、事故、病気、死亡、被災(震災、火災、風水害等)
又は新型コロナウイルス感染症の影響により家計が急変
利子
無利子
募集時期
随時(事由発生後、1年以内)

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 緊急特別無利子貸与型奨学金(全学部共通)

対象
対象学種・学年
(1) 大学の本科生 / 全学年(留年者は対象外)
(2) 大学院修士・博士前期課程,専門職学位課程及び博士・博士後期課程 / 全学年(留年者は対象外)
対象者の要件
(1) 第二種奨学金の基準(人物・学力・家計)を満たしていること(家計基準は機構で確認)
(2) 推薦時において,第二種奨学金の貸与を受けていないこと
(3) 家庭から多額の仕送りを受けていないこと(仕送り額が年間 150万円以上(あくまで目安)ではないこと)
(4) 生活費・学費に占めるアルバイト収入の占める割合が高いこと
(5) 学生等本人のアルバイト収入について,新型コロナウイルス感染症拡大の影響により令和 4 年 4 月以降に大幅に減少したこと
①「緊急事態宣言」,「まん延防止等重点措置」の実施区域となったこと等により,令和4年度において同感染症拡大の影響でアルバイト収入が 50%以下に減少した。
②予定していたアルバイトにつけず,見込んでいた収入が得られなくなった。等
奨学金の種類
第二種
学種
大学
貸与(月額)
20,000~120,000円(10,000円単位で選択)
利子
無利子
募集時期
随時(最終申込期限:令和4年12月10日(金))
備考
※ 入学時特別増額貸与奨学金も無利子(申請は 1 年次又は編入学者で,収入減となった月が入学月の場合に限る)。

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 緊急特別無利子貸与型奨学金(全学部共通)

対象
対象学種・学年
(1) 大学の本科生 / 全学年(留年者は対象外)
(2) 大学院修士・博士前期課程,専門職学位課程及び博士・博士後期課程 / 全学年(留年者は対象外)
対象者の要件
(1) 第二種奨学金の基準(人物・学力・家計)を満たしていること(家計基準は機構で確認)
(2) 推薦時において,第二種奨学金の貸与を受けていないこと
(3) 家庭から多額の仕送りを受けていないこと(仕送り額が年間 150万円以上(あくまで目安)ではないこと)
(4) 生活費・学費に占めるアルバイト収入の占める割合が高いこと
(5) 学生等本人のアルバイト収入について,新型コロナウイルス感染症拡大の影響により令和 4 年 4 月以降に大幅に減少したこと
①「緊急事態宣言」,「まん延防止等重点措置」の実施区域となったこと等により,令和4年度において同感染症拡大の影響でアルバイト収入が 50%以下に減少した。
②予定していたアルバイトにつけず,見込んでいた収入が得られなくなった。等
奨学金の種類
第二種
学種
大学院
貸与(月額)
50,000円、80,000円、100,000円、130,000円、150,000円から選択(左記の他,法科大学院生は増額あり)
利子
無利子
募集時期
随時(最終申込期限:令和4年12月10日(金))
備考
※ 入学時特別増額貸与奨学金も無利子(申請は 1 年次又は編入学者で,収入減となった月が入学月の場合に限る)。

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第一種(無利子貸与)(全学部共通)

対象
学力基準:
<修士・博士前期・専門職>
大学等又は大学院における成績が特に優れ、将来、研究能力又は高度の専門性を要する職業等に必要な高度の能力を備えて活動することができると認められる
<博士・博士後期>
大学又は大学院における成績が特に優れ、将来、研究者として自立して研究活動を行い、又はその他の高度に専門的な業務に従事するに必要な高度の研究能力を備えて活動することができると認められる
家計基準:
<修士・博士前期・専門職> 299 万円以下
<博士・博士後期> 340 万円以下
奨学金の種類
第一種
学種
大学院
貸与(月額)
修士・博士前期・専門職課程:50,000 円、88,000 円
博士・博士後期課程:80,000 円、122,000 円
利子
無利子
貸与期間
貸与始期(いつから):2020年4月
貸与終期(いつまで):原則として卒業予定期

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第一種(無利子貸与)(全学部共通)

対象
意欲と能力があるにも関わらず、経済的理由により修学が極めて困難な学生等
選考基準
学力基準|
1年次:下記のいずれかに該当
・高校における評定平均値が3.5以上
・高等学校卒業程度認定試験合格者
2年次以上:前年度(前年次末)までの修得単位数が標準修得単位数以上、かつ、学業成績平均点が2.0以上
※この他、医学科生の基準、編入学者基準及び特例基準あり。
家計基準|下記のいずれかに該当
・申込時の生計維持者の年収又は所得金額若しくはその両方から必要経費及び特別控除額を差し引いた認定所得金額が、世帯人数毎に設定された収入基準額以下
・生計維持者の住民税が非課税、生活保護受給世帯又は社会的養護を必要とする者(児童養護施設等入所者等)
奨学金の種類
第一種
学種
大学
貸与(月額)
最高月額:51,000 円
最高月額以外の月額:40,000 円 30,000 円 20,000 円
利子
無利子
自宅・自宅外の別
自宅外

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第一種(無利子貸与)(全学部共通)

対象
意欲と能力があるにも関わらず、経済的理由により修学が極めて困難な学生等
選考基準
学力基準|
1年次:下記のいずれかに該当
・高校における評定平均値が3.5以上
・高等学校卒業程度認定試験合格者
2年次以上:前年度(前年次末)までの修得単位数が標準修得単位数以上、かつ、学業成績平均点が2.0以上
※この他、医学科生の基準、編入学者基準及び特例基準あり。
家計基準|下記のいずれかに該当
・申込時の生計維持者の年収又は所得金額若しくはその両方から必要経費及び特別控除額を差し引いた認定所得金額が、世帯人数毎に設定された収入基準額以下
・生計維持者の住民税が非課税、生活保護受給世帯又は社会的養護を必要とする者(児童養護施設等入所者等)
奨学金の種類
第一種
学種
大学
貸与(月額)
最高月額:45,000 円
最高月額以外の月額:30,000 円 20,000 円
利子
無利子
自宅・自宅外の別
自宅

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第二種(有利子貸与)(全学部共通)

対象
学力基準:
<修士・博士前期・専門職>次のいずれかに該当
・ 大学等又は大学院における成績が優れ、将来、研究能力又は高度の専門性を要する職業等に必要な高度の能力を備えて活動することができる
・ 大学院における学修に意欲があり、学業を確実に修了できる見込みがある
<博士・博士後期>次のいずれかに該当
・ 大学又は大学院における成績が優れ、将来、研究者として自立して研究活動を行い、又はその他の高度に専門的な業務に従事するに必要な高度の研究能力を備えて活動することができる
・ 大学院における学修に意欲があり、学業を確実に修了できる見込みがある
家計基準:
<修士・博士前期・専門職> 536 万円以下
<博士・博士後期> 718 万円以下
奨学金の種類
第二種
学種
大学院
貸与(月額)
50,000円 80,000円 100,000円 130,000円 150,000円から選択
利子
利子
貸与期間
貸与始期(いつから):2020年4月~9月の間で希望する月
貸与終期(いつまで):原則として卒業予定期

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第二種(有利子貸与)(全学部共通)

対象
意欲と能力があるにも関わらず、経済的理由により修学が極めて困難な学生等
選考基準
学力基準|
1年次:入学試験の合格をもって適格と見なす
2年次以上:前年度(前年次末)までの修得単位数が標準修得単位数以上
※ この他、医学科生の基準、編入学者基準及び特例基準あり。
家計基準|申込時の生計維持者の年収又は所得金額若しくはその両方から必要経費及び特別控除額を差し引いた認定所得金額が、世帯人数毎に設定された収入基準額以下
奨学金の種類
第二種
学種
大学
貸与(月額)
20,000円~120,000円までの間で、1万円単位で選択可
利子
利子

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 入学時特別増額奨学金 (利息付)(全学部共通)

対象
意欲と能力があるにも関わらず、経済的理由により修学が極めて困難な学生等
選考基準
学力基準:併せて貸与を受けることとなる奨学金の基準を適用
家計基準:下記のいずれかに該当
・認定所得金額が0円以下
・国の教育ローンに申し込み、基準を満たしているが利用できなかった
貸与(総額)
100,000円~500,000円までの間で、10万円単位で選択可
利子
利子

日本学生支援機構奨学金 海外留学(第二種奨学金)

日本学生支援機構奨学金 業績優秀者返還免除制度

日本学生支援機構奨学金 短期留学(第二種奨学金)

学費(初年度納入金)
琉球大学/奨学金
RECRUIT