• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 京都造形芸術大学
  • 関連ニュース一覧
  • 京都造形芸術大学、卒業制作「KUAD ANNUAL 2019 宇宙船地球号」2/23~26開催

私立大学/京都

キョウトゾウケイゲイジュツダイガク

京都造形芸術大学の関連ニュース

京都造形芸術大学、卒業制作「KUAD ANNUAL 2019 宇宙船地球号」2/23~26開催
2019/2/13
京都造形芸術大学では、2019年2月23日(土)~26日(火)、東京都美術館1階第2・第3展示室にて卒業・修了制作の企画展「KUAD ANNUAL2019 宇宙船地球号」を開催する。
 
森美術館副館長兼チーフ・キュレーターの片岡真実教授(大学院芸術研究科)が卒業・修了制作を一つのテーマのもとキュレーションした企画展。片岡教授の指導のもと、卒業・修了年次生864名から選抜された24組32名が約半年間にわたり制作に励んできた。
 
私立大学の約4割が定員を充足できていない昨今、大学で「芸術を学ぶ」ということの意義が社会から問われていると言える。 こうした危機感に向き合い、 芸術教育の成果発表としての卒業・修了制作展のあり方から見直すことを試みている。
 
テーマ「宇宙船地球号」は、1960年代に経済思想家のケネス・E・ボールディング(1910-1993)や思想家・建築家のバックミンスター・フラー(1895-1983)が地球全体をひとつの宇宙船と捉えて提唱した思想のこと。人口爆発、環境問題、大量消費といった近代社会の問題を地球規模の視点で捉えることを促したとして注目を集めた「宇宙船地球号」だが、こうした問題がますます複雑化、深刻化する今だからこそ、これからの時代を生きていくアーティストの視点を通してそのゆくえを考える。
 
【概要】
●期間:2019年2月23日(土)~26日(火)
●場所:東京都美術館1階 第2・第3展示室(東京都台東区上野公園8-36)
●会期中無休、入場無料
●キュレーター:片岡真実(森美術館副館長兼チーフ・キュレーター)
●出展作家:伊地知七絵/猪花茉衣/内田恵利/大田真由/岡田千裕/桑原ひな乃/髙坂彩乃/小谷くるみ/近藤岳/斉藤七海/志村茉那美/下寺孝典/塚本淳/津和沙奈/中川明衣/中澤ふくみ/丹羽優太/長谷川拓海/松浦健太郎/村片信亮/山本捷平/米村優人/涌田千尋/Hattori Studio(有松歩美、木下萌、渕田詩織、宮城巧、毛利優花、森井美衣、森田州一、吉田瑞紀)
 
<同時開催>
2月24日(日)に、受験生を対象とした進学相談会を開催。
 
■詳細リンク先(https://www.kyoto-art.ac.jp/news/info/424)
 
京都造形芸術大学(私立大学/京都)