• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 京都
  • 京都芸術大学
  • 学校の特長

学外の人との交流が盛ん

製品開発,空間演出,イベント運営など企業・自治体と連携した「社会実装プロジェクト」

企業や自治体などが抱える課題を、学生たちがアート・デザインの力で解決する「社会実装プロジェクト」が推進されています。例えば、劇団四季のミュージカル「キャッツ」の舞台美術製作やUHA味覚糖「ぷっちょ」「e-maのど飴」の商品企画、都をどりに使われる桟敷緞帳(さじきどんちょう)の制作など、そのプロジェクト数は年間100件以上。伝統工芸からエンターテイメント、最先端テクノロジーまで、さまざまなジャンルで取り組みが進められています。これらのプロジェクト(仕事)を通じて、在学中から社会とつながり、成長していくことができます。学校の特長1

先生・教授・講師が魅力的

プロのアーティストやデザイナー達と共同制作を行う「ULTRAプロジェクト」

あらゆる機械・工具や技術スタッフをそろえ、金属加工・樹脂成型・木材加工に自由に挑戦可能。二足歩行ロボットや巨大な映画美術セットを制作できる工房を全学生に開放しています。また、第一線で活躍するアーティストやデザイナーが行うプロジェクト型実践演習「ULTRAプロジェクト」では一流のクリエイターと学生が共同で作品を制作。芸術祭など国内外で発表されます。きゃりーぱみゅぱみゅのアートディレクターとして有名な増田セバスチャン、彫刻家の名和晃平や現代アーティストのヤノベケンジ、舞台演出家のやなぎみわなど国内外で活躍中の各界の巨匠達が集結。世界に通用するクリエイションに直接触れ、学ぶことができます。学校の特長2

施設・設備が充実

一般公演を行う本格的な芸術劇場やプロ仕様の学科共通工房など、本物の側で学べる環境

緑豊かなキャンパスには、学生の感性を刺激する最新施設が建ち並んでいます。大劇場「春秋座」と小劇場「studio21」からなる「京都芸術劇場」は、歌舞伎をはじめとする伝統演劇からダンスなどの現代舞台芸術まで、幅広い表現芸術が上演可能。座席数300の図書スペースを持つ「芸術文化情報センター」や、国内外の児童書・絵本を所蔵する子ども図書館「ピッコリー」など、他にも魅力ある施設が満載です。さらに建築家・隈研吾氏が設計した校舎では、学科の壁を超えて全ての学生が使える立体造形支援工房「ウルトラファクトリー」が稼動。第一線で活躍中のアーティストやクリエイターの滞在制作や企業委託の製品開発にも参加することができます。学校の特長3
京都芸術大学(私立大学/京都)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の特長を見る