• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 京都造形芸術大学

私立大学/京都

キョウトゾウケイゲイジュツダイガク

13学科23コース。国内最大規模の芸術大学で、社会を動かすクリエイターに。

“社会と芸術”その関わりを重視した芸術教育を推進。専門分野の教育だけを行うのではなく、学科を超えたグループワークや実際の現場での仕事を通して、社会性を備えた表現者を育成します。

京都造形芸術大学の特長

学校の特長1

製品デザインに空間演出、イベント運営…実社会とつながる「産官学連携プロジェクト」

企業や自治体から依頼を受け取り組む「産官学連携プロジェクト」は、シミュレーション提案ではなく、実際に社会での実施を前提とするリアルワーク。学年・学科に関係なく誰でもプロジェクトメンバーに応募することができ、実社会での組織での仕事を経験することができます。例えば、アパレル大手のウィンドウディスプレイの制作や世界遺産である二条城のライトアップ、大手文具メーカーとの商品開発プロジェクトなど、年間50本近くのプロジェクトが稼動。在学中から個人では成しえない社会的活動にアート・デザインを通して参加することができます。

学校の特長2

名和晃平(彫刻家)や増田セバスチャン(アーティスト)等、第一線で活躍するプロが先生

本学がめざすのは、「世界に開かれた大学」。教員と学生がともに自己を高めあいながら、本物をめざしていくにふさわしい環境を整えます。他にも、きゃりーぱみゅぱみゅのアートディレクターとして有名な増田セバスチャン、彫刻家の名和晃平や現代アーティストのヤノベケンジ、やなぎみわ、田名網敬一(イラストレーター)、宇川直宏(映像作家)、若林剛之(服飾デザイナー/プロデューサー)、青山真治(映画監督)、伊藤直樹(クリエイティブ・ディレクター)など国内外で活躍中の各界の巨匠たちが集結。世界に通用するクリエイションに直接触れ、学ぶことができます。

学校の特長3

本格的な芸術劇場やプロ仕様の学科共通工房など、感性を刺激する環境を用意!

緑豊かなキャンパスには、学生の感性を刺激する最新施設が建ち並んでいます。大劇場「春秋座」と小劇場「studio21」からなる「京都芸術劇場」は、歌舞伎をはじめとする伝統演劇からダンスなどの現代舞台芸術まで、幅広い表現芸術が上演可能。座席数300の図書スペースを持つ「芸術文化情報センター」や、国内外の児童書・絵本を所蔵する子ども図書館「ピッコリー」など、他にも魅力ある施設が満載です。さらに建築家・隈研吾氏が設計した校舎では、学科の壁を超えて全ての学生が使える立体造形支援工房「ウルトラファクトリー」が稼動。第一線で活躍中のアーティストやクリエイターの滞在制作や企業委託の製品開発にも参加することができます。

右へ
左へ
学校の特長1

製品デザインに空間演出、イベント運営…実社会とつながる「産官学連携プロジェクト」

企業や自治体から依頼を受け取り組む「産官学連携プロジェクト」は、シミュレーション提案ではなく、実際に社会での実施を前提とするリアルワーク。学年・学科に関係なく誰でもプロジェクトメンバーに応募することができ、実社会での組織での仕事を経験することができます。例えば、アパレル大手のウィンドウディスプレイの制作や世界遺産である二条城のライトアップ、大手文具メーカーとの商品開発プロジェクトなど、年間50本近くのプロジェクトが稼動。在学中から個人では成しえない社会的活動にアート・デザインを通して参加することができます。

学校の特長2

名和晃平(彫刻家)や増田セバスチャン(アーティスト)等、第一線で活躍するプロが先生

本学がめざすのは、「世界に開かれた大学」。教員と学生がともに自己を高めあいながら、本物をめざしていくにふさわしい環境を整えます。他にも、きゃりーぱみゅぱみゅのアートディレクターとして有名な増田セバスチャン、彫刻家の名和晃平や現代アーティストのヤノベケンジ、やなぎみわ、田名網敬一(イラストレーター)、宇川直宏(映像作家)、若林剛之(服飾デザイナー/プロデューサー)、青山真治(映画監督)、伊藤直樹(クリエイティブ・ディレクター)など国内外で活躍中の各界の巨匠たちが集結。世界に通用するクリエイションに直接触れ、学ぶことができます。

学校の特長3

本格的な芸術劇場やプロ仕様の学科共通工房など、感性を刺激する環境を用意!

緑豊かなキャンパスには、学生の感性を刺激する最新施設が建ち並んでいます。大劇場「春秋座」と小劇場「studio21」からなる「京都芸術劇場」は、歌舞伎をはじめとする伝統演劇からダンスなどの現代舞台芸術まで、幅広い表現芸術が上演可能。座席数300の図書スペースを持つ「芸術文化情報センター」や、国内外の児童書・絵本を所蔵する子ども図書館「ピッコリー」など、他にも魅力ある施設が満載です。さらに建築家・隈研吾氏が設計した校舎では、学科の壁を超えて全ての学生が使える立体造形支援工房「ウルトラファクトリー」が稼動。第一線で活躍中のアーティストやクリエイターの滞在制作や企業委託の製品開発にも参加することができます。

右へ
左へ
学校の特長1

製品デザインに空間演出、イベント運営…実社会とつながる「産官学連携プロジェクト」

企業や自治体から依頼を受け取り組む「産官学連携プロジェクト」は、シミュレーション提案ではなく、実際に社会での実施を前提とするリアルワーク。学年・学科に関係なく誰でもプロジェクトメンバーに応募することができ、実社会での組織での仕事を経験することができます。例えば、アパレル大手のウィンドウディスプレイの制作や世界遺産である二条城のライトアップ、大手文具メーカーとの商品開発プロジェクトなど、年間50本近くのプロジェクトが稼動。在学中から個人では成しえない社会的活動にアート・デザインを通して参加することができます。

学校の特長2

名和晃平(彫刻家)や増田セバスチャン(アーティスト)等、第一線で活躍するプロが先生

本学がめざすのは、「世界に開かれた大学」。教員と学生がともに自己を高めあいながら、本物をめざしていくにふさわしい環境を整えます。他にも、きゃりーぱみゅぱみゅのアートディレクターとして有名な増田セバスチャン、彫刻家の名和晃平や現代アーティストのヤノベケンジ、やなぎみわ、田名網敬一(イラストレーター)、宇川直宏(映像作家)、若林剛之(服飾デザイナー/プロデューサー)、青山真治(映画監督)、伊藤直樹(クリエイティブ・ディレクター)など国内外で活躍中の各界の巨匠たちが集結。世界に通用するクリエイションに直接触れ、学ぶことができます。

学校の特長3

本格的な芸術劇場やプロ仕様の学科共通工房など、感性を刺激する環境を用意!

緑豊かなキャンパスには、学生の感性を刺激する最新施設が建ち並んでいます。大劇場「春秋座」と小劇場「studio21」からなる「京都芸術劇場」は、歌舞伎をはじめとする伝統演劇からダンスなどの現代舞台芸術まで、幅広い表現芸術が上演可能。座席数300の図書スペースを持つ「芸術文化情報センター」や、国内外の児童書・絵本を所蔵する子ども図書館「ピッコリー」など、他にも魅力ある施設が満載です。さらに建築家・隈研吾氏が設計した校舎では、学科の壁を超えて全ての学生が使える立体造形支援工房「ウルトラファクトリー」が稼動。第一線で活躍中のアーティストやクリエイターの滞在制作や企業委託の製品開発にも参加することができます。

右へ
左へ

京都造形芸術大学の学部・学科・コース

美術工芸学科 (募集人数:132人)
  • 日本画コース

  • 油画コース

  • 写真・映像コース

  • 染織テキスタイルコース

  • 総合造形コース

  • 基礎美術コース

マンガ学科 (募集人数:45人)
  • ストーリーマンガコース

情報デザイン学科 (募集人数:115人)
  • ビジュアルコミュニケーションデザインコース

  • イラストレーションコース

  • クロステックデザインコース
    2018年4月設置予定

空間演出デザイン学科 (募集人数:50人)
  • 空間デザインコース

  • ファッションデザインコース

環境デザイン学科 (募集人数:45人)
  • 建築・インテリア・環境デザインコース

映画学科 (募集人数:65人)
  • 映画製作コース

  • 俳優コース

舞台芸術学科 (募集人数:50人)
  • 演技・演出コース

  • 舞台デザインコース

文芸表現学科 (募集人数:35人)
  • クリエイティブ・ライティングコース

歴史遺産学科 (募集人数:30人)
  • 文化財保存修復・歴史文化コース

通信教育部 芸術学部

芸術学科 (募集人数:270人)

美術科 (募集人数:420人)

デザイン科 (募集人数:460人)

芸術教養学科 (募集人数:460人)

卒業後のキャリア

詳細を見る

アートディレクター

市(市川允也)さん

日本発の新しい文化で、世界のファンを魅了する。

キャンパスライフレポート

詳細を見る

空間演出デザイン学科 空間デザインコース

永田 大輝さん

企業と連携してアイデアを商品に!貴重な体験がたくさんできて楽しい

入試情報

実施している入試一覧

合格難易度

学費(初年度納入金)

2017年度納入金【芸術学部】美術工芸学科/182万円、マンガ学科/182万円、キャラクターデザイン学科/187万円、情報デザイン学科/182万円、プロダクトデザイン学科/185万円、空間演出デザイン学科/182万円、環境デザイン学科/182万円、映画学科/187万円、舞台芸術学科/182万円、文芸表現学科/135万円、アートプロデュース学科/135万円、こども芸術学科/182万円、歴史遺産学科/138万円

就職・資格

就職支援

数々のプロジェクトで、社会に通用する力を養成。成長エピソードを手に、希望する就職へ!

京都造形芸術大学では、学生が真剣に取り組み、成長へとつながる数々のプロジェクトを用意。モノを観る力・作る力・考える力を鍛える「マンデイプロジェクト」、協調性やコミュニケーション能力を育む「京造ねぶた」、実際の企業や自治体の抱える問題をアートやデザインの力で解決する「リアルワークプロジェクト」、世界で活躍する第一線のクリエーターの近くで制作を行える「ウルトラファクトリー」など、いずれも積極的に挑戦することで、企業へアピールできる成長エピソードが得られます。また、ポートフォリオ作成やプレゼンテーション指導など、芸大生ならではの就職サポートも行い、一人ひとりの希望する進路へと導きます。

問い合わせ先・所在地・アクセス

入学課

〒606-8271 京都府京都市左京区北白川瓜生山2-116
TEL:0120-591-200

所在地 アクセス 地図・路線案内
京都府京都市左京区北白川瓜生山2-116 「京都」駅から岩倉行 市バス5系統 50分 「上終町京都造形芸大前」下車
「河原町(京都府)」駅から岩倉行 市バス5系統 30分 「上終町京都造形芸大前」下車
「河原町(京都府)」駅から上終町京都造形芸大前行 市バス上終町3系統 30分 「上終町京都造形芸大前」下車
「北大路」駅から市バス204系統循環 銀閣寺方面 15分 「上終町京都造形芸大前」下車
叡山電車「茶山」駅から徒歩 10分

地図

 

路線案内

ブログ・インフォ

  • 2017年11月24日 11:30 BLOG

        こんにちは。副手のノブモトです。   先日、内定した4年生と3年生が交流する『内定先輩とのプレ就活パーティー』が行われました。 全学科合同でギャルリ・オーブで行われたこの就活パーティーはかなり大規模。 ゲーム・アニメ・広告・出版などなど、業界別に分かれてテーブルに居る先輩の元に3年生が話を聞きに回ります!     キャラデからは 「面白法人カヤック」「KLab株式会社」「プラチナゲームズ株式会社」 「株式会社テレコム・アニメーションフィルム」「株式会社グラフィニカ」など(1部抜粋)     アニメ・ゲーム・CG業界を中心に繊維・アパレル系や 映像制作・販売まで幅広い分野に就職した4年生が後輩のために集まってくれました。         実際に内定をもらったポートフォリオなども見せてもらいつつ、 就活にどんな準備が必要なのか・面接はどうだったかなど具体的な経験談に4年生の周りには後輩が沢山。     あまりにも熱心に聞いてくれる3年生の様子に驚く先輩の姿もありました 笑     参加した3年生からは、先輩がかなり早くから準備をしていることや、ポートフォリオの完成度の高さに驚いたというコメントがありました。     活動していた人には結果がちゃんと出ているということが分かります。       今回のパーティーでの経験がきっと今後の就活での励みになってくれることと思います!

    http://www.kyoto-art.ac.jp/production/?p=84462

  • 2017年11月24日 09:46 BLOG

      こんにちは。 今日は本学科空間デザインコースの専任講師である 八木良太先生の展覧会についてお知らせします。   本学の芸術館秋季特別展として、 八木先生の展覧会が開催されております!   ぜひお立ち寄り下さい。     ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~     八木良太 nightfall in UBUD     2017年11月18日(土)〜 2017年12月21日(木) 10:00 〜 17:00(日曜、祝日は休館します。)   京都造形芸術大学 芸術館(人間館ギャルリオーブ2F)     京都造形芸術大学芸術館では、同時代の美術作家の表現をコレクションとのコラボレーションとして紹介する 新しいプランとして、2013年から16年まで『縄文と現代』というシリーズ企画展を開催してきました。 今回の2017年秋季特別展は、そうした可能性と情熱を引き継ぎ、 芸術館、アーティスト、大学、コレクションとのこれからの連携を見出す試みとして開催するものです。八木良太(空間演出デザイン学科専任講師)は、「見えないものの可視化/聞こえないものの可聴化」を主題に、 映像、音響、オブジェなどのメディアを駆使した作品を制作、国内外で活動を広げているアーティストです。 本展では、多彩な近年の展開、バリ島ウブドをテーマとした新作、芸術館所蔵品との新しいコラボレーションなど、 時空をつなぐ作品世界をお届けしたいと思います。       ◎展覧会イベント◎   本学科の学科長の植島啓司先生とのトークセッションも行われます。   12月1日(金)16:30〜(会館延長) 京都造形芸術大学 芸術館(人間館ギャルリオーブ2F)   11月に植島先生と八木先生とゼミ生達とでバリ島へ 研修に行った際に見たものや経験したことや、 日頃からの研究についてなどなど、 ここでしか聞けないお話を聞けること間違いなしです!   とても貴重な機会となりますので、ぜひご参加ください◎    

    http://www.kyoto-art.ac.jp/production/?p=84555

  • 2017年11月23日 19:23 BLOG

    京都府の健康福祉部こども総合対策課が主催の「一緒にしあわせ!学生ショート動画コンテスト」において、1年生の黒澤あすかさん(俳優コース・11期)、西村 凌さん(製作コース・11期)、山口紗也可さん(俳優コース・11期)の3名で制作した作品が、19日に京都タワーホテルで行われた授賞式で、優秀賞を受賞致しました! おめでとうございます! 左から山口紗也可さん、西村凌さん、黒澤あすかさん コンテストの内容は結婚や子育てを支援する30秒の広報動画で、今回の入賞作品は、京都市内のデジタルサイネージ等で放映されます。今回の受賞作品『視線』は、黒澤さん・西村さん・山口さんがiPhoneで撮影、編集したものを応募したそうです。 こちらから、受賞作品『視線』が見られます! →  https://pref-kyoto-kodomohagukumu.jp/award2017.html こちらは「一緒にしあわせ!学生ショート動画コンテスト」の特設サイトです。 →  https://pref-kyoto-kodomohagukumu.jp/movie.html

    http://www.kyoto-art.ac.jp/production/?p=84086

  • 2017年11月23日 17:14 BLOG

    先月の10月13日~15日で上演されました、nidone.works「おにぎりパン!」(2017年度 卒業制作公演)の劇評が 京都芸術センター通信(明倫art)2017年12月号(vol.211)に掲載されました。 執筆は、須川渡さん(大阪大学招へい研究員)です。 本学科でも非常勤講師を務めていただいております。   京都芸術センター通信は関西を中心に全国の美術館・ギャラリー・劇場・ホールでも置かれていますので、 是非ご一読くださいませ。   京都芸術センター通信(明倫art)掲載HPアドレス: http://www.kac.or.jp/22438/   nidone.works: 成長過程にいるこどもが おとなになることを、少しでもポジティブに捉えることができる作品づくりを目指しています。  メンバーは作/演出の渡辺たくみ、制作の加藤なつみを中心に、作品ごとにゆるやかなともだちを集めて活動中。 ​舞台作品では、こども自らが表現することを後押しできるように、こどもたちが演者とコミュニーケションをとることでストーリーが進むよう構成しています。

    http://www.kyoto-art.ac.jp/production/?p=84556

  • 2017年11月23日 15:09 BLOG

    2年生の造形基礎Ⅲの授業では、木材を使った制作を行います。こどもの環境においても、木の素材はとても相性のいい素材です。木を素材とした造形を通して、形作ること、木の性質などを学び、ものづくりを体験します。   これまでの授業で、木材の種類、重さ・硬さ・匂いに触れ、素材を理解し、自分でデザインを考えたバターナイフを制作しました。そして今回は、ファブリックボード制作を行いました。   バターナイフもちらっとご紹介!形や使いやすさ、さわり心地、それぞれのこだわりが詰まったものになっていました。      ◆◆ここで解説◆◆◆◆◆ ファブリックパネルとは木製のパネルに布(ファブリック)を貼り付けたインテリアの総称です。( ファブリックボード、アートボードなどと呼ばれたりもします。) 絵を飾るように壁に布を飾る。 ファブリックパネルは北欧やヨーロッパの国々で昔から親しまれてきました。 今回作るファブリックボードがコチラ(昨年の2年生が作ったものです)   凸凹に加工した木材を直角に接合して木枠を作り、そこに布を張ることで、ファブリックボードが完成します。 木材にはあらかじめ自分で線を引き、その通りにノミで削ろうとするのですが、木目の流れや節の位置によってノミの入り具合が違い、なかなか思い通りにいかないようです。 さて、ノミでの加工が終わったらいよいよ組み立ての作業です。 凸凹の部分を組んだ状態にし、電動ドリルで細い穴をあけていきます。穴を開ける場所を確認しながら狙いを定めて… そして穴をあけた場所にボンドを付けた竹串を打ち込んでいきます。余った部分は手で折った後、ノミで削り取ります。 竹串がが釘の役割をするとは…! 枠が仕上がったら、ヤスリを掛けて表面を滑らかにしていきます。完成まであと少し!どんな布が張られているか楽しみです。                                           (大塚:スタッフ)    

    http://www.kyoto-art.ac.jp/production/?p=84538

京都造形芸術大学(私立大学/京都)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

  • Photo

    想像力と創造力で社会を変える。未来を切り開くチカラを学ぼう。

  • Photo

    文学、歴史、芸術、音楽、ファッション。文化と芸術から、これからの社会をつくろう

  • Photo

    デザイン都市神戸で芸術・デザインを実践的に学ぶ。少人数制教育と充実した設備が強み

  • Photo

    2017年京都東山キャンパス開設。本物に触れる教育や資格取得で即戦力として活躍する

  • Photo

    歴史と文化に囲まれた環境でアートを究め、豊かな表現力を持ったクリエーターになる

  • Photo

    自分の関心に合わせて柔軟に学び、自分だけの表現をみつけ、社会で幅広くいかす

  • Photo

    4年学べる短期大学。制作実習の多さと少人数の徹底指導で公募展受賞実績多数!

  • Photo

    美術系短大として40年を超える伝統と実績!

  • Photo

    女子総合大学として京都で100年以上。高い知性と豊かな心を身につける人間教育を実践

次へ

この学校に興味を持ちましたか?
らくらく資料請求で学校を詳しく知ろう!

閉じる