• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 京都
  • 嵯峨美術大学
  • 学校の特長

学ぶ内容・カリキュラムが魅力

京都・嵐山を舞台に学外活動やフィールドワークを通した実践学習を重視

大学が位置する嵐山という京都有数の観光地を舞台に、学外活動やフィールドワーク・地域参加型プロジェクトを通した実践学習を行っています。自分の足で現場へ赴き、お店や観光客へのインタビューを通して問題点を見つけ、それをアート・デザインの力で解決するという実践型の学びが本学の特長。地域と連携した活動も数多く行っており、冬の嵐山で行われる観光イベント「嵐山花灯路」には、学部・学科問わず多くの学生が参加。学生自ら行灯の設置場所を確認し、イベントを盛り上げるポスターやパンフレットの制作をおこないます。イベントの企画運営を体験することで、実社会で通用する能力を身につけます。学校の特長1

きめ細かな少人数制

学生一人ひとりの個性を大切にし、学生と向き合う徹底した少人数教育を実施

学生一人ひとりと向き合い、それぞれの志向や適性を見すえる少人数教育を実施。「表現するための確かな技術を身につけること」、そして「自分自身で考える力をつけること」の二つに重点をおいた指導を行っています。学生たちの伸びやかな感受性を尊重しつつ、あわせて、しっかりとした思考力を養いながら多くのつくり手を育んでいます。また、学生同士、そして教員と学生との距離も近く、コミュニケーションを取りやすい環境が整っています。学校の特長2

自由に科目・コースが選べる

専門領域以外の内容を学ぶ機会も設け、幅広い視野と表現力を身につける

造形学科・デザイン学科のどちらの学科も、1年次には各領域の基礎専門知識と技術を学ぶとともに、他領域について学ぶ機会を設けています。入学時に選択した専門領域だけでなく、他領域を知ることで、幅広い視野とさまざまな表現力を身につけることができます。また、3年次までは領域の変更が可能。学生自身の「学びたい」という気持ちを重視し、領域変更後も教員とのマンツーマンのやりとりで、制作のバックアップを行います。どの学科も学生同士・教員との距離が近く、授業や専攻を問わず、制作のヒントやアドバイスを聞きにいけるアットホームな環境が整っています。学校の特長3
嵯峨美術大学(私立大学/京都)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の特長を見る