• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 千葉
  • 神田外語大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 碓井 玲子さん(外国語学部 英米語学科/客室乗務員(キャビンアテンダント))

制服に初めて袖を通した時は、本当に嬉しかったです

先輩の仕事紹介

クルーと連携し、お客様の安全をしっかりお守りする。それが、機上のおもてなしです。

客室乗務員(キャビンアテンダント)
外国語学部英米語学科/2013年3月卒
碓井 玲子さん

この仕事の魅力・やりがい

ひと月に約70時間、多い日には1日3便。北は北海道から南は沖縄まで、ANAのキャビンアテンダントとして日本中の空を飛び回っています。仕事をする上で、私はふたつのことを心掛けています。一つ目が「チームワーク」。弊社には約6千人のキャビンアテンダントがいます。フライトごとにメンバーは替わりますが、常に迅速な対応が求められる機内では、初対面のクルーとも的確に連携を取らなければなりません。そして二つ目が「お客様にとってのベスト」。例えばご要望に応えられても、それでお客様がおケガをしてしまったら、保安要員として失格です。お客様の安全を第一に、多様なニーズを丁寧にくみ取りながらサービスのご提供をめざしています。

学校で学んだこと・学生時代

日本語や英語だけでなく、多様な言語を使って各国の人々と関わりたい。そんな想いを抱き、神田外語大学へ入学しました。こうしてスタートした私の学生生活は、まさしく語学漬けの4年間。授業、休み時間に関係なく、学内にいるだけで英語を使わなければならない環境に、しっかりと身を置くことができました。TOEICスコアは高校時代より300点以上はあがりました。第二外国語として専攻していた中国語を学ぶために上海で海外短期研修に参加し、現地の文化にふれるよい機会になりました。また、学内のボランティアセンターで見つけた募集をきっかけに、成田国際空港で案内ボランティアも2年あまり経験。価値ある学生生活だったと実感しています。

タブレット端末で、一日のフライトスケジュールを確認

この分野・仕事を選んだきっかけ

キャビンアテンダントは、子どものころからの憧れ。さらに、16か国ほど旅した学生時代のフライト経験を通して、この「憧れ」を将来の仕事として、はっきり意識するようになりました。機内という空間も物品も限られたなかで、お客様に最高のおもてなしをご提供するキャビンアテンダントになろうと、心に決めたのです。就職活動に際しては、学内のセミナーやキャリア教育センター主催の「航空業界対策講座」などを最大限に活用。もちろん、大学でブラッシュアップした英語運用能力やコミュニケーション能力も、自信につながりました。内定が決まった際に採用担当者から、「笑顔と親しみやすさがよかった」と言われたときは、本当に嬉しかったです。

今日もCAとして、安心と信頼のサービスをご提供します

碓井 玲子さん

全日本空輸株式会社勤務 客室乗務員/外国語学部英米語学科/2013年3月卒/碓井さんの初フライトは、研修生として搭乗した6月の羽田-鹿児島便。梅雨の時期の揺れる機内で、しばらくは目の前の業務をこなすので精一杯だったという。現在は国内線のプレミアムクラスなどを担当し、国際線のクルーとして世界の空を飛び回る日も近い。グループディスカッションがあった就職試験では、大学の授業を通して日頃からディベートやディスカッションに慣れていたことで、物怖じすることはなかったと振り返る。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
神田外語大学(私立大学/千葉)