• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 東京工芸大学
  • 奨学金

私立大学/東京・神奈川

トウキョウコウゲイダイガク

【給付型】緊急支援奨学金(全学部共通)

対象
【対象】
学部生及び大学院生
【基準】
父母若しくはこれに代わって家計を支えている者が、会社の倒産又は解雇等により無収入に近い状態となり、修学の継続が困難な者
給付額
30万円以内
人数
奨学原資の限度内
募集時期
事由が発生した月から12ヶ月以内
備考
在学中1回

【給付型】後援会応急奨学金(全学部共通)

対象
【対象】
保証人の病気療養等の理由により修学に困難があると認められる学部生及び大学院生
【基準】
願書及び面接により判定する。
給付額
50万円以内(金額は家計状況を考慮し選考委員会において決定)
人数
基金の限度内
募集時期
事由が発生した月から12ヶ月以内

【給付型】後援会共済奨学金(全学部共通)

対象
【対象】
保証人の死亡による家計事情の急変で修学に困難であると認められる学部生及び大学院生
【基準】
願書及び面接により判定する。
給付額
年間学納金の半額相当分(給付)
人数
基金の限度内
募集時期
事由が発生した月から12ヶ月以内
備考
在学中1回

【給付型】後援会教育奨学金(全学部共通)

対象
【対象】
学業成績が優秀、かつ特に個性的な人物で、経済的理由により修学に困難があると認められる2年次以上の学部生
【基準】
各学年の平均的な単位数を修得し、かつGPAが原則として2.5以上とする。
給付額
30万円
人数
25名以内
募集時期
6月上旬
備考
在学中1回

【給付型】野呂奨学金(全学部共通)

対象
【対象】
学術優秀・品行方正及び身体強健であり、経済的理由により修学が困難であると認められる学部生
【基準】
各学年の平均的な単位数を修得し、かつGPAが原則として2.5以上とする。
給付額
15万円
人数
若干名
募集時期
10月上旬
備考
在学中1回

【給付型】同窓会芸術学部奨学金(芸術学部)

対象
【対象】
芸術学部2、3年次生
【基準】
学力・人物ともに優れ、かつ、修学継続の意志が強固であり、平均的な単位数を取得し成績水準(GPA)が原則として2.5以上
給付額
20万円
人数
各学科 1名以内(デザイン学科は2名以内)
募集時期
4月中旬
備考
在学中1回

【給付型】工学部同窓会奨学金(工学部)

対象
【対象】
応募資格は、在学する大学院生(本学工学部同窓生に限る)及び4年次生の本学工学部生で、人物及び学業ともに特に優秀並びに健康であり、経済的理由により修学に困難があると認められ、かつ、卒業後又は修了後、同窓会役員として同窓会活動に積極的に参加する意思のある者とする。ただし、応募時点で特待生制度により特待生として採用されている者は、応募することはできない。
【基準】
成績及び家計経済状況を考慮して審査するものとする。なお、成績は原則としてGPA2.5以上を応募条件とする。
給付額
25万円
人数
大学院・学部生合計10名以内
募集時期
4月中旬
備考
学部または大学院で
在学中1回

【減免型】特待生制度(全学部共通)

対象
2年次以上の学部生で、各年次終了時において、GPAが3.5以上である者
奨学金の種類
第二種特待生
減免額
当該年次の1年間に限り授業料の半額を免除する
備考
学業成績が著しく低下した場合、または病気・事故以外の理由で休学した場合等は資格が取り消されます。
第一種・第二種特待生は、各学科から特待生候補者が推薦され、教授総会の議を経て、決定されます。

【減免型】特待生制度(全学部共通)

対象
入学試験合格者のうち成績が特に優れている者
奨学金の種類
第一種特待生
減免額
当該年次の1年間に限り授業料の全額を免除する
備考
学業成績が著しく低下した場合、または病気・事故以外の理由で休学した場合等は資格が取り消されます。
第一種・第二種特待生は、各学科から特待生候補者が推薦され、教授総会の議を経て、決定されます。

【貸与型】あしなが育英会(全学部共通)

対象
保護者等が病気又は災害(交通事故除く)などで死亡、又はそれが原因の著しい後遺症により働けないため、教育費に困っている者。
貸与(月額)
一般:40,000円 特別:50,000円

【貸与型】えんのき奨学金(全学部共通)

対象
【対象】
身体健康、勉学意欲旺盛かつ、経済的事由により学業を継続することが困難であり、進級、卒業又は修了が見込まれる学部生又は大学院生とする。ただし、外国人留学生は除く。
【基準】
願書及び面接により判定する。
貸与(総額)
上限60万円で10万円単位 追加貸与は上限を60万円。
人数
基金の限度内
募集時期
随時受付
備考
在学中1回 ただし、特別の事情のある場合は、最初の貸与年度と異なる年度において追加貸与を認めることができる。また、他の奨学金との併用は制限しない。

【貸与型】交通遺児育英会(全学部共通)

対象
保護者等が自動車事故や踏切事故など、道路における交通事故で死亡したり、重い後遺障害のため働けず、経済的に修学が困難な者。
貸与(月額)
4・5・6万円から選択

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第一種(無利子貸与)(全学部共通)

対象
出願資格
人物・学業に優れ、かつ健康であって、経済的理由により修学困難と認められる学部生
学力基準
学部1年次生 高校時の評定平均値が3.5以上
学部2年次生以上 大学の成績が平均水準以上であること
奨学金の種類
第一種
貸与(月額)
30,000円または64,000円を選択
利子
無利子
自宅・自宅外の別
自宅外
貸与期間
貸与開始月から卒業(修了)するまでの標準修業年月
手続き
採用後の手続き
採用後、返還誓約書を期限までに提出してください。
未提出の場合は、振り込まれた奨学金を返戻してもらい、採用取消となります。
奨学金継続願(年1回)
毎年1回12月中旬頃に「奨学金継続願」の手続をする必要があります。手続については説明会で説明します。
※継続願の手続を怠ると翌年度から奨学金が廃止になります。掲示板で説明会日時を必ず確認してください。
適格認定(年1回)
人物・健康・学業成績・経済状況から、奨学生として相応しいかどうか等を認定し、貸与継続の可否を決定します。
※奨学金を辞退、または休学・退学する学生は、学生課に必ず申し出て手続きを行ってください。
返還手続き
この奨学金は貸与の奨学金であり卒業(修了)後、返還しなければなりません。
毎年11月初旬に奨学金満期予定者を対象に返還説明会を開催し、返還確認票を配布します。
返還のための口座「リレー口座加入申込書」を金融機関の窓口で手続きをして、「預貯金控」を受け取り、そのコピーを大学に提出してください。
また、説明会では貸与終了後の返還について詳しく説明します。対象者は必ず出席してください。
募集時期
毎年4月中旬 (原則として二次募集は行わないので、希望者は必ず4月の募集で申し込んでください。)

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第一種(無利子貸与)(全学部共通)

対象
出願資格
人物・学業に優れ、かつ健康であって、経済的理由により修学困難と認められる学部生
学力基準
学部1年次生 高校時の評定平均値が3.5以上
学部2年次生以上 大学の成績が平均水準以上であること
奨学金の種類
第一種
貸与(月額)
30,000円または54,000円を選択
利子
無利子
自宅・自宅外の別
自宅
貸与期間
貸与開始月から卒業(修了)するまでの標準修業年月
手続き
採用後の手続き
採用後、返還誓約書を期限までに提出してください。
未提出の場合は、振り込まれた奨学金を返戻してもらい、採用取消となります。
奨学金継続願(年1回)
毎年1回12月中旬頃に「奨学金継続願」の手続をする必要があります。手続については説明会で説明します。
※継続願の手続を怠ると翌年度から奨学金が廃止になります。掲示板で説明会日時を必ず確認してください。
適格認定(年1回)
人物・健康・学業成績・経済状況から、奨学生として相応しいかどうか等を認定し、貸与継続の可否を決定します。
※奨学金を辞退、または休学・退学する学生は、学生課に必ず申し出て手続きを行ってください。
返還手続き
この奨学金は貸与の奨学金であり卒業(修了)後、返還しなければなりません。
毎年11月初旬に奨学金満期予定者を対象に返還説明会を開催し、返還確認票を配布します。
返還のための口座「リレー口座加入申込書」を金融機関の窓口で手続きをして、「預貯金控」を受け取り、そのコピーを大学に提出してください。
また、説明会では貸与終了後の返還について詳しく説明します。対象者は必ず出席してください。
募集時期
毎年4月中旬 (原則として二次募集は行わないので、希望者は必ず4月の募集で申し込んでください。)

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第二種(有利子貸与)(全学部共通)

対象
出願資格
人物・学業に優れ、かつ健康であって、経済的理由により修学困難と認められる学部生
学力基準
学部1年次生 高校時の評定平均値がおおむね3.0以上
学部2年次生以上 大学の成績が平均水準以上であること
奨学金の種類
第二種
貸与(月額)
3万円 / 5万円 / 8万円 / 10万円 / 12万円から選択
利子
利子
貸与期間
貸与開始月から卒業(修了)するまでの標準修業年月
手続き
採用後の手続き
採用後、返還誓約書を期限までに提出してください。
未提出の場合は、振り込まれた奨学金を返戻してもらい、採用取消となります。
奨学金継続願(年1回)
毎年1回12月中旬頃に「奨学金継続願」の手続をする必要があります。手続については説明会で説明します。
※継続願の手続を怠ると翌年度から奨学金が廃止になります。掲示板で説明会日時を必ず確認してください。
適格認定(年1回)
人物・健康・学業成績・経済状況から、奨学生として相応しいかどうか等を認定し、貸与継続の可否を決定します。
※奨学金を辞退、または休学・退学する学生は、学生課に必ず申し出て手続きを行ってください。
返還手続き
この奨学金は貸与の奨学金であり卒業(修了)後、返還しなければなりません。
毎年11月初旬に奨学金満期予定者を対象に返還説明会を開催し、返還確認票を配布します。
返還のための口座「リレー口座加入申込書」を金融機関の窓口で手続きをして、「預貯金控」を受け取り、そのコピーを大学に提出してください。
また、説明会では貸与終了後の返還について詳しく説明します。対象者は必ず出席してください。
募集時期
毎年4月中旬 (原則として二次募集は行わないので、希望者は必ず4月の募集で申し込んでください。)
学費(初年度納入金)
東京工芸大学/奨学金