• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 愛知
  • 南山大学
  • 学校の特長

学ぶ内容・カリキュラムが魅力

クォーター制(4学期制)により、自主的な学修の選択肢が広がります

1年を4回に分け、8週間を1クォーターとするクォーター制の下で授業を行っています。履修計画の柔軟な組み立てが可能になり、海外の大学において6月からスタートするサマーコースなどの短期留学や、サービス・ラーニング等の自主的な学修の選択肢が広がるなどのメリットがあります。また、短期間で集中的に学ぶため、学修効果の向上が期待できます。学校の特長1

留学制度がある

留学制度・奨学金制度・単位認定制度が充実。学部独自の短期留学制度も!

留学先大学の授業料免除で33カ国・地域にある115の協定校(2020年9月時点)へ学部留学可能な「交換留学」をはじめとする中・長期留学の制度を利用し、世界中の国・地域への留学が可能です。長期留学の他にも、短期留学については全学部共通のプログラムだけでなく、全学部において学部独自のプログラムを実施しています。もちろん奨学金や単位認定などのバックアップ制度も充実しており、年間約760名の学生が大学の制度を利用して留学しています。学校の特長2

施設・設備が充実

国際性豊かなキャンパスで外国語運用能力の向上や国際交流ができます

南山大学には世界の国や地域から年間約450名もの外国人留学生が集い、外国人留学生との交流を深めたり、外国語運用能力を向上させることが可能な施設やイベントが多数用意されています。「ワールドプラザ」は、外国語を使った会話を楽しみながらスキルアップできる日本語禁止の施設です。「国際科目群」は「英語で」専門科目を学ぶ授業で、2020年度は約70科目開講されています。「国際学生宿舎」は多様な文化を持つ海外からの留学生と日本人学生が、日常的に交流を深めながら共同生活を行う寮です。「多文化交流ラウンジ」では、すべての学生が自由に多文化交流を体験できるスペースで様々なイベントが企画されています。学校の特長3
南山大学(私立大学/愛知)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の特長を見る

RECRUIT