• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 東京
  • 目白大学
  • 奨学金

【給付型】教育後援「桐光会」奨学金 一人暮らし学生支援奨学金(全学部共通)

対象
経済的負担が大きい一人暮らし学生
(原則として、保護者の居住地より通学に2時間以上かかること。また、申請時点の6か月前から一人暮らしをし、申請年度においても引き続き一人暮らしをすることが確実であること)
給付額
月額3万円(年額36万円)
備考
目白大学・目白大学短期大学部に在学する学生の保護者を中心に運営されている本学の教育後援組織「桐光会」の財源をもとに、優秀な学生の修学を支援する目的で設立された奨学金です。本学に在学している学生を対象としており、4種類の制度があります。

【給付型】教育後援「桐光会」奨学金 遠距離通学生交通費支援奨学金(全学部共通)

対象
長距離通学により、金銭的・時間的に負担が大きい学生
(申請時点の6か月前から、自宅から大学まで片道2時間以上通学に要する、あるいは月額2万円以上通学定期代を要すること)
給付額
月額2万円を上限(年額 24万円)
ただし、1か月通学定期の金額を上限とする
備考
目白大学・目白大学短期大学部に在学する学生の保護者を中心に運営されている本学の教育後援組織「桐光会」の財源をもとに、優秀な学生の修学を支援する目的で設立された奨学金です。本学に在学している学生を対象としており、4種類の制度があります。

【給付型】教育後援「桐光会」奨学金 応急支援奨学金(全学部共通)

対象
入学後に生じた、天災、災害、保護者の死亡等、予期せぬ家計状況の急変により、学業の継続が困難になった学生
給付額
上限50万円
ただし、1学期の学納金総額を上限とする
備考
目白大学・目白大学短期大学部に在学する学生の保護者を中心に運営されている本学の教育後援組織「桐光会」の財源をもとに、優秀な学生の修学を支援する目的で設立された奨学金です。本学に在学している学生を対象としており、4種類の制度があります。

【給付型】教育後援「桐光会」奨学金 修学支援奨学金(全学部共通)

対象
学習意欲があり、成績優秀であるが、経済的に困難を抱えている2年次以上の学生
給付額
30万円
備考
目白大学・目白大学短期大学部に在学する学生の保護者を中心に運営されている本学の教育後援組織「桐光会」の財源をもとに、優秀な学生の修学を支援する目的で設立された奨学金です。本学に在学している学生を対象としており、4種類の制度があります。

【給付型】佐藤重遠奨学金(全学部共通)

対象
学業・人物ともに優秀な4年次生
給付額
年間授業料の半額相当額

【給付型】床次徳二記念賞(全学部共通)

対象
学業・スポーツ等で顕著な成績を修めた学生

【給付型】日本学生支援機構奨学金 給付型(全学部共通)

対象
経済的理由により修学が困難な優れた学生
備考
給付型奨学金の申込みは、在学している高等学校等で行います(大学入学後の申込はできません)。

【給付型】目白大学予約奨学金(全学部共通)

対象
以下の(1)~(3)すべてに該当する者。
(1)日本国内の高等学校(全日制・定時制)、中等教育学校後期課程を2020年3月卒業見込みの者または2019年3月以降に卒業した者。
(2)本学の2020年度入学試験のうち、以下のいずれかを受験する者。
・全学部統一入試・一般入試A日程・大学入試センター試験利用入試A日程
・大学入試センター試験利用入学試験外部英語検定試験併用方式
(3)家計支持者の給与収入の合算が以下のいずれかに該当する者。ただし、給与所得を給与外所得がある場合は総合的に判断します。
・東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県在住者(受験者):910万円以内(給与所得者は400万円以内)
・上記以外の道府県在住者(受験者):1,000万円以内(給与外所得者40万円以内)
給付額
年間授業料の半額相当額を最長4年間免除します。
※施設設備費、実験実習費等は対象外
人数
100名(全学部全学科)
募集時期
2019年11月20日(水)~11月29日(金)

【減免型】目白大学入学試験優秀者特別奨学金(全学部共通)

対象
目白大学の一般入試A日程による合格者のうち、成績上位者
減免額
入学金25万円を免除
人数
100名(全学科合計)
備考
※AO入試及び推薦入試の入学予定者で、一般入試A日程を受験し成績上位に入った方

【貸与型】東京都社会福祉協議会 介護福祉士修学資金制度(全学部共通)

対象
東京都内の介護福祉士養成施設に在学し、卒業後に都内で介護福祉士として介護業務等に従事する意思のある方
貸与(総額)
月額5万円以内のほか、入学準備金・就職準備金、介護福祉士国家試験受験対策費用
備考
卒業後5年間、東京都内の指定施設にて介護業務や相談援助業務等に継続して従事した場合等は、返還の義務が免除

【貸与型】東京都社会福祉協議会保育士修学資金制度(全学部共通)

対象
東京都内の保育士養成施設に在学し、卒業後に保育士業務に従事する意志のある方
貸与(総額)
修学資金120万円(修学期間に応じて分割)のほか、20万円以内の入学準備金、就職準備金等
利子
無利子
備考
就学生が保育士の資格を取得後、5年以上都内で保育業務に引き続き従事した場合等は返還の義務が免除されます。

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第一種(無利子貸与)(全学部共通)

対象
経済的理由により修学が困難な優れた学生
・採用成績基準
新入生:高校成績 評定平均3.5以上
2年以上:成績上位1/3以上
・採用収入基準
(例)4人家族・自宅通学者の目安:
給与所得800万円以下
給与所得以外 392万円以下
奨学金の種類
第一種
貸与(月額)
2万円/3万円/4万円/最高月額(5万4千円)
※最高月額を希望する場合は、申込時の収入・所得により制限有り
利子
無利子
自宅・自宅外の別
自宅
貸与期間
貸与開始月から最短卒業年月まで
備考
・予約採用(対象:入学予定者)
希望者は高校在学中に、在籍する高等学校や専修学校(高等課程)を通じて申込むことになります。予約採用された新入生は入学後、説明会への参加や必要書類の提出など、大学の指定した期日までに所定の手続きを完了させることで貸与が決定します。大学入学後の採用は希望者が多く競争率が高いため、現役高校生には予約採用制度の利用をお勧めします。具体的な申込み方法については、現役生は在籍校に、既卒者は出身校に、高卒認定試験・大検合格者(または合格見込み者)は日本学生支援機構の貸与・給付部採用課予約採用係にお問い合わせください。
・在学採用
原則として、毎年3~4月頃に在学採用の説明会を開催しています。貸付を希望する方は、在学するキャンパスの説明会に必ず参加してください。不参加や遅刻の場合は、申込みできません。説明会の開催日時・場所については、在学するキャンパスにある奨学金案内の掲示板や学生ネットサービスを確認するようにしてください。
・緊急(第一種奨学金)・応急採用(第二種奨学金)
在学中に家計支持者の失職・破産・事故・病気・死亡若しくは火災・風水害等の災害等により家計が急変し、緊急に奨学金が必要となったと認められた場合に、申込みが可能です。上記事由が発生した場合は、速やかに学生課へ相談するようにしてください。

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第一種(無利子貸与)(全学部共通)

対象
経済的理由により修学が困難な優れた学生
・採用成績基準
新入生:高校成績 評定平均3.5以上
2年以上:成績上位1/3以上
・採用収入基準
(例)4人家族・自宅通学者の目安:
給与所得800万円以下
給与所得以外 392万円以下
奨学金の種類
第一種
貸与(月額)
2万円/3万円/4万円/5万円/最高月額(6万4千円)
※最高月額を希望する場合は、申込時の収入・所得により制限有り
利子
無利子
自宅・自宅外の別
自宅外
貸与期間
貸与開始月から最短卒業年月まで
備考
・予約採用(対象:入学予定者)
希望者は高校在学中に、在籍する高等学校や専修学校(高等課程)を通じて申込むことになります。予約採用された新入生は入学後、説明会への参加や必要書類の提出など、大学の指定した期日までに所定の手続きを完了させることで貸与が決定します。大学入学後の採用は希望者が多く競争率が高いため、現役高校生には予約採用制度の利用をお勧めします。具体的な申込み方法については、現役生は在籍校に、既卒者は出身校に、高卒認定試験・大検合格者(または合格見込み者)は日本学生支援機構の貸与・給付部採用課予約採用係にお問い合わせください。
・在学採用
原則として、毎年3~4月頃に在学採用の説明会を開催しています。貸付を希望する方は、在学するキャンパスの説明会に必ず参加してください。不参加や遅刻の場合は、申込みできません。説明会の開催日時・場所については、在学するキャンパスにある奨学金案内の掲示板や学生ネットサービスを確認するようにしてください。
・緊急(第一種奨学金)・応急採用(第二種奨学金)
在学中に家計支持者の失職・破産・事故・病気・死亡若しくは火災・風水害等の災害等により家計が急変し、緊急に奨学金が必要となったと認められた場合に、申込みが可能です。上記事由が発生した場合は、速やかに学生課へ相談するようにしてください。

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第二種(有利子貸与)(全学部共通)

対象
経済的理由により修学が困難な優れた学生
・採用成績基準
平均水準以上
・採用収入基準
(例)4人家族・自宅通学者の目安:
給与所得 1,143万円以下
給与所得以外 735万円以下
奨学金の種類
第二種
貸与(月額)
2万~12万円(1万円単位)から選択
利子
利子
貸与期間
貸与開始月から最短卒業年月まで
備考
・予約採用(対象:入学予定者)
希望者は高校在学中に、在籍する高等学校や専修学校(高等課程)を通じて申込むことになります。予約採用された新入生は入学後、説明会への参加や必要書類の提出など、大学の指定した期日までに所定の手続きを完了させることで貸与が決定します。大学入学後の採用は希望者が多く競争率が高いため、現役高校生には予約採用制度の利用をお勧めします。具体的な申込み方法については、現役生は在籍校に、既卒者は出身校に、高卒認定試験・大検合格者(または合格見込み者)は日本学生支援機構の貸与・給付部採用課予約採用係にお問い合わせください。
・在学採用
原則として、毎年3~4月頃に在学採用の説明会を開催しています。貸付を希望する方は、在学するキャンパスの説明会に必ず参加してください。不参加や遅刻の場合は、申込みできません。説明会の開催日時・場所については、在学するキャンパスにある奨学金案内の掲示板や学生ネットサービスを確認するようにしてください。
・緊急(第一種奨学金)・応急採用(第二種奨学金)
在学中に家計支持者の失職・破産・事故・病気・死亡若しくは火災・風水害等の災害等により家計が急変し、緊急に奨学金が必要となったと認められた場合に、申込みが可能です。上記事由が発生した場合は、速やかに学生課へ相談するようにしてください。

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 入学時特別増額貸与(全学部共通)

対象
第一種奨学金または第二種奨学金の申込者
貸与(総額)
10~50万円を初回振込時に一括貸与・有利子・利率は機構が決定)
利子
利子

【貸与型】母子(父子)寡婦福祉資金貸付制度(全学部共通)

対象
母子(父子)家庭
利子
無利子

国費外国人留学生

私費外国人留学生学習奨励費

学費(初年度納入金)
目白大学/奨学金