• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 岡山
  • 専門学校 岡山情報ビジネス学院
  • 卒業後のキャリア一覧
  • K.Rさん(ゲームクリエイター学科/液晶デザイナー)

最高レベルの映像制作環境で技術を磨いています

先輩の仕事紹介

メインデザイナーとしてお客様に楽しんでもらえる映像演出を手掛けたいです

液晶デザイナー
ゲームクリエイター学科 卒/2021年卒
K.Rさん

この仕事や研究の魅力・やりがい

デザイナーとして遊技機の映像に関する演出やエフェクト作成を行っています。映像の演出でお客様に楽しんでいただけるよう、ストックしているアイデアを駆使して表現しています。指示書をもとに演出のサンプルを制作するところから始まり、次に上司のチェックを受けます。まだまだ細かいところで指摘を受けることもありますが、自分なりにこだわったポイントを褒めていただいたときにやりがいを感じます。デザイン制作に使用するアプリケーションは日々アップデートされ進化しています。その進化に取り残されないように、休日にも自主制作をしたり、帰宅後に勉強する時間を確保したりして、自分のスキルも伸ばせるように日々取り組んでいます。

学校で学んだこと・学生時代

就職してから実践を通して表現力を磨くには、映像を作り出すアプリケーションの基礎知識が身についている方が有利です。そのため、在学中はコンテストに積極的に挑戦して、技術力を向上させました。例えば、2Dアニメーションソフトと映像の親和性の高さに着目して、企業が主催する作品コンテストに映像を出展。3年次には準グランプリを獲得することができました。他にも、画力が高い友人とチームを組んで、作品を応募したりしていました。課題以外のことにも積極的に取り組む姿勢や現役のプロの講師から指導していただいた知識は今も活用できています。

OICで身につけた基礎がしっかりと役立っています

分野選びの視点・アドバイス

さまざまなアイデアによって映像表現の幅は広がっていきます。だから、他のデザイナーの素晴らしい作品を見て悔しいと感じ、それを努力で越えてやろうと常に思える人物が進化の早い業界には向いているのではないかと思います。私は在学中から好きなものを鮮明な形にするために、授業時間外も自主的に勉強をして、身につけたスキルを活かして映像を制作し、仲間と共有していました。それを繰り返していくうちに着実に上達している実感を得ることができました。OICは学生の「やりたい!」と思う気持ちをしっかりサポートしてくれる学校です。さまざまなことに挑戦し、学ぶことや成長することの楽しさを、ぜひ体験してください。

誰にも負けないくらい「好き」を極めることが大切です

K.Rさん

株式会社サクセス勤務/ゲームクリエイター学科 卒/2021年卒/高校生の頃から映像制作に興味があり、OICで作品づくりの技術を磨いたKさん。「専門的な知識を学べることはもちろん、第一線で活躍しているプロの方から直接学べたことは就職してからも役立っています。コンテストや大会などにも積極的に参加しました。先生方もフォローしてくださったり、やりたいことができる環境だったので、充実した時間を過ごせました」と学生時代を振り返ります。ビジネスマナーなどの研修も定期的にあるため、就職活動時に焦らずに対応できたそうです。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

専門学校 岡山情報ビジネス学院(専修学校/岡山)
RECRUIT