• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 大阪
  • 関西テレビ電気専門学校
  • 学校の特長

施設・設備が充実

第9世代Corei9搭載TRUX,SENSE∞4Kデュアルモニタ-やドローンも完備

映像クリエータ-、カメラスタッフ、ビデオエンジニアや通信エンジニアなどをめざせる「放送電子科」では、撮影実習、番組制作実習など、「カメラワーク・ライティングスタジオ」をはじめとする5つのカメラスタジオを大いに活用。また、ロケ実習では、撮影映像をその場で編集可能。一方、映像音響制作や総合家電分野をめざす「電気テレビ科」は、エンジニアを養成する設備が充実。「光ファイバーデジタルカメラ」や伝送実験に使用する「レーザー通信装置」などの実験機器が用意されています。5G,4K・8KTV,VRの特需、ケータイ・スマホ・ドローンに使用される無線と制御、映像などの電気・電子・通信にも対応します。学校の特長1

就職に強い

校内へ有名企業を招き説明会を開催。学生に就職情報収集の場を積極的に提供しています

積極的に情報収集の場を提供し、個別の進路指導、カウンセリングを実施する等、「全員就職」をめざした指導を行っています。1945年創立以来、放送業界、通信・家電・電気業界等、多くの卒業生を輩出してきました。この先輩達の現場での活躍や実績が高く評価され、毎年の就職実績につながっております。また、この評価は校内で開催している企業説明会にも反映。例年、学生の何倍かの優良企業様が、求人に来校して下さっております。入学当初から電気電子技術の基礎能力を高める授業等を実施、さらに、本校の様々な特典を活かして就職に有利な国家資格を取得し、激動の世にも対応できるような対策も万全です。学校の特長2

資格取得に有利

学内での短期認定講習修了で国家資格取得。その他、科目免除を利用して取得しています

本校では多数の資格取得に対応。「電気テレピ科」では卒業時に、第2種電気工事士(国)が取得でき、「放送電子科」では卒業時に、第1級総合無線通信士(国)と第2級陸上無線技術士(国)の基礎科目免除。さらに両科とも学園内短期認定講習修了で、第1級陸上特殊無線技士(国)と電気通信の「エ事担任者」(国)DD第3種が取得できるだけでなく、卒業時に「工事担任者」DD・AI第1・2・3種(国)の基礎科目が免除されます。両科とも、文部科学省後援の「デジタル技術検定試験」や「映像音響処理技術者資格試験」を校内で開催し取得を推進中で、資格取得に実力を発揮できる環境を確保しています。学校の特長3