• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 中部楽器技術専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 管楽器リペア科

愛知県認可/専修学校/愛知

チュウブガッキギジュツセンモンガッコウ

管楽器リペア科

定員数:
30人

体系的なカリキュラムにより効率的に管楽器リペア技術を習得。高度な特殊楽器などを学べる研究科への進学も目指せる!

学べる学問
  • 音楽

    声楽、器楽、作曲などのスペシャリストをめざす

    古典から現代まで多種多様な音楽を研究し、作曲や演奏を通して実践することで、心を豊かにして行く学問。

目指せる仕事
  • 楽器クラフトマン

    楽器をつくる芸術家

    楽器を創り出す職人。バイオリンやギターなど、最初から最後まで作り上げる人。その楽器のことをよく知り、また音感をしっかり持っていることも欠かせない。

  • 楽器リペアマン

    楽器を修理する職人

    楽器が壊れたときに修理する専門家。楽器の素材や微妙な音色の調節なども行う繊細な作業。楽器を作る楽器クラフトマンが兼ねる場合も多い。

  • 楽器インストラクター

    専門の楽器について、演奏技術を教える

    ポピュラーやジャズ、クラシックなどさまざまな教室があるが、初心者からプロ志向の人向きまでそれぞれのレベルに応じた指導をする仕事。これらの教室は、従来の基礎から入る指導から、個人の希望を取り入れる方向に変わってきている。そこで生徒の希望を取り入れつつ、専門的な知識と技術を教えなければならない。

  • 音楽雑誌記者・編集者

    音楽のトレンドや新しい情報をつかみ、読者が興味を引く記事にして提供

    音楽のジャンルや雑誌のコンセプトに合わせ、新曲情報やアーティストへのインタビューなどの企画を立て、取材や原稿作成を行う。特定のジャンルについて深く専門的な知識を持っていることに加え、普段からこまめにライブや演奏会に出かけ、新鮮な音楽情報を入手しておく必要がある。

  • 楽器店員・店長

    ピアノ、ギターなどの楽器や音楽に関する広く深い知識が求められる

    ピアノ販売店、ギターショップなどの楽器店で楽器や楽器に関連する道具・アクセサリーなどを販売する仕事。楽器店を訪れる顧客は初心者からプロのミュージシャン・演奏家までさまざま。初心者には、楽器の選び方や扱い方に関するアドバイスが求められ、一方で、プロの専門的な質問にも対応しなければならないので、楽器や音楽に関する広く深い知識が必要とされる。自分自身も演奏の経験があるとプラスだ。店長は仕入れや売り上げの管理、店舗スタッフの管理なども大切な役割。

初年度納入金:2019年度納入金 147万円  (専用工具・オリジナルテキスト・制服代等として別途20万円程度必要※2020年度は変更になる可能性あり)
年限:2年制

学科の特長

学ぶ内容

2年間で木管・金管楽器計6種類を体系的に学び、効率的・効果的に管楽器リペア技術を習得
分解や修理、調整の実習を繰り返して、木管楽器3種(Cl・Fl・Sax)と金管楽器3種(Tp・Tb・Hr)の計6種類のリペア技術を段階的に効率よく習得していきます。木管楽器のオーバーホール、金管楽器のベル縁並行修理やピストン・ロータリー・スライドなどの調整技術や「検品・見積り」などの実務も習得していきます。

授業

実際の現場を想定した専用作業台で集中して学べ、プロ講師陣がマンツーマンできめ細かく指導
実際の現場を想定し、限られた時間内で仕上げられる正確さと迅速さを身につけ実践力を養います。段階的カリキュラムと経験豊富なプロ講師陣がきめ細かく指導し、木管・金管楽器に関する一人ひとりの技術レベルを確実なものにしていきます。さらに楽器の歴史や構造、アーティスト等を学び、知識や教養を身につけます。

学生

  • point キャンパスライフレポート

    真心を込めた技術や接客で、演奏者の心のケアまでできるリペアマンへ

    楽器に関わる仕事がしたくて、この学校を選びました。学ぶ環境が整っていることと、実習の時間が多いこと。さらに先生との距離が近く、親しみやすくて、本気で学生たちのことを考えてくれると思ったからです。

    中部楽器技術専門学校の学生

卒業生

  • point 先輩の仕事紹介

    心技体で、ワンランク上のリペアマンになれる。それが中部楽器技術専門学校です。

    さまざまな管楽器のリペアを行う当社のなかで、入社2年目の私はサックスを担当しています。落として凹んだ状態や使っていなくてパーツが劣化した状態など、全国から送られてくる様々な状態のサックス。それらを一つひとつ分解・洗浄・凹み修正・タンポ(部品)の交換・バランス調整など、一人で全てを…

    中部楽器技術専門学校の卒業生

卒業後

楽器店でのリペア担当や製造会社、技術サービス会社など、さらに、研究科への進学も目指せる
楽器店でのリペア担当として学校へ訪問。楽器メーカーでの開発スタッフや管楽器修理工房での専属リペア技術者、楽器商社での出荷調整など仕事の幅は広く、全国で活躍できます。さらに、リペア技術の精度を上げ、より高度な技術力や特殊楽器(ダブルリードなど)の修理技術を学ぶことができる研究科への進学も目指せます。

施設・設備

校舎の新設により、さらに管楽器リペア技術を集中して学べる最新施設・設備が充実しています
一人一台の専用作業台は隣との間隔を十分にとってあり、管楽器リペア技術の習得に集中できます。実習用楽器は、サクソフォン、フルート、クラリネット、トロンボーン、トランペット、ホルンを用意。数多くリペアの経験を積むことで、卒業後の様々なリペアへの対応力が身につき、実践力を磨くことができます。

研修制度

各自に応じた卒業前の研修プログラムや、インターン実習による現場実践で「実践力」を磨く!
卒業前には、入社後即戦力となれるよう、各自の就職先に応じた卒業前の研修プログラムを実施。内定先からの課題の習得、技術応用力の養成、商品知識の定着など、仕事に直結した内容です。また、楽器店の依頼・指導の下、実施されるインターン実習では、小学校や中学校の楽器リペアなど現場実践をしています。

入試

学力や実技習得だけによらない人物重視のAO入試制度。合格後、入学前教育で基礎力を向上
エントリー後に選考を行います。出願許可を得た方は、必要な出願書類を提出することで最終審査となり、正式な合否結果が得られます。合格後は、充実した入学前教育プログラムが準備されています。エントリーは6月から、選考は7月から始まります。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

目標とする資格

    ヤマハ管楽器技術評価試験

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    製造スタッフ 、 楽器商社マン 、 販売スタッフ 、 リペアスタッフ ほか

※ 2018年3月卒業生実績

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒466-0027 名古屋市昭和区阿由知通3-13-6
フリーダイヤル:0120-856-854

所在地 アクセス 地図・路線案内
愛知県名古屋市昭和区阿由知通3-13-6 「御器所」駅から8番出口を出て徒歩 1分

地図

 

路線案内