• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 中部楽器技術専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • ピアノ調律科

愛知県認可/専修学校/愛知

チュウブガッキギジュツセンモンガッコウ

ピアノ調律科

定員数:
30人

ピアノ調律に必要な技術と教養、また「ビジネス力」と人から頼られる「人間性」をも兼ね備えた調律師を育成します。

学べる学問
  • 音楽

    声楽、器楽、作曲などのスペシャリストをめざす

    古典から現代まで多種多様な音楽を研究し、作曲や演奏を通して実践することで、心を豊かにして行く学問。

目指せる仕事
  • 楽器インストラクター

    専門の楽器について、演奏技術を教える

    ポピュラーやジャズ、クラシックなどさまざまな教室があるが、初心者からプロ志向の人向きまでそれぞれのレベルに応じた指導をする仕事。これらの教室は、従来の基礎から入る指導から、個人の希望を取り入れる方向に変わってきている。そこで生徒の希望を取り入れつつ、専門的な知識と技術を教えなければならない。

  • ピアノ調律師

    ピアノの基本的な音色を創る調律の専門技術者

    家庭や学校に出向いて、ピアノの調律・保守を専門に行う技術者。音楽的原理に基づいた基本的な音程をつくる調律、最もよい状態で音が出る楽器に仕上げるための整調、イメージ通りの微妙な音色を創り出す整音の作業を行う。部品交換などの修理も仕事の一つ。

  • 楽器店員・店長

    ピアノ、ギターなどの楽器や音楽に関する広く深い知識が求められる

    ピアノ販売店、ギターショップなどの楽器店で楽器や楽器に関連する道具・アクセサリーなどを販売する仕事。楽器店を訪れる顧客は初心者からプロのミュージシャン・演奏家までさまざま。初心者には、楽器の選び方や扱い方に関するアドバイスが求められ、一方で、プロの専門的な質問にも対応しなければならないので、楽器や音楽に関する広く深い知識が必要とされる。自分自身も演奏の経験があるとプラスだ。店長は仕入れや売り上げの管理、店舗スタッフの管理なども大切な役割。

初年度納入金:2019年度納入金 147万円  (専用工具・オリジナルテキスト・制服代等として別途16万円程度必要)
年限:2年制

学科の特長

学ぶ内容

調律・整調・整音・修理の技術を多角的に学ぶ。また、音楽教養などの知識も習得
90分間2回取り調律ができるよう、防音実習室で何度も訓練し、音程を整える技術をマスター。グランドピアノの一定レベルの整調技術(鍵盤の微妙なタッチ調整)、鍵盤折れやシャンク折れの修理技術、部分塗装の技術も習得します。有名ピアノメーカーの製造現場を見学できるオリジナルプランの海外研修(任意参加)もあります。

授業

国家試験会場の本校で資格を目指す。個々の技術習得を確実にするため、マンツーマン教育を実施
ピアノ調律技術レベルの確実なステップアップと国家技能検定取得を目標に、担任制度を導入。段階的なカリキュラムにより、技術習得の進行状況を明確に把握することができます。さらにピアノ調律に関するあらゆる知識とテクニックを、経験豊富なベテラン講師が指導。マンツーマンで全学生を確実に実力アップへと導きます。

学生

  • point キャンパスライフレポート

    子どもの頃から憧れだった職業『ピアノ調律師』になるために、まずは国家検定の合格を目指します!

    入学の決め手になったのは、オープンキャンパスで実際にピアノの調律を体験したことです。先生が横についてくれて丁寧に教えてもらい、一人ひとりの状況を見ながらいただける的確なアドバイスに感動し、この学校なら安心だと思いました。

    中部楽器技術専門学校の学生

卒業生

  • point 先輩の仕事紹介

    自分の好きな事を仕事にできて幸せ。ピアノ調律師として、笑顔でピアノを弾いてくれる人を増やしていきたい!

    (株)名古屋ピアノ調律センターで、ピアノ調律師として働き始めて約1年が過ぎました。大好きなピアノのことをお客様にお伝えしたり、働きながらピアノを詳しく勉強できる環境は、私にとってこれ以上ないと思えるぐらい幸せな仕事です。最近この仕事をして良かったと思ったのは、ピアノの購入にいくつ…

    中部楽器技術専門学校の卒業生

卒業後

楽器店所属の調律師やコンサートチューナーとして活躍
ピアノ調律師として楽器店に所属したり、ピアノ調律専門会社など、日本全国で幅広く活躍できます。また、嘱託調律師としてフリーで活躍したり、修理工房を設立して独立することも可能です。卒業生の中には、本校からの紹介で海外就職を果たし、世界の一流ピアニストのコンサートチューナーとして活躍している者もいます。

施設・設備

一人あたり一室、現場環境を踏まえた防音実習室を完備
現場環境を踏まえた防音の個別実習室を用意。さまざまなピアノの状態を繰り返し訓練することで、実力を確実なものにすると同時に実践力を養えます。また、実習室は授業時間以外にも開放。学生たちは、技術習得はもちろん、演奏の練習にも活用し、日々熱心に取り組んでいます。

研修制度

各自に応じた卒業前の研修プログラムや、インターン実習による実地訓練で「即戦力」を養成!
卒業前には、入社後即戦力となれるよう、各自の就職先に応じた卒業前の研修プログラムを実施。内定先からの課題の習得、技術応用力の養成、商品知識の定着など、仕事に直結した内容です。また、社会貢献も兼ねたインターン実習では、市からの依頼で児童福祉施設のピアノ調律を実施するなどの実地訓練をしています。

入試

学力や実技習得だけによらない人物重視のAO入試制度
エントリー後に選考を行います。出願許可を得た方は、必要な出願書類を提出することで最終審査となり、正式な合否結果が得られます。合格後は、充実した入学前教育プログラムが準備されています。エントリーは6月から、選考は7月から始まります。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

目標とする資格

    ピアノ調律技能士(国)

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    第一楽器 、 日本ピアノホールディング 、 マツイシ楽器 、 正時堂 、 名古屋ピアノ調律センター 、 河合楽器製造 、 大島楽器 、 ユタカ楽器 、 ヨモギヤ楽器 ほか

※ 2017年3月卒業生実績

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒466-0027 名古屋市昭和区阿由知通3-13-6
 フリーダイヤル:0120-856-854

所在地 アクセス 地図・路線案内
愛知県名古屋市昭和区阿由知通3-13-6 「御器所」駅から8番出口を出て徒歩 1分
「名古屋」駅から徒歩 約15分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

中部楽器技術専門学校(専修学校/愛知)