• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 中部楽器技術専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 音楽サービス創造学科

愛知県認可/専修学校/愛知

チュウブガッキギジュツセンモンガッコウ

音楽サービス創造学科

定員数:
36人

総合的な学びからじっくりと専門コースを選択し、音楽・楽器のスペシャリストとして多様な職種・幅広い就職先で活躍!

学べる学問
  • 商学

    企業活動を客観的に評価するための理論と実践を学ぶ

    商学は、物を売り買いする、いわゆる商売(ビジネス)や企業の経営について学ぶ学問です。この学問に固有の理論や分析方法はなく、経済学や心理学、社会学といった学問分野の理論を応用して研究を進めます。いわば、さまざまな学問の詰め合わせ的な性質を持った学問といえるでしょう。

  • 音楽

    声楽、器楽、作曲などのスペシャリストをめざす

    古典から現代まで多種多様な音楽を研究し、作曲や演奏を通して実践することで、心を豊かにして行く学問。

目指せる仕事
  • 照明スタッフ

    場面や、構成に合わせてライティングする

    舞台やスタジオなどで照明を操る。たとえば、コンサートの照明スタッフは、プランナー、チーフオペレーター、オペレーター数名で構成される。プランナーは、曲やコンサートの構成に合わせて照明のプランニングを行い、オペレーターはピンスポットなどの使用する照明ごとのライティングを担当する。

  • 音響スタッフ

    いい音を出すためのエンジニア

    舞台や映画、テレビなどで、音声を調節したり、効果的な位置にマイクをセットしたりするのが仕事。特に音楽番組では、音が重要なポイントとなる。いろいろな場所で常にいい音を出すには、熟練した技術とセンスが必要。新しい技術を検討したり、システム作りをすることも。

  • PAエンジニア

    イベント会場での音響担当

    コンサート会場(客席)の真中で音響機材を操る。イベントの規模や内容によって、それに適するスピーカーの大きさや種類、マイクの本数が変わる。そこで適切な機材を選び、セッティング、イベント中の音量・音響の調整・管理をする。微妙な音の調整や臨機応変に対応できるミキシング技術が求められる。

  • 音楽雑誌記者・編集者

    音楽のトレンドや新しい情報をつかみ、読者が興味を引く記事にして提供

    音楽のジャンルや雑誌のコンセプトに合わせ、新曲情報やアーティストへのインタビューなどの企画を立て、取材や原稿作成を行う。特定のジャンルについて深く専門的な知識を持っていることに加え、普段からこまめにライブや演奏会に出かけ、新鮮な音楽情報を入手しておく必要がある。

  • コンサート・ステージスタッフ

    ステージセッティングや片づけを担当

    舞台監督の指示に従って、ステージで使うセットや各種の道具を管理する。まず、本番前にはステージの搬入経路、電気系統や配線設備をチェックし、音響、照明の機材や楽器などを手早く正確にセッティングする。本番では演出に従い、クレーン操作やスモークなどの仕掛けを担当する。終演後の片づけも仕事のひとつ。

  • ステージエンジニア

    音響、照明、映像などで舞台を効果的に演出

    音響、照明、映像などで、ステージを効果的に演出する技術スタッフ。台本、スケジュール表などをもとに、どんな機材をどう使うか決める。この際、舞台の大きさ、電気系統、公演の内容などによって機種を使い分ける。機材の操作だけでなく、出演するアーティスト、ディレクターの意図を理解し、求められるイメージを実現する力が必要。

  • ローディー

    楽器の調整をはじめ、コンサートステージとミュージシャンを支える裏方

    楽器のチューニングやセッティング、リペアなどを行う専門家。コンサート会場やレコーディング、TV撮影など、働く場所もさまざまで、体力も必要とされる仕事だ。ミュージシャンや所属事務所から発注を受けて働くケースが一般的。

  • 舞台機構調整技能士

    すべての観客に臨場感ある音を提供

    演出、構成担当者の指示で、演劇などの舞台の音響プランを作成。これに基づき、すべての観客が臨場感ある音を聴けるよう、音響機器の配置や操作をする。会場での音の響き方を正確に聞き分け、どこにどんな機器を使うか判断できなければならない。また舞台に必要な効果音、BGMなどのテープ編集もする。

  • イベントプロデューサー

    スタッフ選びから経営責任までの総指揮者

    イベントの企画立案にもかかわり、全体的な方向性を決め、スタッフ選びを行い、適材適所に人を配置して、イベントが計画通りに進行するように全体的な指揮をとる。豊富な情報量と企画力はもちろん、決断力、交渉力なども必要。

  • アーティストマネージャー

    アーティストの音楽活動に集中できるようサポートする縁の下の力持ち

    歌手やバンドなどのアーティストの音楽活動をサポートする仕事。スケジュールの管理・調整、ライブやテレビ・ラジオ出演、雑誌取材などのブッキング、グッズの企画、移動や楽器搬送の手配など、仕事内容は幅広い。ときには音楽活動の方向性についてアーティストの相談に乗ることも。売れっ子アーティストは芸能プロダクションに所属していることが多いので、その場合はマネジャーもプロダクションの社員。プロダクションに所属していないアーティストはレコード会社や音楽レーベルの担当者がマネジャーを務める。

初年度納入金:2019年度納入金 138万円  (専用工具・オリジナルテキスト・制服代等として別途8万円程度必要※2020年度は変更になる可能性あり)
年限:3年制

学科の特長

学ぶ内容

音楽・楽器のスペシャリストとして多様な職種・幅広い就職先で活躍できるスキルを学ぶ
舞台制作やイベントスタッフ、楽器製造・商社、販売・リペアなど、音楽業界や楽器技術に携わりながら活躍するための知識を多岐にわたり学習します。実践的なカリキュラムに加え、演奏力やビジネス力など、総合力を養い、自らの「強み」を磨き、「適性」を見極めながら活躍のステージを広げていきます。

授業

入学後に音楽や楽器の総合的な学びを通し、将来の進路にあわせて専門コースをじっくり選択
1・2年次は基礎を身につけ、幅広い体験をするため、多様な楽器に触れる機会をつくり、ルーツと進化、構造や特長を知識と技術の両方から学びます。3年次には4分野から主科を選択し専門性を高め、充実した副科から任意の科目を選択して精度に磨きをかけ、目指す職種と就職先に合わせて準備をしていきます。

学生

  • point キャンパスライフレポート

    楽器販売・リペアからコンサート企画まで、総合的に活躍できる人材へ

    中学時代、リペアマンにフルートを直してもらった感動が忘れられず、その仕事に憧れ、オープンキャンパスへ。リペア以外にも、多彩な知識と技術が身につく音楽サービス創造学科の体験で視野が広がり、入学を決めました。

    中部楽器技術専門学校の学生

卒業生

  • point 先輩の仕事紹介

    出演者と舞台を創る達成感のある仕事。その過程で総合的な学びが活かされています。

    習い事の発表会から、全国ツアーのコンサートまで、さまざまなイベントが開催される昭和文化小劇場。私は出演者との打合せや舞台の仕込み、当日の進行・安全管理を担当しています。毎日、違う方々と多彩な舞台をつくりあげるのは発見があって楽しい!無事に幕が下りた瞬間「ありがとう」と言われると、…

    中部楽器技術専門学校の卒業生

卒業後

楽器業界から、楽器の知識や技術が必要な音楽サービス分野まで活躍のフィールドが広がっている
楽器製造会社や楽器商社、楽器店、楽器工房、技術サービス会社など、楽器の知識や技術を活かし全国で幅広く活躍できる上、その楽器の知識や技術がベースとなって仕事を進めていく舞台制作や音響・照明、イベントプランナーやスタッフ、コンサートプロモーターやスタッフなど、音楽サービス分野での就職先も広がっています。

資格

『舞台機構調整技能士』と『ピアノ調律技能士』の国家技能資格をダブル取得も目指せます
劇場やコンサート会場、ライブハウスで音響などの舞台機構の調整を行うことができる国家技能資格「舞台機構調整技能士」と、ピアノ全般に関する知識や技能、実務能力などを備えた国家技能資格「ピアノ調律技能士」の取得を目指し、各有資格者である先生方が指導。試験対策も充実しており、高い合格率を維持しています。

研修制度

各自に見合った卒業前の研修プログラムや、インターン実習による現場実践で「実践力」を磨く
卒業前に入社後の即戦力になれるよう、各自の就職先に応じた卒業前の研修プログラムを実施。内定先からの課題の習得、技術応用力の養成、商品知識の定着など、仕事に直結した内容です。また、実践力をさらに磨くため、楽器店やイベント会場などの様々な現場でインターン実習を実施します。

入試

学力や実技習得だけによらない人物重視のAO入試制度。合格後、入学前教育で基礎力を向上
エントリー後に選考を行います。出願許可を得た方は、必要な出願書類を提出することで最終審査となり、正式な合否結果が得られます。合格後は、充実した入学前教育プログラムが準備されています。エントリーは6月から、選考は7月から始まります。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

目標とする資格

    • 舞台機構調整技能士<国> (国)

    ピアノ調律技能士(国)(3年次にピアノ調律を選択した者)

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    ピアノ調律師、管楽器リペアマン、弦楽器技術者 、 楽器販売スタッフ、楽器アドバイザー、楽器店マネージャー 、 舞台機構調整技能士、コンサートプロモーター・スタッフ 、 舞台音響・照明 、 イベントプランナー・スタッフ 、 ブライダルスタッフ 、 楽譜出版社 、 音楽雑誌記者・編集者 、 音楽の権利関係 、 DVD制作 ほか

※ 2018年3月卒業生実績

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒466-0027 名古屋市昭和区阿由知通3-13-6
フリーダイヤル:0120-856-854

所在地 アクセス 地図・路線案内
愛知県名古屋市昭和区阿由知通3-13-6 「御器所」駅から8番出口を出て徒歩 1分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース