• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 公立はこだて未来大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • システム情報科学部

公立大学/北海道

コウリツハコダテミライダイガク

システム情報科学部

定員数:
240人

システム情報科学部

学べる学問
  • 情報学

    情報化が社会に与える影響などを科学的手法で分析する

    社会における情報の仕組みや流れ、ありようなどを、実習、演習、フィールドワークを駆使して明らかにし、人間や社会を探究する学問。情報の作られ方、収穫、伝達、利用法、システム構築など情報に関するすべてを対象に学ぶのが情報学です。「コンピュータやプログラミングについて学ぶ、理系の学問」というイメージを抱く人は少なくないかもしれませんが、情報技術の社会への浸透に伴い情報学の扱う領域も広がっており、今や理系だけに限られる学問ではなくなっています。情報学の知識や技術をもった人材へのニーズはさらに高まっていくに違いありません。就職などの将来性は、安定しているといえます。

  • コミュニケーション学

    人と人との関係性を、コミュニケーションという切り口で研究する

    現代社会のコミュニケ―ションをさまざまな角度から考える学問。異文化理解・国際交流・情報発信に欠かせない多用なコミュニケーション様式を研究する。

  • 数学

    数字という世界共通の言語を使って、数、量、図形などの性質や関係を研究

    数学は、理工系の全ての学問の基本であり、コンピュータ、機械全般、医療、経済などの根底を支える学問。講義や演習を通して数が持つ理論と可能性を幅広く学ぶ。

  • 機械工学

    我々の生活に欠かせない“機械”について科学し、研究する

    機械工学は、生産機械や自動車、医療機器といった機械やその部品などについて、設計から材料の加工、実際の使用方法までと、実に広大な領域を扱う学問です。試行と分析を繰り返す地道な研究を通じて、よりよいものを作り出すことを目指します。まずは基礎となる力学や数学、設計に使うソフトウエアの使い方や関連する各学問について学ぶことで基礎を固め、徐々に専門的な学びへと進んでいきます。多くの授業では実習や実験が行われ、実際に手を動かしながら、知識や技術、機械工学研究の手法などを身につけていきます。ものづくりをしたい、なかでも目に見えるものを作りたいという人に向いています。卒業後の進路は、機械系はもちろん、材料系や、電気・電子関連にも広がります。また、機械でものを作っている企業では必ずそれを扱う人が求められるため、こうした職種で活躍することもできます。

  • システム・制御工学

    さまざまな科学技術を制御し、管理する技術について研究する

    さまざまな分野の工学や科学技術を対象に、実験・実習を通してそれらを統合し管理する方法を学び、生産システムや企業の経営システムなどのあらゆる場面で応用していく。

  • 情報工学

    コンピュータ・ソフトウェアの理論や技術を身につける

    効率的な情報処理を行うコンピュータの開発をめざす。コンピュータ自体やソフトウエアの基礎から、高度な情報処理技術について学んでいく。

  • 電子工学

    情報化社会の生活に欠かせない電子の基礎や応用を学ぶ

    電子の性質を解明し、コンピュータのハードウェアや携帯電話、CDなどのデジタル系機器で使われる信号、情報を伝達する音波や電磁波の現象や利用法をハード・ソフト両面から学ぶ

  • 画像・音響工学

    画像や音響について研究し、それら処理技術を学ぶ

    画像・音響の処理技術を学ぶ。実験・実習を通して、コンピュータ・グラフィックス(CG)の技術とその応用を研究するのが画像工学であり、音のデジタル処理や音波の利用などを研究するのが音響工学。

  • 経営工学

    企業の資源について、より合理的で有効な活用法を考える

    経営に関する問題を工学的アプローチによって解決し、効率的で合理的な経営システムを構築しようとするのが経営工学です。経験や勘だけではたどり着けない、経営における真理をみつけるため、種々の問題を数学的に分析。より普遍的で、ムリ、ムダ、ムラのない経営体系を考えます。経営学は実際の組織運営から方法を学ぼうとするのに対し、経営工学が数学的分析に基づいて課題解決を目指す、といった違いがあります。卒業後の進路としては、生産管理、品質管理をはじめ、人事、財務、企画広報など、さまざまな選択肢があります。物事を俯瞰して分析する力は、システムエンジニアやプロジェクトマネジャーとしても重宝されるでしょう。もちろん、起業して経営者になるという道もあります。

目指せる仕事
  • 商品企画・開発

    過去の販売データや消費者の嗜好を分析して新しい商品を生み出す

    メーカーなどで新しい商品を企画し、開発する担当者。過去の販売データやトレンド、競合する商品の特徴、消費者から寄せられた声などを分析し、魅力的な新製品を企画。価格設定や販売戦略まで携わるケースも多い。今は、過去に売れた商品を踏襲しても売り上げが伸びなくなっているので、今までにない画期的な商品、独自の工夫を凝らした商品が求められている。その意味で商品企画・開発に期待される役割は大きくなっており、大ヒット商品を生み出した企画・開発担当者はマスコミなどで注目されることも少なくない。

  • CGデザイナー

    コンピュータグラフィックスでイメージを映像に表現

    コンピュータで文字やイラスト(CG)をつくる。建築、都市計画、機械設計、デザイン、アニメーション、科学研究のシミュレーションなどさまざまな分野で活用されるようになってきた。コンピュータ理論やプログラミングに通じ、色彩、デザイン感覚に優れていることが条件。

  • WEBデザイナー・クリエイター

    使いやすいウェブサイトをデザインする

    インターネットのページをデザインするウェブデザイナーは、誌面のデザインとちがいナビゲーションのためのボタンの位置や、そのページに盛り込む情報の取捨選択など、画面になった時に利用者が、その画面を見て次の画面をわかりやすく選択できるような情報デザインの視点が求められる

  • プログラマー

    コンピュータを動かすプログラムの開発・作成

    コンピュータにどんな仕事をさせるか、SEの書いた仕様書を見ながら、フローチャートをつくりそれをコンピュータ言語に翻訳し、それが正しく稼動するかどうかをチェックする。コンピュータは、たったひとつのミスでも稼動できないため、想定されるあらゆるケースの元でテストを何度も行うため、根気のいる仕事。

  • システムエンジニア(SE)

    効率的なシステムを考え、設計する

    ユーザーの目的にかなったコンピュータのシステムを設計する仕事。システム開発に必要な情報を分析する技術力はもちろんのこと、柔軟な思考力、想像力が必要とされる。システムを設計するのが仕事になるので、コンピュータの知識だけでなく、システム化する物に関する知識が必要になる。

  • 情報工学研究者

    大学や専門の研究機関で、コンピュータや情報機器などに関する専門的な研究・開発を行う。

    コンピュータやさまざまな情報機器の現状を踏まえ、さらに将来的にどのように進化していくか、科学的に研究する。テーマはそれぞれの研究者が専門にこだわった研究を行っている。例えば「情報」をどのように解析させていけばいいか、その手順についての研究を行う人もいる一方で、ロボットと人とのコミュニケーションに注目して「情報」をどのように捉えていくかを研究している人もいる。また、あらゆる場面でコンピュータが使われている社会がどのような変貌を遂げていくか、人にどのような影響をもたらすかを考察している研究者もいる。

  • ロボット設計技術者

    安全性・生産性の高いロボットを作る

    産業分野では、危険を伴う作業を安全に行ったり、生産性を向上するためにさまざまな産業用ロボットが活躍している。主に、それらのロボットの設計にかかわる仕事。効率よく作業をさせるためのシステム選びや部品選びをし、作業能力の高いロボットの構造を設計していく。

bug fix
初年度納入金:2018年度納入金(参考) 76万1800円~84万5800円  (詳細はお問い合わせください。)
bug fix

募集学科・コース

「使う人」のニーズをつかみ、情報システムの新しい可能性を切り拓こう!

大規模複雑系システムの分析と、知能システムの構築で未来を設計しよう!

学部の特長

学ぶ内容

システム情報科学部
 ITとデザイン、複雑系と知能、2要素を融合した学問体系で、情報技術を駆使して新たな社会システムを構築する人材を育成する。2学科体制で、2年次より学科・コースに分かれる。
 情報アーキテクチャ学科では、銀行システムや航空機予約システムなど、現代社会の根幹をなす大規模システムを構築できる人材の育成を目指す。また、人間とのインタフェース、情報を伝えるための情報デザインの重要性が高まっていることから、情報システムのインタフェースと仕組みのデザイン・構築ができる人材を育成する。
◆情報システムコースでは、システム開発における2大技術(ネットワークとデータベース)の最前線を学び、人にやさしい情報システムを具現化できる人材を育成する。また、3年次に選択できる高度ICTコースでは、大学院への進学を前提に、学部・大学院一貫による教育を実施。産業界で求められている高度ソフトウェアシステムのデザイン・実装能力を身につける。
◆情報デザインコースでは、デザイン理論、ヒューマンインタフェースなどの情報デザイン分野に加え、情報科学・認知科学の最先端を学び、広い視野で情報システムをデザイン・構築できる人材を育てる。
 複雑系知能学科では、現代社会で増えている、環境問題のように人間も含めたさまざまな要因が絡まりあい、解析や制御が困難な問題の解決に取り組める人材の育成を目指す。このような問題の解決には、人間の解析力に加えて、コンピュータを駆使したシステムの解析とデザインが不可欠となる。人間の認知の仕組みを理解・研究し、大規模で複雑なシステムの解析と運用、知的なシステムの構築の両者を学び、未来社会を設計する人材を育てる。
◆複雑系コースでは、複雑系という新しくて発見的なモノの見方を、情報科学や数理科学の知識、情報処理の実践的スキルと統合して高い次元で身につけ、創意的なシステム開発ができる人材を育てる。
◆知能システムコースでは、人工知能やハードウェア技術と認知科学・情報表現などを学習して、次世代の情報システムエンジニアを育てる。

入試・出願

入試一覧

合格難易度

就職率・卒業後の進路 

アウトソーシングテクノロジー、ヤフー各5、エスイーシー4、HBA、アドウェイズ、エイチ・エル・シー、テクノプロ テクノプロデザイン社、日本ビジネスシステムズ、日本アイビーエム・ソリューション・サービス各3など。

問い合わせ先・所在地

〒041-8655  北海道函館市亀田中野町116の2 
TEL (0138)34-6444 (教務課入試・学生募集担当直通)

所在地 アクセス 地図・路線案内
北海道函館市亀田中野町116-2 JR「函館」駅から函館バスで45分「はこだて未来大学前」下車

地図

 

路線案内

※こちらのページは旺文社「大学受験パスナビ」の内容に基づいています(2018年8月時点)


公立はこだて未来大学(公立大学/北海道)