• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 鹿児島
  • 鹿児島第一医療リハビリ専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 言語聴覚学科

鹿児島第一医療リハビリ専門学校 言語聴覚学科

定員数:
30人 (3年制・男女)

人と人とのコミュニケーションや食べる機能をサポートする高い専門技術と温かい心をもった専門家を養成

学べる学問
  • 健康科学

    人々の健康増進・維持を実現するための理論と技術方を学ぶ

    人々の病気を予防し、健康増進と維持のための理論と方法を研究する。栄養・運動・リラクゼーションなどの分野のほか、福祉や介護関連の科目も学ぶ。

  • リハビリテーション学

    リハビリテーションの手法を研究し、専門家を養成する

    病気や怪我によって、弱まったり損なわれたりした体の機能を回復するための訓練や療法、援助法を研究する。作業療法、理学療法、言語聴覚療法などがある。

  • 医療技術学

    医療を支えるさまざまな技術を研究し、専門家を養成する

    医療を支える専門技術者を養成する。臨床検査や診療放射線、医療情報などがある。人工臓器の研究や新しい診断システムなど高度な医療技術の研究を行う大学もある。

目指せる仕事
  • 言語聴覚士

    「話す」「聞く」「食べる」に関するリハビリのスペシャリスト

    言語聴覚士は、1997年に国家資格となった比較的新しいリハビリテーション専門職です。脳卒中や事故の後遺症による障がい、生まれつきの障がいにより、「話す」「聞く(理解する)」「食べる」といった面に不自由さを抱えている人のリハビリテーション(リハビリ)を手助けするのが主な役割。言語聴覚障がいに加え、医学や歯科学、心理学にも精通したリハビリの専門家として、医療施設、高齢者介護・福祉施設、子どもの福祉・療育施設など、さまざまな分野で活躍しています。言語聴覚士として働くためには、まずは国家資格を取得するのが一般的。高校卒業後、大学や専門学校などの言語聴覚士養成施設で3年以上学ぶことで、国家試験の受験資格を得ることができます。合格率は60~70%台で推移しており、作業療法士などほかのリハビリ職種に比べると少し合格率が低くなっています。とはいえ、養成施設の卒業後すぐに受験をする新卒者の合格率は例年80%を超えていることから考えると、養成施設でのカリキュラムをしっかりこなし、卒業年次に受験することが合格への近道と言えるでしょう。

初年度納入金:2020年度納入金 140万円  (※入学金30万円含む。学友会費、後援会費、テキスト代、実習服関係費等が別途必要)
年限:3年制

鹿児島第一医療リハビリ専門学校 言語聴覚学科の学科の特長

言語聴覚学科のカリキュラム

確かな臨床基礎と実践力を身に付け、3年で国家試験合格を目指します
言語聴覚士に必要な基礎知識を1年次でしっかり学び、2年次で実践的な実習を交えながら専門知識を身に付け臨床実習につなげるとともに、3年次に模擬試験やセミナーなど国家試験に向けた学習を計画的に行い、3年でいち早くプロの言語聴覚士を目指します。

言語聴覚学科の実習

充実した学内臨床と信頼できる実習指導者により、臨床経験を積むことができます
学内に併設する「ことばの相談室」において1年次から臨床経験を積むことができます。更に、1年次から3年次にかけ、部外病院等で4回(計16週間)の学外実習の機会があり、確かな臨床力を身に付けることができます。実習指導者には本学科の卒業生も多く、丁寧な指導の下に安心して実習に取り組めます。

言語聴覚学科の学生

  • point キャンパスライフレポート

    充実した実習で臨床力を高めながら、楽しく学べるのが魅力です!

    高校の頃に実施された進路報告会で言語聴覚士の仕事について知りました。人がより良く生きるために欠かせない「話すこと」「食べること」などを支える仕事に魅力を感じ、この分野に進むことを決めました。

    鹿児島第一医療リハビリ専門学校の学生

言語聴覚学科の卒業生

「働くことを通して喜びとやり甲斐が生まれるのが、言語聴覚士の魅力です」
「言語聴覚士として、一人一人異なる悩みや症状を抱える患者様に対し個別に対応することは大変難しいことですが、患者様から頂く笑顔や感謝の言葉は、日々の苦労を喜びとやり甲斐に変えてくれます。自分で考えリハビリを行った結果が患者様の機能回復と笑顔につながる仕事にやり甲斐を感じています。」

言語聴覚学科の卒業後

学んだことを活かせる分野が広く、更なる学び(スキルアップ)につながります
生きていく上で欠かせない、話すこと、聞くこと、食べることをサポートする言語聴覚士は、比較的新しいリハビリの分野です。医療、福祉・介護、教育分野など活躍の場が広がっており、言葉の相談室を独立開業する道もあります。また、大学院への進学や学会の勉強会を通してスキルアップを図ることもできます。

言語聴覚学科の資格

充実したカリキュラムと3年間の集中した学びが結果につながります
3年で言語聴覚士の国家試験の受験資格が得られます。充実したカリキュラムに加え、国家試験対策ノートの作成やグループ学習、模擬試験及び弱点克服のための問題分析を繰り返し行うなど、教員と学生が一丸となって国家試験対策に力を入れ、いち早く言語聴覚士として活躍したい方を全力でサポートします。

言語聴覚学科の奨学金

「高等教育修学支援制度」や本校独自の学費減免制度が利用できます
本校は、文科省「高等教育修学支援制度」の対象校となっており、要件を満たす方は、返済の必要の無い給付型及び公費による授業料等減免を受けられるほか、学校独自の学費減免制度も設けています。また、医療機関や自治体、その他の団体による奨学金制度の利用もフォローします。詳しくは本校ホームページを確認して下さい。

鹿児島第一医療リハビリ専門学校 言語聴覚学科の学べる学問

鹿児島第一医療リハビリ専門学校 言語聴覚学科の目指せる仕事

鹿児島第一医療リハビリ専門学校 言語聴覚学科の資格 

言語聴覚学科の受験資格が得られる資格

  • 言語聴覚士<国>

鹿児島第一医療リハビリ専門学校 言語聴覚学科の就職率・卒業後の進路 

言語聴覚学科の主な就職先/内定先

    米盛病院、鹿児島愛心会大隅鹿屋病院、霧島記念病院、姶良市療育サポートウィング、善仁会市民の森病院、厚地脳神経外科、菊野病院、国立病院機構指宿医療センター、恒心会おぐら病院、ゆのもと記念病院HP、都城市医師会病院、メディカルシティ東部病院 ほか

※ 2019年3月卒業生実績

実務経験を経て九州保健福祉大学大学院への進学実績あり

鹿児島第一医療リハビリ専門学校 言語聴覚学科の問い合わせ先・所在地・アクセス

〒899-4395 鹿児島県霧島市国分中央1-12-42
0995-48-5551

所在地 アクセス 地図・路線案内
鹿児島県霧島市国分中央一丁目12番42号 JR日豊本線「国分(鹿児島県)」駅から徒歩 約7分

地図

 

路線案内


鹿児島第一医療リハビリ専門学校(専修学校/鹿児島)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る