• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 神奈川
  • 横浜市病院協会看護専門学校

神奈川県認可/専修学校/神奈川

ヨコハマシビョウインキョウカイカンゴセンモンガッコウ

横浜市病院協会看護専門学校の風景

駅から徒歩4分で、利便性は抜群!豊かな人間性と行動力を備えた看護師を育成します。

横浜市病院協会の会員病院のほか、多様な施設での少人数制の実習指導体制で高い国家試験合格率を維持。疾病を持つ人への援助だけでなく、健康保持・増進の知識も身に付きます。また、手厚い学費支援で学業を応援。

横浜市病院協会看護専門学校の特長

横浜市病院協会看護専門学校の特長1

高度医療に対応できる専門性の高い看護師を育成。国家試験は高い合格率を維持

本校は、横浜市内にある多数の病院で構成されている公益社団法人横浜市病院協会が設立した看護師養成の専門学校です。人間への思いやりや優しさを基本とし、正確な知識と判断力、安全な技術が提供できる人材を育成して、地域の保健・医療に貢献することを使命としています。少人数制による丁寧な実習指導体制を実現。学生一人ひとりの学力に応じて個別支援を行う体制を強化し、平成29年度の看護師国家試験の合格率は98.7%(受験者数75名/合格者数74名)となっています。

横浜市病院協会看護専門学校の特長2

横浜市病院協会奨学金・修学生活資金制度などで学費や生活費をサポート

本校独自の横浜市病院協会奨学金・修学生活資金制度があります。奨学金は毎月最高5万円が貸与され、看護師資格を取得後、貸与期間と同じ期間、貸付を受けた病院に勤務した場合、返済が免除されます。また、修学生活資金は毎月最高6万円が貸与され、看護師資格を取得後、貸付を受けた病院に返済します。さらに宿舎を提供する病院もあります。その他、日本学生支援機構、神奈川県看護師等修学資金があり、手厚い学費支援制度により、安心して学ぶことができます。

横浜市病院協会看護専門学校の特長3

臨地実習は総授業時間数の約3分の1。看護技術を磨く3つの看護実習室を完備

本校は3年課程です。カリキュラムは講義だけでなく、個人やグループでのワークなどを重視し、主体的に学ぶ機会を多く設けています。看護の技術を磨くために実習室が開放され、モデル人形を使って復習したり学生同士で練習を積み重ねたりすることができます。総授業時間数の約3分の1は、臨地実習にあてられています。臨地実習は、横浜市病院協会の会員病院や介護老人保健施設、訪問看護ステーションなど多種多様な施設で行うことができます。

右へ
左へ
横浜市病院協会看護専門学校の特長1

高度医療に対応できる専門性の高い看護師を育成。国家試験は高い合格率を維持

本校は、横浜市内にある多数の病院で構成されている公益社団法人横浜市病院協会が設立した看護師養成の専門学校です。人間への思いやりや優しさを基本とし、正確な知識と判断力、安全な技術が提供できる人材を育成して、地域の保健・医療に貢献することを使命としています。少人数制による丁寧な実習指導体制を実現。学生一人ひとりの学力に応じて個別支援を行う体制を強化し、平成29年度の看護師国家試験の合格率は98.7%(受験者数75名/合格者数74名)となっています。

横浜市病院協会看護専門学校の特長2

横浜市病院協会奨学金・修学生活資金制度などで学費や生活費をサポート

本校独自の横浜市病院協会奨学金・修学生活資金制度があります。奨学金は毎月最高5万円が貸与され、看護師資格を取得後、貸与期間と同じ期間、貸付を受けた病院に勤務した場合、返済が免除されます。また、修学生活資金は毎月最高6万円が貸与され、看護師資格を取得後、貸付を受けた病院に返済します。さらに宿舎を提供する病院もあります。その他、日本学生支援機構、神奈川県看護師等修学資金があり、手厚い学費支援制度により、安心して学ぶことができます。

横浜市病院協会看護専門学校の特長3

臨地実習は総授業時間数の約3分の1。看護技術を磨く3つの看護実習室を完備

本校は3年課程です。カリキュラムは講義だけでなく、個人やグループでのワークなどを重視し、主体的に学ぶ機会を多く設けています。看護の技術を磨くために実習室が開放され、モデル人形を使って復習したり学生同士で練習を積み重ねたりすることができます。総授業時間数の約3分の1は、臨地実習にあてられています。臨地実習は、横浜市病院協会の会員病院や介護老人保健施設、訪問看護ステーションなど多種多様な施設で行うことができます。

右へ
左へ
横浜市病院協会看護専門学校の特長1

高度医療に対応できる専門性の高い看護師を育成。国家試験は高い合格率を維持

本校は、横浜市内にある多数の病院で構成されている公益社団法人横浜市病院協会が設立した看護師養成の専門学校です。人間への思いやりや優しさを基本とし、正確な知識と判断力、安全な技術が提供できる人材を育成して、地域の保健・医療に貢献することを使命としています。少人数制による丁寧な実習指導体制を実現。学生一人ひとりの学力に応じて個別支援を行う体制を強化し、平成29年度の看護師国家試験の合格率は98.7%(受験者数75名/合格者数74名)となっています。

横浜市病院協会看護専門学校の特長2

横浜市病院協会奨学金・修学生活資金制度などで学費や生活費をサポート

本校独自の横浜市病院協会奨学金・修学生活資金制度があります。奨学金は毎月最高5万円が貸与され、看護師資格を取得後、貸与期間と同じ期間、貸付を受けた病院に勤務した場合、返済が免除されます。また、修学生活資金は毎月最高6万円が貸与され、看護師資格を取得後、貸付を受けた病院に返済します。さらに宿舎を提供する病院もあります。その他、日本学生支援機構、神奈川県看護師等修学資金があり、手厚い学費支援制度により、安心して学ぶことができます。

横浜市病院協会看護専門学校の特長3

臨地実習は総授業時間数の約3分の1。看護技術を磨く3つの看護実習室を完備

本校は3年課程です。カリキュラムは講義だけでなく、個人やグループでのワークなどを重視し、主体的に学ぶ機会を多く設けています。看護の技術を磨くために実習室が開放され、モデル人形を使って復習したり学生同士で練習を積み重ねたりすることができます。総授業時間数の約3分の1は、臨地実習にあてられています。臨地実習は、横浜市病院協会の会員病院や介護老人保健施設、訪問看護ステーションなど多種多様な施設で行うことができます。

右へ
左へ

横浜市病院協会看護専門学校の学部・学科・コース

横浜市病院協会看護専門学校の学費(初年度納入金)

2019年度納入金 67万円/別途教科書代等 約21万5000円
(入学金20万円・授業料36万円・実習費8万円/3年間分・施設管理費3万円)

横浜市病院協会看護専門学校の就職・資格

就職支援

横浜市病院協会の会員病院が学内で説明会を開いています

奨学金や入職後の新人教育体制、病院の雰囲気などについて、学生が自由に質問できるよう横浜市病院協会の会員病院による奨学金等説明会があります。学内には情報コーナーを設け、病院のパンフレット、インターンシップや就職説明会の案内、卒業生からのメッセージをいつでも見ることができます。また、同窓会による卒業生と在校生の交流会が開催され、実習・国家試験対策・就職活動や就職後のことなど、卒業生から直接聞く機会もあります。

横浜市病院協会看護専門学校の問い合わせ先・所在地・アクセス

横浜市病院協会看護専門学校

〒234-0054 神奈川県横浜市港南区港南台3丁目3-1
TEL:045-834-2002 (代表)

所在地 アクセス 地図・路線案内
神奈川県横浜市港南区港南台三丁目3番1号 「港南台」駅から徒歩4分

地図

 

路線案内

請求できるパンフはこちら

無料
学校案内、学生募集要項
横浜市病院協会看護専門学校(専修学校/神奈川)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

次へ

この学校に興味を持ちましたか?
らくらく資料請求で学校を詳しく知ろう!

閉じる