• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 横浜労災看護専門学校

神奈川県認可/専修学校/神奈川

ヨコハマロウサイカンゴセンモンガッコウ

横浜労災看護専門学校の風景

労災病院の奨学生となり、勤労者の健康を守る看護師を目指します

本校は労災病院に勤務する看護師の育成を目的として設立されました。充実した奨学金制度と抑えられた学費、遠方からの学生には快適な学生宿舎も用意しており、看護師を目指す学生の学びをサポートしています。

横浜労災看護専門学校のトピックス

横浜労災看護専門学校の特長

横浜労災看護専門学校の特長1

看護師国家試験合格後、労災病院での活躍が期待されます

本校は全国にある労災病院で働く看護師の育成を目的としています。本校を卒業し、看護師国家試験に合格した後は全国の労災病院での活躍が期待されます。労災病院は全ての勤労者の健康障害の予防、診断、治療、早期職場復帰のために専門的医療と高度先進医療を実施しているばかりでなく、地域の中核病院としての役割も果たしています。そのほかにも、専門看護師や認定看護師、助産師になりたい方への全面的なバックアップや院内・院外研修といった支援制度が充実。さらに全国の労災病院に短期・長期で看護師を交流派遣する制度、全国労災病院へ転勤できる制度などの各種支援制度を設けており、非常に働きやすい病院です。

横浜労災看護専門学校の特長2

返済が免除となる各種奨学金制度を用意

本校の学生は、原則として入学時に選択した労災病院の奨学生となり、3年間の修学期間中は毎月奨学金(授業料相当額)が貸与。卒業後、奨学金支給病院に就職し、3年以上勤務した場合、返還が免除となります。そのほかにも、修学資金として「神奈川県看護師等修学資金(月額2万円※選考有)」があり、卒業後、看護師として神奈川県内の病院に就職し、5年以上勤務した場合は返済免除となります。また、「日本学生支援機構奨学金」も利用できます(若干名)。本校看護学科は「専門実践教育訓練講座」の指定を受けているため、雇用保険法に規定する「教育訓練給付金」を利用することができます。

横浜労災看護専門学校の特長3

設備の整った学生宿舎があり、遠方からの入学者も安心です

学生宿舎はワンルーム形式で、ユニットバス・冷蔵庫・洗濯機・エアコンなどが完備されています(男子学生も入寮可能)。入寮に関しては、原則として1・2年次は2人部屋(空室数に余裕があれば個室使用もできます)、3年次は個室となります。そのほか、学校生活において悩みなどがあるときは、専門家によるスクールカウンセリングを受けることができます。

右へ
左へ
横浜労災看護専門学校の特長1

看護師国家試験合格後、労災病院での活躍が期待されます

本校は全国にある労災病院で働く看護師の育成を目的としています。本校を卒業し、看護師国家試験に合格した後は全国の労災病院での活躍が期待されます。労災病院は全ての勤労者の健康障害の予防、診断、治療、早期職場復帰のために専門的医療と高度先進医療を実施しているばかりでなく、地域の中核病院としての役割も果たしています。そのほかにも、専門看護師や認定看護師、助産師になりたい方への全面的なバックアップや院内・院外研修といった支援制度が充実。さらに全国の労災病院に短期・長期で看護師を交流派遣する制度、全国労災病院へ転勤できる制度などの各種支援制度を設けており、非常に働きやすい病院です。

横浜労災看護専門学校の特長2

返済が免除となる各種奨学金制度を用意

本校の学生は、原則として入学時に選択した労災病院の奨学生となり、3年間の修学期間中は毎月奨学金(授業料相当額)が貸与。卒業後、奨学金支給病院に就職し、3年以上勤務した場合、返還が免除となります。そのほかにも、修学資金として「神奈川県看護師等修学資金(月額2万円※選考有)」があり、卒業後、看護師として神奈川県内の病院に就職し、5年以上勤務した場合は返済免除となります。また、「日本学生支援機構奨学金」も利用できます(若干名)。本校看護学科は「専門実践教育訓練講座」の指定を受けているため、雇用保険法に規定する「教育訓練給付金」を利用することができます。

横浜労災看護専門学校の特長3

設備の整った学生宿舎があり、遠方からの入学者も安心です

学生宿舎はワンルーム形式で、ユニットバス・冷蔵庫・洗濯機・エアコンなどが完備されています(男子学生も入寮可能)。入寮に関しては、原則として1・2年次は2人部屋(空室数に余裕があれば個室使用もできます)、3年次は個室となります。そのほか、学校生活において悩みなどがあるときは、専門家によるスクールカウンセリングを受けることができます。

右へ
左へ
横浜労災看護専門学校の特長1

看護師国家試験合格後、労災病院での活躍が期待されます

本校は全国にある労災病院で働く看護師の育成を目的としています。本校を卒業し、看護師国家試験に合格した後は全国の労災病院での活躍が期待されます。労災病院は全ての勤労者の健康障害の予防、診断、治療、早期職場復帰のために専門的医療と高度先進医療を実施しているばかりでなく、地域の中核病院としての役割も果たしています。そのほかにも、専門看護師や認定看護師、助産師になりたい方への全面的なバックアップや院内・院外研修といった支援制度が充実。さらに全国の労災病院に短期・長期で看護師を交流派遣する制度、全国労災病院へ転勤できる制度などの各種支援制度を設けており、非常に働きやすい病院です。

横浜労災看護専門学校の特長2

返済が免除となる各種奨学金制度を用意

本校の学生は、原則として入学時に選択した労災病院の奨学生となり、3年間の修学期間中は毎月奨学金(授業料相当額)が貸与。卒業後、奨学金支給病院に就職し、3年以上勤務した場合、返還が免除となります。そのほかにも、修学資金として「神奈川県看護師等修学資金(月額2万円※選考有)」があり、卒業後、看護師として神奈川県内の病院に就職し、5年以上勤務した場合は返済免除となります。また、「日本学生支援機構奨学金」も利用できます(若干名)。本校看護学科は「専門実践教育訓練講座」の指定を受けているため、雇用保険法に規定する「教育訓練給付金」を利用することができます。

横浜労災看護専門学校の特長3

設備の整った学生宿舎があり、遠方からの入学者も安心です

学生宿舎はワンルーム形式で、ユニットバス・冷蔵庫・洗濯機・エアコンなどが完備されています(男子学生も入寮可能)。入寮に関しては、原則として1・2年次は2人部屋(空室数に余裕があれば個室使用もできます)、3年次は個室となります。そのほか、学校生活において悩みなどがあるときは、専門家によるスクールカウンセリングを受けることができます。

右へ
左へ

横浜労災看護専門学校のオープンキャンパスに行ってみよう!

学校見学会の詳細

学校見学会

看護学科

組織及び登校の概要についての説明 授業内容、カリキュラムについて 入試関係の説明 校内見学  個別相…

続きを見る

学校見学会の詳細

学校見学会

組織及び登校の概要についての説明 授業内容、カリキュラムについて 入試関係の説明 校内見学  個別相…

続きを見る

横浜労災看護専門学校の学部・学科・コース

横浜労災看護専門学校の学費(初年度納入金)

●2018年度納入金 52万円(入学金18万円 授業料34万円) ※そのほか教科書代、健康管理費、教材費、実習費(交通費含む)、学生保険料、実習用ユニフォーム代が別途必要。また、学生宿舎に入舎する場合は学生宿舎料(月額1万3000円または1万3300円)のほか食事代・光熱費等は自己負担となります。

横浜労災看護専門学校の就職・資格

就職支援

卒業後は、即戦力として全国にある労災病院に勤務

本校は、全国にある労災病院で働く看護師の育成を目的として設立。本校卒業後、看護師国家試験合格後は、地域中核病院として機能し、また高度先進医療を実施している労災病院での活躍が期待されます。本校の学生は原則として入学時に選択した労災病院の奨学生となり、修学期間中は毎月奨学金(授業料相当額)が貸与されます。将来、就職活動で悩む必要もありません。

横浜労災看護専門学校の問い合わせ先・所在地・アクセス

入試係(事務)

〒222-0036 神奈川県横浜市港北区小机町3211
TEL:045-474-6570

所在地 アクセス 地図・路線案内
神奈川県横浜市港北区小机町3211 JRまたは横浜市営地下鉄(ブルーライン)「新横浜」駅から徒歩 10分

地図

 

路線案内

請求できるパンフはこちら

無料
学校案内DVD・募集要項・学校案内
横浜労災看護専門学校(専修学校/神奈川)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

次へ

この学校に興味を持ちましたか?
らくらく資料請求で学校を詳しく知ろう!

閉じる