• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 鳥取看護大学

私立大学/鳥取

トットリカンゴダイガク

地域に根ざす4年制看護大学!地域の人と繋がり、看護職として成長しよう!

地域の要望に応えて2015年4月に山陰初の単科の看護大学が開学。自然豊かなキャンパスで、地域医療を支える確かな技術と豊かな人間性を兼ね備えた看護の専門職を育成します。

鳥取看護大学の特長

学校の特長1

「5つの看護力」を高め、豊かな人間性と幅広い視野を持つ人材を育成

療養の場が、病院から地域・在宅へと移り変わりつつある現在。知識や技術のほか、本学では、(1)地域で暮らす人々の健康と生活を支える「地域とともに歩む力」を中心に、(2)広い視野と人を思いやる豊かな人間性をはぐくみ、人生の問題や課題に誠実に「向き合う力」、(3)高い倫理性と堅固な使命感を持って人に「寄り添う力」、(4)専門的な基礎知識にもとづいて「論理的に看護実践する力」、(5)チームワークを重んじ、創造的に多職種と「連携・協働する力」を4年間で身につけます。この5つの力を高めることで、豊かな人間性と幅広い視野を備えた看護の専門職としての基礎力を身につけることができます。

学校の特長2

地元の病院や介護施設での実習を通して、地域で活躍する力を育成

地元からの協力のもと、鳥取県全域に実習先を確保しています。そのため、鳥取県出身の学生は自宅から通うことのできる身近な病院や福祉施設で実習をすることが可能。県外出身の学生は本学近くの病院で実習します。また、地元の協力により様々なタイプの実習先を用意。学生は、先進的な地域医療に取り組んでいる病院や総合病院などでの実習を通して、地域医療に必要なスキルを高めることができます。確かな力を身につけた学生が、希望の就職を実現できるよう、入学時から徹底したサポートを行います。更に学生は「まちの保健室」にボランティアとして参加。地域住民などとの関わりを通して、看護実践する力、地域とともに歩む力を身につけます。

学校の特長3

2015年3月に女子学生寮完成!独自の奨学金制度やチューター制度など後援体制も充実

全室に冷暖房完備の女子学生寮。各部屋には机やイス、本棚、ベッド、小型冷蔵庫がついているほか、ブロックごとにキッチンやランドリー、無線LAN設備を完備しています。また、本学では公的な奨学金制度はもちろん、「頑張りたい!」と学ぶ意欲のある学生を援助する独自の奨学金制度を採用。授業料を全額または半額支給する鳥取看護大学奨学金、鳥取県内に5年就業した場合に奨学金の全額または半額が免除になる鳥取県看護職員修学資金や各学年3名程度の学生を担当し、大学での学び方や履修上の悩みなど学生自らが課題を解決できるように指導やサポートをするチューター制度などを用意し、バックアップしていきます。

右へ
左へ
学校の特長1

「5つの看護力」を高め、豊かな人間性と幅広い視野を持つ人材を育成

療養の場が、病院から地域・在宅へと移り変わりつつある現在。知識や技術のほか、本学では、(1)地域で暮らす人々の健康と生活を支える「地域とともに歩む力」を中心に、(2)広い視野と人を思いやる豊かな人間性をはぐくみ、人生の問題や課題に誠実に「向き合う力」、(3)高い倫理性と堅固な使命感を持って人に「寄り添う力」、(4)専門的な基礎知識にもとづいて「論理的に看護実践する力」、(5)チームワークを重んじ、創造的に多職種と「連携・協働する力」を4年間で身につけます。この5つの力を高めることで、豊かな人間性と幅広い視野を備えた看護の専門職としての基礎力を身につけることができます。

学校の特長2

地元の病院や介護施設での実習を通して、地域で活躍する力を育成

地元からの協力のもと、鳥取県全域に実習先を確保しています。そのため、鳥取県出身の学生は自宅から通うことのできる身近な病院や福祉施設で実習をすることが可能。県外出身の学生は本学近くの病院で実習します。また、地元の協力により様々なタイプの実習先を用意。学生は、先進的な地域医療に取り組んでいる病院や総合病院などでの実習を通して、地域医療に必要なスキルを高めることができます。確かな力を身につけた学生が、希望の就職を実現できるよう、入学時から徹底したサポートを行います。更に学生は「まちの保健室」にボランティアとして参加。地域住民などとの関わりを通して、看護実践する力、地域とともに歩む力を身につけます。

学校の特長3

2015年3月に女子学生寮完成!独自の奨学金制度やチューター制度など後援体制も充実

全室に冷暖房完備の女子学生寮。各部屋には机やイス、本棚、ベッド、小型冷蔵庫がついているほか、ブロックごとにキッチンやランドリー、無線LAN設備を完備しています。また、本学では公的な奨学金制度はもちろん、「頑張りたい!」と学ぶ意欲のある学生を援助する独自の奨学金制度を採用。授業料を全額または半額支給する鳥取看護大学奨学金、鳥取県内に5年就業した場合に奨学金の全額または半額が免除になる鳥取県看護職員修学資金や各学年3名程度の学生を担当し、大学での学び方や履修上の悩みなど学生自らが課題を解決できるように指導やサポートをするチューター制度などを用意し、バックアップしていきます。

右へ
左へ
学校の特長1

「5つの看護力」を高め、豊かな人間性と幅広い視野を持つ人材を育成

療養の場が、病院から地域・在宅へと移り変わりつつある現在。知識や技術のほか、本学では、(1)地域で暮らす人々の健康と生活を支える「地域とともに歩む力」を中心に、(2)広い視野と人を思いやる豊かな人間性をはぐくみ、人生の問題や課題に誠実に「向き合う力」、(3)高い倫理性と堅固な使命感を持って人に「寄り添う力」、(4)専門的な基礎知識にもとづいて「論理的に看護実践する力」、(5)チームワークを重んじ、創造的に多職種と「連携・協働する力」を4年間で身につけます。この5つの力を高めることで、豊かな人間性と幅広い視野を備えた看護の専門職としての基礎力を身につけることができます。

学校の特長2

地元の病院や介護施設での実習を通して、地域で活躍する力を育成

地元からの協力のもと、鳥取県全域に実習先を確保しています。そのため、鳥取県出身の学生は自宅から通うことのできる身近な病院や福祉施設で実習をすることが可能。県外出身の学生は本学近くの病院で実習します。また、地元の協力により様々なタイプの実習先を用意。学生は、先進的な地域医療に取り組んでいる病院や総合病院などでの実習を通して、地域医療に必要なスキルを高めることができます。確かな力を身につけた学生が、希望の就職を実現できるよう、入学時から徹底したサポートを行います。更に学生は「まちの保健室」にボランティアとして参加。地域住民などとの関わりを通して、看護実践する力、地域とともに歩む力を身につけます。

学校の特長3

2015年3月に女子学生寮完成!独自の奨学金制度やチューター制度など後援体制も充実

全室に冷暖房完備の女子学生寮。各部屋には机やイス、本棚、ベッド、小型冷蔵庫がついているほか、ブロックごとにキッチンやランドリー、無線LAN設備を完備しています。また、本学では公的な奨学金制度はもちろん、「頑張りたい!」と学ぶ意欲のある学生を援助する独自の奨学金制度を採用。授業料を全額または半額支給する鳥取看護大学奨学金、鳥取県内に5年就業した場合に奨学金の全額または半額が免除になる鳥取県看護職員修学資金や各学年3名程度の学生を担当し、大学での学び方や履修上の悩みなど学生自らが課題を解決できるように指導やサポートをするチューター制度などを用意し、バックアップしていきます。

右へ
左へ

オープンキャンパスに行ってみよう!

詳細を見る

【鳥取看護大学】オープンキャンパス

看護学部

【イベント概要】  “鳥取看護大学”の授業を体験できるプログラムをはじめ、知りたいこと、分からないこ…

続きを見る

鳥取看護大学の学部・学科・コース

学費(初年度納入金)

【2017年度納入金】175万円
(入学金30万円、授業料80万円、教育・設備充実費35万円、実習費30万円)

就職・資格

就職支援

地元からも万全のサポート体制で、学生一人ひとりの就職をバックアップ。

本学の設置者である学校法人藤田学院が運営している鳥取短期大学は創立から46年間、たくさんの卒業生を輩出し、数多くの卒業生が鳥取県内外の多様な分野で活躍しています。なかには地元のリーダーとして責任あるポジションで頑張っている卒業生も多く、地域からの信頼を得て、それが本学への期待に繋がっています。また本学は地域の要望に応えて開学した大学。鳥取県内に5年就業した場合、奨学金の全額または半額免除になる「鳥取県看護職員修学資金」の制度が設けられているなど、地元が全面的にバックアップしています。医療人として必要となるマナーや心構えなどは本学でしっかりと学びますので就職後も安心です。

問い合わせ先・所在地・アクセス

入試広報課

〒682-8555 鳥取県倉吉市福庭854
TEL:0858-26-9171 (直)

所在地 アクセス 地図・路線案内
鳥取看護大学 : 鳥取県倉吉市福庭854 JR「倉吉」駅から、スクールバス(無料)で5分

地図

 

路線案内

請求できるパンフ・願書はこちら

無料
大学案内資料(2018年度版)
無料
大学案内・一般願書(推薦・センター含む)
鳥取看護大学(私立大学/鳥取)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

次へ

この学校に興味を持ちましたか?
らくらく資料請求で学校を詳しく知ろう!

閉じる