進学トレンド

大学の「学費」どのくらいかかる? 受験料から入学料・授業料まで、分野別にチェック!

大学の「学費」どのくらいかかる?  受験料から入学料・授業料まで、分野別にチェック!

大学の「学費」どのくらいかかる? 受験料から入学料・授業料まで、学校・分野別にチェック!
 
大学進学にかかる費用(学費)は、国立・公立・私立の違いだけでなく、学部・学科によっても差が出てくるもの。
 
自分の志望校や学びたい分野が決まったら、どれぐらい学費がかかるのかも知っておこう。
 
あとで「こんなにお金がかかるの?」と慌てないためにも、大学にかかる学費の平均データを参考にした傾向を見てみよう。
 

大学の「学費」って何が含まれるの?


 
大学の「学費」に含まれる代表的なものは、①授業料 ②施設設備費 ③実験実習費 ④教科書・教材費など。
 
また、一時的にかかる費用として「入学料」と「受験料」(入学検定料)がある。
 
大学センター試験の「受験料」は、3教科以上で1万8000円、2教科以下で1万2000円。
 
※平成31年度試験時点。いずれも成績通知を希望しない場合
 
国公立大学の2次試験(前期・後期)の受験料は、国立大学の標準額に合わせて1万7000円に設定されている場合が多く、センター試験(3教科以上)+2次試験で合計3万5000円がかかる。
 
私立大学の場合は入試方法によって受験料が異なり、「センター利用入試」はセンター試験の受験料+1万円~2万円程度。
 
センター試験を利用しない「一般入試」の受験料は3万~6万円程度と幅があり、遠方からの受験の場合は受験会場までの交通費や宿泊費もプラスで必要となる。
 

学費の相場は「初年度納付金」を参考にしよう

大学の「学費」どのくらいかかる? 受験料から入学料・授業料まで、学校・分野別にチェック!
 
「初年度納付金」とは、入学する年に支払う学費のこと。
 
「入学料」のほか、初年度にかかる「授業料」や「施設設備費」などが含まれ、金額は国立・公立・私立と大学の種類によって異なる。また、私立大学の場合は学ぶ分野によっても大きく違いが出てくる。。
 

<大学の初年度納付金の平均額>
国立大学 81万7800円
公立大学 (地域外) 93万2519円
(地域内) 76万8480円
私立大学 131万6816円
(文科系) 115万863円
(理科系) 151万8333円
(医歯系) 479万2928円

  

・国立大学の学費
国立大学の初年度納付金は「81万7800円※」(内訳:入学料28万2000円+授業料53万5800円)。
 
ほかに施設費や実習費などがかかる場合があり、そのぶん大学ごとに多少の差は出るものの、全体でみると比較的抑えられる。
 
※国立大学等の授業料その他の費用に関する省令 国立大学の標準額(国が省令で定めた額) 昼間部
・公立大学の学費
公立大学も比較的費用が抑えやすく、大学が位置する地域出身者の場合は、入学料に関して優遇制度が設けられていることが多い。
 
地域外入学者の初年度納付金が「93万2519円※」であるのに比べると、地域内の入学者は「76万8480円※」と約16万円もお得になる。
 
※文部科学省 平成29年度学生納付金調査結果 昼間部
・私立大学の学費
私立大学の初年度納付金は「131万6816円※」。ただしこちらは全体の平均で、学校や学部・学科によって金額に大きく差が出るのが国公立大学との違いだ。
 
ちなみに、文科系学部が「115万863円※」、理科系学部が「151万8333円※」に対し、医歯系学部は「479万2928万円※」と、学部によって、300万円以上も差があることも。
 
※文部科学省 平成28年度 私立大学入学者に係る初年度学生納付金平均額

また、上記の平均額に含まれていないものの、「実験実習料」(全平均3万3659円※)や、「その他(教材費、在籍基本料ほか)」(全平均9万3492円※)などの諸費用がかかるケースがあるほか、「入学料」以外の学費は2年め以降も支払うことになるので、志望校の募集要項などで確認を。
 

学ぶ分野ごとにも学費(初年度納付金)の違いがある

私立大学では、文科系学部・理科系学部・医歯系学部の違いのほか、それぞれの系統内でも学ぶ分野によって初年度納付金は異なってくる。
 
例えば、同じ理科系学部の平均でも「理学部・工学部」が「144万7682円※」なのに対し、「薬学部」は「208万1075円※」といったように違いがあるのだ。
 
分野ごとに比較すると「医学部」「歯学部」以外の分野は入学料に大きな違いはないものの、実習に必要な施設・機材に費用がかかる「薬学部」「芸術学部」「保健学部(看護を含む)」は「授業料」「施設設備費」が高めに設定されることが多く、初年度納付金も全体平均を上回る傾向があるので、志望している場合は頭に入れておくといいかも。
 
また、私立大学を中心に、「国際」「英語」関連の学部や学科では海外留学を全員必修とする大学も増えている。
 
その場合の留学費用も自己負担となり、100万円以上かかるケースも。
 
これらの分野への進学を考えている人は、志望先のカリキュラムを確認しておこう。
 
※文部科学省 平成28年度 私立大学入学者に係る初年度学生納付金平均額
 

私立大学の学費を分野別にチェック


 
初年度納付金の平均額(1年めにかかる学費の平均の金額)を紹介。
 
志望している学部・学科の分野をチェックしてみよう!
 

文科系の学部の学費

<文学部・教育学部>
授業料 入学料 施設設備費 合計
77万2283円 23万7052円 16万7513円 117万6847円

  

<神学部・仏教学部>
授業料 入学料 施設設備費 合計
71万6067円 22万4603円 16万1917円 110万2587円

 
 

<社会福祉学部>
授業料 入学料 施設設備費 合計
73万6325円 21万7480円 19万3396円 114万7201円

  

<法学部・商学部・経済学部>
授業料 入学料 施設設備費 合計
75万1513円 23万4586円 14万7210円 113万3308円

 

理科系の学部の学費

<理学部・工学部> 
授業料 入学料 施設設備費 合計
103万3614円 24万3602円 17万466円 144万7682円

 

<薬学部>
授業料 入学料 施設設備費 合計
143万7492円 34万543円 30万3040円 208万1075円

 

<農学部・獣医学部>
授業料 入学料 施設設備費 合計
90万8741円 24万6435円 20万1162円 135万6338円

  

医歯系の学部の学費

<医学部>
授業料 入学料 施設設備費 合計
273万6813円 127万9386円 107万5067円 509万1266円

  

<歯学部>
授業料 入学料 施設設備費 合計
316万7038円 56万3403円 55万8798円 428万9239円

 

その他の学部の学費

<家政学部>
授業料 入学料 施設設備費 合計
79万6049円 25万6986円 20万989円 125万

 

<芸術学部> 
授業料 入学料 施設設備費 合計
111万5846円 25万6675円 26万9047円 164万1568円

 

<体育学部>
授業料 入学料 施設設備費 合計
80万5524円 25万6747円 23万983円 129万3254円

 

<保健学部※看護を含む>
授業料 入学料 施設設備費 合計
99万823円 27万6494円 23万2712円 150万29円

 

※文部科学省 平成28年度 私立大学入学者に係る初年度学生納付金平均額
※計数は端数処理により、合計において一致しない場合がある
 

そのほか、入学前後にかかる費用には何がある?

大学の「学費」どのくらいかかる? 受験料から入学料・授業料まで、学校・分野別にチェック!
学校側に支払う学費(初年度納付金)以外にも、大学進学時にはさまざまな出費がある。
 
例えば、学校までの通学定期、入学式に着用するスーツや靴のほか、進学に合わせてパソコンを新たに購入する人も増えている。
 
また、大きな出費となるのが、自宅を出て一人暮らしをするケース。
 
マンションやアパートを借りる場合は、敷金・礼金、電化製品や家具の購入代、家賃など数十万円がかかる計算になる。
 

大学(昼間部)の自宅外通学者の1年間の「学生生活費」(学費と生活費の合計)は自宅通学者と比べて「53万3800円」高い。
 

※独立法人日本学生支援機構『平成28年度 学生生活調査結果』
 

「奨学金」を上手に活用しよう!

学費の負担が大きい場合は「奨学金」の利用を検討しよう。
 
奨学金には、返還義務がある「貸与型(無利子/有利子)」と返還の必要が無い「給付型」があり、日本学生支援機構の奨学金は、高校3年生の春に予約で申し込む人が多い。
 
ほかにも民間団体や自治体のほか、大学独自の奨学金も増えているので、条件に合うものを探してみよう。
 
ただし、奨学金は入学後に受け取るタイプがほとんどなので、入学手続き時には間に合わない場合も。
 
初年度納付金が心配なときは、国や民間金融機関の「教育ローン」もあわせて検討してみてもいいかも。
 
大学の学費、心配もあるかもしれないけれど、学ぶことはきっと将来の投資になるはず。
 
自分のやりたいことに向かって、後悔しない進路選びをしよう!
 
***
大学の学費が心配…。そんなキミに奨学金制度をわかりやすく解説
『奨学金』はじめてナビ
 
ちゃんと知っておきたい! 返さなくていい「給付型」奨学金
 
月にいくら返済していく? 2016年現役大学生の奨学金事情!

ミューズ ・コミュニティー

ミューズ ・コミュニティー

20~30代の女性だけで構成する制作プロダクションで、多くのメンバーが仕事と子育てを両立しています。それぞれが自分のライフスタイルを大切にしながら、「だれかのために、わたしらしく」をモットーに、分野は問わずさまざまな記事・広告をつくっています。

ページのトップへ