• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 長崎
  • 長崎医療こども専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 松崎 翔登さん(柔道整復師科/柔道整復師)

先輩の仕事紹介

自分の施術によって患者様の笑顔が見れることにとてもやりがいを感じます

柔道整復師
柔道整復師科/2015年卒
松崎 翔登さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

柔道整復師の院長として丁寧に問診し、患者様に合った施術を提案、痛みや動きの改善を行っています。私が特に力を入れているのは施術です。人の身体を治すために重要なのは私の腕だという考えがあるので、施術に関しては一切の妥協なく患者様に提供しています。症状がなかなか改善しない患者様には、様々な施術をしたことで、見違えるような効果があることも多々あり、その患者様から頂く「ありがとう」の一言にとてもやりがいを感じています。また、スポーツの現場では、痛みを抱えながらプレイしている選手に対して施術を行い続けた結果、優勝というプレゼントを頂いたことも真剣に向き合っているからこその結果だと思います。

この分野・仕事を選んだきっかけ

中学時代スポーツに携わるトレーナーの仕事がしたいと思っていましたが、高校2年生の時にインターンシップで整骨院の職場体験をした際、柔道整復師には開業権があることを知り“自分の整骨院を開業したい”と憧れを抱いたことが大きな理由です。経験を重ねるうちに、自分自身が大事にしている地域に密着した環境で施術を行いたいとの思いから、商店街の一角に夢だった整骨院を開業。現在平行してトレーナー活動も行っていますが、選手がよりレベルアップできるようサポートにも力を入れていきたいと思っています。さらに今後も様々な資格を取得して、食事からメンタル面までトータルサポートができる柔道整復師として精進していきたいです。

経験豊かな先生方から学んだ即戦力になる知識と技は、今でもとても役に立っています

学校で学んだこと・学生時代

解剖学で学ぶ筋肉の構造は、現場に出て施術する際に大きく関わってきます。痛めている筋肉も人それぞれで、同じ筋肉であってもアプローチをする場所は症状によって様々です。そのため、学生時代に基礎となる解剖学、特に筋肉の構造をしっかり理解して、具体的にイメージできるまで落とし込み、自分のものにできたことは今や大きな財産になっています。専門の知識を持つ経験豊かな先生方に、わからない所をすぐに質問できたことも大きな魅力でした。勉学のみならず、運動部やサークル活動もあったため程よく息抜きでき、他学科の学生と交流したり、情報交換をしたり、充実した学生生活を送ることができました。

患者様の症状と真摯に向き合い、それぞれに合う施術を行うことが大切です

松崎 翔登さん

平和町整骨院/柔道整復師科/2015年卒/インターシップで職場体験をした柔道整復師に興味を持ち、長崎県 長崎鶴洋高等学校を卒業後、長崎医療こども専門学校の柔道整復師科に入学。医療系国家資格の柔道整復師を取得後、自分の整骨院を開業するために、商店街の一角に自身の夢だった「平和町整骨院」を開業。お客様の症状に寄り添い、一人ひとりに合った施術を行っている。現在平行してトレーナー活動も実施。今後は食事からメンタル面までトータルサポートができるよう、さらなる高みを目指している。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

長崎医療こども専門学校(専修学校/長崎)
RECRUIT