• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 桐蔭横浜大学
  • 学校の特長

私立大学/神奈川

トウインヨコハマダイガク

教育方針や校風が魅力

社会貢献度の高い分野で、一人ひとりの専門性を高めるのが目標

桐蔭横浜大学では、「個の充実」「実務家養成」「開かれた大学」「国際交流」の4つの柱を教育の特色とし、一人ひとりの「専門性を高める」ことを大きな目標に掲げています。2008年にはスポーツ健康政策学部を開設し、さらに2009年4月には医用工学部に生命医工学科を開設しました。本学の3学部・6学科では、それぞれ、法律・臨床検査・臨床工学・スポーツを中心に学びます。これらの分野は、特に人材育成が急務とされている社会的ニーズの高いものばかりです。また、カリキュラムや各種サポートの面では、学生一人ひとりの目的や個性に合わせた体制を確立し、一流の教授陣と最新設備で、質の高い教育を展開しています。学校の特長1

施設・設備が充実

2016年2月に新しい体育館が完成。広さ1,500m2のメインアリーナなどを完備

学校法人桐蔭学園50周年記念事業の一環として、新しい大学体育館が2016年2月に完成しました。大学体育館の1階には広さ1,500m2のメインアリーナにハンドボール・バスケットボール・バレーボール・バドミントンの各コートが設置、さらに可動式観客席が壁面収納されています。2階には畳260枚の広さを有する柔道場が完備され、いずれも国際試合規格に合わせた設計となっています。また2015年度4月に臨床検査技師や臨床工学技士を養成するための研究・実習を行う施設として医用工学部実習棟が完成。さらに総合グラウンドの建設中であり、教育と研究施設の一層の充実が図られています。学校の特長2

きめ細かな少人数制

最少10数名の講義や担任制、段階的カリキュラムなどを実施

「これぞ“TOIN流”」と言えるのが少人数・実践型教育です。少人数制に徹底してこだわり、きめ細かな指導を実現。講義によっては1年次から10数名の授業を展開します。また裁判をシミュレーションする「模擬裁判」や、臨床検査学や臨床工学を学ぶうえで大切な物理学、化学、生物学の基礎的実験を行う「工学ワークショップ」など、生の体験を通した学習も重視しています。また、最新の設備を低学年で取扱うことができるのも、本学の特長の一つ。基礎をしっかりと固め、応用へと無理なく進めるように段階的なカリキュラムを用意し、少人数制とあわせて着実に力を伸ばす教育を実践しています。学校の特長3
桐蔭横浜大学(私立大学/神奈川)