• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 甲南大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 理工学部
  • 生物学科

私立大学/兵庫

コウナンダイガク

生物学科

募集人数:
45人

最先端のバイオテクノロジーには生物学が必要不可欠である。基礎としての生物学を重視して応用力・問題解決能力を養う

学べる学問
  • 生物学

    生き物の行動や生態から、そのメカニズムを探る

    研究の対象は、生きとし生きるもの全て。それらを観察・分析することで一定の法則を見つけ出すだけでなく、DNAや脳のメカニズムなど、ミクロの世界にも迫る学問。

  • バイオ・生命科学

    分子レベルで生命現象を解明する

    生命の誕生、成長、生理現象など生命現象を分子レベルで解明する。生物学、化学、物理学との境界領域の研究や、農学、医学、薬学、獣医・畜産学、林産・水産学などへの応用研究もある。

  • 農学

    農業に関わる理論と技術を研究し、環境保全に寄与する

    人が生きる基本の「食」を支える分野。食料や資源の効率的な栽培・生産を研究する。生産方法、環境・生態系の修復、新種開発、農業ビジネスなど、研究は多岐にわたる。

目指せる仕事
  • バイオ技術者・研究者

    生命現象を解き明かし産業に活かす

    化学メーカーや医薬品メーカー、食品・化粧品メーカーなどバイオの研究を行う企業は多い。ウイルス、細菌、カビなどの微生物から大型の動植物、人類まで、生物に関する現象を研究し、医療や保健衛生の分野や食料生産・環境保全といった問題の解決に貢献できるような製品を作り出す。そのための基礎研究に従事する人もいる。

  • 生物学研究者

    微生物からヒトまで、生命の誕生や進化、生態など独自のテーマで生物に関する研究を行う。

    地球上に1千万種以上いるといわれる生物に関して、その体の仕組みや成育の特徴など、各自のテーマを追求するのが生物学研究者。生態や体の仕組みが解明されているのはほんの一部。微生物やプランクトン、動物、植物など、すべての「生物」に注目すると、まだ地球上はわからないことだらけ。それらの調査を行い、時には実験を繰り返し、データを蓄積することで、結果的に新しい発見につながる可能性が大きい。バイオテクノロジーや免疫など、さまざまな分野での期待も大きい。

  • 中学校教諭

    専門教科を教えるとともに心のケアも

    小学校と違い、免許のある単一教科を教えるので深い専門知識が必要となる。また、中学時代は、子供から大人にかわる過渡期で、不安定になる生徒も多いので、適切な指導をしていかなくてはならない。人間としての幅広い教養や対応力が求められる。

  • 高校教諭

    自分の専攻の知識を生かしてより専門分野を深く教える

    公立・私立の高等学校で、自分の持っている免許状の担当教科を教え、生徒の部活動や生活・進路指導を行う。また、学校運営の事務も行う。小学校・中学校よりも一般的に授業時間が少ないので、専門分野の勉強に打ち込める時間も取りやすい面もある。

初年度納入金:2017年度納入金 158万4000円  (入学金30万円を含む。実験及び実習を履修する場合は1科目につき1万円~1万5000円必要。)

学科の特長

学ぶ内容

生命現象の謎を遺伝子レベルで探究する
生命現象を純粋科学の立場から学ぶことを基本とし、バイオテクノロジー分野を科目内容に取り入れ、応用面の知識を深めることも重視。DNA、タンパク質を扱う分子レベルから細胞・組織、さらに系統進化、生態を研究する分野まで幅広い領域をカバーし、教育研究では分子レベルでのアプローチを基本としている。

カリキュラム

科目選択の自由度が大きく、興味を伸ばす学びが可能
専門科目は必修を設定せず、すべてが選択科目の形をとり、1~3年次のいずれからでも履修可能な科目が多い。また、実験科目は2年次より始まり、3年次は週のうち4日間、午後の時間を使いさまざまな実験を行っている。また、分からない部分を質問できる「オフィスアワー」などもあり、きめ細やかな指導を行っている。

授業

世界標準の教科書で生物学の基礎を固め、高度な専門知識と生きた英語力を身につける
世界的に定評のある教科書(細胞の分子生物学)を用いる「基礎生物学」「基礎生物学演習」で1年次から最先端の生命科学の基礎を固め、分子から生態まで幅広い分野をカバーする高度な専門科目・実習へ進む。外国人教員による「科学英語演習」では、研究に必須な専門分野の生きた英語を学び、世界で適用する力を養う。

研究室

どうやって脳は記憶を作り出すのか? 感覚と記憶の仕組みを探る
ヒトを含む動物は脳・神経系を使って、環境中の光や温度などの多くの情報を感じて記憶することで、常に変化する環境下で生存、繁栄することができる。このような感覚と記憶に関わる遺伝子と神経系の仕組みを、シンプルな実験動物を使って研究しているのが生体調節学研究室である。
自分の興味や関心により、幅広いテーマから研究室を選択
タンパク質・脂質などの生化学や細胞生物学、分子遺伝学から神経科学や発生生物学、植物生理学、系統分類学、生態学にいたる幅広いテーマが学べる研究室があり、いずれも基礎科学の面から研究を進めていく。

施設・設備

栽培・飼育・培養施設、電子顕微鏡などの研究施設・設備が充実
1957年の設立以来、50年以上の歴史を持ち、最先端の設備を備えている。講義やゼミではさまざまな生物の培養、飼育、実験・観察ができる栽培・飼育・培養施設や遺伝子操作室、共焦点レーザ顕微鏡、パーティクルガン、液体クロマトグラフィー、セルソーター、質量分析装置、電子顕微鏡など最先端の研究施設・設備を使用する。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 高等学校教諭免許状【理科】<国> (1種) 、
  • 中学校教諭免許状【理科】<国> (1種) 、
  • 小学校教諭免許状<国> (1種) 、
  • 司書<国> 、
  • 学芸員<国> (博物館) 、
  • 司書教諭<国>

※小学校教諭免許状は、親和女子大学通信教育部の科目等履修生として必要な単位を修得することにより取得可能

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    エスフーズ 、 バロー 、 三井住友銀行 、 西宮市教育委員会 、 姫路市教育委員会 、 西宮市役所 ほか

※ 2016年3月卒業生実績

この学科の入試情報

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒658-8501 神戸市東灘区岡本8-9-1
TEL 078-435-2319(入試センター直通)
ao@adm.konan-u.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
岡本キャンパス : 兵庫県神戸市東灘区岡本8-9-1 阪急神戸線「岡本(兵庫県)」駅から徒歩約 10分
JR神戸線「摂津本山」駅から徒歩約 12分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

甲南大学(私立大学/兵庫)