• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 大手前大学
  • 学校の特長

私立大学/兵庫・大阪

オオテマエダイガク

自由に科目・コースが選べる

多彩な分野から自由に学び専攻を決める「レイトスペシャライゼーション」

入学してから1年後に専攻を決定する「レイトスペシャライゼーション(健康栄養学部は除く)」を導入。自分の目標をしっかり決めてから専攻を選べるので安心して学ぶことができます。さらに、学部・学科の枠組を取り払い、さまざまな科目から学びたいテーマにそって、歴史、観光、製菓からデザイン、マンガ、メディア、心理学など、学部を超えて3学部の多彩な分野から自由に選んで学べます。本学では、幅広い教養のうえに専門性を形成し、そのプロセスで社会人基礎力を身につける、独自の「リベラルアーツ型教育」をめざしています。また、健康栄養学部は平成28年4月設置。既存の3学部からは健康栄養学部の授業は履修できません。学校の特長1

学ぶ内容・カリキュラムが魅力

英語コミュニケーション能力の修得と米国大学留学をめざす独自の実践的英語プログラム

グローバルに活躍するために必要な、英語コミュニケーション力が身につく独自のプログラムを設置。その一つが、全授業をネイティブスピーカーによる英語で行う実践英語プログラムです。実践英語プログラムで、英語の基礎を身につけた学生がチャレンジするのがGJS(Global Japan Studies)プログラム。多彩な学問分野で構成される一般科目を英語で学びます。さらに、日本で3年(早期卒業)、編入留学後1年(米国大学卒業)、計4年間で日本とアメリカ双方の学位を取得し卒業も可能な、トランスファープログラム(米国大学編入留学・卒業プログラム)を設置しています。学校の特長2

キャンパスがきれい

メディアライブラリーCELLは2009年に第25回日本図書館協会建築賞を受賞

キャンパス内は、学生が最新の環境で勉学に取り組むことができる先進性と、憩いの場としてのアメニティにも配慮した空間になっています。その一つ「メディアライブラリーCELL」には、マンガ・アニメーション制作が可能なマルチメディア環境や少人数教育に対応した16の小教室(cells=核)なども完備。多目的スペースを持つ新時代の図書館であり、2009年に「日本図書館協会建築賞」を受賞しました。また、大手前スイーツプロジェクトの一環として、グランフロント大阪に「スイーツ・ラボ&ギャラリー」を設置。社会とダイレクトにつながり、情報発信の場・情報収集の場として、本学の英知と成果を発信する拠点となる施設です。学校の特長3
大手前大学(私立大学/兵庫・大阪)