• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 東放学園映画専門学校
  • 学校の特長

東京都認可/専修学校/東京

トウホウガクエンエイガセンモンガッコウ

学ぶ内容・カリキュラムが魅力

現役で活躍するプロから学べる!確かな技術と感性を身につけよう

本校が大切にしているのは本物の実践教育。映画制作科では、映画撮影実習を多数実施。プロの映画監督を講師に迎え、最新の4Kデジタルカメラ「RED」などを使った撮影技術を習得します。プロモーション映像科でも、実践的なカリキュラムを用意。業界最大手のミュージックビデオ制作会社・セップの全面協力で、プロの現場に参加する実習やプロ俳優を起用したCM制作・撮影などを体験します。アニメーション映像科ではアニメ映像の全制作工程を学び、アニメに関わる様々な職種をめざすことが可能。小説創作科ではレベルにあわせた個別指導で新人賞通過をめざします。各学科とも即戦力となる人材を育てます。学校の特長1

施設・設備が充実

プロ仕様の撮影スタジオや設備で学び、現場で必要とされる実践力を習得できる

1、2階吹き抜けのスタジオは、映画・ミュージックビデオ・CMなど、多目的撮影が可能です。Digital Design Roomには、アニメ制作ソフト「RETAS!」、3DCGソフト「3ds Max」、アニメのデジタル撮影ソフト「After Effects」など、アニメやCG、グラフィック制作に欠かせないソフトを完備。そのほかにも、デジタルにもアナログにも柔軟に対応できるよう、あらゆるプロ仕様の設備をそろえています。またこれらの機材は学生たちに貸し出しされており、自主制作活動を全面的にバックアップしています。学校の特長2

在校生・卒業生が魅力

映画『真田十勇士』の堤幸彦監督をはじめ、多くの卒業生につづこう!

本校は、TBSの教育事業部を前身としてスタート。以来、テレビや映画業界に数多くの卒業生を送り出してきました。本校で特別講座も行っている堤幸彦さん(『真田十勇士』の映画監督・1979年卒)や行定勲さん(『ピンクとグレー』映画監督・1989年卒)、磯部真彩さん(『黒子のバスケ』プロデューサー・2008年卒)、駒尾真子さん(『BLAZBLUE』小説家・2003年卒)をはじめ、数多くの卒業生たちが映画・映像・アニメの世界でクリエイターとして、また小説家として才能を発揮しています。学校の特長3
東放学園映画専門学校(専修学校/東京)