• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校東都リハビリテーション学院

東京都認可/専修学校/東京

センモンガッコウトウトリハビリテーションガクイン

全力で遊び、全力で学ぶ! “熱い心”で人と向き合える理学療法士を育成します

人間を対象とする職業は人間性が最も重要だと考えます。知識や技術の習得はもちろん、学業以外の経験を通して、人々の健康や幸福を願う気持ちを大切にできる理学療法士を育成しています。

専門学校東都リハビリテーション学院の特長

学校の特長1

伝統に裏打ちされた確かな教育方針で、学生一人ひとりを熱く指導!

本校は1970年に創立、1996年には東京で初めて4年制の理学療法士養成学科を開設しました。長年の教育実績と伝統に裏打ちされた、明るく熱い校風が魅力です。カリキュラムにおいては、現役の医師や大学教授、臨床経験豊富な理学療法士などの講義が充実。「資格試験はスタート地点に過ぎない」をモットーに、卒業後に良い医療・福祉活動を行うことを目的として指導を行っています。理学療法学科では、関東を中心とした全国約306ヵ所の実習協力施設で実習を行い、卒業後に即戦力となる人材を養成しています。

学校の特長2

資格試験に高い合格率を実現。さらにきめ細かい指導で、希望の就職実現を目指す!

国家試験や資格試験合格に向けて、独自の対策で強力バックアップ。理学療法学科は、学科開設以来高い国家試験合格率を誇り、多くの卒業生が理学療法士として活躍しています。また、担任による一貫したきめ細かな進路指導を実施。全学科で全国1691の施設(2016年3月卒業生対象)から届く求人などをもとに、自分に合う施設を探すことが可能です。理学療法学科の卒業生は、大多数が関東圏内の病院に就職。さらに理学療法学科1部では、卒業時に「高度専門士」の称号と大学院への入学資格が得られます。

学校の特長3

「熱く学んで楽しく遊ぶ!」。校内行事の多さとクラブ活動の活発さが本校の特長!

理学療法学科1部(昼間部)では、年間を通じて数多くの学校行事があります。文化祭、体育祭などはもちろん、バーベキュー大会や球技大会、修学旅行や遠足まで、毎月のようにイベントを開催。学生はみんな「遊ぶときは遊ぶ!」と楽しんでやっています。また、本校では礼儀・規律・チームワークの向上のため、スポーツクラブ活動を推奨。現在、「野球部」「サッカー部」「バスケットボール部」「バレーボール部」「格闘技部」「水泳部」の6つの公式クラブが活動しており、さまざまな大会に参加し、優勝常連校として好成績を収めています。未経験の学生も新しい種目に挑戦して好成績を挙げています。

学校の特長1

伝統に裏打ちされた確かな教育方針で、学生一人ひとりを熱く指導!

本校は1970年に創立、1996年には東京で初めて4年制の理学療法士養成学科を開設しました。長年の教育実績と伝統に裏打ちされた、明るく熱い校風が魅力です。カリキュラムにおいては、現役の医師や大学教授、臨床経験豊富な理学療法士などの講義が充実。「資格試験はスタート地点に過ぎない」をモットーに、卒業後に良い医療・福祉活動を行うことを目的として指導を行っています。理学療法学科では、関東を中心とした全国約306ヵ所の実習協力施設で実習を行い、卒業後に即戦力となる人材を養成しています。

学校の特長2

資格試験に高い合格率を実現。さらにきめ細かい指導で、希望の就職実現を目指す!

国家試験や資格試験合格に向けて、独自の対策で強力バックアップ。理学療法学科は、学科開設以来高い国家試験合格率を誇り、多くの卒業生が理学療法士として活躍しています。また、担任による一貫したきめ細かな進路指導を実施。全学科で全国1691の施設(2016年3月卒業生対象)から届く求人などをもとに、自分に合う施設を探すことが可能です。理学療法学科の卒業生は、大多数が関東圏内の病院に就職。さらに理学療法学科1部では、卒業時に「高度専門士」の称号と大学院への入学資格が得られます。

学校の特長3

「熱く学んで楽しく遊ぶ!」。校内行事の多さとクラブ活動の活発さが本校の特長!

理学療法学科1部(昼間部)では、年間を通じて数多くの学校行事があります。文化祭、体育祭などはもちろん、バーベキュー大会や球技大会、修学旅行や遠足まで、毎月のようにイベントを開催。学生はみんな「遊ぶときは遊ぶ!」と楽しんでやっています。また、本校では礼儀・規律・チームワークの向上のため、スポーツクラブ活動を推奨。現在、「野球部」「サッカー部」「バスケットボール部」「バレーボール部」「格闘技部」「水泳部」の6つの公式クラブが活動しており、さまざまな大会に参加し、優勝常連校として好成績を収めています。未経験の学生も新しい種目に挑戦して好成績を挙げています。

学校の特長1

伝統に裏打ちされた確かな教育方針で、学生一人ひとりを熱く指導!

本校は1970年に創立、1996年には東京で初めて4年制の理学療法士養成学科を開設しました。長年の教育実績と伝統に裏打ちされた、明るく熱い校風が魅力です。カリキュラムにおいては、現役の医師や大学教授、臨床経験豊富な理学療法士などの講義が充実。「資格試験はスタート地点に過ぎない」をモットーに、卒業後に良い医療・福祉活動を行うことを目的として指導を行っています。理学療法学科では、関東を中心とした全国約306ヵ所の実習協力施設で実習を行い、卒業後に即戦力となる人材を養成しています。

学校の特長2

資格試験に高い合格率を実現。さらにきめ細かい指導で、希望の就職実現を目指す!

国家試験や資格試験合格に向けて、独自の対策で強力バックアップ。理学療法学科は、学科開設以来高い国家試験合格率を誇り、多くの卒業生が理学療法士として活躍しています。また、担任による一貫したきめ細かな進路指導を実施。全学科で全国1691の施設(2016年3月卒業生対象)から届く求人などをもとに、自分に合う施設を探すことが可能です。理学療法学科の卒業生は、大多数が関東圏内の病院に就職。さらに理学療法学科1部では、卒業時に「高度専門士」の称号と大学院への入学資格が得られます。

学校の特長3

「熱く学んで楽しく遊ぶ!」。校内行事の多さとクラブ活動の活発さが本校の特長!

理学療法学科1部(昼間部)では、年間を通じて数多くの学校行事があります。文化祭、体育祭などはもちろん、バーベキュー大会や球技大会、修学旅行や遠足まで、毎月のようにイベントを開催。学生はみんな「遊ぶときは遊ぶ!」と楽しんでやっています。また、本校では礼儀・規律・チームワークの向上のため、スポーツクラブ活動を推奨。現在、「野球部」「サッカー部」「バスケットボール部」「バレーボール部」「格闘技部」「水泳部」の6つの公式クラブが活動しており、さまざまな大会に参加し、優勝常連校として好成績を収めています。未経験の学生も新しい種目に挑戦して好成績を挙げています。

オープンキャンパスに行ってみよう!

詳細を見る

平日夜間開催!夜間学校説明会

【イベント概要】 日中、学校や仕事などでお忙しい方でも参加頂ける時間設定し、実質本位な内容でご説明し…

続きを見る

専門学校東都リハビリテーション学院からのメッセージ

「イベント、開催中!」

東都リハビリテーション学院の
近況開催されるイベントをご案内します!


★学校説明会
 9/24(日)  11:00~
 10/7(土)  11:00 ~
 10/29(日)  11:00 ~
 11/12(日)  11:00 ~


★夜間学校説明会
 9/27(水) 19:00~
 10/11(水) 19:00~
 11/1(水)  19:00~
 11/29(水)  19:00~

お友達やご家族もぜひご一緒に参加ください!
是非とも沢山の参加を心からお待ちしております。

(9/11更新)

専門学校東都リハビリテーション学院の学部・学科・コース

卒業後のキャリア

詳細を見る

理学療法士

藤原 務さん

第2ステージでも常に上を目指す!その思いは、プロサッカー時代と変わっていません…

キャンパスライフレポート

詳細を見る

理学療法学科1部

神 未瑠来さん

夢はサッカー専門のトレーナー!選手の心に寄り添うケアをしたいです

学費(初年度納入金)

【2017年度納入金】◆理学療法学科1部<昼間部> 190万円(入学金50万円、授業料80万円、実験実習料30万円、設備費30万円) ◆理学療法学科2部<夜間部> 155万円(入学金50万円、授業料60万円、実験実習料20万円、設備費25万円)

就職・資格

就職支援

心強い!細かい就職サポート!

2016年3月卒業生対象では、全国の1691施設から求人が届きました。その求人票をデータベース化して希望の求人を検索できる閲覧システム、担任制を導入したきめ細かい就職指導・相談、そして履歴書の書き方や面接応対、日本の経済や社会が求める人材を学び、自分の就きたい分野に近づけるようサポートしています。

問い合わせ先・所在地・アクセス

事務局

〒153-0044 東京都目黒区大橋2-4-2
TEL:03-3468-4656

所在地 アクセス 地図・路線案内
東京都目黒区大橋2-4-2 「池尻大橋」駅から北口を出て徒歩 7分
「駒場東大前」駅から西口を出て徒歩 10分
「渋谷」駅から徒歩 18分

地図

 

路線案内

ブログ・インフォ

  • 2017年09月20日 15:12 BLOG

      2017年9月20日(水)、PT1部2年生B班を対象に、横浜FCトレーナー講義を実施いたしました。今回講師には、日本テレビ「世界一受けたい授業」(毎週土曜19:56 - 20:54)にもご出演され、KOBA式体幹トレーニングを世界で活躍されている長友佑都選手をはじめ、沢山のアスリートのコンディションを手掛けられているコバメディカルジャパンより、藤本さんと前澤さんにお越し頂きました。コバメディカル代表の木場克己先生は、以前、横浜FCメディカルアドバイザーを手掛けられておられ、横浜FCからのご紹介をいただき、実現いたしました。   学生達は非常に高い集中力と意欲で授業に取り組んでいました。スポーツ現場におけるコンディションサポートにおいて、何が大切で重要なのか、どこに着眼すべきなのか、非常に分かりやすく理解を深めることが出来ました。本校の学生も沢山の経験を経て、素晴らしい理学療法士になってほしいと願っています。  

    https://ameblo.jp/toutorh/entry-12312406580.html

  • 2017年09月19日 10:12 BLOG

      2017年夏休みの1週間、希望者を対象に「サッカーJ2 横浜FC」 において、トレーナー実習に取り組んだ学生から実習の感想をレポートしてくれました。自分で経験したことを頭で整理して文章化することはとても大切なことだと思います。今回、4人の学生からそれぞれレポートを頂きましたのでご紹介いたします。(加筆修正せず、そのまま抜粋しております)   ●1部1年 T君 横浜FCトレーナー実習で学んだことは、気配り・目配り・心配りはとても大事だと学びました。相手の事を考えながら行動し、手伝えることがあるなら率先して手伝う。また、ただ行動するだけではなく効率良く行動することを学びました。実習に参加する前はトレーナーという職業は選手を支えるくらいしか考えていなかったけど、参加させてもらってみて思ったトレーナーの仕事は飲料補充、ボール拾い、練習前・後のマッサージ、テーピング、アイシング、リハビリメニューを考えるなどありました。また、トレーナーが選手と接する時に大切にしている事で、一番大切なのは、近づきすぎず離れすぎず良い距離感を保ってその人の性格をみて接し方を変えると教えていただきました。反省する点は積極性に欠けていたところです。疑問に思ったことは積極的に質問するべきだとこの実習で学びました。これから実習がたくさんあるので横浜FCトレーナー実習で学んだことを活かしていきたいです。トレーナーの方達に一言ずつアドバイスをしていただき、トレーナーになりたいという熱意を持ってお金をかけてでも講習に行ったりボランティアに参加するべきで苦労した分絶対自分に返ってくる。努力を惜しまないことが大事だと話していただき、これから自分に出来ることを少しずつやっていきたいと思いました。   ●1部1年 N君 反省点としては、一週間の中で積極的に質問や意見など、聞きたいことを最終日になって聞くことが多くなってしまい、質問して聞きたかったこととか聞けないで終わってしまったことと、立って見てるという場面が多くなってしまったのも反省点としてあげられる。学んだことは、一人一人の選手達にに対して、目配り・気配り・心配りをすることの大切さを学びました。練習中の時とかに選手がどのように動いているのかよく確認したり、気配りでは、水分補給の時などに選手に飲料水を手渡したり、アイシングの時に巻くのを手伝ったりするなど、心配りでは、効率よく作業を行うために動いたりするなど学ぶことが多かったです。スイミングでマッサージをしたりするので実際にどんな風にやるのか、技を見て自分でも出来るようにしようとメモをとり、どの部位をどうほぐして動きに変化を起こすのか見てて勉強にもなり、手技を覚えることが出来て良かったです。   ●1部2年 K君 全体実習を通じて学んだことは、まず積極的にコミュニケーションを取ることです。去年の実習では消極的になってしまい聞きたいこと学びたいことが抽象的になってしまいました。しかし、今回の実習では積極的に質問することができ、トレーナーの方から聞きたいこと学びたいことを具体的に知ることができました。なので、今回の実習はとても充実していて、自分の身になったと実家しています。また、選手達からもあだ名で呼ばれたり、アイシングのラップ巻きや筋肉の触診などをさせて頂きました。あと、カズさんとボールを蹴れたのもそのコミュニケーションがあったからだと思っています。今後、実習や臨床に出た時にも、積極的にコミュニケーションを取るということは意識していきたいと思います。 反省点は、マッサージやストレッチのやり方は大事だと実感していますが、治療の流れや自分の考えを伝えられたら良かったなと思いました。治療の流れは、教科書には書いていないことなのでもっと実習中に見学できれば良かったなと思います。また、まだ知識不足で自分の考えを多く伝えられなかったので、これから毎朝一時間勉強しようという意識は、今回の実習で上がりました。今回の実習でトレーナーになりたいという思いが強くなりました。   ●1部3年 K君 今回、このようなプロの現場を見学させていただける機会をいただき、卒業後の将来像が将来像が少し見えました。実際のプロの選手、トレーナーの仕事を見て、自分だったらどのようなことができるのかを考えて見ていました。サッカーの性質上、どうしても下半身に目がいってしまうなか、上半身との繋がりや、体のバランス等、練習中と治療中と見ながら学ぶことができました。また、トレーナーとして治療やケアだけではなく、練習中のサポートなどいわゆる雑用の部分もお手伝いさせていただき、トレーナーという仕事の現実を見ました。スポーツ選手の裏で活躍するトレーナーになりたいという夢が間近で見れて、知識として学ぶことはこれからたくさんあり、また人のためを考える職業であると思うので、将来のための貴重なであり、たくさんのことを学ぶことができました。

    https://ameblo.jp/toutorh/entry-12312054701.html

  • 2017年09月13日 15:13 BLOG

      こんにちは! 東都リハビリテーション学院です!!   先日、学生さんに誘われて野球観戦に行きました! 立見席でしたが、迫力のある試合を堪能しました!   全員が成人しているので、もちろん片手にはビールが! ビールを飲みながら、楽しい時間を過ごすことができました。   教員と学生さんの距離が近いのも、本学の特徴です! 学ぶ時は学び、遊ぶ時は思い切り遊びましょう!

    https://ameblo.jp/toutorh/entry-12310411848.html

  • 2017年09月11日 21:13 BLOG

    こんにちは。 東都リハビリテーション学院です。     今日は1部3年生の授業風景をご紹介します。この日は担任の齋藤先生の指導の元、介護老人保健施設、介護保険について調べ、学習しました。   理学療法学科1部3年生はもう少しで介護老人保健施設(以下老健施設)へ実習に向かいます。その前に老健施設や介護保険について十分下調べをする必要があります。また、ご高齢の入居者様の身体についてどのようなことに注意すべきか再学習する必要があります。   もうすぐお会いできる入居者様や、実習の際に指導していただく先生方に失礼のないよう、少しでも準備できることは準備して、各施設に出発します。学生の表情からも真剣さがうかがえますね。

    https://ameblo.jp/toutorh/entry-12309873467.html

  • 2017年09月07日 21:12 BLOG

      こんにちは、東都リハビリテーション学院です。   8月29日(土)より第57回ガンバロウ野球大会が開催(埼玉県大宮市)されており、本校野球部も出場しております。   1回戦は3-8と敗戦となりましたが、敗者復活戦を勝ち上がり、再度、トーナメント戦へと進むことができました。   次戦は、9月9日(土)12:00から大宮けんぽグラウンド(埼玉県さいたま市西区二ツ宮113-1)にて予定されております。   在校生、卒業生、教職員の皆さま、お時間がありましたら応援にお越しください!また、入学を検討されている高校生などの見学や観戦も大歓迎です!   不明な点がありましたら、03-3468-4656(学校代表/顧問 河野先生)までお問い合わせください。

    https://ameblo.jp/toutorh/entry-12308641208.html

請求できるパンフはこちら

無料
学校案内、募集要項
専門学校東都リハビリテーション学院(専修学校/東京)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

次へ

この学校に興味を持ちましたか?
らくらく資料請求で学校を詳しく知ろう!

閉じる